子供 が 発熱 したら。 子供が疲れて熱が出る原因とは?主な2つの可能性!

子どもの突然の発熱! その原因と対処法まとめ

子供 が 発熱 したら

スポンサーリンク 急な発熱がすぐに下がる原因 小さな子供の短期間の発熱は、ちょうど知恵のつく頃によく見られるので「知恵熱」と呼ばれていました。 昔は原因不明の発熱だったそうですが、どうやらウイルス感染や、脱水状態になっているために体温が上がっているのだそうです。 ちなみに大人に知恵熱という言葉を使う時は、「いつも使っていない頭を使うようなことしたから、熱が出たのでは?」といった皮肉が含まれていることも!なので、大人相手に使う時は注意してくださいね。 では、大人が急に熱を出して、すぐに熱が下がる時、いったい何が原因なのでしょうか? 実はあまり原因がはっきりとしていないのですが、どうやらストレスのせいで熱を出してしまう、「ストレス性高体温症」というものがあるのです。 このストレス性高体温症は下記のように2つの種類に分けることができます。 残業続きの生活、毎日の介護など、慢性的なストレスにさらされている人に見られます。 頭痛やだるさを伴うことも!ストレスの原因が無くなったあとも、しばらく症状が続く場合もあります。 タイプ2:急に高熱が出る 極度の緊張にさらされる、誰かとけんかしてしまう、手術を受けるなど、一時的なストレスに伴って急に発熱する症状です。 ストレスの原因が無くなるとすぐに熱が下がります。 注目すべきはタイプ2!まるで大人の知恵熱ですよね。 ただ、このストレス性高体温症、身体のどこかが悪いわけではないので、病院に行っても異常が無い、と言われることも多いのです。 お医者さんはまず、感染症や悪性腫瘍など、場合によっては命に係わる危険性のある病気から調べるので、そういうものでない限り、異常なしとされてしまうことがあるんですね。 さらに、 ストレスによる発熱には市販の解熱剤は効きません。 解熱剤は感染症に伴う炎症に反応して効果を発揮しますが、原因がストレスだと炎症が無いため、薬も効きようがないのですね。 何とも困った症状なのです。 なので、まずは内科を受診して、身体に異常が無いと言われてしまった方は、今度は心療内科に行ってみるのもいいかと思われます。 スポンサーリンク インフルエンザでもすぐに熱が下がる事ってあるの? 一般的には高熱に苦しめられるイメージのインフルエンザでも、ドカーンと熱が出て、すぐに下がってしまうことがあります。 そもそもインフルエンザにかかって熱が出るのは、身体がウイルスと戦うため、免疫力を高めようとしているから。 もともと免疫力の高い人は、熱が出てもすぐに下がる場合がありますし、強い人は熱すら出ず、インフルエンザにかかったという自覚症状もないまま終わったりするのだとか。 また、過去にインフルエンザにかかったことがある場合も、症状が軽く済んだりするそうです。 ですが、熱がすぐに下がったからといっても油断は禁物。 再度発熱する可能性もありますし、ウイルスは1週間ほどは体内で生きているので、他の人にうつしてしまうしまう恐れもあるのです。 なので、インフルエンザにかかったら、すぐに解熱しても、しばらくは家で安静にしているようにしましょうね。 最後に 急に熱が出てすぐに下がる、という症状は、もしかしたらストレスのせいかもしれません。 内科を受診しても異常が無かった場合は、ストレス性高体温症を疑ってみましょう。 また、インフルエンザでも熱がすぐ下がることがありますが、他の人にうつさないよう、しばらくは大人しくしていましょう! 【関連記事】.

