ご 連絡 ありがとう ござい ます 英語。 ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

「ご連絡ありがとうございます」は英語でどう言う?感謝を示す英語表現5選 #仕事で使える英語シリーズ

ご 連絡 ありがとう ござい ます 英語

「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。 「英語のプレゼンでどう言う?」ではビジネス現場では避けて通れないプレゼンテーションで使える英語フレーズに着目します。 プレゼンテーションが得意という人は、日本人には少ないかもしれません。 あがり症とか、口下手を自認していればなおさらです。 でも、不思議なことに、英語でプレゼンをすると、いつもより饒舌に、熱く、 語ることができるという人は多いんです。 英語に限らず、欧米の言語は、もともと古代ギリシャのものです。 哲学者たちが、議論を闘わせることで発達していった言葉だからなのかもしれません。 Thank you very much for attending, ladies and gentlemen. サンキュー・ヴェリー・マッチ・フォー・アテンディング・レディース・ アンド・ジェントルマン 皆さん、ご出席いただきありがとうございます。 こんなフレーズ シンプルな、あいさつの文句です。 Thank you for attending coming. だけでなく、状況に応じて、言い換えてみてもいいでしょう。 朝の時間であれば、Good morning, everyone. 日中ならもちろん、Good afternoon, everyoneです。 呼びかけの言葉としては、ladies and gentlemenでも、everyoneでもOKですが、冒頭のあいさつとしては、Helloでは若干、カジュアルすぎると思いますので、Good morning、Good afternoonをお勧めします。 続く言葉としては、Thank you very much for squeezing precious time from your busy morning. などはいかがでしょう?squeezing precious timeで、貴重な時間を捻出したという意味になります。 squeezingは、sparingとしてもよいと思います。 spareには、時間や労力を割くという意味があります。 どんな場面で使える? 各支社、営業所などからチーフを招集して行うプレゼンを想定、セレクトしたあいさつの文句です。 このために、時間を割いて、足を運んでくれたことに対しての感謝を述べるものです。 プレゼンを始める前、会場に集まってもらった時点で、使ってください。 コンサート会場などで、まず、あいさつがありますよね!? Ladies and gentlemen, thank you for coming our concert! あれです。 プレゼンも、言ってみればひとつのショーです。 わざわざ、来てくださったお客様に感謝の気持ちを述べてから、気持ちよく開始しましょう。 これも一緒に覚えよう It is my great pleasure to see you again. 皆さんとまた、お会いできてうれしいです。 ) I'm grateful to you for taking trouble to come all the way and attending. ご出席のためにご足労いただきまして、誠にありがとうございます。

次の

ご連絡ありがとうございますの英語|ビジネスやメールでも役立つ8例文

ご 連絡 ありがとう ござい ます 英語

相手から先にメールの連絡が来た場合、一番シンプルでよく使われる「ご連絡ありがとうございます」が下記のフレーズとなります。 Thank you for contacting us. ご連絡ありがとうございます。 商品や会社のサービスに対しての質問など、何か問い合わせをもらった時の「ご連絡ありがとうございます」は、下記のフレーズを使うとよいでしょう。 Thank you for your inquiry. お問合せありがとうございます。 相手が自社の商品やサービスに興味を持っていることに対して感謝したいときには、下記のフレーズも使えます。 Thank you for your interest in our items. 私共の商品に興味をもって下さってありがとうございます。 Thank you for your interest in our service. 私共のサービスに興味をもって下さってありがとうございます。 ビジネスには、残念ながらクレームもつきものです。 相手からのクレームに対してはまず迅速・丁寧に対応することが必要となってきます。 そこで使う「ご連絡いただきありがとうございます」のフレーズは下記を使うといいでしょう。 We are very sorry for your inconvenience. It was very kind of you to inform us about this. ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 ご連絡ありがとうございます。 他にも「Thank you for letting us know about our item. 」というフレーズもありますが、上の「It was very kind of you to inform us about this. 」よりは少々カジュアルな言い方となります。 ビジネスではなく、友達とのチャットやメールであれば、もっとカジュアルに「連絡くれてありがとう」と言いたいですよね。 そういう時には簡単に下記のようなフレーズを使います。 Thanks! ありがとう! Thanks for the message. 連絡くれてありがとう。 もう少し嬉しさを表現したいときには、下記のようなフレーズも使えます。 I am happy to get your message. あなたからメッセージもらえて嬉しい。 また、チャットならではの手軽な表現として、下記のような省略型のテキストメッセージもあります。 メッセージの冒頭に下記のテキストメッセージをつければ、「連絡ありがとう」という意味合いになります。 TU THX ありがとう。

