津田大介 韓国人。 津田大介氏「変更含め検討」 表現の不自由展、抗議殺到 [表現の不自由展]:朝日新聞デジタル

「表現の不自由展」が公開中止 橋下徹氏が指摘する津田大介氏の問題点

津田大介 韓国人

・ひっきりなしにクレームの電話 津田大介先生 45歳 が芸術監督として就任し注目を集めた今回のイベントだが、来場者だけでなく、インターネット上で多くの人たちが激怒し、悲しみを訴えた。 そして あいちトリエンナーレ の運営局にはひっきりなしにクレームの電話がかかってきているらしく、なかにはテロ行為や脅迫めいた発言もあったという。 ・あいちトリエンナーレ 自体は継続 そんな状況を懸念した津田大介先生や運営局は、表現の不自由展 の継続を断念。 正式に 表現の不自由展 を中止すると発表した。 展示物を撤去するのは 表現の不自由展 だけであり、あいちトリエンナーレ 自体は継続して開催していく。 ・日本人を侮辱する表現か そんななか、また新たな怒りの声が噴出し、拡散している。 津田大介先生や愛知県の大村秀章知事らが「あいちトリエンナーレのマーク」として指でポーズをとっている写真をTwitter等に掲載しているのだが、複数の人たちから「日本人を侮辱する表現だ」と、猛烈なバッシングの声が上がっているのである。 ・高須クリニック院長も指ポーズに言及 津田大介先生や大村秀章知事らが意図して日本人を侮辱しているのかどうかは不明だが、事実として不快感をあらわにしている人たちが複数おり、高須クリニック院長の高須克弥さん 74歳 も「このサインは日本人への挑戦だと僕は理解してるんだが」とコメントしている。 津田大介芸術監督と。 名古屋東急ホテルにて。 指のポーズはトリエンナーレのマークです。 名古屋東急ホテルにて。 税金や補助金を何だと思っているんでしょうか! 津田とツーショットでチョッパリピースをしてる大村知事に反吐が出ます。 正確には人差し指と中指をつけるV字サインでチョッパリピースになるが、言い訳のためにわざと変えている気がする。 確信犯だと感じる。 どうせアート展のサインだとか言い張るだろうけどね。 しかしながら「知らなかった」では済まされないレベルで炎上している。 ・「ポーズの撤回」と「ポーズの変更」 おそらくこの騒動は謝罪後に「ポーズの撤回」と「ポーズの変更」をするしかないのではないかと思われる。 もちろん日本人を馬鹿にする意図があった場合は別だが、そうではないと信じたいところである。

次の

橋下徹「津田大介さんはどこで間違ったか」 必要なのは「手続き的正義」の考え方

津田大介 韓国人

例えば、堀さんが言ったように、今度GoogleGlassとかメガネ状でデバイスになっていろんな情報を表示できる、例えば駒崎さんをこのメガネで僕が見たら、 (駒崎氏と隣の津田氏がカメラに映る) 荻上「駒崎さんのその公開してる情報が、例えばフローレンスの代表で、っていうのが見れたりする時代がやってくるかもしれない。 それは便利だと。 (荻上氏にカメラが戻る) 荻上「でもその時代になっても多分残る問題がいっぱいあるんで、それは政治的対立や差別とか。 それで僕、思考実験として、大学で授業してるときにこういった話をするんですね。 黒いタグ問題について考えてくれと。 黒いタグというのは例えば、津田さんを電脳メガネとかで見た時に、あの2ちゃんねらーとか津田さんを嫌いな奴が、(荻上氏ジェスチャーしながら)『こいつクズ』とか、 (ここでテレ朝のカメラが津田大介氏を映す) 荻上「『コイツ、なんか朝鮮人』とか、 (ここで津田大介氏の表情が薄笑いからギョッとしたものになる) 荻上「否定的なタグを勝手につけるサービスとかアプリをこういったものでインストールして、 (カメラは荻上氏に戻る) 荻上「それで見るとその人たちが公開したくない情報とかネガティブな悪口をずうっとこうつけて歩いて行く情報とかあったりするわけですね。 そういうときにやっぱり嫌いなものをこう、 (カメラが真剣に話を聞く様子の駒崎氏と隣のブスっとした津田氏を映す) 荻上「ディスりたいというのは別にネット上でも延々と続いていて、 (カメラが荻上氏に戻る) 荻上「そういう色付けとかレッテル貼りというのはいつまで経っても残っていくわけです。 だから、より深い議論ができるというのもあるんだけど、より深いものを単純化して、『あいつはクズだから聞かなくていい』っていう議論は、 (ここで津田大介氏のアップが映し出される。 目線が持ち込みのノートパソコンの画面と荻上氏の間で行ったり来たりする様子が映される) 荻上「いつまでたっても、どんなに経っても、デバイスが変わっても続くんですね。 (荻上氏にカメラもどる) 荻上「ネット世代は別に、なんか賢いからとか、新しい世代だから不毛な議論をやらないって話では全然なくて、 (他のパネラーが映る) 荻上「そこそこ不毛でしたし、そういったものってこれからも続くんですよ。 (頷きながら話を聞く駒崎氏と、ぶすっとしながらノートパソコンの画面に見入る津田氏が映る) 荻上「だけど、そのタイミングで必要になってくるのが、我々の世代とか、今の問題こういったのがあるっていう、 (荻上氏にカメラ戻る) 荻上「都度都度の翻訳家っていうものが登場して、マスメディアなりネットなりで、その都度ごとに解決策とか提示したりすると。 (他のパネラーが映る) 荻上「それでそのうちに俺たちが2,30年経てば、 (駒崎氏と津田氏が映る) 荻上「老害になって、翻訳機能が薄まっていくので、その次は別の翻訳家が出てくるという、 (荻上氏にカメラ戻る) 荻上「この新陳代謝の機能を、たまたまこの20年間、マスメディアがあまり果たしてなかったから、 (他のパネラーが映る) 荻上「ネットでやっていたと。 (荻上氏にカメラ戻る) 荻上「でもネットもある種、既得権益化したり、ある種の差別の問題が改善されないで残っていたりいくというのもあるから、そこには希望もあるんだけど、ちゃんと問題解決のために、こんなデメリットあるよっていうのはちゃんと認識しておかないと、 (他のパネラーから津田氏にカメラ移動) 荻上「まあ足元掬われるかな、っていう感じですね。 」 渡邊アナ「さっきのあのう、靖国のところでの意見ですね、これは。 『他の国との揉め事を無くすために靖国参拝を止めるのか、それとも他の国に文句を言われながらも靖国に参拝するのか、どっちのほうがメリットがあるのか、平穏か歴史か、それを考えるべきだ』。 えー、意見の最後ですが、『断固、ネット選挙解禁に反対意見です。 ネットを使わない、使えない人々に、情報格差を生み出すことは否めない。 情報を発信するだけの候補者は信用できない』という意見です。

