ブレイク アウト セッション。 ブレイクアウト (Breakout)

Zoomのブレイクアウトルームの使い方!作成・設定方法を紹介!

ブレイク アウト セッション

今回はZoomの「ブレイクアウトルームの使い方」について、お話します。。 ブレイクアウトルームは、ホストだけが使用できる機能です。 ブレイクアウトルームをクリックすると小部屋の割り当てができるので、グループミーティングやグループワークができます。 部屋の割り当ては、自動でも手動でもいつでも切り替えることができます。 最大で50のブレークアウトルームが作成出来る便利な機能です。 ブレイクアウトルームを開始するには Zoomミーティングの詳細が、以下の設定になっていないと開始できません。 ミーティングにて(詳細)確認をします。 ブレークアウトルーム ON• リモートサポート OFF ブレイクアウトルームを開始したいときは、Zoomの画面の下にマウスを移動させることで、各種の利用できる機能が確認できます。 ブレイクアウトルームのボタンをクリックすることで、ブレイクアウトルームの設定画面が表示されます。 それぞれお使いになっているパソコンの画面の大きさによっては、ブレイクアウトルームのボタンが、見当たらない場合があります。 その場合、右端に「・・・」(詳細)をクリックすると、その中でブレイクアウトルームを選択することができます。 また、手動でどの部屋に、誰を割り当てるか、決めることもできます。 参加者をいくつの部屋に分けるか決める。 自動か手動か、どちらかを選択する。 「ブレイクアウトルームを作成する」をクリック 次に進む 自動で振り分ける場合は• 数を決めて数字を入力• 自動を選択する 入力した部屋数に自動で振り分けられます。 どの部屋に誰が入っているのか、部屋の中に入っている人の名前と、その部屋に入っている人の数が表示されます。 以下のような形です。 部屋の名前:ブレイクアウトルーム1• 部屋の人数• 部屋数を決めます• 手動を選びます• 「ブレイクアウトルームを作成する」をクリック 次に進みます。 手動の割り当て画面が出てきたら 手動の割り当て画面が出てきたことを確認したら• 各部屋の割り当てボタンをクリック• 表示された名前のチェックボックスに(レ)をする• メンバーを割り当てます 部屋の名前の変更、削除もできます 部屋の名前も好きな名前に変更できます。 また、削除も可能です。 人数や目的によって、部屋の数は「50個」まで増やすことができます。 急に参加人数が増えても大丈夫です!! 部屋数を増やすことで、各部屋にメンバーを割り当てることができるから、安心してくださいね。 メンバーの変更(移動)と交換 メンバーを移動するときは• 移動させたいメンバーの名前の行のところで「移動先」をクリック• 移動先が表示させる• 部屋を選択し、メンバーの移動を完了させる メンバーの交換 メンバーを交換したいときは• 交換したいメンバーの行で「交換」を選択• どの部屋の誰と交換するかを決める• メンバー同士を交換する 詳細設定 「オプション」をクリックすると、詳細設定をすることができます。 全員参加者を自動で分科会室に移動させることができます。 チェックすると参加者が参加するを押さなくても強制的に小部屋へ移動させることができます。 分科会室は次の時間後に自動的に閉じます。 チェックするとブレークアウトルームのセッション時間を【01~999分】まで設定できます。 カウントタイマーを設定 ブレイクアウトルームを閉じた後にメインルームに戻るまでのカウントダウン秒数【10~120秒】を設定できます。 セッションの開始 「すべてのルームを開ける」をクリックするとセッションは開始されます。 招待させた参加者に「後で」と「ブレークアウトルームに参加する」という2つのボタンが表示されます。 参加者は「ブレークアウトルームに参加する」というボタンを押せば参加できます。 ホストが「強制的に小部屋に移動する」と設定している場合、直接設定された部屋に移動されます。 開始後のメンバーチェンジとホストの参加• ブレークアウトセッションが開始された後から、メンバーの「移動」のみは可能です。 