胆嚢 ポリープ 消える。 直径9ミリの胆囊ポリープ、手術は必要?:朝日新聞デジタル

胆嚢ポリープの原因は?ストレスや食生活について!

胆嚢 ポリープ 消える

スポンサードリンク 健康診断や人間ドックによって発見されることが多い 胆嚢ポリープ。 見つかった場合どのように治療をすればいいのか 悩みますよね。 中には胆嚢ポリープは手術せずに消える ということが言われていますが本当なのでしょうか? また治療で少しでも小さくするために どんな治療が最適なのか 早速見ていきましょう。 胆嚢ポリープが手術せずに消える? 健康診断や人間ドックは定期的に受診することを オススメされています。 病気の早期発見をすることが出来たり 病気の可能性を知ることが出来ますし これらの検査によって見つかる病気も多いので 受けておくに越したことはないのです。 その中でも健康診断や人間ドックによって 見つかりやすい病気というのが 胆嚢ポリープ。 胆嚢ポリープというのは 主にエコー検査によって判明するものであり 胆嚢の内部の病変したものが見つかると 胆嚢ポリープだと診断されます。 大きさによっては手術をする可能性が出てきますが 経過観察を重ねて 胆嚢癌の可能性についても考えながら 治療をしていくことが一般的です。 また、4,50代に多いのが コレステロールポリープだと言われています。 手術となると 胆嚢の摘出手術をすることもあるので 少し大掛かりな手術になるかもしれませんね。 胆嚢が摘出されたとしても 特に体にとっては大きな支障が出るわけではないので もし大きなポリープが発見された場合には 医師との相談のもと 胆嚢を摘出してしまってもいいかもしれません。 胆嚢ポリープに関しては 手術をしなくても消える ということが言われています。 スポンサーリンク もし手術をしなくても消えるのであれば 出来るだけ消えてほしい存在ですよね。 胆嚢ポリープが発見された場合 多くの場合は経過観察をして様子を見る というものになりますが ポリープは大きくもなれば、小さくもなる可能性があります。 そのため、胆嚢ポリープは 時間と共に小さくなっていって 終いには消えてしまうこともあるのです。 胆嚢ポリープが見つかったとなると 焦ってしまう気持ちも出てくるものですが 消える可能性も十分にあるため 見つかった場合には焦らずに観察をしていきましょう。 手術をすることは ほとんど稀なことでもあるので 医師と相談をしたりアドバイスを聞いたりして 落ち着いて対応していきましょう。 スポンサーリンク 治療で小さくするためには? もし胆嚢ポリープが出来た場合 消える可能性を考えるのであれば 出来るだけ小さくしていきたいものかもしれません。 胆嚢ポリープが見つかった場合は 手術をしない場合は具体的な治療法はなく 経過を観察していくことになります。 そのため定期的に観察をしていき 小さくなっているようであればそのまま観察を継続 大きくなっていたり、手術を行う基準に達した場合は 手術にとりかかることとなります。 胆嚢ポリープが小さくする治療法という治療法はないようなので 医師の指示に従いながら 気を付けることは気を付けて 出来るだけ胆嚢ポリープを大きくしないように 心掛けていくことが大切です。 おそらく発見した時に 医師によって注意点などを聞かされると思うので それらを忘れないようにして心掛ければOKです。 胆嚢ポリープは 先ほども紹介した通りに 健康診断や人間ドックによって発見する確率が高いものです。 悪化をしてしまったり、悪性のものだと ガンへと発展してしまうため これらの検査は定期的に受けるようにして 出来るだけ早く発見出来るようにしましょう。

次の

胆嚢ポリープの原因は?ストレスや食生活について!

胆嚢 ポリープ 消える

胆嚢ポリープとは、胆嚢の壁から胆嚢の内側に発生した隆起のことで、人間ドックなど 体外式 経腹超音波検査 AUS を行った際に無症状で偶然見つかることが多いものです。 超音波内視鏡とは、先端に超音波装置が装着された内視鏡(図1)のことです。 この超音波内視鏡を、口から挿入し、胃や十二指腸まで進めて、胃あるいは十二指腸の壁を介して超音波検査を行います。 体の外から行う経腹超音波検査と比較すると、超音波内視鏡検査では胆嚢により近づくことができるため、細かく観察することができる他に、経腹超音波検査では観察が難しいこともある、胆管なども同時に調べることもできます。 超音波内視鏡(画像提供:オリンパス株式会社) 胆嚢ポリープの多くは、コレステロール・ポリープという良性のものです。 コレステロール・ポリープの他には、良性の過形成ポリープもありますが、腺腫などの癌の前段階のポリープや胆嚢癌も胆嚢ポリープに含まれます。 腹部超音波検査で胆嚢ポリープが見つかった場合、必ず超音波内視鏡検査が必要というわけではありません。 ポリープの大きさ、形が重要になります。 良性のコレステロール・ポリープの特徴は、超音波で高エコー 超音波で白く見えること で、桑の実状をしていること、有茎性であること 図2 です。 腹部超音波検査の結果が典型的なコレステロール・ポリープとは異なる場合には、超音波内視鏡検査など追加の検査が勧められます。 胆嚢癌ではコレステロール・ポリープよりは低エコー 超音波で黒く見えること であり、胆嚢壁に広く接しているという特徴があります 図3。 またポリープの大きさが10mmを越えるものも悪性の可能性があることから、精密検査が必要とされています。 超音波内視鏡検査では、このようなポリープの大きさ・形態の評価を行うとともに、胆嚢の壁も同時に評価します。 胆嚢コレステロール・ポリープ 超音波内視鏡検査 図2左 で、高エコーを呈する、有茎性ポリープを2個認める 矢印・矢頭。 桑の実状 矢印 を呈することが多い。 造影CT検査 図2右 では、淡い隆起を認める 白丸。 胆嚢癌 超音波内視鏡検査 図3左 では、胆嚢の壁に広く接しており、低エコーの隆起 矢印 を認める。 造影CT検査 図3右 では、コレステロール・ポリープよりも強く造影され、ポリープがはっきりと見える 白丸。 胆嚢の壁が厚くなっている場合には癌の合併がないか慎重に判断する必要があります。 悪性の可能性がある胆嚢ポリープでは、造影CT検査など他の画像検査を超音波内視鏡検査とあわせて行うこともあります。 胃や大腸のポリープは内視鏡検査で生検あるいは切除することにより、病理検査で良性・悪性の診断を行うことが可能ですが、胆嚢ポリープは超音波内視鏡での生検あるいは切除を行うことは通常はできません。 検査の結果を総合的に判断して、悪性が疑われる場合には、手術で胆嚢を摘出するかどうかを相談することになります。 東京大学医学部 光学医療診療部 中井陽介.