次の

メッセージをありがとうって英語でなんて言うの?

ご 連絡 ありがとう ござい ます 英語

目上の人に使える?「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方 「ご連絡ありがとうございます」は、連絡をもらったことに対してのお礼を述べる表現です。 「ご連絡」の「ご」は敬語を表す接頭語です。 「ご」は尊敬語にも謙譲語にもなります。 例えば「ご連絡ください」といったように相手に行為に対して使う場合の「ご」は、尊敬語になります。 一方で「ご連絡します」といったように自分の行為でも目上の人に対する行為に対して使う場合の「ご」は、謙譲語になります。 このように「連絡」に接頭語「ご」が付く場合は、基本的にどちらかに当てはまります。 「ご連絡」の「ご」は使い方次第で尊敬語にも謙譲語にもなります。 「ご連絡ありがとうございます」は主に、ビジネスメールや電話などで使う表現です。 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の種類 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の使い方を紹介していきます。 お忙しい中ご連絡ありがとうございます 相手が忙しい中、連絡をしてもらったときに使う言い回しは、 ・お忙しい中ご連絡ありがとうございます ・ご多忙の中ご連絡ありがとうございます ・お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます ・お忙しいところご連絡くださり、ありがとうございます ・ご多忙中にもかかわらずご連絡いただき、誠にありがとうございます となります。 「お忙しい中」は、相手が忙しくしていることを推測される場合に使います。 また「ご多忙の折」「ご多忙の中」などと言い換えることもできます。 目上の人に対しては、少々堅い表現の「ご多忙の〜」を使用するのが良いでしょう。 早速のご連絡ありがとうございます 相手からの連絡が早くもらいたい状況で、すぐに連絡がきたときに「早速のご連絡ありがとうございます」という言い回しを使うことができます。 「早速」は、「行動や対応が素早いこと」を意味しています。 また「早速」ではなく、「早々のご連絡ありがとうございます」と言い換えることもできます。 「早速の」「早々の」を付けることによって、敬語としてより丁寧な印象を与えられます。 早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます 相手から勤務時間外に連絡をいただいたときに、「早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「早朝にもかかわらず〜」と前に付けることによって、単に「ご連絡ありがとうございます」というよりも丁寧な印象を与えられます。 他にも状況に合わせて、「休日にもかかわらず」「休暇中にもかかわらず」「夜遅くにもかかわらず」と使うことができます。 わざわざご連絡ありがとうございます 連絡を必要としている用件でなくても、相手から連絡をいただいたときに「わざわざご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「わざわざ」の意味は、 ・そのことだけのために、特に行うさま。 特別に。 とりたてて ・ことさらに。 故意に。 わざと となります。 「わざわざご連絡ありがとうございます」といった場合は「そのことだけのために、ご連絡していただき〜」といったニュアンスになります。 「わざわざ」を使用する際は気をつけましょう。 「連絡」と「ご連絡」の使い分け 目上の人に対しては「ご」を付けて「ご連絡」とするのが正しいです。 例えば「連絡ありがとうございます」といっても間違いではありません。 ただ上司や取引先など目上の人に対して「連絡ありがとうございます」と言ってしまうと少し軽い感じになってしまいます。 ですので、目上の人に連絡してほしいことを伝えるときは「ご連絡」とします。 自分から連絡することを伝えるときは「連絡」が適切な感じがしますが、 自分に対しても「ご連絡」とします。 この場合「連絡」ではなく「ご連絡」にする理由は、自分からの連絡を受ける相手に敬意を示す必要があるからです。 連絡する側か受ける側かに関係なく、敬語表現は「ご連絡」にすると覚えておきましょう。 ただ、同等や部下など敬意を払う必要はない相手にだったら「ご」を付けずに「連絡」とするのが適切です。 その他の「ご連絡」を含む表現 ご連絡お願いします 「ご連絡お願いします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡お願いします」は正しい敬語表現ですが、少々敬意が低い言い回しになります。 「ご連絡お願いします」は敬意が低い言い回しのため、目上の人にはなるべく使わず、同等や部下に対して使用するようにしましょう。 ご連絡お願いいたします 「ご連絡お願いいたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご連絡お願いいたします」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 二重敬語ですが、 「ご連絡お願いいたします」は慣習的によく使われる表現です。 