ホストは各ブレークアウトルームに参加することができます。 ホストが参加する時は右側にある「参加」のボタンをクリックします。 任意の部屋に参加ができます。 ホストの参加 ホストは参加している部屋から退出したい時、または他の部屋に移動したいとき、 マウスをZoom画面の下の方にもっていきます。 ブレークアウトルームボタンを表示の「ブレークアウトルームから退出しますか?」をクリックします。 そうすると、ブレークアウトルームのパネルが立ち上がります。 これで、ホストが参加したい部屋を自由に選ぶことができます。 参加者が「ヘルプ」を求める場合 ホストがブレークアウトセッションに参加していない、または別の部屋に参加している時など、参加者はホストに「ヘルプを求める」ことができます。 ただし、すでに他の人がホストの対しヘルプを求めている時は、ホストを招待できません その場合「ホストは現在他のユーザーにヘルプを提供しています。 後でもう一度やり直してください」というメッセージが表示されます。 ヘルプを求めることで「ブレークアウトルームにホストを招待してアシストしてもらうこともできます。 「ホスト招待」のボタンを押すと、ホストを呼べます• パソコンの画面によってはヘルプは詳細の中にある場合がありますのでご確認ください。 ホストがヘルプに応える ホストは参加者にヘルプを求められると、誰がヘルプをしたかわかるようになっています。 ヘルプが来た際には通知されます。 ヘルプを求めた参加者の「ブレークアウトルームに参加する」をクリックする• ヘルプを求めてきた人の部屋に入り参加する。 ホストがルームに参加すると「ホストは現在このルームにいます」と表示されます。 「後で」をクリックします。 ヘルプを求めた参加者に対して「ホストは現在他のユーザーにヘルプを提供しています。 「後でもう一度やり直してください」とメッセージがでます。 ブレークアウトルームの再開と再作成 ブレークアウトルームの再開と再作成をすることで、すべてのメンバーを簡単に割り当て直すことができます。 ブレークアウトルームの再開 以前と同じメンバーで再度ブレークアウトルームを開始する時は「すべてのルームを開く」をクリックします。 ブレークアウトルームの再作成 以前とは違うメンバーでブレークアウトルームを行う場合は「再作成」をクリックします。 ホストが全員にメッセージを送る ホストは各ルームの全員に対してメッセージを送ることができます。 全員宛のメッセージを入力する• 「ブロードキャスト」をクリックする• メッセージが送信される ブレークアウトルームの終了 ブレークアウトルームを終了させるには、「すべてのルームを閉じる」をクリックします。 全ての参加者がルームを退出するか設定してあるカウントダウン時間が経過するとブレークアウトルームは閉じられます。 参加者の画面にも終了までのカウントダウンのお知らせが通知されます。 ブレークアウトルームの中での制限 【チャット】• ブレークアウトルーム内でのチャットはその部屋のメンバーだけ限定で送信することができます• 他の部屋のメンバーにはチャット送信はできません。 【録画】• ホストはクラウドにメインセッションのみ録画が可能です。 ブレークアウトルーム内の録画はすることができません。 ブレークアウトルームの中をパソコン録画することは可能です その場合、• 各ブレイクアウトルームの参加者に録画担当をひとり配置する。 Zoom終了後、ホストが録画担当者からブレークアウトルームを録画したものを回収する。 編集して繋ぎ合わせる 以上の3つのステップで、各ブレイクアウトルームの録画は可能になります。 ホストには全体を見て進行を行うという大切な役割があります。 参加者の部屋の割り振りは人数が少ない時は手動でできても、人数が多くなると手間がかかります。 そのためには、自動振り分け機能を使うと早く振り分けられて、参加者を待たせる時間が短くて済みます。 効率的な方法としてぜひ、ご活用してみてくださいね。

次の

【zoom】ブレイクアウトセッションの使い方(参加者側)

