ナイキ ペガサス 36。 NIKEエアズームペガサス36レビュー

【レビュー】ナイキ エアズーム ペガサスは 幅広足に是非オススメしたい一足です!

ナイキ ペガサス 36

ではナイキシューズの勢いについて書かせて頂いたが、この記事ではその中でも良いアップデイトをした、「ナイキ ズーム フライ 3」と「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」について書こうと思います。 そこには、独特な良さがあることを力説したいです。 【ナイキ ズーム フライ 3】 レース向け 自己ベスト更新を目指すシューズ 1. 耐久性に優れ抜群のフィット感をもたらすアッパー構造。 2.推進力に寄与するフルレングスのカーボンファイバープレート。 靴底には耐久性と反発性に優れたナイキ リアクトフォームを採用。 まず、価格的メリットがあります。 18,700円が安くさえ思えてきます。 ですから「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を本番用、「ナイキ ズーム フライ 3」をポイント練習用と考えるのは定着しつつあるかもしれません。 でもこのシューズ忘れてはならない点が一つ、それは、反発弾性の高い素材「リアクトフォーム」を使用していることです。 ナイキが新たに開発した「リアクトファーム」は、一般的なEVAフォームのようなスポンジ構造ではないので、その反発弾性の耐久性にも定評がある素材です。 リアクトフォームは本当にソフトでバウンジー、そこにカーボンプレートも搭載されている「ネクスト%」と同仕様であるのが、「ナイキ ズーム フライ 3」の正体です。 ですから重心移動のプロセスにおける蹴りだしまでのアドバンテージ、それは「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」のようにある、と言っていいでしょう。 結局、カーボンプレートの本来の素材特性が出るのは、剛性による安定感、フワフワのリアクトフォームとの相性はまさに抜群で、シューズ全体のフワフワ感を、このカーボンプレートが1枚入ることで、全体の剛性、バランスが高めている感じです。 蹴りだしの安定感はカーボンプレートの貢献が大です。 はっきり言って、フィーリングとしてクッションは「ナイキ ズーム フライ 3」の方があるくらいに感じます。 (スピードを出すとヴェイパーもクッションとてもいい…)つまり、「ヴェイパーフライ」の代わりになるのはトレーニングだけでなくてレースでも、レースにでもアドバンテージのあるシューズだと思います。 ちなみに「ヴェイパーフライ」を持っているわたしも「ナイキ ズーム フライ 3」でレースに出ているぐらいです。 足の調子や路面が硬いときはむしろ「ナイキ ズーム フライ 3」が適切かと思いますね。 彼らは、本番ではもちろん、「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を履いています。 しかし、この日は全日本大学駅伝の1週間後ということもあって、ペース走でした。 (わたしは後半に入って彼らに軽くかわされました…)そのとき彼らの大半が履いていたのが、「ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2」でした。 つまり、履きわけが習慣化されているアスリートばかりでない中、大迫傑選手ばりの使い分けをしていました。 また、彼らの使い方に、ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2の使い方は象徴されていて、このシューズはとても面白いポジションのシューズ。 簡単に言えば、ナイキ エア ズーム ペガサス 36を軽量にしたモデルで、しかし、ナイキ ズーム フライ 3のようにレース仕様にカーボンプレートが入っているような凝った特殊な作りでもありません。 構造的には、トレーニングシューズ(デイリートレーナー)で軽いシューズというわけで、アメリカで言うところのテンポアップシューズ、バーサタイル性(多目的)の高いシューズと言えます。 ですから使用用途は、ジョグでもなければ、レースでもない、かといってジョグでも、レースでも使える、そんな感じです?!違う言い方をすると、ランナーのかゆいところに手が届くシューズと言っていいのかもしれません。 