ゆるキャン△ 2話 ネタバレ。 ドラマ『ゆるキャン△』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(キャスト:福原遥/大原優乃/田辺桃子/ 箭内夢菜)

ゆるキャン△実写ドラマネタバレあらすじ6話!アニメとの違いは?

ゆるキャン△ 2話 ネタバレ

リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。 なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。 一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。 「ただいまー。 桜まつり楽しかったでー。 これおみやげの桜まんじゅー」 「お手洗い行ったんやなかったんかい」 早めのお花見の渋滞にハマってしまった。 リンはバイクに乗っている。 リン 「ふーー、下田ようやくついた…」 10時半過ぎ、少し早く着いたみたいだ。 先生たちは今どの辺まで来ているのだろうか。 LINEで連絡する。 すると、向こうはどうやら桜まつりで渋滞らしい。 リンはこの辺をぶらぶらして時間をつぶすことに。 しばらく歩くと、海辺の足湯があり、そこに浸かる。 リン (ぬくい…) 海辺の景色も美しかったので、パノラマで撮ることに。 海辺の鳥居を見つけ、それがある島まで行けないか模索する。 すると、その島は 『犬走島』という名前であり、道で繋がって歩いて行けるようになっていた。 犬走島…リンは犬と走って遊ぶ 『ドッグ・ラン・アイランド』を思い浮かべていた。 早速行くことに。 しかし残念なことに立ち入り禁止となっていた。 この道は立ち入り禁止の堤防だったのだ。 まあこんな所にドッグランがあったとしても、投げたフリスビーは海に落ちておしまいだろう。 ペットボトルのミルクティーを飲む。 海辺で冷えた身体にそれは染みる。 リン 「はぁー…戻るか」 恐るべき嘘 一方、渋滞組の方では…。 「…こちゃん、…でしこちゃん」 なでしこ 「んぁ?」 起こされるなでしこ。 今どこなのかなでしこは尋ねる。 キャンプが終わって山梨を帰るところらしい。 エッ… なんと彼女は二日間も寝ていたのだ。 ずっと起こしていたにも関わらず全然起きなかったらしい。 「なでしこちゃん気い落としたらあかんで」 お土産はちゃんと色々買ったし、写真も沢山撮ったらしい。 なでしこは折角の旅行を寝過ごしてしまった事にショックを受けて泣き出す。 リン 「なでしこいじめんなホラ吹き姉妹」 リンも到着したようだ。 先生の運転の疲労を労わると、皆と話し始める。 しかし、もうお昼なので、積もる話はご飯を食べながらする事に。 なでしこ 「リンちゃん、ここはどこ? 今日は何日??」 なでしこはまだ混乱していた。 お店に入る。 出てきたのは金目鯛バーガーだ。 甘辛いタレとカマンベールチーズが、固めに揚げた金目鯛フライトよく合っている。 あまりの美味さに皆幸せそうだ。 店を出ると、一同はビャクシンの木を見たり、海岸を見たりした。 リン以外は全員わさびアイスを食べており、リンは悔しがる。 他にも面白かった所はある。 しかし、渋滞は想定外であった。 会場の何もかも先から長蛇の列となっていた。 河津桜、いつかゆっくり見に行きたいという話になるが、あの込み具合は平日に休みを取って行った方がよさそうだろう。 リンが回ったジオスポットが2箇所、彼女たちが廻ったところが1箇所。 全部は無理だが、目立つ所は回りたいよな、と。 嘘つき姉妹は 『トンボロ』について嘘を付き合っていた。 キャンプ禁止 そして、明日のジオスポットめぐりに備え、のんびりキャンプを楽しむことに。 食事の買い出しへ。 その途中。 「なでしこちゃんこれが?」 「うん、伊豆でとれる金目鯛の中で一番って言われてる…」 下田産極上地金目鯛の干物だ。 今日はこれを使って久しぶりのキャンプご飯を作ることに。 買った干物を店内で焼いて食べられるお店へ。 それからキャンプの話し合いに。 伊勢海老を使用した料理を作ろうとしているようだ。 仲間の二人の誕生祝をしてあげたいらしい。 しかし金目鯛も買うと予算オーバーだ。 そこで… 「先生に禁酒をさせて余った金で伊勢海老を買わせよう」 ゲス案である。 先生にも根回し済みで、先生が伊勢海老の干物を買った。 瓜木崎。 ここでは県の条例で6~10月までキャンプが全面禁止となっているが、11~5月までその限りではない。 そう先生は言う…。 係の人 「ここキャンプ禁止ですよ」 なんと何年か前に地主の意向で冬も野営禁止になったのだ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の