ブレイク アウト セッション

Zoomのブレイクアウトルームとは? ビデオ会議システムのZoomで 参加者を一定の人数の小さい部屋に分割できる機能です。 機能的には以下のようなことができます。 「50のセッションに分割できる」ということは参加者が100名の会議を開催しても、 2名ずつのブレイクアウトルームを作成することができるということです。 現実的には5名のブレイクアウトルームを作るとかそういったところでしょうか。 この機能はZoomらしい機能の一つであり、 同様のソフトであるMicrosoftのTeamsにはまだ搭載されていません。 ブレイクアウトセッションの使い方の先行事例 日本でもブレイクアウトルームを活用している例はちらほら見受けられます。 しかし、新しいものを取り入れるのが早い、シリコンバレーのスタートアップ界隈では、 様々な会議セッションの合間にこのブレイクアウトルームを活用しています。 例えば、エンジェル投資家で著名なジェイソン・カラカニスの、 Founder Universityという若手起業家向けセッションを見てみましょう。 DAY ONE — June 1 11:00AM-11:15AM: Intro to Founder. 大きな会議等では名刺交換等の時間が設けられていることも多いのですが、 なかなか、色んな人と話すことはできません。 しかし、こうしたランダム性のあるブレイクアウトルームセッションがあれば、 全く関心のなかった、関わることのなかった人と関わり、 そして、新しい視点や新しい友人を見つけることもできるかもしれませんね。 創発的なコミュニティを作るためには、ランダム性があったほうが良いです。 講師の講義から自分は何を得たのか、何を感じたのか。 当たり前のようなことでも他の人にとっては別の視点です。 自分を過小評価せず、思ったこと感じたこと、経験と結びついたこと、 いろいろな話をシェアできたらいいですよね。 オンライン飲み会でブレイクアウトルームを使う ではオンライン飲み会にブレイクアウトルームを活用しています。 会社の飲み会をオンラインでやるとして5人くらいなら丁度いいけれど、 20人くらいなら絶対に話さない人が出てきちゃいますよね。 そういうときも、この機能を使うことで5人ずつに分割したりできます。 人の割当は自動でしてくれますし、「あの人とあの人は仲が悪い!」ということなら、 手動で割り当てることもできます。 話す機会がなかったあの人とも接点が作れるということです。 (自動で運命の出会い化するか、手動で好きな人だけを集めるかは主催者次第!) この機会にブレイクアウトルームを作成し、 気になるあの人と少人数飲み会をしてみてみるチャンスですね。 ブレイクアウトセッションの実践的な使い方のコツ ブレイクアウトルームは「Break out」からきた言葉ですから、 「湧き出る」とか「突発的に起こる」というニュアンスをもっています。 つまり、オンライン会議においては受動的な会議ではなく、 ブレイクアウトセッションを活用することで「能動的に生み出す」環境が作れます。 Zoomではこのブレイクアウトセッションを作るための一つの機能として、 ブレイクアウトルームという機能が備わっているというわけです。 それでは、どのような状況でこのブレイクアウトセッションが有効なのかというと、 例えば、参加者100名の会議やシンポジウムに参加したときどう感じますか? 「眠いから寝てしまおう」「話を聞くだけだから簡単」 多くの方は知識としては耳に入ったもののそれを自分に置き換えてはいません。 結局参加したけれど何も活かせてないということになります。 しかし、Zoomのブレイクアウトルームを使うことで、 参加者がある意味強制的に少数グループにされて、そこで意見交換ができます。 つまり、 会議の主催者としては参加者に能動的な参加を仕組み作ることができます。 また、受講者も大規模なテレコンをただ聞くだけでなく、 会話に参加して得た知識等をグループにシェアすることができるのです。 Zoomでブレイクアウトルームを有効にする方法 こちらについてはを御覧ください。 アカウント設定を編集する権限を持つ管理者として、 にログインが必要です。 アプリには最初からは出てきませんのでご注意くださいね。 なお、Zoomについては最近利用者も増えていることから、 ハッキングの対象になる機会も増えているかと思います。 目下、Zoom社はセキュリティーチェックに注力しており、 殆どの問題は解決済みですが、基本的な意識として以下の事項は守りましょう。 必ず最新版のZoomアプリを利用する。 会議のIDやURLは参加者以外の目に触れないよう厳重に管理する(SNSなどへの投稿は絶対にNG)。 会議には必ずパスワードを設定する。 待機室の機能を使い、会議の主催者が承認したユーザーのみが参加できるようにする。 承認したユーザーのみで会議を始めたら、途中で不正ユーザーが参加しないよう必ず会議をロックする。 画面共有機能をホストのみが利用できるよう設定する。 会議中に機密情報について話したり画面共有することは避ける。 ファイル転送機能を無効にする。

