ハンス フォン ゼークト。 実は自分が無能だった!?有能な働き者になれる7つの習慣

[B! 読み物] ハンス・フォン・ゼークト

ハンス フォン ゼークト

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ハンス・フォン・ゼークト - Wikipediaはてなブックマーク - ハンス・フォン・ゼークト - Wikipedia プレビュー ハンス・フォン・ゼークト - Wikipediaはてなブックマーク - ハンス・フォン・ゼークト - Wikipedia ハンス・フォン・ゼークト - Wikipedia ス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークト(Johannes Friedrich Leopold von Seeckt、1866... 続きを表示 ス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークト(Johannes Friedrich Leopold von Seeckt、 - )は、の。 最終は。 はハンス・フォン・ゼークト( von Seeckt)。 やを務め、前半の最大の実力者として「の中の」軍のをした[1]。 にでの息子として生まれる[2]。 ゼークトはにに入隊、の近衛に配属される。 後、に課に勤務する[2]。 勃発時には第3であったが、には主ににした。 以降は・フォン・マッケ• ブックマークしたユーザー•

次の

無能な働き者 (むのうなはたらきもの)とは【ピクシブ百科事典】

ハンス フォン ゼークト

父親も陸軍将官であった。 1897年の陸軍参謀本部付きの近衛士官を皮切りに、第一次世界大戦勃発時には、参謀少佐として、フォン・クルック歩兵大将指揮の第一軍配下の軍団作戦主任参謀に就任。 1915年には の参謀長として、ポーランド方面のロシア軍の撃滅に成功し、優れた「作戦参謀」として名声を馳せた。 1916年にはオーストリア陸軍軍事顧問、1917年にはトルコ陸軍の軍事顧問となっている。 第一次世界大戦後は、ヴェルサイユ条約によって定数10万人に縮小されたドイツ陸軍の指導本部長官(実質的には陸軍総司令官)に就任した。 彼はこのような縮小化した軍にあって、中核に元参謀将校、実戦経験に秀でた有能な将兵(たとえばプール・ル・メリット勲章受章者のような)のみを選抜した。 特に参謀将校については、ソ連を初めとする西欧を除く諸外国に軍事顧問として積極的に派遣し、見聞を広めさせることに努めた。 これは、後のヒトラーの再軍備宣言に伴う急激な陸軍の量的増大に対し、これらが軍の骨格としてその役割を十分に発揮し、短期間で世界最高水準の軍隊として急速に再建に成功したことからも、その先見性が正しいことを証明している。 彼はまた、戦車や飛行機といった新技術に対しても比較的寛容であったが、あくまでも保守的な枠組みの中のみであった(戦車については、突破作戦時の歩兵の補助兵器としか見ていなかった。 あくまでも主兵力は騎兵とみなしていた。 )、しかし、この彼の進取創造の精神は、後のドイツ装甲部隊生みの親である を中心とする軍内部の若手将校団に受け継がれ、後に空軍の支援のもと、装甲部隊が敵陣を突破し、素早く後方に回り込んで、敵中枢部を迅速にたたく「電撃戦」という新戦略概念の確立に発展することとなる。 政治的には、かつてナチス党が起こしたビアホール一揆(1923年)を弾圧したことから から根深い恨みを買っていた。 また、 陸軍元帥との仲は第一次世界大戦以来犬猿の仲と言ってよく、1925年4月26日の の大統領就任以後ますます悪化した。 フォン・ゼークトが、陸軍演習に元ドイツ皇太子を参加させたことに端を発し、ドイツに帝政を復活させるという疑惑をかき立てる の巧妙な工作が功を奏し、1926年9月、彼は現役引退を余儀なくされた。 しかし、彼の傑出した戦略的頭脳は、当時世界中から注目の的になっていたため、中国国民政府総統の蒋介石から特に請われ、1934年から翌年まで軍事顧問を努め、日本軍の大打撃を与える戦略を指揮した。 帰国後の1936年に病死した。 このようなわけで、彼の優れた軍事的センスこそは、第二次世界大戦のドイツ陸軍を、世界中から「有史以来最強の軍隊」と呼ばしめた原動力となったといえる。 彼は、その深謀な眼差しと特有の寡黙さから、「スフィンクス」というあだ名を付けられていた。 > > >ハンス・フォン・ゼークト.

