ロシアン ブルー ブリーダー。 ロシアンブルー

ロシアンブルーを飼いたい!おすすめしたいブリーダー選びのポイントとは

ロシアン ブルー ブリーダー

スコティッシュフォールド 197• スコティッシュフォールド 折れ耳 105• スコティッシュフォールド 立ち耳 92• マンチカン 159• マンチカン 長足 83• マンチカン 短足 76• メインクーン 144• ノルウェージャンフォレストキャット 140• エキゾチックショートヘア 107• ブリティッシュショートヘア 88• ラグドール 70• ミヌエット 64• ベンガル 62• ペルシャ 53• アメリカンショートヘア 49• サイベリアン 47• ペルシャ チンチラ 44• ロシアンブルー 29• ラガマフィン 26• セルカークレックス 25• ミックス・その他の猫種 22• ラパーマ 20• シャルトリュー 17• キンカロー 10• ヒマラヤン 8• ソマリ 8• エジプシャンマウ 7• オシキャット 6• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• ブリティッシュロングヘア 4• シンガプーラ 4• トイガー 4• ラムキン 3• スコティッシュストレート 3• デボンレックス 2• エルフキャット 2• エキゾチックロングヘア 2• サバンナキャット 2• スフィンクス 2• トンキニーズ 2• ボンベイ 1• トイボブ 1• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• アメリカンショートヘア 49• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 107• エキゾチックロングヘア 2• エジプシャンマウ 7• エルフキャット 2• オシキャット 6• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 10• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 47• サバンナキャット 2• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 17• シンガプーラ 4• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 3• スコティッシュフォールド 折れ耳 105• スコティッシュフォールド 立ち耳 92• スノーシュ 0• スフィンクス 2• セイシェルワ 0• セルカークレックス 25• セレンゲティ 0• ソマリ 8• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 2• トイガー 4• トイボブ 1• トンキニーズ 2• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 140• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 8• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 88• ブリティッシュロングヘア 4• ベンガル 62• ペルシャ 53• ペルシャ チンチラ 44• ボンベイ 1• マンクス 0• マンチカン 短足 76• マンチカン 長足 83• ミヌエット 64• ミンスキン 0• メインクーン 144• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 26• ラグドール 70• ラパーマ 20• ラムキン 3• ロシアンブルー 29• ミックス・その他の猫種 22 神秘的なエメラルドグリーンの目、スリムな身体、ベルベットのような毛並みが美しいロシアンブルー。 かつてロシアの貴族にも愛された優美な姿は、今でも多くの人を魅了してやみません。 穏やかでおとなしく、飼い主に従順な性格から、飼いやすさに定評がある猫です。 ロシアンブルーの特徴 その名前のとおり、ロシア原産と言われるロシアンブルー。 ロシアの船乗りによってヨーロッパに持ち込まれ、人気に火がついたそうです。 戦時中に絶滅の危機に瀕しましたが、イギリスやアメリカのブリーダーによって品種の保存が図られました。 このときの交配によって生まれた猫が現在のロシアンブルーとなっています。 ベルベットの輝きを生む被毛の秘密ロシアンブルー最大の特徴でもある青みがかったグレーの被毛。 認められている被毛はこの1色のみです。 毛の1本1本に濃淡の帯があり、これがロシアンブルー特有のベルベットのような深みのある光沢感を生んでいます。 成長とともに変化する目の色宝石のように輝くエメラルドグリーンの目もロシアンブルーの大きな特徴です。 