外壁塗装 勘定科目。 外壁塗装の法定耐用年数や費用の税務上の取り扱いは?

外壁塗装における税法上の減価償却の仕組みや勘定科目を解説

外壁塗装 勘定科目

法人名義で外壁塗装を依頼した時に会計上どの様に処理すれば良いのか迷った経験ありませんか?資産なのか、修繕費なのか勘定科目に迷ったと思います。 そこで会計管理上はどの様に処理すれば良いのか例を挙げてご紹介していきます。 修繕費になるの? 外壁塗装は税務会計上の判断と見極めが難しく、勘定科目は資産か修繕費かで迷います。 基本的に固定資産の原状回復・維持管理に要した修理改修は全額修繕費です。 例えば壁が剥離して剥離した部分だけでなく全体的に外壁の塗り替えをした場合に、ペンキを塗る程度は原状回復に当たります。 修繕費として認められるポイントは使用可能期間である耐用年数を延長させない・資産価値の増加・資産を新たに加えない事の3つです。 また用途の変更でない事も挙げられます。 例えば事務所用から居住用に変更する時は資産科目になるので注意が必要です。 また少額の約20万未満や修繕周期が約3年以内であれば修繕費扱いになります。 災害などで塗装を塗り替える時も修繕になりますので理由も大事です。 資産に計上する? 修繕費に計上する条件と資産に計上する条件は相対するモノです。 資産価値を高めた場合は資産に、耐用年数を延長せず資産価値を高めなければ修繕費と仕分けます。 例えば壁の吹き付けをしたとして、一般的な材料で時間の経過によって劣化した外壁を吹き付ければ修繕費ですが、高価な材料で耐用年数を延長させれば建物勘定に加えて減価償却の対象になります。 外壁塗装の勘定科目の難しさが判る事例で、材料の一般的や高価の定義がハッキリしていない点が鍵です。 手始めに修繕した理由から見極める必要があります。 美しく色を変えて価値を高めても建物勘定に含まれ、確定申告などで税務上の勘定科目が見極められない時は会計士に相談してみると良いでしょう。 外壁塗装で修繕費に計上した際のメリットとは施行した年度に全て経費として計上できる点です。 一時的ではありますが節税に繋がりますので修繕費にしたいのが事業主の本音と思われます。 デメリットは収入(利益)がない場合に銀行からの追加融資を断られる可能性が高まる点です。 業績不振と判断される可能性があるので注意しましょう。 勘定科目を資産にして減価償却した場合に法人税上経費を毎年計上しなくても良い点です。 また赤字の時に経費計上する必要がないので、後で柔軟に対応が可能になります。 デメリットは年度毎の経費計上に上限があり、赤字で減価償却を持ち越した場合に追加融資に影響が出る点です。 勘定科目次第で追加融資にまで話が及びますので決して侮れませんね。

次の

外壁塗装費用は勘定科目に該当?|カルテット連載コラム|外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理ならカルテット。東京都小平市