「ご」を付けずに「連絡お願いいたします」としても、丁寧でビジネスシーンに適している表現になります。 ご連絡くださいますようお願い申し上げます 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「くださる」=「くれる」の尊敬語 ・「ます」=丁寧語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、「ご連絡をくれるようにお願いする」という意味になります。 尊敬語は、自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉で、主語は相手になります。 「くださる」の主語は相手になるので、「ご連絡くださいますよう」は正しい使い方になります。 「ご連絡くださいますよう」は何かに対して理解を求める表現なので、後ろに続く言葉としては、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」などとするのが適切です。 ただ、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は少々くどい表現なので使用する際は注意しましょう。 後ほどご連絡申し上げます 「後ほどご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「後ほど」は「あとで」「しばらくたってから」という意味です。 「後ほどご連絡申し上げます」といった場合は、「あとで連絡します」という意味になります。 「後ほどご連絡申し上げます」は敬語表現ではありますが曖昧な言い回しなので、具体的にいつ連絡するか、連絡が遅れる理由などを補足するのが良いです。 ご連絡いただければ幸いです 「ご連絡いただければ幸いです」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「ご連絡いただければ幸いです」は、「連絡してもらえるとありがたいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えます。 「幸いです」は軽いお願いのときに使用する言葉です。 何かを強くお願いするときは「お願い申し上げる」「していただけますでしょうか」と言い換える必要があるので注意しましょう。 お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます 「お手すき」は「仕事の合間などで、手の空いているとき」を意味していて、仕事がひと段落したことを指しています。 「お手すき」は、「お時間のある時に」「ご都合のいい時に」などといったように、日にちを指定せず、あくまでも相手の都合に合わせるといった配慮を含む言葉です。 「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」は、 「お時間のあるときに、連絡してもらうようにお願いします」という意味になります。 また「お手すきの際に」を使う場合は、前にクッション言葉「お忙しいとは存じますが」を入れるとより丁寧な表現になります。 ご連絡が遅くなり、申し訳ございません 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ございません」=「ありません」の丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、当初の予定よりも連絡が遅くなってしまったことを謝るときに使います。 自分が連絡するのを遅れてしまった場合には、しっかり謝罪をすることが大切です。 謝罪をするときは言い訳せずに、お詫びの言葉のみを送ります。 連絡が遅れた理由などは特に書く必要はないので気をつけましょう。 「ご連絡」の注意するべき表現 ご連絡させていただきます 「ご連絡させていただく」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「させて」=敬語ではない「する」の使役形 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「ご連絡させていただく」といった場合は、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから連絡する」という意味合いになります。 「ご連絡させていただく」という表現は、相手に自分が連絡することについて許可を得ていない場合は使うことができません。 そもそも「ご連絡させていただく」は謙譲語が2つ含まれているため、 二重敬語になります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 ご連絡差し上げます 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡差し上げます」は 二重敬語になります。 正しくは「連絡差し上げます」とします。 ただ「連絡差し上げます」は適切な表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。

次の