リクナビ 薬剤師。 【就活ならリクナビ2021】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

【就活ならリクナビ2021】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

リクナビ 薬剤師

求人数(非公開求人数) 43,000件 「求人数」業界トップクラスです。 「あなた」の希望を叶える求人を幅広くラインナップ。 ドラッグストア、製薬会社、病院、町の小さな薬局から大手薬局まで、好条件の求人情報がたくさんあります。 選りすぐりの非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数! コンサルタント数 24名 人数はそれほど多くはないですが、迅速な対応により、最短3日で転職が可能です! 薬剤師専門のキャリアアドバイザーが スピード転職を万全サポートします。 口コミ平均評価 4. 6 あなたも顧客も満足出来る転職支援をモットーとしており、徹底的な事前調査により少しの妥協もしないサポートで高い口コミ評価を受けているようです。 前の職場では自分が常に勉強していたこともあって「本当に自分の能力を評価してくれてるのかな?」と疑問を感じながら働いてました。 そのうちにしっかり評価してくれる所で働きたいなという思いが強くなり、転職を考え出しました。 仕事があるのか少し不安でしたが、薬剤師専門の転職サイトがあることを知らず、とりあえずリクナビ薬剤師に登録してみたところ、コンサルタントさんから複数の転職先を紹介されてその件数にびっくりしたのを覚えています。 その中から条件の良いところを選ばせてもらって、週休2日、年収が上がるところ、という条件のところに転職することができました。 自分の能力をしっかり評価してくれるところで、自分が勉強して身につけた分、しっかりと給料をあげてくれるので転職に大変満足しています。 自分の能力をしっかり評価してくれる、というのは働く上でもモチベーションにも繋がりますので大事なポイントですね。 職場によっては全く評価してくれないところもあるのが現状です。 転職は最初は大変なイメージがありますが、上手く転職すれば環境を良くすることができます。 要望どおりの転職が出来たのもtaoさんがしっかり勉強していたからですね! 調剤薬局で管理栄養士の仕事をしておりまして、ほぼ週休1日で働きづめの状況でした。 体力的にも生活とのバランスとしてもかなり厳しいと感じる日々で、子どもが3歳となったことをきっかけに、転職を真剣に考えました。 とはいえ、多忙な日々でしたので、まずは安心できる転職で有名なリクルートさんのリクナビ薬剤師さんと、その他2社ほどに無料登録をしました。 希望は、 ・休日が週2日できちんと確保できること ・給与は現在より上がること の2点でした。 幸い豊富な求人数のおかげで、条件に合致する転職先候補を多く抽出していただきましたので、上記条件以外にも、企業理念に基づいた現場の運用がされているかどうか、通勤の時間等の条件をコンサルタントの方と詰めていきながら、候補を絞らさせて頂きました。 非常に満足な結果となりました。 忙しくても、まずは相談することから道が開けますね。 希望条件がはっきりしていたことと、今までの仕事の積み重ねが、良い転職につながったのでしょう。

