三井生命保険 女性。 【2019年最新版】か、かわいい!あの保険会社CMに出演してる美女は誰?

データ|三井住友海上

三井生命保険 女性

関連相談• 社員から聞く、三井生命の年収事情 ということで、実際に社員さんからの情報があるQAを選んできました! 気になる年収水準はどうなんでしょうか。 三井生命って営業職だと20代でも年収1000万いくという噂は本当ですか? 三井生命の営業職への就職を検討しております、現在就活中の女です。 ちらっと聞いた程度のウワサ話ではあるのですが、三井生命の営業職は女性でも更に、20代のうちから年収1000万をゆうに超えるなんて言う話を聞きました。 私としては、初めての就職ということもあり、そのような年収の水準が本当に可能なのかどうかの検討がつかず、正直信じていないというか、信じきれていないです。 そこで、ここで本当に20代でも年収1000万を超えるのかをききたいと思い質問しました。 回答の方をよろしくお願いします。 三井生命は収入は完全に成績次第なので、成績のよい時と悪い時の差が激しいことがあります。 またお客様都合による解約などでも、成績から引かれてしまうため、給与ががくりと下がる月が出るなど、収入面で不安定なところがあります。 後は新人のうちは保障給があるが、基本的に給与は完全に成績次第で、新人でも高齢のベテランでも変わらず高い収入がいただけます。 確かに優績者になると、 女性でも20代の若手でも年収1000万以上が可能だと思いますよ それと、総合職以外は徐々に固定給が減らされる傾向にあり、成果が挙がらない翌月の給与は散々たる額にがく然とすることがあると思います。 いまだに安定的な収入が期待できないのが生命保険業界の難点といえますね。 また給与の内訳や報酬規定が解りにくい点も改善すべきだと思いました。 との事でした。 二十代のうちから年収1000万を超えることが可能だということで、この業界の年収水準の高さが目に見えます。 ただ、それと引き換えに安定的な収入を得ることは出来ないようなので、そこをどう考えるかが重要ですね。 ただ、年収は高いため、労働分の対価がお金として表れていると言って良いでしょう。 2 利用満足度が業界1位 関連相談• 三井生命の平均年収は500万円越え! 平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数です。 2016年3月 平均年収(万円) 516 平均勤続年数(年) 15. 7 従業員数(人) 10078 平均年齢(歳) 45. 6 平均年収は、正直高いとは言えないですね。 詳しく説明すると営業の平均年収が375万円でそれ以外の平均年収が658万円のようです。 また、従業員数が1万人を超えています。 その中での平均年収が500万との事ですので、かなり年収に差がありそうですね。 また、従業員数が1万人を超えていますが、男女比は女性の割合が多いとの事です。 女性にも働きやすい環境のようですね。 三井生命の業績について 2014年3月 2015年3月 2016年3月 売上高 578,201 544,902 545,150 経常利益又は経常損失 25,492 38,454 50,791 当期純利益又は当期純損失 7,693 12,983 10,085 (単位:百万円) ということでした。 業績は思うように伸びていませんね。 ただ、経常利益が増えているなど。 ポジティブに捉えれることもできる数値があるので、なんとも言えないというのも事実です。