まず、「ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2」は、「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」と比べて、屈曲が柔らかく、足の屈曲をレーシングシューズなどのように許してくれる作りがポイントです。 屈曲が柔らかいと言うことは、ランナーが自分の思い通りに動かしたい欲求を叶える要素なので、ランナーの動きを制御コントロールする「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」とはそのあたりは対極とも言える作りです。 そして、この軽量性。 何しろ231g(28. 0cm)と軽量であること、ペガサスもバーサタイル性の高いシューズですが、それよりもっと、多目的に使えるシューズが、ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2と言えるでしょうね。 少しペースを速めたいレースペースなどでも当然アドベンテージがあるでしょうし、時にはジョグで使って気分転換でもいいでしょう。 そして、この軽さとドロップ8mmのソールは、レースに使うことだってきる仕様です。 何しろ、「ヴェイパーフライ」と同じズームXフォームを使っていると言うところも魅力のひとつですからね。 ナイキ ズーム フライ 3なのか?ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2なのか?ではなくて、両方です(笑)痒いところに手が届くラインナップは、ランナーの使い方次第でその個性が変わるシューズなのでしょう。 予算と仕様用途に合わせて選ぶのが一番でしょうね。 このデイリートレーナーと言われるトレーニングシューズを使用していないランナーが意外にも多いのが、日本人ランナーの特徴です。 徐々に若い世代から広がりを見せている印象ですが、アメリカでは1970代にランニングが、アスリートから市民ランナーにブーム的な広がりを見せたとき、同時に、サポートを提供するこのデイリートレーナーというスタイルが発展してきました。 むしろデイリートレーナーこそ、ランニングのほとんど全ての用途をカバーできて、レーシングシューズがより専門性が高いと言ってもいいくらいです。 ですから、多くのランナーがまず持っていてもいい、このデイリートレーナーの代表格である「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」をEKIDEN PACKでも、まずチェックしてほしいわけです。 このカテゴリーの中で、他ブランドのそれらを含めても、「ペガサス」はまさにレジェンド級。 36代続く品番なんて他のどのブランドを探しても見つからないわけです。 それだけこの品番は長きに渡って、定番であり続けながらも、進化してきた良さがあります。 わたしは、無人島に持っていくなら、このシューズを絶対持っていきます。 「ヴェイパーフライ」や「ズームフライ」といったいわば、テンポアップシューズに、夢中になりはじめた日本のランナーは、このデイリートレーナーである「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」を使いこなすこと、味方にすることが重要です。 何故なら、レーシングシューズは専門性の高いシューズ、それ自体にコンディションを高める機能性は付いていないからです。 ランニングというのは、トレーニングで鍛えたフィジカルの高さと、それぞれの用途のシューズの協調作業です。 トレーニングというのは変化があるからこそ効果あります。 距離が長かったり、スピードが速かったり、その中でも、多く時間を割くことになるジョギングは、いい状態を取り戻すトレーニング。 いい状態というのは重力に対して、抵抗のないフォームを保つことに尽きるでしょう。 もちろん、血流を促進して、筋疲労を除去することも目的ですが、それを含めて、動きを良くすることこそ、トレーニングの肝と言ってもいいのかもしれません。 シューズが構造的に硬く、体が揺れやすいように作られている、デイリートレーナーでそのコンディションを取り戻すことが肝になることは言うまでもないでしょうね。 新年恒例の駅伝を見て、モチベーションが上がったら、選手と同じシューズでなくても、同じカラーリングの中で、自分が一番必要としているモデルを手にすること、それがタイムアップや怪我のないランニングコツなのです。

