ジグザグ ミシン。 知っておきたい裁縫やミシンの基本用語〜「ジグザグ縫い」についてとそのやり方〜

ジグザグミシンについて

ジグザグ ミシン

基本的なミシンの使い方|縫い目篇 ミシンの良さは、広い範囲や長い部分を一気に縫えること。 また、ミシンならではの細かい縫い目も手縫いには真似のできない点です。 ミシンの使い方で頻繁に使う縫い目は、以下の3種類です。 大物も一気に縫える「直線縫い」 ミシンと手縫いの大きな違いは、大作ができること。 長い距離の直線縫いはミシンが最も得意とするところです。 服やバッグなどの既製品をみても、直線に縫われた部分がかなり多い事に気づきます。 直線縫いでは、布の種類や厚みによって、縫い目の大小や糸調子を替えることで、スムーズに縫い進めることができます。 布のホツレも防ぐ「ジグザグ縫い」 一般的なミシンにも、標準装備されている「ジグザグ縫い」。 これは、裁断した布がほつれないよう、本縫いをする前に布端を処理するための縫い目です。 三角のジグザグに縫われた範囲は、布がほつれにくくなります。 ジグザグ縫いで布端の処理を先にしておくと、本縫いをしている間はもちろん、作品が完成したあとでも、布ほつれを気にせずに済みます。 これは便利!「ボタンホール」 ボタンホールは、その名の通りボタンを通すための穴を縫う機能です。 通したいボタンをあらかじめ用意し、専用のアダプターにセットします。 これで、ボタンが通れる長さだけ、ボタンホールステッチが縫われるという仕組みです。 縫った後から「リッパー」で穴を開けて、ボタンホールは完成です。 ミシンの機種によっては、ボタンホールサイズの設定方法や、縫う手順が変わってきます。 手縫いでは難しい、密な縫い目の必要なボタンホールは、ミシンの使い方で覚えておきたい機能といえます。 ミシン機種別の使い方|応用編 一般的なミシンにはない「特殊な縫い方」ができる、中~上級者向けのミシンがあります。 普通のミシンに慣れてから、使い始めても良いかもしれません。 プロ顔負けの仕上がり!刺繍ミシン 今まで手縫いでは難しかった刺繍も、刺繍が得意なミシンではあっという間に縫うことができます。 特に、小さなお子さんが喜ぶキャラクターの刺繍は、幼稚園用のアイテムに縫ってあげたいですよね。 こちらの記事では、刺繍ミシンの作品例をまとめています。 刺繍ミシンでどんな刺繍を作ればいいかわからない方や、簡単にプロ仕様にできる縫い方のコツが知りたい方も読んでみてください。 ミシン各部の名称と機能 ミシンの使い方を覚えると同時に、各部の呼び名と機能も覚えておきましょう。 機種が変わっても基本機能はどのミシンも同じ呼び方をします。 上糸(うわいと) 布をセットして縫い始めた時に、上に出てくるのが「上糸」(うわいと)です。 縫い目には表と裏がありますが、表になる縫い目は上糸になります。 また、ステッチをする際に表にするのが上糸なので、布の色と合わせたり、逆に目立ちやすい色糸に変えたり、工夫できるのも上糸の特徴です。 上糸の掛け方には順番があり、掛け方を間違えると故障の原因にもなりかねません。 ミシンの使い方に慣れないうちは、上糸が切れて掛けなおし…ということもあるでしょう。 これは、チャンス!と思って、上糸の掛け方は何度もやってみて覚える方が近道です。 また、機種によっては、ミシン本体に上糸の掛け方が描かれている場合もありますので、参考にしてみてください。 下糸(したいと) ミシン本体の下に、ボビンに巻いてセットするのが「下糸」(したいと)です。 ボビンは通常ボビンケースに下糸をセットしてから、ミシン本体に取り付けます。 下糸をセットする「釜」と呼ばれる部品には、「垂直型」と「水平型」があり、ほとんどのミシンの下糸釜は「垂直型」です。 ボビンケースごと釜に垂直にセットし、ハンドルを回して、下糸をミシン本体上に出してから縫い始めます。 この手間があるため、初心者には苦手に感じる人もいますが。 機種によっては糸端を出さずに縫い始められるミシンもあります。 「垂直型」のメリットは、下糸がスムーズに出て、ミシンが壊れにくいという点です。 下糸のセット方法に不安がある場合は「水平型」の釜がおすすめです。 下糸のセットが難しくて、ミシンを使わなくなるのはもったいないこと。 下糸釜の種類もミシン選びには重要なポイントになります。 布押さえ 布を押さえと布送りは両方同時に動き、スムーズに布を送り出す機能です。 ミシンは、布押さえを下げないと縫い始められない仕組みです。 この「布押さえ」は、普通/弱くなど設定を変えることで、厚手の布や重なった布や、薄くてサラサラした布も、スムーズに縫い進めることができます。 布送り 布押さえと連動して動くのが、ミシンの下部にあるギザギザの「布送り」です。 縫い目の長さによって、自動的に布を送り出してくれます。 基本的には手前から向こう側へ縫い進めますが、刺繍やボタンホール、返し縫いなどでは、逆方向に動きます。 すべて設定した縫い目による動きなので、無理に布を引っ張らず、布送りに任せた方がスムーズに縫いあがります。 ハンドル ミシンの針を上下させるのが「ハンドル」の役割です。 昔の足踏みミシンの時代から、このハンドルの重要度は今も変わっていません。 ハンドルを動かすことで、上糸の針が動き、連動して下糸の入った釜が動きます。 電子ミシンの動力はこのハンドルの内部に伝わって動き始めます。 縫い始めや縫い終わりの針の上下にはもちろん、針を置く位置を微調整するなど、よく使う部品です。