次の

【就活ならリクナビ2021】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

リクナビ 薬剤師

『どの会社に転職すればいいか分からない!』、『そもそも転職すべきなの?』と悩んでしまう気持ちは痛いほどわかります。 転職エージェントの中には、ヒアリング不足で会社と薬剤師のミスマッチが起こり、またすぐ辞めてしまう事態も発生してしまうことがあるので登録には注意が必要です。 今回は、過去二回の転職でリクナビ薬剤師を利用した経験から、転職で悩むあなたに向けて安心しておすすめ出来る『リクナビ薬剤師』について解説した記事を書きました。 最後まで読めば、『リクナビ薬剤師を』を利用するべきかどうかの答えが分かるようになっています。 ぜひ、転職活動の参考にしてください。 リクナビ薬剤師の評判・口コミ• リクナビ薬剤師のメリット・デメリット• リクナビ薬剤師を利用した感想• 薬剤師の求人件数は約35,000件• 新着求人は毎日30件以上• 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み 『』• 面談による的確なアドバイス• 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる• 転職後のアフターフォローが充実 『』• 対応の速さが業界一• 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい• 薬剤師の利用者数No. 1 上記の3社は薬剤師転職業界で大手といわれているサイトです。 登録しておいて損はありませんが、一度に登録する必要はありません。 20代後半に結婚して青森県に引っ越しました。 相談しながら話を聞いてくれるリクナビ薬剤師に登録し、調剤薬局から調剤薬局に転職。 今の職場の管理薬剤師は若い男性でリーダーシップがなく、頼りない方です。 給与に不満はありませんが、仕事がスムーズに進まないせいで残業が多い職場に転職してしまいました。 転職サイトを利用する中で、「通いやすい場所や年収を重視したこと」、「キャリアコンサルタントと採用担当のエリアマネージャーの人柄に安心し即決したこと」ことが転職に失敗した原因だと思います。 参考サイト>>>「」・「」 否定的な口コミには「担当者が強引だった」、「転職で重視していたポイントの間違いと、相手の人柄の良さで転職先を決め失敗した」と書いてありますね。 過去の転職経験からお話しすると、転職を強くすすめてくる担当者がいることは事実です。 転職の不安から中々一歩を踏み出す勇気が持てない人には、引っ張てくれる担当者がいてもいいですよね。 一方で、とても親切にしてくれる担当者もいます。 『とても親切に内定をもらうところまでサポートしてくれたものの、やっぱり妥協できないところがある!』 全力でサポートしてくれた担当者に申し訳なくて断りずらいと感じてしまう薬剤師の方もいます。 キャリアアドバイザーはあなたの希望をすべて把握しているわけではありません。 大切なのは、『自分の意志や転職の目的をしっかり持つ』ことです。 リクナビ薬剤師の口コミから分かることは、たくさんの求人を取り扱っているので、自分の細かな転職条件でも見つかりやすいことです。 担当者の熱心な対応で必ず良い求人を見つけ内定までこぎつけてくれます。 自分一人で転職活動をすることに不安がある方はぴったりの転職エージェントですね。 リクナビ薬剤師で転職活動した感想 ここでは、リクナビ薬剤師を利用した感想を書きました。 ネットから登録すると、すぐに電話がかかってきました。 『 』と『 』を併用して転職活動をしていることを正直に伝えても、担当の方は嫌な態度を見せず、30分以上も時間をかけてヒアリングをしてくれました。 その後、メールで求人を10件近く送ってくれたので、仕事の速さにびっくりしたのを覚えています。 条件に合わない求人を伝えると、担当者はすぐに情報を修正してくれるので、どんどん精度の高い求人を案内してくれます。 求人の紹介から面接まで2週間かかりませんでした。 履歴書と職務経歴書の添削もしっかり行ってくれたうえで、担当者から相手企業先に送付してくれるのでとても便利。 