次の

ナイキのペガサス36を履いた感想とサイズ感

ナイキ ペガサス 36

ナイキ エア ズーム ペガサスの歴史 レビューの前にナイキ エア ズーム ペガサスについて簡単にご紹介しておきましょう。 ナイキのペガサスシリーズが誕生したのは1983年のことです。 当時のランニングシューズに使われていたのはエアウエッジと呼ばれるEVAよりも衝撃吸収率の高いソール材です。 NIKEを世界的なブランドに押し上げたAIRの登場により、ペガサスにもビジブルエアが1996年に搭載されます。 ところが1997年に1度ペガサスシリーズは廃止され、その後2000年に復帰。 そこから徐々に進化を遂げ、以前のような大きなAIRではなく、シート状のエアユニットが採用されるようになりました。 ナイキ エア ズーム ペガサス 34までは、前足部と踵部の2ヶ所にエアユニットが組み込まれていました。 ところが、ナイキ エア ズーム ペガサス35で大きな方向転換をします。 ジョグやリカバリーランなどのゆっくりのペースで走るときには、トップランナーでも足裏全体で着地することが分かり、エアユニットは分割ではなくインソールのように1枚構造になりました。 これにより、ペガサス34とペガサス35はまったく別物のシューズになりました。 今回発売のペガサス36は、ペガサス35の流れをそのまま組み込んだ1枚のエアユニットを採用しています。 ナイキ エア ズーム ペガサス 36のファーストインプレッション 前置きはそれくらいにしておきましょう。 まずは履き心地ですが、今回のペガサス36は履き口がスリムになっています。 このため、シューズが脱げるのではないかと不安になるくらい、ゆるさを感じます。 ペガサス34からペガサス35に変わったときにも同じように、履き口のゆるさを感じましたが、今回はさらにゆるくなっている感じがあります。 ズームフライも同様の傾向にあるので、これがナイキの出した履き口の正解なのでしょう。 ただ、このゆるさはフィッティングをしっかりすることで、ある程度解消されます。 さらに最上段のシューレースホールは外側の穴を使うことで、しっかりとホールドした感じになります(それでも違和感はありますが)。 ゆっくりと走り出して感じたのは、ペガサス35と同じ足裏全体での着地が必要なシューズだということです。 フォアフットで入っても、踵着地で入っても力がロスして、思ったようにスピードに乗れません。 中足部で着地して、そのまま地面を押し出す感覚で走ればソールの反発力によって、力を入れなくてもグイグイ前に進むことができます。 反対に力を入れてガツガツ走ろうとすると、力をどんどん削られていきます。 Advertisement スピードを上げて走ってわかったペガサス36の使い方 ある程度慣らして、ナイキ エア ズーム ペガサス36の特徴を把握したところで、どれくらいのポテンシャルのあるシューズなのかを確認するためにペースを上げてみます。 皇居周りの5kmをタイムトライアルです。 実は1週間前にも同じ場所で別のサブ3を狙うランナー向けのシューズでタイムトライアルをしています。 そのときのタイムが20分43秒でした。 ちなみに私の1kmのベストが3分18秒、フルマラソンは今年の愛媛マラソンで3時間21分37秒がここ2〜3年でのベストタイムです。 それくらいの能力のランナーである前提で読んでください。 ナイキ エア ズーム ペガサス 36で走る場合には、しっかりと足裏全体で着地して反発をもらうという走り方が適しているので、タイムトライアルでも「速く走ろうとしない」ことが重要です。 足に体重が乗ったのを確認して丁寧に地面を押し出します。 タイムを見ながら走ると調整をしてしまうので、ペースは確認していませんでしたが、1週間前よりもゆったりとした感覚でした。 シューズにまだ慣れきっていませんが、シューズに上手く乗れたときには驚くような推進力があります。 また、着地したときの安定感もありますので、ペガサス35とほぼ同じ感覚でリカバリーランやジョグに利用できそうです。 ただ、ペガサス35よりも推進力が数%上がっているような気もします。 ただし、ナイキはそれについてはまったく触れていません。 改良をしたけど性能向上に確信を持てない• 私の走力が1年前よりも上がった 考えられるのはこの2点です。 感覚的には前者ではないかと思うほど推進力を感じます。 ペガサス35よりもペガサス ターボに似ていると感じるほど、グッと押される感じがあります。 ただ、こういうシューズレビューで悩ましいのは、同時に履き比べができないということで、ペガサス35を履いたのは1年前ですので、記憶もあやふやですし、私自身も1年間で走り方がかなり変わっています。 