ヘビィ 徹甲。 【MHWI】汎用ライト、ヘビィボウガン装備まとめ(5/21)

【アイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備とスキル|覚醒武器装備【モンハンワールド(MHW)】

ヘビィ 徹甲

アイテムポーチの中身を紹介 アイテム 回復薬グレート 秘薬 漢方薬 ウチケシの実 携帯食料 クーラードリンク ホットドリンク 栄養剤 栄養剤グレート 生命の大粉塵 ハチミツ マンドラゴラ 閃光弾 こやし弾 モドリ玉 大タル爆弾G 力の護符 力の爪 守りの護符 守りの爪 私が普段使用しているアイテムポーチの中身はこんな感じ。 アイスボーンのモンスターに対応させるために、いくつかのアイテムを外しています。 まず、 回復薬について。 マスターランクのモンスターは攻撃力が高く、攻撃を2~3発受けると力尽きてしまいます。 普通の回復薬では回復が間に合いません。 そこで回復薬を外し、回復薬グレートと秘薬で回復するスタイルに変更。 基本は回復薬グレートで回復し、危ない時は秘薬を使います。 調合分合わせて12回秘薬を使うことが出来るので非常に安全です 次に、 閃光弾(光蟲)について。 マスターランクのモンスターは閃光弾に耐性が付き、効果が得られにくくなっています。 ワールドの時は閃光弾と光蟲が必須だったのですが、アイスボーンでは正直使いません。 優先順位が低いと感じたので外しました。 ポーチの中身に余裕がある場合のみ、光蟲をポーチに入れても良いかもしれません。 空いている枠はクエストに合わせて自由にアイテムを入れ替えてください。 枠が足りない場合は、栄養剤とハチミツを外すことになります。 おすすめマイセット登録 アイテムの入れ替えが面倒だと思う人はマイセット登録をしておきましょう。 上で紹介したアイテムポーチの中身を「 基本セット」として、おすすめのマイセット登録をいくつか紹介します。 クエスト周回用:鬼人薬 基本セットに以下のアイテムを追加。 鬼人薬グレート• 鬼人の粉塵• 怪力の種 歴戦古龍など、クエストを効率的に周回する時におすすめです。 捕獲用 基本セットに以下のアイテムを追加。 シビレ罠• 落とし穴• 捕獲用麻酔玉• トラップツール• 雷光虫 アイテムポーチに余裕があれば罠の調合分も持ち込みましょう。 罠の設置時間が短いシビレ罠がおすすめです。 散弾ヘビィ 散弾ヘビィ「王牙砲【震雷】」を使用する場合のマイセットです。 基本セットに以下のアイテムを追加。 ハリの実• Lv1散弾• Lv3散弾• 竜撃弾• 捕獲用麻酔弾• Lv2麻痺弾 弾の種類が増えれば、その分だけ十字キーでの切り替えが必要になり、操作が面倒になります。 持ち込む弾は必要最小限に抑えましょう。 徹甲・拡散ヘビィ 徹甲・拡散ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使う際のマイセットです。 基本セットに以下のアイテムを追加。 バクレツの実• 拡散の実• Lv2火薬粉• Lv1徹甲榴弾• Lv3徹甲榴弾• Lv1拡散弾• Lv3拡散弾• 竜撃弾 マルチで使用する場合は拡散弾を外しても良いかもしれません。 まとめ 以上、アイテムポーチの中身の紹介でした。 基本セットだけでもマイセット登録しておけば、ほぼ全てのモンスターに対応することが出来ます。 いちいちアイテムポーチの中身を変える必要はありません。 アイテムポーチの中身で困っている人は参考にしてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