ドラッグストアから貿易会社という未経験の職種でも、担当者のしっかりとしたアプローチがあって無事に内定をもらえました。 おそらく、担当者のアプローチが無ければ面接に通ってなかったと思います。 なぜなら、企業側から担当者を通して改善点を伝えられたからです。 再度、面接の場を設けてもらようなことはなかなか無いと思います。 リクナビ薬剤師の担当者からは、『〇日までに、〇〇してください。 』と具体的な指示があるので、終始受け身の姿勢で転職活動を行っていました。 書類選考に応募するたびに具体的な指示があるので、『担当者が強引だった』と感じてしまう原因かもしれませんね。 下の表は、リクナビ薬剤師を利用した個人的な評価となります。 点数 評価 総合評価 人材サービス大手ならではの安定したサポートを受けられる。 求人の量 新しい求人がどんどん追加されるので鮮度が高い。 非公開求人も多数。 コンサルタントの質 積極的にリードしてくれるので、転職しようか迷ってる段階の人にもおすすめ。 サポート力 書類添削、業務連絡、事務手続きを一手に引き受けてくれるので楽。 リクナビ薬剤師では直接面談を受けるサービスもあるようです。 2回の利用ではいずれも電話のみのサポートでした。 担当者と顔を合わせて相談したいと考える薬剤師の方には不安を感じてしまう方もいるのでサポート力は『4』と評価。 ただ、電話のみのサポートだけでも理想の転職が出来たので総合評価は『5』と評価しました。 リクナビ薬剤師を利用するメリット・デメリット ここからは、リクナビ薬剤師を利用してみてわかったメリット・デメリットを紹介します。 リクナビ薬剤師のデメリット まずはリクナビ薬剤師を利用してわかったデメリットを紹介します。 やや強引と感じてしまうことがある 薬剤師転職サイトは、求職者の転職を成功させるとお金が入る仕組みは皆さんご存じの通りです。 担当者はノルマが課せられているので、 転職を強くすすめてくることを心配してしまいますよね。 そのような先入観から、リクナビ薬剤師の素早い対応は、転職を急いでいない人にはやや強引に感じてしまうことがあります。 他社と比べると、リクナビ薬剤師の担当者からの連絡は多いです。 当然、電話に出れないときは、こちらから折り返しかけることとなるので、電話代が気になりますよね。 担当者はその点も考えてくれるので、電話代がかからないようにすぐに電話を切って折り返しかけてくれます。 また、担当者に電話が出れる時間を伝えておくと、再度折り返すという手間を省くことができるのでおすすめです。 病院の求人に弱い リクナビ薬剤師は製薬メーカー、ドラッグストア、調剤薬局の求人に強いですが、病院の求人には弱いです。 また、リクナビ薬剤師は非公開求人が多いので、自分で病院薬剤師の求人を検索して探すのは結構大変。 病院の求人が全くないわけではありませんが、他の転職サイトに比べると少ないと感じました。 病院に転職したいと考えるなら、病院の求人をたくさん持っている転職サイトに登録することをおすすめします。 薬キャリは 医療業界のサポートに実績のあるエムスリーキャリアが運営している薬剤師に特化したの転職サイトです。 特に、病院の求人に強いので、 他よりも2倍の病院薬剤師求人を抱えているのが特徴です。 対応の速さが業界一• 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい• 薬剤師の利用者数No. 1 希望しない求人が紹介される リクナビ薬剤師は、最初のヒアリングを経て、あなたの希望条件に当てはまりそうな求人をたくさん送ってくれます。 しかし、数が多いので条件に合う求人が少ないと感じてしまうことがあります。 リクナビ薬剤師で、担当者の対応すピートが早いことを説明しましたね。 その分、希望しない条件の求人を紹介されていると感じやすくなってしまいます。 そのようにならない為にも、希望条件を詳しく伝えることが大切ですが、希望に合わないならどんどん断っていきましょう! 担当者に条件が合わないことを伝えれば、他の求人を紹介してくれるのでだんだん求人の精度が高まってきますよ。 