次の

未来を強くする子育てプロジェクト

三井生命保険 女性

ファイナンシャルプランナー 山本 麗子 女性のためのお金の総合クリニック 「エフピーウーマン」所属ファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナーとしてFP事務所に勤務しライフプランや保険相談などのキャリアを積む。 お金の教養を高めて女性の内面から輝いてほしいという想いから女性だからこその視点や経験をもとに実用的で役に立つ知識とお金についての正しい扱い方について伝えている。 現在、雑誌、講演、テレビ出演などのほか、『お金の教養スクール』の運営を通じて正しいお金の知識を学ぶことの大切さを伝えている。 保障内容や保障される期間、保険料の支払いや期間など、生命保険に加入する際にはさまざまな点を確認して契約する人は多くいますが、一度加入してしまうとそのまま放置している人が少なくありません。 そもそも保険は不測の事態で、経済的に困ることがないように事前に備えておくものですが、ライフスタイルの変化に応じて、必要となる備えは変わります。 加入している生命保険は定期的に見直して、必要があれば切替えも検討するとよいでしょう。 保険の見直し方によっては保険料が安くなるメリットを得られることもあります。 保険見直しについての考え方や、知っておきたい知識を身につけておきましょう。 INDEX 保険を見直すメリットは? 保険で備えられる保障にはさまざまなものがあり、大きく分けると「死亡保障」「医療保障」「介護保障」「収入保障」などがあります。 これらは人それぞれのライフスタイルなどによって必要性が異なりますが、その人のライフタイルなどの変化に応じて必要性も変わっていきます。 一般的に人生の中では家族が増えたり、成長したりとライフスタイルの変化が次々発生するものです。 それに応じ、保険を見直すことで最適かつ無駄のない保障内容にすることができます。 また、当然のことですが、保険に加入すると、契約で決められた期間中は保険料を支払い続けなくてはなりません。 必要な保障に契約し直すことができれば、それに応じて保険料も変わり、保険料のムダも省けます。 見直しの際に選ぶ保険商品、保険金額などによっては保険料を安く抑えられる可能性もあります。 このように、保険を見直しすることで、保障面でも保険料面でもメリットを期待することができます。 保険を見直したほうがいいのはどんな時? 必要となる保障が変わる時が保険の見直し時になります。 一般的には人生の節目など、新たなライフイベントが訪れる時に保障の必要性が変わりやすいものです。 例えば次のようなイベントが訪れる時に見直してみるといいでしょう。 結婚や出産などで家族構成が変化した 結婚しても共働きを続ける人も増えてきました。 最近では夫婦双方に経済的に支え合うもの。 相手のことを思い、適正な備えができているか確認することが大切でしょう。 特に子どもが産まれると、親としての責任が生じます。 自分に万一のことがあったときの家族の生活や、子どもの教育費を残せるように死亡保障額を見直しが必要になってきます。 マイホーム購入などで定期支出が増えた 住宅ローンを借り入れする際には一般的に「団体信用生命保険」への加入が義務付けられ、返済期間中に債務者に万一のことがあると団体信用生命保険からローンの残債が一括返済されることになります。 このため、世帯主に万一のことがあった場合、ローンはなくなり、家族が住む家は残ります。 自分の死後には住居費が不要になりますから、それに応じて死亡保障額を小さくしても良いでしょう。 ローン返済による定期支出が増えると家計全体の支出の見直しが必要になることがありますが、死亡保障額を下げることで保険料を減らすことができます。 一方で、万一収入が途絶えてもローン返済に困らないよう、収入保障保険などに加入しておくのはおすすめです。 子供の独立で必要な保障が減った 子どもが就職して独立すると、親としての経済面での責任はなくなります。 一方、夫婦の老後生活のなかで必要となりそうな、医療保障や介護への備え、老後生活資金に対する必要性が増してきます。 大きな死亡保障はいらなくなるかわりに、介護や医療の保障を充実させておきたいものです。 リタイアして収入が年金にシフトした 年金生活になった後に多くの医療費や介護費がかかり、老後資金からまとめて取り崩しが必要になると、その後の生活費が心許なくなるものです。 医療保障や介護への備えは充分か、改めて見直すことが必要です。 年代別に必要となる生命保険のイメージ ライフステージによって保障を備えるときに注視したいポイントがおわかりいただけたと思います。 それを踏まえ、年代別に加入しておきたい保険の種類を知っておきましょう。 とはいえ、人のライフプランは十人十色です。 早くに結婚して子どもができる人もいれば、一生単身で過ごす人もいます。 年代とライフステージはあくまで参考、ライフステージの変化と必要な保険の変化を見るようにしてください。 年代、ライフステージはあくまで一例です。 保険見直しでチェックするべきポイント ライフステージごとに必要になりそうな保障の種類とそれに応じた保険の種類を説明しましたが、実は保険の見直しは、加入している保険を変えないといけないというものではありません。 「加入している保険が必要な保障に合っているか」ということと、「必要な時に必要な保障を得られるような加入の仕方をしているか」をチェックして、今の必要性に合っていなければ最適化を図るというのが見直しの目的です。 次のようなポイントに注目しながら加入している保険をチェックしてみましょう。 保険見直し7つのポイント• 保険料は家計に無理のない金額か• 保障額が万が一の際に十分か• 保障期間の適切性と更新有無• 保険をいつまで支払わなければいけないか• 解約返戻金でいくら戻ってくるか• 掛け捨て型と積み立て型の内訳• 保険金の受け取り人に誤りはないか 保険料は家計に無理のない金額か 保障内容は必要性に合っていても、保険料の支払いが厳しければ長期にわたって継続していくのは難しいものです。 例えば保険料の払込み期間を長めにしたり、掛け捨て部分の割合を大きめにすることで、同じ保障金額を確保しつつ保険料負担を軽減させることはできます。 見直しの際に保険種類の変更を検討してみるのもいいでしょう。 保障額が万が一の際に十分か 必要な保障を備えているつもりでも、保障金額に不足があればいざという時に経済的に困ります。 例えば、子どもが独立するまでの生活保障に加え、子どもが自宅外からでも大学に通えるように教育資金を確保できるだけの備えをするなど、今後のライフプランをイメージしながら保障額は適正であるか定期的にチェックすることが大切です。 保障期間の適切性と更新有無 定期保険など一定期間だけを保障する保険では、契約期間の満了がくると保障がなくなります。 保障が必要な時期に対し、保障されている期間が適性であるかどうか確認しておきましょう。 例えば、定期保険特約付終身保険などでは、子どもが大学に進学する前に更新時期が訪れるケースもあります。 更新時には保険料が上がりますから、家計に負担がかからないか確認しておきましょう。 更新後の保険料負担も考えながら、更新が来る前に保険を見直してしまうのもひとつの方法です。 保険をいつまで支払わなければいけないか 家計を無理なく運営していくためには、保険料の支払いが「いくら」、「いつまで」必要なのかを確認しておかなければなりません。 子どもの進学資金や夫婦のリタイア準備に大きな保険料負担が重ならないかチェックしておきましょう。 生涯必要となる医療保険などの保障は、終身払いにして月々の払込みは保険料を低く抑えるという方法もあります。 ただしこの場合は一生保険料を払っていくことになりますから、家計全体のバランスに合わせて無理なく保険料を払っていけるか確認しておくことが大切です。 解約返戻金でいくら戻ってくるか 保険商品や契約してから解約するまでの期間などによっては、解約返戻金がほとんどなかったり、あっても既払込み保険料を大きく下回る場合があります。 既払保険料と解約返戻金のバランスを図りながら、既加入保険の主契約部分だけを継続させるのが望ましい場合もあります。 見直し方法は新たな保険に加入し直す以外にさまざまな方法がありますから、賢い見直し方法を検討してみましょう。 掛け捨て型と積み立て型の内訳 保険には掛け捨てタイプのものと積み立てタイプの保険があります。 掛け捨てと積み立ては、どちらもメリットとデメリットがありますが、今の必要性や家計の状況、将来の必要性に合っていることが大切です。 常に最適性を保てるように掛け捨て型と積み立て型の内訳を確認しておきましょう。 保険金の受け取り人に誤りはないか 保険には、被保険者、契約者、保険金受け取り人の三者が存在することになりますが、三者の関係によっては保険金受け取り時に贈与税がかかってしまうこともあります。 なお、例えば独身時代に契約した保険を継続していて受け取り人が親のままになっているようなケースもあります。 契約以降に家族の状況が変わっている場合には、とくに受け取り人が適切であるか確認しておきましょう。 保険見直しには注意点も 加入している保険が今の必要性に合っているか定期的にチェックすることは必要ですが、必ずしも切替えが必要だとは限りません。 一般的に医療事情や社会的な変化に応じて保険商品も新たなものが開発されているものの、場合によっては切替えることでかえって不利になってしまうこともあります。 最新の医療事情や保険商品の情報は、やはり保険のプロである勧誘員のアドバイスを参考にすることは大切です。 しかし、遺族年金や健康保険の高額療養費制度など、社会保険でカバーできる部分もあることも知っておきましょう。 保険で家計を圧迫してしまわないよう、公的保障でカバーしきれない部分を保険で備えるような見直しを心がけましょう。 自分にとって最も必要な保障が何かは自分自身が一番知っているはずですが、その必要性に応じた保険選びに不安があれば、ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談するようにするといいでしょう。 まとめ しっかり検討して加入しても、時の経過やライフスタイルの変化に応じて必要となる保険は変わります。 そのまま放置するのではなく、保障内容や保障される期間、払い込む保険料の額は適性であるか定期的に見直すことが大切です。 必要となる保障は一般的にはライフステージの変化に応じるものです。 見直しのタイミングもそれに合わせるといいでしょう。 保険の見直し方によっては保険料が安くなるメリットを享受できることもあります。 公的保障でカバーできる部分も考慮し、家計負担とのバランスも考えながら、賢い見直しを検討してください。