外壁塗装 勘定科目

このページの目次• 修繕費と資本的支出は会計上の処理方法が全く異なりますので、違いを押さえておきましょう。 修繕費の税務処理の方法 修繕費と認められた外壁塗装は、その年に費用の全額を経費として処理することができます。 経費はその年の所得から差し引かれますので、翌年かかる所得税を減らす効果があります。 特に法人所有のビルや賃貸用マンションなどにかかる外壁塗装は100万円以上かかる高額な工事ですので、全額を経費にできれば大きな節税になるでしょう。 ただし修繕費と認められない外壁塗装もありますので、工事費用を全額経費処理する目的で安易に外壁塗装を行わないよう注意が必要です。 資本的支出の税務処理の方法 資本的支出とは、固定資産の価値を高めるために要した費用のことです。 会社が所有する建物や賃貸マンションなどは「固定資産」に該当します。 固定資産の購入費用は減価償却しなければなりませんので、「法定耐用年数」で按分して経費処理することになります。 例えばオフィスで20万円のプリンターを買った場合、プリンターの法定耐用年数は5年ですので20万円を5年間かけて減価償却します。 つまり減価償却とは、プリンターの使用できる期間を約5年とみなし、1年間で消耗した価値(減価)分のみをその年に経費として処理することを意味します。 外壁塗装の工事費用が資本的支出に該当した場合は、全額を経費にできず数年かけて減価償却しなければなりませんので、該当するケースの例を工事前に知っておきましょう。 つまり費用を全額経費にできるか、それとも耐用年数で按分して数年に分けて計上すべきかは、行った外壁塗装の内容で判断されることになります。 外壁塗装が「修繕費」になるケース 建物を修繕した結果、建物の耐久性が本来の状態まで戻ったとみなされれば、その外壁塗装は修繕目的で行われたことになり「修繕費」として扱われます。 あるいは3年や5年など短い周期で定期的に行っている清掃やメンテナンスにかかった費用なども修繕費にできることがあります。 修繕費とみなされた外壁塗装費用は、全額その年に経費として処理することができます。 塗膜がひび割れており、ウレタン塗料による塗り替えや補修工事によって劣化する 前の耐久性を取り戻すことができた• 雨漏りが起きていたので該当箇所の防水性を元通りにした• カビだらけになったエントランスの壁を、業者を呼んで洗浄した• 前回シリコン塗料で塗り替えてから10年経ったので、前回と同じシリコン塗料で再塗装した• 3~5年周期で定期的に行っている建物のメンテナンス これらの例に共通しているのは、• 元の状態に戻していること• 価格が高額ではない の2点です。 修繕費に該当しないケースと区別するために重要ですので覚えておきましょう。 外壁塗装が「資本的支出」になるケース 建物を工事で元の状態よりもグレードアップさせたときや高額な工事費用が発生したときは、「資本的支出」とみなされ修繕費として認められないことがあります。 外壁の塗装が剥がれたりひび割れが発生したりしていて、その補修を目的として行った塗装は修繕費として扱うことができます。 しかし剥がれやひび割れを補修して元に戻すだけではなく、サイディング外壁からタイル外壁に張り替えるといったデザインの変更や耐久性向上を目的とする工事も行った場合は、「建物の価値を高めた」とみなされ資本的支出になります。 資本的支出とみなされた工事費用は減価償却の対象となり、その年に全額を経費にすることはできません。 モルタル壁をサイディング壁にする外装工事を行って建物の耐久性を高めた• 無機塗料やフッ素塗料など耐候性が高い高額な塗料で塗装したため、外壁塗装費用が高くなった• 前回使用したアクリル塗料ではなく、耐久性が高く断熱性能を持つ断熱塗料で塗り替えた• 集客アップを目的として、外壁塗装で店舗の大幅なカラーチェンジを行った 外壁塗装が資本的支出になるケースには上記のような例が考えられますが、その他にも、カーポートを設置して駐車場を以前よりも使いやすくしたり、フェンスを設置して防犯性を高めたりした場合の工事費用も資本的支出とみなされることがあります。 しかし資本的支出となった外壁塗装費用を減価償却する場合は、別の税務処理が発生します。 外壁塗装の塗料には法定耐用年数が存在しない どの固定資産も、減価償却は『法定耐用年数』に従って行います。 法定耐用年数は、パソコンならパソコン、車なら車にそれぞれ設定されています。 しかし外壁塗装には法定耐用年数が設定されていません。 よく塗料の耐用年数と言われているのは「期待耐用年数」のことです。 外壁塗装の種類と塗料別の期待耐用年数は以下の通りです。 アクリル系塗料…5~8年• ウレタン系塗料…8~10年• シリコン系塗料…10~15年• ラジカル塗料…12~18年• フッ素系塗料…15~20年• 断熱塗料…16~18年• 光触媒塗料…16~22年• 無機塗料…18~22年 など 期待耐用年数は塗料メーカーが製品ごとに公表していますが、法で定められたものではなく減価償却とは何の関係もありません。 外壁塗装費用を減価償却する際は、法定耐用年数と期待耐用年数の違いを必ず把握しておきましょう。 外壁塗装の法定耐用年数は塗装した建物に準拠する 外壁塗装費用を減価償却するときは、塗装を行った建物の法定耐用年数を使います。 建物は同じ構造の建物でも使用用途が違えば法定耐用年数は異なります。 木造の建物を例にして、用途別の法定耐用年数を見てみましょう。 木造・合成樹脂造の建物の法定耐用年数 用途 法定耐用年数 事務所 24年 店舗、住宅 22年 飲食店 20年 旅館、ホテル、病院、車庫用 17年 公衆浴場 12年 工場、倉庫 15年 このように同じ構造材でも用途別に異なる耐用年数が設定されている理由は、使い方によって建物の劣化速度に違いが生じるためです。 仮に木造の事務所で200万円の外壁塗装を行ったとすると、200万円を22年間かけて9万2千円ずつ減価償却していくことになります。 その他の建物の耐用年数は国税庁ホームページで調べることができます。 確定申告の直前になって修繕費ではなく資本的支出だったことが判明すると、申告内容や所得税が大きく変わってしまいます。 どのように税務処理すべきか迷ったときは早めに税理士などの専門家に相談し、施工業者とも工事内容をしっかり打ち合わせておきましょう。 厳選された優良な塗装業者のみが登録されており、しかも一度に複数社の見積もりを出して比較できます。 完全に無料で利用できる上に、様々な悩みにも乗ってくれ、お断り代行などもするすごいサイトでした。

次の

外壁塗装と勘定科目、および減価償却について

外壁塗装 勘定科目

内装塗装に関わる勘定科目を理解 建物内に対して塗装工事などを行う場合があります。 たとえば、内装塗装です。 内装塗装の作業自体は、専門の業者に依頼して行うのが一般的ですが、特殊な加工を施したりする場合もあるため、費用が高くなったり、期間が長くなったりするものです。 工事自体については業者に一任しておけば済むのですが、問題は経理の処理についてです。 内装塗装に関しても、適切な勘定科目を用いて仕訳を行って、きちんと記帳をしておかなければなりません。 内装塗装を行った場合に用いられる勘定科目は、通常の業務で使用される勘定科目とは別のものも多いです。 経理担当者が正確に理解しておく必要があるのですが、不明な点については税理士などの専門家に必ず確認するべきです。 曖昧な知識のまま経理処理を進めてしまうと、途中で記帳に誤りが出てきたり、仕訳の詳細が不明になってきたりして、解決するのが困難になってしまうのです。 内装塗装で手間取ってしまうことが多いのは、造作を行った場合です。 通常は、建物の用途を変更したり、価値を増加させたりする行為なので、建物・減価償却などの勘定科目を用います。 このように、基本的な内装塗装については経理処理を行いますが、注意が必要なのは、電気設備などの場合です。 電気設備・衛生設備・ボイラー設備・昇降機設備など、一定の設備に関する内装塗装を行った場合は、建物付属設備とすることで、一般の建物とは区分して資産計上することが認められているのです。

次の