次の

津田大介とは (ツダダイスケとは) [単語記事]

津田大介 韓国人

「政治行政は介入するな」と憤る者は芸術を名乗るヘイトを許せるのか? 今回の騒動では、案の定、「芸術や表現の自由に政治行政が介入すべきではない!」と主張する人たちが多かった。 これは、政治行政をとかく批判する人たちによくあるいつものパターンである。 「検閲」という言葉を用いる人まで出てきたが、そのような人は「検閲」というものについてきちんと勉強した方がいい。 検閲とは「行政権が、表現物の内容を事前に審査して、一般的・網羅的に発表を禁止すること」であって、今回の件は、問題の展示物をあいちトリエンナーレでは展示しないというだけで、他の場所での展示まで禁じたわけではない。 税金が使われていない他の会場では展示できる余地があるので、これは検閲ではない。 しかもいったん発表した後の「事後的な」制約なので、この点でも検閲ではない。 日頃、自由などを強調する人たちは、政治行政が芸術作品などに口を出すことを非常に嫌がる。 そしてすぐに「芸術の自由」「表現の自由」を持ち出す。 ところが、芸術作品に政治行政は介入するな! 表現の自由を侵害するな! と叫ぶ人たちは、逆に、ある表現については、ヘイトスピーチだ! 女性蔑視だ! 人種差別だ! 政治行政は介入しろ! 規制しろ! と騒ぐ者が多い。 結局、自分たちの好む表現、自分たちが許容できる表現については、「政治行政は介入するな!」と主張し、自分たちが許容できない表現については、「政治行政は介入しろ!」と言うんだ。 これは、典型的なご都合主義。 (略) 芸術も表現も、場合によってはヘイトにもなるし、女性蔑視にもなるし、人種差別にもなる。 個人の人格攻撃にもなる。 このような芸術や表現が許されないことは論を待たない。 つまり、芸術や表現は完全なる自由ではなく、やはり制約を受ける。 もし芸術であれば何でも許されるというのであれば、芸術を名乗るヘイトや女性蔑視や人種差別が許されるというのだろうか? 公の美術館や事業で、ヘイトや女性蔑視、人種差別、セクハラ的な芸術作品が展示されたらどうなるのか? おそらく中止の声が上がるだろう。 普段はこのような表現について血相を変えて、「こんな表現を許すな!」「政治行政はきちんと規制しろ!」と言っている人たちに限って、今回、抽象的な芸術の自由・表現の自由を持ち出して、「政治行政は口出しするな!」と叫ぶ。 結局、抽象的な芸術の自由や表現の自由を振りかざすだけではご都合主義に陥る。 芸術であろうと表現であろうと、完全なる自由はない。 一定の制約を受ける。 そして、この自由と制約のライン、つまりアウトとセーフのラインを「具体的に」考え、それを設定することが、今回のようなチャレンジ的なイベントをやるときの「実行力」の柱だ。 この実行力がないまま、このようなイベントをやってしまうと、津田さんのようになってしまう。 (略) ところが、アウトかセーフかのラインを明確に引いて、絶対的に正しい判定ができる者など、まず存在しない。 だからこそ、プロセス・手続きが重要なんだ。

次の