子猫の時は「キトンブルー」と呼ばれる淡いブルーの目をしていますが、成長するにしたがって本来の鮮やかなグリーンに変化していきます。 上品で優美な顔立ちやさしくほほえんでいるように見える口元をしていることから、顔立ちは「ロシアン・スマイル」とも呼ばれています。 小さな顔に大きな瞳、引き締まった口元。 かっこいい顔立ちでありながら、どこかかわいらしさも感じさせる姿はこの猫ならではの特徴と言えるでしょう。 ロシアンブルーの性格 美しい容姿もさることながら、ロシアンブルーの性格にも魅力がたくさんあります。 性格は内気でシャイだけど、愛情はたっぷり!キリっとした顔立ちから「きつい」「凶暴」というイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、ロシアンブルーの性格は非常に穏やかです。 飼い主に従順なことから「犬のような性格の猫」とも言われています。 初心者にも飼いやすい猫種のひとつです。 狭く深い付き合いを好む猫ロシアンブルーは1対1のコミュニケーションを好み、家族全員というよりも誰かひとりと絆を結ぶため、一人暮らしの方やお年寄りの方にもおすすめです。 人見知りが激しく、打ち解けづらいものの、一度心を開けば飼い主に深い愛情を注ぎ続けます。 子猫期の育て方が性格形成に影響を与えます。 ぜひ愛情たっぷりにかわいがってあげてくださいね。 一方で、愛情深さの裏返しか、飼い主をひとり占めしたがる傾向もあります。 飼い主が他のペットと仲良くしていると、猛烈にやきもちを妬いて相手を威嚇するようなことも。 ペットに限らず、飼い主以外の人に素っ気ない態度をとることも珍しくありません。 また、警戒心が強く神経質なところがあり、来客の際は身を隠すような行動をとることもあります。 ロシアンブルーは落ち着いた環境を好む猫。 にぎやかな家庭や来客の多い環境で飼う場合は、猫がストレスをためないよう身を隠しながら落ち着いて過ごせる場所を確保してあげることも大切です。 おとなしすぎる? その名も「ボイスレス・キャット」基本的に、性格は大変おとなしく大きな鳴き声をあげることもありません。 その静かさは「ボイスレス・キャット」と称されるほどです。 アパートやマンションなど集合住宅でも安心して飼うことができるでしょう。 鳴き声でアピールしないぶん、体をすり寄せたり、喉を鳴らすなどボディランゲージで感情を表現します。 ロシアンブルーの飼い方 体重は3~5. 5kg。 ブルーグレーの美しい被毛はダブルコート。 換毛期(春・秋)には抜け毛があるものの、短毛種なので普段は1日1回軽くブラッシングする程度で良いでしょう。 体臭もほとんどありません。 基本的なしつけとお手入れでOKおとなしい猫ですが、遊び好きで活発な一面もあります。 スレンダーな身体をキープするためにも、家の中にキャットタワーなど、上下運動できるおもちゃを置いてあげると良いでしょう。 ストレス解消にもなります。 賢く、しつけしやすい猫ですが、警戒心が強いのでトイレ、噛み癖など基本的なしつけは子猫のうちに行っておくとあとが安心です。 信頼している飼い主の言うことはよく聞くことができます。 留守番が得意ロシアンブルーは独立心も強く、一匹で過ごすことも苦になりません。 飼い主が外出してもおとなしく留守番できます。 水や餌など、食事をじゅうぶんに用意してあげれば、一泊二日程度の外出なら問題なく留守番してくれるでしょう。 ロシアンブルーの寿命 ロシアンブルーの平均寿命は10~12歳。 猫全体の平均寿命は15年くらいといわれているので、それと比較するとやや短命です。 ただし、健康な個体では、平均寿命を超えて長生きするケースもあるようです。 ロシアンブルーの長生きさせるためには、日頃からしっかりと健康管理を行うことが重要です。 ロシアンブルーは比較的丈夫で病気にもかかりづらい猫種ですが、バランスのよい食事や適度な運動は健康な体づくりには欠かせません。 肥満にならないようカロリーオーバーには十分注意し、1日1回は猫じゃらしなどでスキンシップをとりつつ、体を動かせるような環境を作ってあげましょう。 ロシアンブルーの気を付けたい病気 ロシアンブルーは遺伝性疾患が少ない猫として知られています。 1日でも長く一緒に暮らしていくためには、中年齢以上になったらこまめに健康診断を受けることが重要です。 ロシアンブルーに限らず、高齢の猫は、腎臓の疾患にかかりやすくなります。 ストレスに注意!繊細なロシアンブルーは日常のささいな出来事にもストレスを感じ、体調を崩してしまうことが多いようです。 人見知りの傾向があるため、来客がきたり、新入り猫を飼い始めたりすると、食欲の低下や、便秘・下痢などの症状があらわれることも。 長期にわたってストレスを感じると、なんらかの病気を引き起こしかねないので、心身ともにしっかりと管理をおこないましょう。