今の自分がペガサス35を履いたら、ペガサス36のように推進力を感じるかもしれません。 皇居周りはアップダウンがありますが、足裏全体で着地するシューズですので、上り坂になると推進力が一気に失われます。 着地がどうしても前足部側になってしまい、シューズの反発力をもらえません。 踵着地になってしまう下りもあまり得意なシューズではありませんが、クッション性と安定感があるので勢いに任せて走ることもできるため、こちらはそれほど気にはなりません。 むしろ踵で入ってから前足部への体重移動がスムーズに行えて、ドタバタせずに下ることができます。 ただ、このときも「速く走ろう」という感覚ではなく、しっかり地面をつかもうとしながら走りました。 20分14秒 1週間前よりも30秒近く縮まっています。 1週間前よりも気温が低いとうのもありますが、サブ3を狙うシューズと遜色ないポテンシャルがあることが分かりました。 それも速さよりも丁寧さを優先したのにも関わらず。 ただ、キロ4分の先の世界で走るとなると、かなりの走力がないと難しいかと思います。 さらにスピードに乗ってフォアフットになったとき、ランニングエコノミーが下がります。 まとめ• キロ4〜5分程度で力を発揮する• 足裏全体での着地が必要なのでスピードには乗れない 結論としては、この2つがペガサス36の特徴だと感じました。 このシューズはレース用でもトレーニング用でも使えるとなっていましたが、オールマイティーなシューズではありません。 サブ3を狙うくらいまでならレースでも十分に使えますが、それ以上のクラスになるとリカバリーやジョグ、距離走のためのシューズという位置づけになります。 また、キロ3分台で走るようなスピード練習には適していません。 ここまでのレビュー内容から分かるかもしれませんが、ポテンシャルとしてはペガサス35とほぼ同等のシューズです。 劇的な進化はなく、ナイキが積極的に宣伝をしなかったのはマイナーチェンジに過ぎなかったからなのでしょう。 このため、ペガサス35から急いで乗り換える必要はなく、現時点で買い替えたいと思っているなら、モデルチェンジによって値段が下がったペガサス35のほうがコストパフォーマンスに優れています。 ただ、ペガサス35と同じように走れるわけですから、買い替え時にペガサス35の在庫がないならペガサス36に移行しても問題ありません。 履き口の感覚が合うかどうかですが、これは走っていれば慣れます。 積極的に買い替える理由はありませんが、定番ならではの安心感がペガサス36にはあります。 ひっそりと発売になりましたが、決して問題のあるランニングシューズというわけではありません。 むしろペガサスシリーズとして、大きく改良する必要のないほどポテンシャルの高い仕上がりになっています。 キロ3分台で走るというのでなければ、この1足でレースもトレーニングも使える理想の1足です。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 36、6月1日発売 Alpen Group Magazine

ナイキ ペガサス 36

ナイキでは、パフォーマンス、ソーシャルメディア、広告を目的としたクッキーの使用にご同意いただけるようお客様にお願いしております。 サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。 さらに詳しい情報をご希望の場合、もしくはお客様の設定を変更したい場合は、「詳細を読む」のボタンをクリックするか、ウェブサイト下にある「クッキーの設定」をご覧ください。 これらのクッキーやお客様の個人情報の処理についてさらに詳しい情報をご希望の場合は、Nikeのプライバシーおよびクッキーに関するポリシーをご覧ください。 クッキーの使用や関連する個人情報の処理についてご同意いただける場合は、下の「同意する」をクリックしてください。 ソーシャルメディアと広告 ソーシャルメディアのクッキーを使用すると、ユーザーがソーシャルネットワークに接続し、ソーシャルメディアを通じて当社のWebサイトのコンテンツを共有できるようになります。 広告用クッキー(第三者機関)は、ユーザーごとにより関心が高い広告を提供するための情報を、NikeのWebサイト内とその他のサイトの両方で収集します。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。 このような個人データの処理については、をご覧ください。 クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。

次の