文章 類語。 「拙い(つたない)」の意味とは?使い方や類語、英語表現を紹介

「文言」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

文章 類語

誤字・誤変換 言葉の誤用 禁忌・不快語 外国地名表記の間違い 固有名詞表記の間違い 人名表記の間違い 登録商標など不用意に使うべきでない用語 ら抜き言葉 環境依存文字(機種依存文字) レベル1 - 「基本」 仮名表記が望ましい当て字 常用漢字表外の漢字 略語 一般的にはより平易な表記が望ましい言葉 レベル2 - 「難読」 二重否定 助詞不足 冗長表現 レベル3 - 「品質」 文字のカウント方法を下記から選択して入力して下さい。 全角も半角も1文字を1つと数える。 1文字につき全角は1として半角は0. 5と数える。 1文字につき全角は2として半角は1と数える。 カウントから、除く文字があれば、選択して下さい。 句読点を除く• 句読点と記号を除く• 改行を除く• 空白を除く• タブを除く 日本語のルールを確認してみましょう 美しい表現方法を正しい文法で書くことによって、読みやすい文章となります。 文章を執筆する上で、ありがちなのはタイプミス、そして誤字脱字。 このような間違いが多々あるような文章は、内容は関わらず印象が悪くなってしまいます。 だからこそ、文章を書き終わった後は念入りにチェックをする必要があるのです。 【日本語校正サポート】は、日本語の文章校正をお手伝いするシステムです。 使用方法 日本語校正サポートの使い方をご説明します。 設定をカスタマイズする まずは、メイン枠左下にある【設定をカスタマイズする】をクリックしてみましょう。 誤字・誤変換や禁忌・不快語などの基本レベル、当て字・略語などの難読レベル、冗長表現・助詞不足などの品質におけるレベルなど、レベルに応じてチェック項目を設定することが可能です。 また、句読点や記号・改行・空白・タブなどをカウントから除く設定も可能です。 文字を入力する メイン枠内で文章を執筆してください。 打ち込むごとに上部に位置するサブ枠では、ローマ字変換が表示されます。 また、入力する度に文字数も表示されます。 文字数を決められた記事を作成する際に便利かと思います。 日本語チェック開始 文章入力が完了したら、メイン枠の下部にある【日本語チェック】をクリックしてください。 すると、設定に基づき文章のチェックを行います。 修正すべき箇所は黄色のマーカーが付けられ、どのレベル区分・どのような指摘を受けたのかが表示されます。 また、参考として言い換える表現も表示されているので、修正しやすいかと思います。