薬キャリを利用するメリット マイナビ薬剤師を利用するメリットを紹介します。 対応が早い キャリアアドバイザーの質が高いという点と若干重複しますが、メールの返信や電話の折り返しなどが速いレスポンスの良さも魅力です。 キャリアアドバイザーの対応が速いため、転職を急ぎたい人にもおすすめです。 リクナビ薬剤師に利用登録して担当のコンサルタントからのヒアリングが終わるとすぐに求人を紹介してもらマス。 また専用アプリを利用すれば紹介された求人をまとめることもできますし、アプリ内で応募を完結させられます。 簡単に言ってしまえばスマホ1台で転職活動に必要なサービスを受けられるので、現職が忙しい方でも連絡や求人紹介での手続きのわずらわしさに悩まされることは少ないでしょう。 過去には3日で転職したという人もいるようです 登録して直ぐに連絡が来ました。 転職活動を早く始められるのは良かったと思います。 対応がとても速く 、求めていることを即座に理解してくれました。 次に多かったのが「 対応が早い」という評判です。 リクナビ薬剤師は、「 最短3日で転職」というのを掲げていますが、本当にそのくらいのスピードを持って対応してくれるようです。 求人数が多い リクナビ薬剤師はリクルートが運営している転職サイトなので、オンリーワンの求人がある点で強みがあります。 公開求人でけで3万件以上あり、『未経験可』や『ハイクラス』の求人が多いです。 製薬メーカー、ドラッグストア、調剤薬局と求人の幅が広いため、転職先が定まってない方にもおすすめできます。 大手の求人も多く、経営基盤のしっかりした企業で働きたい人にはいいですよね。 しかし、ほとんどの求人が非公開求人となっているので、登録をしてエージェントに紹介してもらうことが良い方法です。 1次面接が不合格となっていたところを、担当者の猛プッシュにより再度面接の機会を設けて頂けました。 長く転職市場で実績を積んできリクナビ薬剤師だからこそ、企業側との信頼があり実現したことだと思います。 リクナビ薬剤師とは 【公式サイト名】『 』 リクナビ薬剤師は株式会社リクルートメディカルキャリが運営する人材紹介サービスです。 人材サービス大手の株式会社リクルートの100%子会社。 1979年に設立されているので、転職市場ではたくさんの実績を積んでいます。 そのような理由から、大手企業の求人を多く取り扱っているので、製薬メーカー、ドラッグストア、調剤薬局への転職を考えているなら登録をおすすめする転職エージェントです。 担当者のレスポンスの速さも業界トップレベルで、職歴に空白期間を作りたくないと考える薬剤師の方は大きなメリットですね。 リクナビ 薬剤師の利用にオススメの人は、ズバリ!「早く転職したい人」です! リクナビ薬剤師の対応の速さは業界トップクラスです。 myCarrYの無料アプリで、求人紹介から応募まで簡単に行えます。 リクナビ薬剤師は、『最短3日で転職』を掲げているので、スピード感がすごい。 職務経歴書の添削や書類の事務手続きも、あなたに代わりすべてを行ってくれますよ。 経験やスキルに自信が無い方も、しっかりとバックアップ。 登録転職サイトに迷っているなら、とりあえず登録しておいても損は無い転職エージェントです。 薬剤師の求人件数は約35,000件• 新着求人は毎日30件以上• 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み 『』• 面談による的確なアドバイス• 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる• 転職後のアフターフォローが充実 『』• 対応の速さが業界一• 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい• 薬剤師の利用者数No. 1 【最後に】リクナビ薬剤師はスピード感のある転職が出来てサポートが充実 リクナビ薬剤師は対応の速さだけでなくサポートが充実しているので、転職が初めてのにはぜひ利用したい転職エージェントとなっています。 この記事で紹介している転職エージェントは費用が一切かからないので、とりあえず相談したい場合でも快く受け付けてくれますよ。