『ゆるキャン△』第44話のネタバレ&最新話!バイクで河津桜を下見するリン

ゆるキャン△ 2話 ネタバレ

Contents• 合間にキャンプ情報の本を見ていた。 恵那が来てヘアアレンジをしていた。 なでしこは誰もいない野外活動サークルの部室に来ていた。 サークルの千明とあおいは戸惑うが、部に昇格して、部室が大きくなる事を期待して入部許可をした。 焚き火ばっかりしていた二人だったが、テントも張ったりしていると言うとなでしこのテンションが上がる。 校庭でテントを貼っている3人を図書室で目撃し、リンはなでしこが同じ高校なのに気付く。 棒が折れてショック受けてる3人。 見ていたリンと恵那。 恵那が応急処置の方法をリンに聞き、3人を助ける。 リンに教えてもらったと指差す恵那。 リンに気づいたなでしこが図書室で声をかける。 リンは一人で休日ふもとっぱらキャンプ場に来ていた。 いつものようにテントを張る。 キャンプ飯を作りたかったが、途中にスーパーが無かった為、断念した。 恵那から連絡がきて、散歩をしながら風景を撮って送る。 恵那がリンからの返信を見て良い事を思い付いた。 リンはテントに戻り、煎餅を炙って食べながら富士山を見て至福な時間を過ごしていた。 なでしこが現れる。 恵那がなでしこにリンのキャンプ場所を教え、なでしこが行くように仕向けていた。 リンになでしこは今から鍋をしようと土鍋を見せる。 野外活動サークルが部員を募集してないのが笑えてよかったです。 壁に手をぶつけていたのがとても面白くてよかったです。 野外活動サークルでやることが焚き火ばかりだったのが笑えてよかったです。 テントにもいろんな種類があったのがビックリしました。 リンがなでしこに気づいたのが笑えてよかったです【5段階評価-5. ただ福原遥さんの も良いけど、あれはやっぱり東山奈央さんの技映えだよな。 なでしこが野外活動サークルのメンバーでもある千明とあおいとの初顔合わせがあったり、リンのあのネットスラングが出た回でした。 今回は「春のパン祭り」ならぬ「冬の千明祭り」の様相もあり、テントの説明のところの動きが面白すぎました。

次の

ゆるキャン△/第9話/見逃し配信動画|

ゆるキャン△ 2話 ネタバレ

ふと校庭を眺めると、そこには「野外活動サークル」のメンバーと一緒にいるなでしこ 大原優乃 の姿がありました。 転校早々に「野外活動サークル」の部室を訪ねていたなでしこ。 リンとの出会いをきっかけにキャンプに興味を持ち、サークルに入部していました。 入部まもなく、なでしこを校庭に連れ出していた千明とあおい。 テントを組み立てていると、ポールが折れてしまうというトラブルが発生します。 リンと恵那は、その一部始終を図書室から観察。 そして、折れてしまったポールの対処法をサークルメンバーたちに伝えるのでした。 リンとのキャンプ場での出来事を、千明とあおいに楽しそうに話していました。 目に見えて分かりやすかったのは、野外活動サークルに期待するなでしこのワクワク感。 突然の入部希望者に途惑う千明とあおい・・・結局は、歓迎モードで3人目の部員誕生となりました! 4月に2人で立ち上げたという、この野外活動サークル。 まだキャンプ決行に至っておらず、なんとも寂しい活動状況・・・行動派のなでしこの仲間入りは、サークルの未来をも変えそうですね! 一方、図書室の係として作業するリンは、合間にキャンプ本を熟読。 リンのキャンプの知識は、図書室で得ているものなのでしょうか・・・なんと効率的! 後からやってきた恵那がリンの長い髪を触る、という光景も女子高生にありがち・・・と思いきや、恵那が完成させたのは「クマヘアー」。 また、なでしこを発見して、「見つからないように気を付けよう・・・」というリンの思惑は一瞬で崩壊・・・! 離れた図書室からのリンの視線に気付くなでしこも流石でした。 折れたポールの対処法も、リンのアイデアでありながら、恵那が代わりにメンバーへ伝えに行きます。 そして、「一緒にサークルに入ろう!」と誘うなでしこに、嫌な顔を見せるリン。 ただでさえ、なでしこに対しても面倒くさそうにしているのに・・・ 一人の時間を楽しみたいというだけあり、リンは野外活動サークルとも距離を置いていたいようですね。 女優・福原遥が見事に演じきった。 — ライブドアニュース livedoornews リンを演じる福原遥さんのナレーション入りで、見事に表現されていました! さらに、何気なくリンのキャンプ場所を聞いていた恵那は、お茶目なお節介を発案。 なんと、リンの居場所をなでしこに伝えてしまいます・・・リンにとってみては、いい迷惑?! その頃、リンは一人キャンプを満喫しながら、なでしことの学校でのやり取りを思い返していました。 なでしこに対して悪い態度を取ってしまったと気にするリン・・・なでしこのことが嫌いなわけではなさそうですね。 そんなリンの目の前に、お鍋セットを抱えたなでしこが登場するラストシーン。

次の