次の

子供が突然の発熱!チェックするべきポイントと、考えられる病気。

子供 が 発熱 したら

子どもの「発熱」の目安は何度なのですか? ふだんから時間帯ごとの平熱を測って、発熱に対処しましょう。 しかし、熱が出た程度を判断するには、その人の平熱を知らなければわかりません。 つまり同じ37. ふだんから平熱を測っていれば、どの程度の発熱かがわかって、迷うことはありませんね。 では平熱はどのように測ればいいのでしょう。 したがって、平熱はひとつではなく、時間帯によって異なるのです。 平熱の測り方は、起床時、午前、午後、夜の計4回体温を測り、時間帯ごとの平熱としておぼえておくのがいいでしょう。 食後すぐは体温が上がりますから、食前や食間に検温するのが適切です。 また平熱の測定は1日だけでなく、日を置いて何回か測ってみましょう。 なお、感染症法では、37. インフルエンザや熱射病などは高熱が出る いろいろな病気があって、熱の出方もいろいろですから、一概にはいえません。 しかし、とつぜん高い熱が出るというのは、体の中で大きな異変が起こったということですから、注意が必要です。 インフルエンザになったら、有効な治療をしてもらうためにも、なるべく早く病院に行ってください。 こんなときは急いで病院に連れて行きましょう。 熱が出たとき病院に連れて行く目安を教えてください。 きげんの良さ、悪さなど、熱以外の心やからだの状態をチェックしましょう。 熱と、そのほかの体の状態をみて病院に行くかどうかを決めましょう 生後3カ月未満の場合を除けば、熱の高さだけで病院に行くか、行かないかを決めるべきではありません。 熱以外の症状や、体の状態をみて判断することが大切です。 ひとことでいえば「きげんが悪い」とか「ふだんと様子が違う」ということになりますが、次のような場合は病院を受診する目安になると思いますので、参考にしてください。 顔色が悪く、苦しそうにしているとき。 元気がなく、ぐったりしているとき。 意識がもうろうとしているとき。 苦しそうに呼吸をしているとき。 強い腹痛をうったえるとき。 ひきつけを起こしたとき。 子どもの発熱に備えて、普段から準備しておくものは? 家族用とは別に用意したい、乳幼児専用の体温計。 発熱に対して備えておきたいもの 子どもは、いつ熱を出すかわかりません。 夜中に発熱した場合は、何かを買いに行くにも店が開いていないといった問題があります。 発熱に備えて、普段から準備しておいたほうがいいものとして、次のような品目が考えられます。 体温計(乳幼児の場合は、汚染された器材からの感染を受けやすいため、専用のものを準備しておきます)• 保冷剤(いつも冷凍庫で冷やしておき、タオルで巻いて水枕や氷嚢の代わりに使います)• イオン飲料(水分補給用。 「経口補水液」が最適です。 なければこともできます)• 解熱剤(医師から処方されている場合は、抗けいれん剤も)• 加湿器(インフルエンザウイルスは、湿度の高いところでは長く生きられません) お医者様から、熱が出るのは、いいことだといわれたのですが。 かぜの発熱は、体が病気を治そうとしている証拠なのです。 かぜのウイルスと戦っているから熱が出る 子どもの病気の多くはかぜウイルスの感染によります。 そのウイルスは呼吸器粘膜などの組織を侵し、それが続けば病気はどんどん重くなっていきます。 幸いなことに、感染を受けると多くの場合は発熱が起こります。 ところが発熱の程度は、体温計が数字で簡単に表示してしまうので、ちょっとした数字の違いで心配するお母さんがいます。 そこで体温が高いと何とか熱を下げなければという気持ちになるのですが、実は発熱そのものも病気を治そうとしている症状なのです。 体温が高いと、からだはウイルスに対する抗体をつくりやすいし、ウイルスにとってもすみにくい環境なので、ウイルスの勢いは弱まり、病気は治まるということになります。 心配なかぜの発熱も、子どもの体が病気を抑える力なのです。 したがって、少なくとも発熱が軽度で、ほとんど苦痛を訴えない場合には解熱剤の必要はなく、むしろ与えないほうがよいとされています。 赤ちゃんは熱が高いと思っても、時間がたつと治っていることがあります。 暑いかな?と思ったら、1枚ぬがせる。 赤ちゃんは、室温が高くても、着せすぎでも熱が出やすい。 子ども、とくに就学前の乳幼児の体温は、環境の温度が高いとすぐ高くなる傾向があります。 暑い部屋にいたり、厚着をさせたまま暖かい部屋にいると、熱が体内にこもって体温が高くなることがあるのです。 暑い環境にいると、人間は汗をかいて体表面から汗を出し、その蒸発熱で体温を下げようとするのですが、しかしその機能には限界があります。 まして子どもはおとなにくらべ、体温の調節機能がそれほど発達していません。 また体の大きさにくらべて体表面積が大きいため、環境温度の変化を受けやすいのです。 ですから、「ちょっと暑いのかな?」と思ったら、薄着にさせてみると体温が落ち着いてきて、きげんも良くなることがあります。 巷野悟郎(こどもの城小児保健クリニック) 1944年東京大学医学部卒業。 東大小児科、都立駒込病院小児科医長・副院長、都立府中病院長、東京家政大学教授、聖徳大学児童学科教授、(社)日本小児保健協会会長、こどもの城小児保健クリニック院長を経て現職。 巷野先生からのメッセージ 赤ちゃんが健康なときの体温をはかっておきましょう。 朝起きたとき・昼頃・夕方・寝る前の4回。 これを母子健康手帳に書いておくと、予防接種を受けるときや、少し熱があるときなど参考になります。 体温は一人ひとり違うからです。 しかし熱があるからといって、目盛りの数字にとらわれないで、そのときの赤ちゃんの機嫌や全体の様子などを、優先して判断しましょう。

次の

子供が発熱したときの服装で気を付けることは?着替えのタイミングや汗かいているときに布団はどうしたらいい?