【MHWアイスボーン】徹甲ヘビィ問題は本当に問題なのか|のげ|note

ヘビィ 徹甲

ライトとヘビィのスペックを比較 徹甲榴弾の単発自動装填はラスボスであるアンイシュワルダの素材で作成されるライトボウガンの『 盛者必衰-散華-』とヘビィボウガンの『 回光返照ー天道ー』。 ラージャンの素材で作成できるライトボウガンの『 金獅子筒【万雷】』とヘビィボウガンの『 金獅子筒【重雷】』となっています。 比較的作成しやすい、ライトボウガンの『盛者必衰-散華-』とヘビィボウガンの『回光返照ー天道ー』で比較してみます。 盛者必衰ー散華ー 回光返照ー天道ー 大きな違いは攻撃力と単発自動装填の対応弾です。 両者の攻撃力差は73でヘビィが高くなっており、ライトは 徹甲榴弾LV2でヘビィは 徹甲榴弾LV3が対応しています。 気になるダメージの違いは、同じスキル構成でライトボウガンが1発約100前後のダメージですが、ヘビィボウガンは1発150前後のダメージとなっています。 まずはライトボウガンの作成がおすすめ! 筆者がライトユーザーなので、 ライトユーザー目線だと断然ライトボウガンの作成をおすすめします。 ヘビィボウガンは単発自動装填とはいえ、ライトボウガンに比べると機動力は低いです。 もしヘビィボウガンを扱い慣れていないなら、ライトボウガンの方が被弾も少なくなるのでおすすめです。 しかしヘビィボウガンはシールドを装着する事が可能というメリットもあるので、ガードに自信があるならヘビィボウガンもありだと思います。 またライトボウガンは総合的な火力がヘビィに劣り、弾切れのリスクもあるので、メリットとデメリットを理解して選択する必要があります。 総合的な火力はヘビィボウガンの圧勝! ライトボウガンは機動力が高いですが、スタン時やダウン時は起爆竜弾や散弾を狙えるくらいで、総合火力は低く、徹甲榴弾の調合分が無くなることも多いです。 ヘビィボウガンは拡散弾や竜撃弾、狙撃竜弾といった『 隙が大きいが威力も大きい』攻撃が豊富なので、1人でスタンを取れる徹甲榴弾と相性が良く、 総合火力は圧倒的にヘビィボウガンが上になります。 しかし機動力が低く、単発自動装填の発射ごとに移動しながらリロードできるというメリットを享受しにくいというデメリットが存在します。 まとめ ・ライトボウガンは機動力が高いが、ヘビィよりも火力が劣るので、弾切れのリスクがある ・ヘビィボウガンはスタンやダウン時の追撃に、火力の高い弾丸が使用できるが機動力が低い ・まずはライトボウガンで単発自動装填に慣れるのがおすすめ.

次の

【MHWI】汎用ライト、ヘビィボウガン装備まとめ(5/21)

ヘビィ 徹甲

アイテムポーチの中身を紹介 アイテム 回復薬グレート 秘薬 漢方薬 ウチケシの実 携帯食料 クーラードリンク ホットドリンク 栄養剤 栄養剤グレート 生命の大粉塵 ハチミツ マンドラゴラ 閃光弾 こやし弾 モドリ玉 大タル爆弾G 力の護符 力の爪 守りの護符 守りの爪 私が普段使用しているアイテムポーチの中身はこんな感じ。 アイスボーンのモンスターに対応させるために、いくつかのアイテムを外しています。 まず、 回復薬について。 マスターランクのモンスターは攻撃力が高く、攻撃を2~3発受けると力尽きてしまいます。 普通の回復薬では回復が間に合いません。 そこで回復薬を外し、回復薬グレートと秘薬で回復するスタイルに変更。 基本は回復薬グレートで回復し、危ない時は秘薬を使います。 調合分合わせて12回秘薬を使うことが出来るので非常に安全です 次に、 閃光弾(光蟲)について。 マスターランクのモンスターは閃光弾に耐性が付き、効果が得られにくくなっています。 ワールドの時は閃光弾と光蟲が必須だったのですが、アイスボーンでは正直使いません。 優先順位が低いと感じたので外しました。 ポーチの中身に余裕がある場合のみ、光蟲をポーチに入れても良いかもしれません。 空いている枠はクエストに合わせて自由にアイテムを入れ替えてください。 枠が足りない場合は、栄養剤とハチミツを外すことになります。 おすすめマイセット登録 アイテムの入れ替えが面倒だと思う人はマイセット登録をしておきましょう。 上で紹介したアイテムポーチの中身を「 基本セット」として、おすすめのマイセット登録をいくつか紹介します。 クエスト周回用:鬼人薬 基本セットに以下のアイテムを追加。 鬼人薬グレート• 鬼人の粉塵• 怪力の種 歴戦古龍など、クエストを効率的に周回する時におすすめです。 捕獲用 基本セットに以下のアイテムを追加。 シビレ罠• 落とし穴• 捕獲用麻酔玉• トラップツール• 雷光虫 アイテムポーチに余裕があれば罠の調合分も持ち込みましょう。 罠の設置時間が短いシビレ罠がおすすめです。 散弾ヘビィ 散弾ヘビィ「王牙砲【震雷】」を使用する場合のマイセットです。 基本セットに以下のアイテムを追加。 ハリの実• Lv1散弾• Lv3散弾• 竜撃弾• 捕獲用麻酔弾• Lv2麻痺弾 弾の種類が増えれば、その分だけ十字キーでの切り替えが必要になり、操作が面倒になります。 持ち込む弾は必要最小限に抑えましょう。 徹甲・拡散ヘビィ 徹甲・拡散ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使う際のマイセットです。 基本セットに以下のアイテムを追加。 バクレツの実• 拡散の実• Lv2火薬粉• Lv1徹甲榴弾• Lv3徹甲榴弾• Lv1拡散弾• Lv3拡散弾• 竜撃弾 マルチで使用する場合は拡散弾を外しても良いかもしれません。 まとめ 以上、アイテムポーチの中身の紹介でした。 基本セットだけでもマイセット登録しておけば、ほぼ全てのモンスターに対応することが出来ます。 いちいちアイテムポーチの中身を変える必要はありません。 アイテムポーチの中身で困っている人は参考にしてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の