次の

「冗長な文章」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

文章 類語

公開日: 2019. 07 更新日: 2019. 07 「乱筆乱文」の意味と手紙での使い方、読み方、例文、類語 「乱筆乱文」という表現をご存知でしょうか。 「乱筆乱文にて失礼いたします」といったように使います。 普段手紙を書くことが多い人は知っているかと思います。 メールやパソコンで連絡することが多い人は、初めて聞くかと思います。 「乱筆乱文」は手紙において使われることが多い言葉です。 正しく意味を知っていないと、どのように使えば良いのか分かりませんよね。 意味さえ覚えておけば、いざという時に使うことができます。 そこで今回は「乱筆乱文」の意味と使い方、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「乱筆乱文」の読み方と意味 「乱筆乱文」の読み方は「らんぴつらんぶん」 「乱筆乱文」は< らんぴつらんぶん>と読みます。 「らんひつらんぶん」とは読まないので注意しましょう。 「乱筆」の意味は「文字が乱雑で、まとまりがないこと」 「乱筆」の意味は「 文字がばらついていて、まとまりがないこと」です。 乱雑で何と書いてあるか読みづらい筆跡、適当な書き方を表します。 「乱筆」は手紙において、自分の筆跡をへりくだる語としても用います。 「乱文」の意味は「めちゃくちゃで、整っていない文章」 「乱文」の意味は「 ごちゃごちゃしていて、整っていない文章」です。 長くて何を伝えたいかが分からない文章、乱れている文を表します。 「乱文」は手紙において、自分が書いた文章をへりくだる語としても用います。 「乱筆」と「乱文」は同義語 「乱筆」と「乱文」は同じ意味です。 「乱筆」と「乱文」を組み合わせることによって、意味を強めることができます。 「乱筆乱文」は 整っていない文章や、下手で読みにくい字を詫びるための表現となります。 「乱筆」「乱文」とそれぞれ用いるよりも、「乱筆乱文」とセットで使われることが多いです。 「乱筆乱文」は手紙で自分の手書きの文章をへりくだる時に使う 「乱筆乱文」は手紙において、自分の手書きの文章をへりくだる場合に使います。 汚くて読みづらい字、まとまりのない文章を詫びるために「乱筆乱文」を用います。 手書きに対して使うので、メールでは使いません。 最近は、メールやパソコンなどで連絡することが増えたため、「乱筆乱文」を使う機会は少なくなってきています。 「乱筆乱文」は主に手紙において使うことが多いです。 他に手書きで書くものと言えば年賀状が挙げられますが、文面がある程度決まっていて長文になるほどではないので、「乱筆乱文」を使うことはありません。 手書きの本文の最初に書くことも可で、本文の最後に書くのも可です。 最初だったらこれから文章を書くので、「乱筆乱文にて失礼いたします」、最後だったら書いたことを詫びるので「乱筆乱文にて失礼いたしました」となります。 へりくだっている謙譲表現(「乱筆乱文」自体が謙譲語なわけではない)なので、実際には手書きの文章が綺麗でも使う場合があります。 しかし、綺麗に書いてるのにあえて「乱筆乱文」というのはわざとらしいので、わざわざいう必要はありません。 逆に人に手紙を出すのに文字や文章が汚すぎるのは、そもそも必要なので注意しましょう。 例文・文例 ・姉が送ってきた手紙は乱筆乱文で、とても読めるものではなかった。 ・大事な人に向けて手紙を書くときは、乱筆乱文にならないように気をつけたい。 ・みんなにもよろしく伝えておいてください。 乱筆乱文ですみません。 取り急ぎの連絡ゆえ、乱筆乱文のほど失礼いたしました。 ・またお時間ができたら、是非遊びに来てください。 乱筆乱文のほど、ご容赦願います。 ・今後とも指導いただけましたら幸いです。 乱筆乱文のほど、何卒ご容赦ください。 ・乱筆乱文にてお見苦しいとは思いますが、お読みいただければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、何卒ご自愛ください。 乱筆乱文お詫び申し上げます。 ・冷え込む毎日が続きますので、体調に気をつけてお過ごしください。 乱筆乱文にて失礼いたします。 ・暑さ厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 私は夏の疲れが抜けず食欲が落ちてしまいました。 乱筆乱文のほど、悪しからずご容赦ください。 ・春暖の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 乱筆乱文のほど、どうぞお許しください。