次の

胆嚢ポリープの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

胆嚢 ポリープ 消える

概要 胆のうの内側にできた20mm程度までの隆起を総称して胆のうポリープと呼びます。 胆のうとは、脂肪の分解を助ける 胆汁 たんじゅう を一時的に貯蔵し、食事の際に排出する働きを担う臓器です。 胆のうポリープには、良性のものと悪性のものがあります。 胆のうポリープのほとんどは治療の必要のないコレステロールポリープですが、なかには悪性のや腺腫など、治療が必要な病気もあります。 代表的な胆のうポリープの種類は以下の通りです。 コレステロールポリープ 胆のうポリープのなかでも多くみられるタイプです。 ごく小さなものは球形、やや大きいものは桑実状で茎のある形状をしています。 コレステロールポリープのほとんどは10mm以下です。 過形成ポリープ 胆のう壁の内側にある上皮細胞が過剰に増殖して形成されるポリープです。 炎症性ポリープ など、慢性の炎症が起こることで組織が隆起した良性のポリープです。 腺腫 せんしゅ 性ポリープ 基本的に良性だと考えられていますが、一部、腺腫からがんが発生することもあると報告されています。 胆のうがん 胆のうにできる悪性腫瘍を胆のうがんといいます。 ポリープの段階で発見される胆のうがんは、早期の胆のうがんであることが多く、手術治療により完治させることが可能です。 検査・診断 、超音波内視鏡検査、造影CT検査、内視鏡的逆行性胆道造影検査などを行います。 腹部超音波検査 お腹の表面から超音波(エコー)をあてて、胆のうや周囲の状態を観察します。 痛みもなく簡単にできる検査としてよく行われている検査です。 超音波内視鏡検査(EUS) 口から内視鏡を挿入して行う検査です。 内視鏡の先端に超音波のプローブを付け、お腹の内側から胆のう付近を観察します。 お腹の表面からエコーをあてる検査よりも、より詳しくポリープを観察できる検査です。 造影CT検査 造影剤を使用してCTスキャンを撮影します。 胆のうポリープの大きさや形、血流の様子などを詳しく確認できます。 また、が疑われる場合には、がんの広がり、周囲の臓器やリンパ節への浸潤や転移の有無を調べ、治療方針を決定することに役立ちます。 内視鏡的逆行性胆道造影(ERC) 内視鏡を口から挿入して行う検査です。 内視鏡を通して胆管にチューブを挿入し、造影剤を流して胆管や胆のうの形を調べます。 胆のうがんが疑われる場合に、胆のうから細胞を採って検査することもあります(細胞診検査)。 治療 胆のうポリープの治療では、胆のうを摘出する手術が行われます。 ただし、胆のうポリープの多くはコレステロールポリープという良性のものであり、発見されてもすべてが治療対象となるわけではありません。 なお、胆のうは肝臓で作られた胆汁を一時的に貯めておく臓器であり、手術で摘出したとしても体に大きな支障をきたすことはありません。 術後に一時的に下痢などがみられることもありますが、次第に体が適応していきます。 手術治療 手術治療は「の可能性があるポリープ」がみられたときに行われます。 具体的には、以下のような条件に該当する場合、治療を必要とします。 胆のうポリープの大きさが10mm以上• 経過観察中に増大傾向がみられたもの• ポリープの大きさにかかわらずポリープの茎の部分が幅広いもの(広基性といいます)• 超音波検査で充実性低エコーを呈するもの このほか、何らかの検査で胆のうがんがはっきりと否定できない場合にも治療を検討します。 手術の方法には、お腹を切開して行う開腹胆のう摘出術と、腹腔鏡下胆嚢摘出術があります。 腹腔鏡下胆のう摘出術 腹腔鏡下胆のう摘出術では、お腹に数か所の小さな穴を開け、その穴から内視鏡や手術器具を挿入して処置を行います。 開腹術に比べて体への負担が少なく、術後の回復が早いというメリットがあります。 ごく小さなポリープや、胆のうがんの可能性が少ないポリープの場合には、腹腔鏡下胆嚢摘出術が選択されます。 ただし、手術中の様子によっては開腹手術に変更となることもあります。 開腹胆のう摘出術 大きなポリープや、茎部分が幅広い広基性のポリープ、胆のうがんの可能性が高いポリープと考える場合には、はじめから開腹で胆嚢摘出術を行います。 経過観察 胆のうポリープが発見された時点では胆のう摘出術を行う必要はないと判断された場合、経過観察を行い変化がないかどうか定期的に検査で確認します。 少なくとも5年程度は経過観察を行い、胆のうポリープの経過を追う必要があります。 急激にポリープが大きくなってきたり、形が変わったりといった変化がある場合は、胆のうがんの可能性を考えて治療を検討します。

次の