次の

ロシアンブルーの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

ロシアン ブルー ブリーダー

『癒しのロシアンブルー ブリーダー・キャッテリー』は全国のブリーダー・キャッテリーの子猫を紹介する、『ペット医療保険』を完備しているブリーダー・キャッテリー子猫直販サイトです。 ペットショップを通さない専門ブリーダー・キャッテリー直販で、掲載の子猫は健康でかわいい子猫を安心して通常よりお安い値段で購入できます。 また、『180日ペット医療保険』を完備していますので、お迎えした子猫に万が一のことがありましても、ブリーダーやキャッテリー、購入されたお客様に極力負担なく問題を解決できるようになっております。 掲載しているブリーダーやキャッテリーは、独自に設けた厳しい基準をクリアしていることはもちろん、猫を愛し、熱意を持って繁殖・飼育に取り組む優良なブリーダーやキャッテリーです。 健やかに育ったかわいい子猫たちを、新たな家族として『癒しのロシアンブルー ブリーダー・キャッテリー』からお迎えください。 ロシアンブルーについて ロシアンブルーの特徴 ロシアンブルーはくさび型の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目、先がとがった耳は離れてピンと立っています。 頭をすっと持ち上げたような首の姿勢ではコブラ・ヘッドとも呼ばれています。 小さな顔に切れ上がった口元は微笑んでいるようにも見えることから、彼らの顔立ちは「ロシアン・スマイル」と呼ばれます。 被毛は短毛のダブルコートで、細く滑らかな毛に覆われています。 しっぽは長く、手足は引き締まっており、細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。 ロシアンブルーの性格 ロシアンブルーは、飼い主に忠実で犬のような性格と評されることも多い猫種ですが、プライドが高く気まぐれで、自分が親しんだ相手がほかの猫に情をかけると猛烈に嫉妬するなど、猫らしい性格も十分です。 性格的には気難しい面があり、ベタベタしすぎても、優しさが足りなくても、良い関係を結べません。 そんな猫ですから、絶対的な信頼関係を結んだ相手を独占しようとするのでしょう。 誰にでも懐いていくことはあまりなく、家族の中でも好む相手を選びます。 近年の繁殖家はこのような神経質な傾向の個体を繁殖に使わないようにして、性格の改良を図っているようです。 また、あまり鳴かない猫として知られており、ボイスレス・キャットという別名もあるほど静かです。 ロシアンブルーの飼い方 ロシアンブルーは若猫の頃の運動量は多く活発で、人間に遊びを要求することもしばしばです。 しっかりとした体と信頼関係を作るために、積極的に遊んであげることが大切です。 高い所も好みますので、キャットタワーを用意してあげましょう。 ロシアンブルーは短毛ですがダブルコートですので、抜け毛はかなりあります。 定期的なブラッシングやコーミングは欠かせませんが、ロシアンブルーは我の強い面があり、嫌なことは徹底して嫌がることがあるので、子猫の頃からケアに慣らしておかないと、成猫になってグルーミングを嫌がって反撃することがあります。 敏感で、臆病ですが賢い猫ですので、子猫の頃から生活の様々な場面を経験させ、慣らしていくことが大切です。 ロシアンブルーの気を付けたい病気 ロシアンブルーは純血猫種としては遺伝性疾患が非常に少ない猫として知られています。 平均寿命は10~12歳とされていることが多いようですが、健康な個体では17~18歳まで長生きする個体も時々いるようです。 1日でも長く一緒に暮らしていくためには、ほかの猫種と同じように、中年齢以上になったらこまめに健康診断を受けましょう。 眼病、膀胱炎、尿結石はシニアになるとより発生しやすくなります。 繊細な性格のロシアンブルーでは、日常のちょっとしたきっかけからストレスを感じて、身心の変調を引き起こすことがあります。 人見知りの傾向があるため、来客にかまわれたり、見知らぬ猫や犬などを預かったりすると、食欲が落ちてしまったり、おなかを下すこともあります。 ストレスが長期にわたると脱毛したり、未避妊、未去勢の場合は近所の猫の発情に反応してストレス症状を起こしたりことがありますので、注意が必要です。