次の

&LIFE 新医療保険Aプレミアの特徴

三井生命保険 女性

4日以内の入院ではまとめて4日分の入院給付金が支給され、ガンで入院された場合は支払い限度日数が無制限になります。 医療保険アルファは自分に必要な保障を自由に選択できます。 たとえば、女性疾病入院特約、ガン入院特約、生活習慣病入院特約、ストレス性疾患入院特約などが選択でき、入院後の通院給付保障も付加することが出来ます。 有期型は10年ごとの更新で80歳まで保障され、当初の保険料を安くできます。 終身型は契約時の年齢で決まる保険料で一生涯の保障が得られます。 1入院の支払い限度日数は90日と180日が選択できます。 通算支払い日数は1095日まで保障されます。 がんによる入院であれば支払い日数は無制限になります。 たとえば、女性疾病入院特約、ガン入院特約、生活習慣病入院特約、ストレス性疾患入院特約などが選べます。 さらに、特定の病気や傷害に陥ったときは以後の保険料が免除される「楽々名人」特約もあります。 終身型:一生涯の保障が得られ、加入時年齢の保険料で値上がりはありません。 有期型:10年ごとの更新で80歳まで保障されます。 更新の度に保険料は上がりますが、当初の保険料は割安になります。 三井生命 会社情報.

次の