次の

前者と後者の例文や類語で意味と使い方を文章で学ぶ

文章 類語

「尚」の意味 文章や会話の中で使われる「尚」という言葉には2つの役割があります。 「接続詞」としての「尚」 1つ目は接続詞としての役割をする「尚」です。 「尚」の前と後の文章を繋ぐ役割をします。 接続詞としての「尚」は「尚」の前の文章に補足をする場合に使われます。 たとえば「会費は600円です。 尚、小学生以下は無料です」などと使い、前の文章だけでは説明しきれない部分を「尚」を使って補います。 「副詞」としての「尚」 2つ目は副詞として使われる「尚」です。 副詞としての「尚」は意味の幅が広く、さまざまな場面で使われます。 中でも多いのは「依然として」「引き続き」という意味で使われる「尚」です。 たとえば「犯人は今も尚、逃走中です」などと使い、犯人が依然としてい逃げ続けている、引き続き捕まってはいないという状態を「尚」という言葉を使って表しています。 「尚」は「なお」「猶」とも書く 「尚」という言葉は漢字または平仮名で書かれます。 文章の中では「尚」の前後の文章に漢字が多く含まれていれば「なお」と平仮名にし、平仮名が続いている場合は「尚」と漢字にした方が読みやすくなります。 また「猶」という漢字も「なお」と読みます。 「猶」という漢字は執行猶予などにも使われている漢字で「まるで」という意味です。 執行猶予は「まるで執行されているかのような」という意味ですので、「猶」の漢字が使われています。 「尚」という漢字を使う「なお」にも「まるで」というニュアンスはありますが、この「猶」は「なお」や「尚」に比べると日常で使われることが少なく、読めない人や意味が理解できない人も多いです。 そのため、一般的な文書では「尚」または「なお」が使われています。 「尚」の使い方 「尚」を目上の人へ使う場合 「尚」という言葉を目上の人に使っても問題はありません。 接続詞、副詞いずれの使い方であっても特に失礼になることはありません。 しかし「尚」を使わなくても自然に「尚」と同じ意味を持つ言葉を使うこともできます。 「尚」を接続詞として使う場合は、その前の文章の補足として使うので「また」などを使うことができます。 たとえば「会費は600円です。 尚、小学生以下は無料です」を「会費は600円です。 また、小学生以下は無料です」とすることができます。 「尚」の使いすぎに注意 「尚」という言葉は、通常の会話や文章では接続詞として使われることが多いです。 使いなれると、大抵の補足に「尚」を使うことができます。 しかし、その便利さゆえについ使いすぎてしまって、内容がわかりにくくなることもあります。 「尚」を接続詞として使う場合はあくまでも「補足」のためです。 必要な情報は「尚」を使う前の文章の中に盛り込む必要があります。 ひとつの文章や会話の中に「尚」が何度も出てくると、相手は情報が整理できずに混乱してしまいます。 「尚」の使用は必要最低限に留めるように意識しましょう。 「尚」の類語 「さらに」 接続詞としての「尚」、もしくは「また」とほぼ同じ意味で使える言葉に「さらに」があります。 「さらに」は、その前の文章の情報に上乗せして新しい情報や補足を付け加えるための言葉です。 「会費は600円です。 尚、小学生以下は300円、さらに5歳未満は無料です」など、情報が次々と加えられる場合に良く使われています。 「会費は昨年の1000円から値下げして600円です。 さらに小学生以下は300円です」など、「さらに」の前に来る情報の持つ雰囲気を重ねて強調します。 「今年の業績は前年の80%に留まりました。 このままで行くと、来年はさらに下回る予想です」など、ネガティブな情報を上乗せする場合にも使われます。 「ただし」 「ただし」という言葉も接続詞としての「尚」と似た意味を持っています。 「ただし」とは、その前の文章や言葉の一部または全部を否定する言葉です。 「今年の会費は全員一律600円です。 ただし昨年多く払っている方は300円とします」など、その前の文章の例外となることを「ただし」で表すことができます。 「尚」の接続詞としての役割は「補足をする」、「ただし」の役割は「覆して補足する」なので、厳密に言えば使い方は異なりますが、ほぼ同義として認識しておいても問題はありません。 「しかも」 「しかも」という言葉は、その前の文章の内容をさらに強調する接続詞です。 「会費は一律600円です。 しかもくじ引きで当たった人は無料になります」などとして、その前の情報の細部にクローズアップして、強くアピールしたい場合に使うことができます。 「しかも」はポジティブにもネガティブにも使うことができるので、自分が相手に対して強く印象付けたいことを話す場合に有効な接続詞です。 「尚」に比べて、強調したいという気持ちが強く表れます。 「尚」を使った例文• 「今回の学力テストの平均点は78点でした。 尚、全国での順位は7位です」• 「決算会議が長引いています。 尚、もっとも問題となっているのは経費です」•

次の