次の

癒しのロシアンブルーブリーダー・キャッテリー|かわいい子猫に出会えるブリーダー直販サイト

ロシアン ブルー ブリーダー

歴史 [ ] ロシアンブルーの起源については諸説あるが、が原産の自然発生種であると言われている。 以前の別名に、 アルハンゲルキャット(英語で アークエンジェルキャット)があり、これはロシアのを起源とする説、あるいはロシアの港からや北欧に連れて来られたという説に基づく呼び名である。 他の別名として、 フォーリンブルー、 スパニッシュキャット 、 マルティーズキャット があり、初頭まで、ではマルティーズキャットとして知られていた。 にイギリスので行われたの際には、アークエンジェルキャットとして出場している。 ロシアンブルーは、中頃にイギリスや北欧に伝えられ人気を得たが、中に数が減り、絶滅の危機に陥った。 そこで、イギリス、アメリカ等においてとの交配により回復が図られ、かつてのロシアンブルーの姿を取り戻すことができた。 このため、現在のロシアンブルーの原産地はロシアではなく、イギリスとされることもある。 特徴 [ ] 短毛種であり、毛の色はブルー(猫の場合、グレーの被毛を指す)によるソリッド・カラー。 また尻尾にゴースト・が見られることもある。 アイカラーはグリーン、目の形はラウンド型、体形はフォーリン・タイプである。 近年、ブラック、ホワイトなどのブルー以外の色、ネベロング(長毛のロシアンブルー)と呼ばれる猫種が登場してきているが、ロシアンブルーという猫種としては認可されていない。 以下の特徴については、現在として認められているロシアンブルーについて記す。 被毛 ダブルコートと呼ばれる、アンダーコートとトップコートによる二重の分厚い毛皮を持っている。 毛質は非常に細く、絹糸のようになめらかである。 特にアンダーコートは密生しており、シャンプーの際に地肌を濡らすことができないほどであり、寒さに強い。 毛色はグレーであるが、1本の毛がティッピングと呼ばれる数色の色の帯を持つ為、光の加減によって銀色に輝く。 被毛が淡いものの方がスタンダードに近いとされる。 目 鮮やかなの目を持つが、仔猫の時にはこの色は見られず、ぼんやりとした青色(、キツンブルーとも言う)をしている。 個体によっては、独特の目色が見られるようになるまで、2歳くらいまでかかる場合もある。 体形など フォーリン・タイプと呼ばれる、ほっそりとした優美な体つきと、楔形の頭を持つ。 筋肉は発達している。 他のフォーリン・タイプの猫に比べてずんぐりとした印象を受けることがあるが、それは被毛の厚さの為である。 手足は長く、足先は小さいため、爪先立ちで歩いているように見える。 はグレーがかったピンク。 尾は長く、先細りである。 耳は基部が大きく頭の両側に向かって突き出し、耳介は薄い。 横顔は扁平で、鼻筋が真っすぐに通り、コブラヘッドと呼ばれることもある。 口角が僅かに上がっており、微笑んでいるように見える様子を「ロシアンスマイル」と呼ぶ。 性格 [ ] しばしばロシアンブルーは、「犬のような」性格の猫だと言われる。 これは、一般的に気ままで忠誠心が薄いと認識されがちな猫の中でも、主人に忠実な性格を持つことによる。 ロシアンブルーは飼い主と認めた相手には献身的な愛情を持つが、人見知りが激しくシャイで神経質な面があるため、見知らぬ人間には警戒心を示し、慣れるのに時間がかかる場合がある。 以前この猫によく見られた必要以上に神経質な性質は、ブリーダーの努力により、近年では改善が見られる。 またボイスレスキャットと呼ばれるほど鳴き声を上げることが少なく、性質も大人しいが、ほっそりした短毛種であるため、運動量は多く、遊び好きである。 体臭や口臭もほとんどなく、毛並み等のケアにもさほど手がかからない為、飼いやすい猫種のうちの一つと言える。 性格や健康状態の安定した猫を手に入れるには、よい環境で人間の手が十分にかけられているものを選び、またロシアンブルーに限らず、どの猫種でも3ヶ月齢以上親猫と過ごすことが望ましい。 での人気は高く、爆発的なブームを迎えたことこそないが、人気ランキングでは常に上位にいると言ってよい。 ギャラリー [ ]•

次の