子供 が 発熱 したら

パパやママは、突然、子どもが発熱したら慌ててしまいますね。 どんな原因で発熱するのか、どんな対処をしたらいいのか、知っておくと慌てなくて済むかもしれません。 原因はさまざまですが、考えられる子どもの発熱に多くみられる原因とその対処法をまとめました。 病院へ行く前の心構えとして、参考にしてくださいね。 子どもの発熱 子どもが発熱すると慌ててしまいがちです。 特に、赤ちゃんの場合は症状を訴えることができないので、ママとしては心配です。 子どもの様子をチェックして、その上で小児科に連れて行くなどの対処をしましょう。 また、高熱を出したからといって、必ずしも重病でないこともあるので、慌てないようにしてください。 赤ちゃんは、生後6ヶ月頃までママの抗体があるので、病気に罹りにくいといえますが、絶対ではないので、赤ちゃんの様子の変化に気付くことが大切です。 子どもの発熱の原因として考えられるのは、次のような症状があります。 鼻水、くしゃみ、せきを伴う発熱 発熱の中でも多くみられるのは風邪症候群です。 鼻水やくしゃみ、せきなどの症状が伴う発熱は風邪と考えられます。 感染したウイルスによりさまざまな症状が出ますが、肺炎などを併発してしまうこともあります。 乾燥した季節などには、ウイルスの蔓延する人混みなどへの外出を控えたいものですね。 嘔吐や下痢のある発熱 発熱とともに突然の嘔吐や下痢の症状がある場合、ウイルス性胃腸炎が疑われます。 嘔吐や下痢を繰り返すと脱水症状に陥ることがあるので、水分補給を怠らないようにしてください。 発熱があるが、機嫌は悪くない 発熱があるにもかかわらず、いつもとあまり様子が変わらない、機嫌が悪くないというときは、突発性湿疹が考えられます。 生後6か月頃から発症します。 耳を触ると痛がる 急に高熱になり、耳を触ると痛がってぐずったり泣いたりするときは、中耳炎が考えられます。 中耳炎は新生児でも罹ることがあるので、発熱の原因候補の一つとして考え、子どもの様子を観察してください。 発熱と同時に顔やお腹に発疹 風疹による発熱の場合は、耳のうしろのリンパ腺が腫れます。 また、発熱と同時に、顔や胸、お腹などに発疹が出ます。 その後、手足にも発疹が表れ、3日ほどで治まります。 口の中に白い斑点と顔や首に発疹 風疹と同様に発疹が出る病気で、38度以上の高熱と口の中に白い斑点(コプリック斑)ができる場合は、はしか(麻疹)ということも考えられます。 最初に、高熱とともに咳やくしゃみ、鼻水といった風邪のような症状のほか、目ヤニが出ます。 いったん熱が下がりますが、再度発熱し、耳のうしろや顔、首、手足など体全体に発疹が広がります。 予防接種後の発熱 赤ちゃんはさまざまな予防接種を受けますね。 もちろん、病気を予防するためですが、発熱の症状が表れる子どももいます。 体が免疫をつけようとして反応していると考えられます。 子どもが発熱したら… 子どもの様子をチェック 子どもが急に発熱した場合、子どもの様子をチェックします。 嘔吐や下痢はないか、痙攣があるか、呼吸は苦しそうか、顔色が悪くないかなどを観察します。 これらの症状が見られる場合は、早急に小児科などの医師の診断を受けましょう。 逆に、熱のわりに機嫌がいい、母乳やおやつをよく口にする、また、よく眠るなどの場合は、慌てないで経過を見守ってください。 翌日も熱が続くようなときは、病院へ行くようにしましょう。 体温や様子を記録しておく 発熱したら体温を記録します。 嘔吐や下痢などの症状がある場合は、その回数や様子などを医師に伝えられるよう記録しておきましょう。 自宅での看病 自宅で様子をみるときは、忘れずに水分をこまめに与えましょう。 特に、食欲がない、嘔吐や下痢がある場合は、脱水状態にならないように注意が必要です。 小さな子どもが突然、発熱したときは、どうしても慌ててしまいますが、ママは、落ち着いて子どもの様子をチェックし、すぐに病院へ行ったほうがいいのか、自宅で安静にした方がいいのかを判断しましょう。 特に夜中の発熱には慌ててしまいますが、夜間救急病院が混んでいて、待ち時間が長くなることがあります。 また、小児科の専門医が担当していないこともあり、翌日また行かなければならないとなると、子どもの体への負担が大きくなってしまうこともあります。 ママは、すぐに行けなければならない症状か否かを判断するようにしてください。 著者情報.

次の