次の

Zoom会議におけるブレイクアウトルームの活用実例

ブレイク アウト セッション

ブレイクアウトルームとは ホストだけが使用できる機能です。 ブレイクアウトルームをクリックすると小部屋の割り当てができるので、グループミーティングやグループワークができます。 部屋の割り当ては、自動でも手動でもいつでも切り替えることができます。 最大で50の ブレークアウトルームが作成出来る便利な機能です。 授業内でのペアワーク• 授業内での学生の個別作業の教員によるチェック• オンラインセミナーでの分科会 などが用途として想定されます。 zoomの普通のモードですと、他の参加者全員の声が聞こえてなかなかペアワークをすることが難しいですがこのブレイクアウトルームを使えば2人だけの部屋を別に作ることができてペアワーク以外にも様々な使い方ができます。 もちろん教員は各部屋に出入りすることができます。 学生ひとりひとりにブレイクアウトルームを割り当てると、学生の個別の作業がオンライン上の一人の部屋でできるので他の学生には言いにくいこと、また普段質問等もしにくい学生が話しやすい状況を作ることができます。 zoomの使い方に慣れてきて一歩進んだ使い方をしてみたいという機関向けです。 事前設定 ブラウザからzoomのサイトを開き、「マイアカウントページ」をクリックし「設定」をクリック 次にミーティングにて(詳細)をクリック、ブレイクアウトルームをオンにする。 ブレイクアウトルームを作成する 事前設定が完了していると下の図のようにブレイクアウトルームのアイコンが出現します。 アイコンをクリックすると下のような画面が出ます。 例えばペアワークの場合はペアの数だけ、個別作業の場合は学生の数だけルームを作成します。 また「自動・手動」ですが、自動の場合は参加者が各部屋に自動で振り分けられます。 手動の場合はホストが各部屋に自身で選択して参加者を振り分けます。 ペアワークの場合は手動の方がいいかなとも思いますが特段問題がない限り自動の方が楽です。 個別作業の場合は自動でOKですね。 手動の場合はこの割り当てボタンから参加者を割り振ります。 「割り当て」を押すと全参加者の一覧が出るのでチェックをして各部屋に割り振ります。 割り振った後は「すべてのルームを開ける」を選択します。 ブレイクアウトルーム使用中の操作 ホストはいつでもどの部屋にでも入れます。 退出も自由にできます。 ホストが各部屋に参加するときは「参加」を押します。 ホストが退出するときは退出を押します。 ホストが参加者を自由に移動させることも可能です。 ブレイクアウトルームを終了する 右下「すべてのルームを閉じる」を押すとブレイクアウトルームが終了します。 終了するとすべての参加者が自動的にメインセッションに戻ります。 ただし押してもすぐ終わるわけではなくデフォルト設定では押してから60秒後に終了となっています。 押してすぐ終わらせたい場合は60秒をもう少し短めに設定する必要があります。 設定の方法は次項にて。 オプションの設定 ブレイクアウトルーム、左下に「オプション」というボタンがあり様々な設定が可能です。 各設定の説明.

次の