次の

株式会社ツルハ(薬剤師職)の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

リクナビ 薬剤師

リクナビ薬剤師は大手の転職サイトだから紹介料がかかるんじゃないの? リクナビ薬剤師は豊富な求人数を掲載しており、さらにエージェントのサポートやスピード重視の対応など、大手ならではの充実した支援サービスが揃っています。 忙しい社会人にとってこれらのサービスは非常に便利ですが、普通に考えれば 紹介料などの料金がかかりますよね。 充実したサービスであるほど高いお金がかかるのではないかと心配になりますが、リクナビ薬剤師では紹介料などの料金が必要になるのでしょうか? リクナビ薬剤師は紹介一切なしで利用できる便利なサービス! 結論から先に述べるとリクナビ薬剤師では 求人の紹介料は一切かかりません。 また紹介料だけでなく、 登録料無料・内定後のフォローまですべて無料となっています。 リクナビ薬剤師で利用できるサポート一覧• エージェントによる求人紹介面談・キャリアカウンセリング• 企業との交渉• 履歴書の添削• 面接対策・スケジュール調整• 内定後フォロー・相談 リクナビ薬剤師ではこれだけのサポートが揃っていますが、もちろん全て無料で利用することが可能です。 充実したサポート、あるいは求人を紹介してもらった見返りとして、高い紹介料を請求されることは一切ありません。 求職中であってもお金の負担がかかる心配をせずに、転職活動に集中できるシステムとなっているのは非常にありがたいですよね。 リクナビ薬剤師は紹介料なしで利用できるけれどアヤシイ業者じゃないの? とはいえ普通なんらかのサービスを利用する場合は、お金が必要になるもの。 求人を紹介してくれるサービスが無料なんて本当なの?アヤシイ……という方ももちろんいらっしゃると思います。 そんな方のために、ここではリクナビ薬剤師が、紹介料などの料金なしで利用できる理由について解説してきたいと思います。 リクナビ薬剤師は国から許可された無料職場紹介事業 全てのサービスが無料なんて聞くと、確かに怪しい業者のような響きに聞こえますが、リクナビ薬剤師は違法業者ではなく、ちゃんと国の許可を得て運営しているサービスです。 職業紹介事業には 無料職業紹介事業と 有料職業紹介事業の2種類があります。 このうちリクナビ薬剤師は前者の無料職業紹介事業に分類されます。 一般企業や団体などが無料職業紹介事業を行う場合は、 職業安定法第33条により厚生労働大臣の許可を受けることが前提となっています。 もちろんリクナビ薬剤師も、 厚生労働大臣の許可を受けた上で運営していますので、れっきとした合法事業と言うことができます。 無料職業紹介事業は登録者から報酬を受け取ることができない 無料職業紹介事業は事業と名が付いているものの、職業紹介などユーザーに対するサービスについて、 報酬・手数料を受けないで提供するものを指します。 リクナビ薬剤師が無料で利用できるのも、国の規定に則った上でのシステムであると言えます。 無料職業紹介事業は法律上でも認められている事業であり、以下のような4つの形態が該当します。 一般的の企業が厚生労働大臣の許可を受けて提供する無料職業紹介事業• 学校、専修学校等が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業• 商工会議所等が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業• 地方公共団体が厚生労働大臣への届出をして行う無料職業紹介事業 このように無料職業紹介事業は、 企業や学校などの団体が厚生労働大臣から許可を受ける、または届出をして行うものとなっています。 簡単に言えばリクナビが厚生労働大臣の許可を受けて運営しているのが、無料職業紹介事業のリクナビ薬剤師ということになりますね。 無料職業紹介事業は法律に沿って合法的に運営されている 無料職業紹介事業についてまとめると以下のようになります。 無料職業紹介事業は厚生労働大臣の許可を必要とする事業である• 無料職業紹介事業は法律で登録者から報酬・手数料を請求できない 上記のようにリクナビ薬剤師のような無料で利用できる転職支援サービスは、国からの認可を受けたサービスであり、登録者から報酬を受け取ることはできないと法律で定められています。 よって 一般の人が広く安心して利用できるサービスとなっているのです。 一方で有料職業紹介事業も存在しますが、両者の違いは紹介料などの報酬や手数料がかかるか否か程度のものです。 有料職業紹介事業では料金がかかってしまいますので、多くの薬剤師はリクナビ薬剤師のような無料職業紹介事業を利用しています。 紹介料なしで利用できるリクナビ薬剤師の報酬はどうやって発生するの? リクナビ薬剤師が国の認可を受けたサービスであることはわかったけれど、紹 介料などの報酬なしでなぜ運営できるのかと疑問に思うのではないでしょうか。 無料職業紹介事業といってもビジネスですので、もちろん報酬を得る仕組みは存在します。 ここではリクナビ薬剤師をはじめとした職業紹介事業が、どうやって報酬を得ているのかについて解説しましょう。 無料で利用できる転職サイトの報酬が発生するまでの流れ リクナビ薬剤師をはじめ、多くの人が利用している薬剤師転職サイトも、無料職業紹介事業の一つと言えます。 無料職業紹介事業の報酬が発生するまでの流れは以下のようになっています。 サイト登録者から希望する条件をヒアリングして、求人を探す• 候補となりうる求人をピックアップして登録者に紹介する• 登録者はエージェントが紹介する求人の中から職場を選択する• 登録者が採用担当者と面接し採用となった場合、企業から報酬が支払われる このように無料職業紹介事業は登録者からではなく、 求人掲載を依頼してくる企業から報酬をもらうというビジネスモデルとなっています。 リクナビ薬剤師もこのようなビジネスモデルで運営しています。 登録者から紹介料を受け取らなくても企業からお金を得ることで利益を得ているのです。 リクナビ薬剤師は紹介料無料でも安心して利用できる転職サイト! confident pretty female business woman face to camera smiling when her colleague using whiteboard meeting in background. 以上のことからリクナビ薬剤師は、安心して無料で利用できる転職支援サービスとなっています。 納得のいく転職をするには、 まず信頼できる転職サービスを利用することが大前提となります。 リクナビ薬剤師は大手であることと、国の認可を受けていることから、おすすめできる転職支援サービスです。 しかし残念ながら 違法な職業紹介会社もいくつかは存在します。 国の認可を受けずに職業紹介を行っている会社まで存在するほか、交通費・残業代が出ないなど紹介される求人の質が低いという会社まであります。 転職サイトを利用する場合は、そのようなブラック業者にひっかからないよう注意しておく必要があります。 安全に利用するなら大手が確実!『職業紹介優良事業者』認定を受けているサイトもおすすめ とはいえブラックな業者を回避するのはそう難しいことではありません。 最も確実なのはリクナビ薬剤師や薬キャリなど、 大手の転職支援サービスを利用することです。 反対に名前も聞いたことが無いような会社の転職サービスには登録しないようにしましょう。 また厚生労働省からの審査を通過した 『職業紹介優良事業者』認定を受けている転職サービスもおすすめと言えるでしょう。 こちらの認定を受けている転職サイトは、マイナビ薬剤師やファゲットなどが挙げられます。 リクナビ薬剤師の他に、複数の転職サイトを利用する際の目安にもなるので是非覚えておいてくださいね。

次の