次の

「無能な働き者」がマネージャになると組織が崩壊する

ハンス フォン ゼークト

【このページのまとめ】• ・ドイツの軍人ゼークトによると、組織の人間は4つのタイプに分かれる ・有能な怠け者・有能な働き者・無能な怠け者・無能な働き者では無能な働き者が組織に害をもたらす ・無能な働き者にならないためには、報告・連絡・相談の基本ルールを徹底する ・失敗を認め、ごまかしたり、隠したり、人のせいにしたりしない ・適性や性格に合わない仕事であれば無能だと思ってしまいがち ・仕事が合わないと感じる時はハタラクティブで転職相談 様々なビジネス本が発売されていて度々ブームを起こしていますが、そのジャンルのひとつに組織論があります。 中でも最近人気があるのは、「ゼークトの組織論」と言われるドイツの軍人ハンス・フォン・ゼークトが説いた組織論です。 「無能な働き者」というフレーズを聞けばピンとくる人も多いかもしれません。 ここでは、その「ゼークトの組織論」について解説します。 無能な働き者にならないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。 コンテンツ目次• ゼークトの組織論は、軍人を4つのタイプに分けました。 そしてそれぞれに合った職務と対処法を解説しています。 4つのタイプ、身近な人で当てはまる人が思い浮かぶのではないでしょうか。 ゼークトによると、組織にいる人間は 4つのタイプ「有能な怠け者」「有能な働き者」「無能な怠け者」「無能な働き者」に分類されます。 有能な怠け者は、判断力も行動力もあり、マネジメント能力にも優れます。 そのため、自身が働かずとも周りの人を見定め指示をして働かせることに向いています。 有能な働き者は、判断力も行動力もありますが、働き者であるがゆえに、自身で仕事をこなします。 そのため、人に指示を与える仕事よりも、人を支持する人をサポートする、いわゆる参謀や政策秘書のような立場での仕事が向いています。 無能な怠け者は、一見組織にとって不要で害を与える存在のように感じられますが、そうではないという点がゼークトの鋭い部分です。 無能な怠け者は判断力も行動力もなく、また自身で考えて行動することが少ないものです。 しかし、職務を与えられるとその仕事はきちんとこなし、軍隊では兵士として活用できるといいます。 企業では、一般社員というあたりでしょうか。 自身で物事を判断し行動を起こすようなことがなく、かえって使いやすい社員という立場です。 無能な働き者は、ゼークトは組織の一番の害であるとしています。 正しい判断力も正しい行動力も備わっていないのに、勝手な自分の判断で行動してしまうというのが特徴です。 そういった人が動き回ると、間違った判断によりミスや損害が大きくなり、組織そのものに大きなダメージを与えてしまうことにもなります。 また、その無能な働き者が事件を起こした場合、責任からも逃げてしまいます。 そのため、起こした事件の後始末や対応に他の人が巻き込まれてしまうということにもつながります。 ・上司や先輩などに確認を取らず、勝手に自己判断して仕事を進める 物事の的確な判断が必要な時に上司や先輩社員に確認を取らず、勝手な自己判断で仕事を進めたり、先方がいる場合は先方に勝手な返事をしたりしてしまいます。 「どうして先に聞いてくれなかったの?」という内容を誤った判断で行ってしまう社員です。 自己中心的な人がこれに当たります。 ・報告・連絡・相談を怠る。 事後報告や、トラブルが起きてからの相談など 組織で働くうえで、仕事以外にも重要なことが「ほうれんそう」と呼ばれる報告・連絡・相談です。 これは社会人の基本ともいわれるものですが、そのほうれんそうが全く出来ない人も無能な働きものだと言えます。 報告や連絡をしていれば未然に防げたようなことを大きなトラブルに発展させてしまうタイプです。 また、相談するタイミングも自分で正しく判断できず、事件が起こる前に相談するのではなく、事件が起こってから相談するなど、対応が後手後手になりがちです。 事件が起こってからも相談せずに隠そうとする最悪のパターンもあります。 ・謙虚な姿勢がない 無能な働く者は、自身の無能さにも気が付きません。 そのため謙虚な姿勢がなく、自分が正しいと思いこんでいることがあります。 自分は周りから評価されており、仕事ができる人間だと思いこんでいるというのが特徴です。 そういった厚かましい気持ちが態度に出てしまいます。 ・失敗を認められない 自分の失敗を認められないというのも特徴です。 人は誰でも間違いをおこし、反省し次につなげるものですが、無能な働き者は、自身の失敗に対し言い訳をして失敗を認めようとはしません。 そのため次につながることもなく、仕事においても技術習得などの成長スピードが遅いことがよくあります。 失敗に失敗を重ねてしまい、事態が悪い方向へと進んでしまいがちです。 会社に例えて言い替えると、無能な働き者は解雇せよということにつながります。 会社組織において、自分が無能な働き者にならないようにするにはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。 ・自分で判断できないことは上司に確認する ゼークトの組織論によると、無能なことが害なのではなく、無能なのに行動力があることが害だとされます。 自分で判断できないことを相談せずに勝手に判断することが危険であることを認識しましょう。 少しでも迷いや不安がある場合は、上司に自分の判断が間違っていないか、偏っていないか確認しましょう。 ・業務中はこまめな報告連絡相談を心がける 業務に関することは、事件の起こりであれば方向性を修正できたり、場合によっては業務を中止することもできます。 業務中は、こまめな報告・連絡・相談を心がけましょう。 仕事は多角的な視野で見たほうが失敗は少ないものです。 周りの人の意見を参考にすることを忘れないよう気をつけましょう。 ・失敗を認め、失敗を誤魔化そうとしたり人のせいにしたりしない 失敗を認めることには勇気が必要です。 しかし、失敗は成功のもとという言葉もあるように、失敗し、なぜ失敗したのかを振り返り反省することで、次の成功につなげることができます。 ごまかして隠したり人のせいにすると、本質を見失ってしまいます。 失敗してしまった時に反省しなければ、次にまた同じ失敗をしてしまいます。 しかし、全てにおいて無能な人などおらず、仕事は特にその人の性格やその他の適性に合っているかそうでないかで、結果が大きくことなります。 自分の性格や適性を活かしきれない業務を担当している場合、仕事の量がこなせなかったり、上達速度が周りの人に比べて遅かったりします。 そのため、自分のことを無能だと思いこんでしまいやすいものです。 仕事に関する悩みは、職場環境を変えることで解決できることもあります。 今の仕事や環境に悩んだら、転職を視野に入れて検討してみましょう。 転職活動の進め方や今の仕事への適性に悩んだら、ハタラクティブに相談を。 その人それぞれに合わせたアドバイスで転職をサポートします。

次の