次の

ミシンの基本操作*ミシンを縫う?ジグザグ縫い…*しもだミシン

ジグザグ ミシン

サッと読みたい人は目次!• ミシン縫いでできる布の始末のやり方は、いくつか方法があります。 布の素材や作るアイテムに応じて使い分けます。 ただし、ビニールコーティングされているラミネート生地や、フェルトなどのように布の始末が必要のない布もあります。 ミシンでの布の始末のやり方 ジグザグミシン さまざまな種類の布に向いている一般的な方法です。 家庭用ミシンにあるジグザグ縫いの機能を使用します。 三つ折り縫い 布の端がみえないように見た目もキレイで、ほつれる心配がありません。 また、ミシンでなくても手縫いでも可能です。 三つ折りで重ねて縫うため、厚さがでます。 縫う場所や素材によっては向かない場合もあります。 袋縫い 2枚の布を合わせて始末します。 布端が見えない状態になるので、仕上がりも美しくバッグなどの縫い代に向いています。 外表に重ねて布の端を縫います。 裏に返します。 アイロンをかけて整えます。 もう一度仕上がり線を縫います。 布端が中に入るので糸のほつれは外に出ません。 ロックミシンで縫う 布をかがるための専用のミシンである、ロックミシンで始末する方法です。 既製品の衣類などと同様の仕上がりになります。 また、布を裁ちながら縫うので速いです。 ロック糸が3本タイプ、4本タイプがあります。 ロックミシンはプロが使用するイメージがありますが、ソーイングでバリエーションを広げるなら持っておきたいですね。 画像は、3本タイプのロックミシンを使用した状態です。 ミシンを使用しない布の始末のやり方 ミシンを使用しなくても布の始末はできます。 ピンキングばさみで布の始末 ビニールコーティングのラミネート生地や、フェルトなどはピンキングばさみを使用して布の始末をしてもよいですね。 刃がギザギザなので、切り口がギザギザの状態になります。 波型のものもありますし、ギザギザの幅の大きさも種類があります。

次の

ジグザグミシン

ジグザグ ミシン

それは針を横に振る ジグザグ縫い が出来ること。 つまり針が横に振れることで ふちかがり (ジグザグ縫い)や ボタンホール 模様縫い や 刺繍が楽しめるということになります。 針を横に振ることが出来ない 使い方が限定された直線専用のミシン 職業用ミシンには出来ない縫い方 が楽しめますね。 服飾に適した色んな縫い方が一台で出来る! その為の直線とジグザグ) これが家庭用ミシンの醍醐味ではないでしょうか? 基本のジグザグ縫い *使っているミシンによって操作はパネルだったり、ボタンだったり、ダイヤルだったりします) 押さえを確認します。 ほとんどの家庭用では基本の押さえは 直線&ジグザク両方が可能なように 針の落ちる穴が横長になっています。 ジグザグ縫いを選択します。 送り幅(縦の縫い目の長さ)と ふり幅 横に渡す糸の長さ)を決めます。 縫ってみました。 応用でこんな縫い方も。 ジグザグだからできる 簡単!綺麗なボタンホール。 ジグザグ は 縁かがり として使うことも可能です。 かがりのスペシャリスト ロックミシン と比べると仕上がりは勝負になりませんが 使い方、工夫によって充分 代用 していただけると思います。 *ジグザグ縫いで裁ち目かがりをする* 模様は 裁ち目かがり を選択 押さえをガイドの付いた 裁ち目かがり押さえ に換える 家庭用ミシン の裁ち目かがり ほつれ止めに適したジグザグ縫い。 布端の処理に使います。 ロックミシン の裁ち目かがり 編み込むように布端をカバー。 仕上がりが早く丈夫で見た目もきれい。 一番問題となるのが ニット や ジャージ のような 伸縮素材 または薄手の生地をかがるとき ジグザグを掛けたら伸びてしまった…そんなときは一工夫です。

次の