ハーマイオニー 役。 【画像】ハーマイオニー役の女優のカラダ、エチエチ過ぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(※画像あり)

死の秘宝でロンが嫉妬?ハリーとハーマイオニーのキスは実際にしている?

ハーマイオニー 役

ハーマイオニー「こんなはずじゃなかった」 - 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』より - Warner Bros. ファンの間では「ハーマイオニーはハリーとくっつくべきだった」という声もあるが、原作者であると演じたキャストたちはどう思っているのだろうか? 過去のインタビューから振り返ってみた。 「わたしが最初に構想した筋書きにこだわってしまったから、ハーマイオニーはロンと一緒になった。 わかっています、ごめんなさい。 怒るファンはいるかもしれない。 でも正直に言うと、作品から離れてみて、その選択(ロンとハーマイオニーの結婚)をしたのはわたしのとても個人的な理由からであって、作品に真実味を持たせるためではなかったとわかった」と打ち明けている。 [PR] さらに「こう言うことでファンの心を引き裂いているかしら? そうでなければいいのだけど」とロンのファンを気遣いつつも、ロンとハーマイオニーの結婚生活にはカウンセラーが必要になっただろうと冷静に分析した。 同インタビューではハーマイオニー役のも「同じように考えているファンはいると思う。 ロンが本当にハーマイオニーを幸せにできるのか、って」とローリングの考えに同意している。 実際、2016年にはロン役のも「ロンは今ごろハーマイオニーと離婚していると思う」と The Huffington Post に証言。 「あの二人は長続きしなかっただろう。 今のロンは、小さなワンベッドルームのアパートで独り暮らしさ。 それに無職だ」と畳み掛け、ルーナ役イヴァナ・リンチに「離婚しているなんて言わないで。 別居しているだけって言ってよ。 復縁できるって」と請われ、「ああ、彼らはちょっとの間別居しているだけだ」と言い直していた。 散々な言われようのロンだが、ご安心を。 ロンは「死の秘宝」での最後の戦いから19年後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」でもハーマイオニーと夫婦生活を続けており、息の合った凸凹夫婦ぶりを見せている。 (編集部・市川遥).

次の

「ハリー・ポッター」のビックリ秘話10選をご紹介! エマ・ワトソンは出演する気ゼロだった!? ハリーだけが上半身な理由は・・?[写真]

ハーマイオニー 役

「ハリーポッター死の秘宝でのロンとハリーの大喧嘩」byシリーズ第7巻、ハリーポッターと死の秘宝のPart1 といえばこのシーンをまず思い浮かべる人が多いかもしれません。 本作では、敵の手から逃れながら分霊箱を探すために、ハリー、ハーマイオニーとロンの3人で各地を放浪することとなってしまいます。 問題の喧嘩は3人がテントに宿泊している場面で勃発します。 これだけでめまいがしそうなくらい忙しい精神状態ですね! そういう精神状態で、ハリーとハーマイオニーが仲良くしているのに、耐えられなくなってしまったのです! ただし、ロンの名誉のために先に言っておくと、残念ながらこの時のロンは決して正気ではありませんでした。 それもそのはず、彼が首からかけていたのはあのヴォルデモートの一部が乗り移った分霊箱(ホークラックス)の一つである スリザリンのロケットだったのですから。 これを預かっていたロンはロケットから出る「負の波動」により徐々に精神的に不安定になっていき、心の底にあったハリーへの劣等感がむき出しになってしまいます。 そして大人になれないハリーもまたその勢いに呼応してしまい…喧嘩になってしまいます。 私の調査では、 「撮影の際に実際にキスはしている」ようです。 情熱的なキスって・・・・情熱って・・・なに?キスって・・・なに?という人はググってみてくださいねw あとはご想像にお任せしますw ハリーとハーマイオニーは結婚する? 結婚はしません。 ネタバレにはなりますが、最終的にロンとハーマイオニーが結婚します。 ハーマイオニーとロンの顔変えたら。 左はいい感じなのに、右わろたwww — テラワロスwwwBOT aaa00520924 そうそうこの二人が結婚・・・アレ?何かおかしいっ!と思ったら誰だ顔交換ソフト使ったヤツはwww ハーマイオニーとロンのキスシーンの撮影で、子供の頃から仲のいい友達として接してきたから、いざキスしようとしても照れて笑っちゃってNG連発した…という甘酸っぱいエピソードで白米3杯はイケる。 — 茉莉花べにこ beniko71 そうかぁ・・・10数年もやってるシリーズなので家族みたいな感覚になるのもうなずける・・・ ロンとハーマイオニーのキスシーンは、別の意味で大変だっただろうなぁw そして話は変わって、ハリーはジニー ロンの妹 と結婚します。 < おめでとう、ジニー! さらに本日は『ハリー・ポッター』シリーズでハリーと親友ロンの妹、ジニー・ウィーズリー役を演じるボニー・ライトが27歳の誕生日を迎えました!ジニーとシリーズと共に成長したボニーは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で、なんと主人公ハリーとラブラブな展開に…! — ワーナー ブラザース ジャパン warnerjp まぁ、普通にいけばハリーとハーマイオニーがくっつくのが自然ではあるのですが、それよりロンとハーマイオニーが結婚してくれたほうが 嬉しいですよね!だってハリーと結婚したら、あまりにも予想通りなんだもん。 最後に.

次の

黒人ハーマイオニー差別にJ・K・ローリング大激怒

ハーマイオニー 役

概要 [ ] 2001年に映画『』の役でデビュー。 以後、7作目の『』まで全シリーズに出演した。 『ハリー・ポッターと賢者の石』と『』での演技により最優秀助演女優賞に輝く。 また、『』ではの映画誌の読者投票で最優秀新人に選出された。 「にはなりたくない」と、ハーマイオニー役を終えた後も役者として活躍したいという姿勢を見せている。 2007年には制作の『』に出演。 2008年には『』で声優を務めている。 12月、「過去10年間で最もを稼いだ女優」としてに認定された。 ワトソンが2000年から2010年までの過去10年間で出演した映画は『ハリー・ポッター』シリーズ以外で声優を務めた『ねずみの騎士デスペローの物語』を入れても、映画1本あたり約8億9,700万ドル(日本円で約807億円)、合計で約54億ドル(日本円で約4,860億円)を稼いでいた。 1月、米経済誌『』が「スクリーン上で最も(興行収入を)稼いだカップル」のランキングを発表し、『ハリー・ポッター』シリーズのと自身が1位にランクインした。 グリントとは同シリーズだけで63億ドル(日本円で約5300億円)を稼いでいた。 『ハリー・ポッター』シリーズ完結後も話題作に出演し、女優として着実なキャリアを築いている。 生い立ち [ ] のでイギリス人弁護士ジャクリーン・ルズビーとクリス・ワトソンのもとに生まれた。 5歳まではパリ近郊ので育ったが、幼少期に両親が離婚したことで母親とイギリスのに移住した。 週末は父親の家があるで過ごした。 そのためフランス語は少しなら話せるという。 オックスフォードでは弟とドラゴン・スクールに入学した。 また、将来は女優になりたいと夢見ていたワトソンは、6歳からオックスフォードのステージコーチ・シアター・アーツ・スクールに通い、歌と演技とダンスを勉強した。 10歳までに、Arthur:The Young YearsやThe Happy Princeを含むさまざまなステージコーチの作品や学校での演劇を演奏したが、『ハリー・ポッター』シリーズの前にプロとして活動したことは一度もなかった。 ドラゴンスクールのあとは、オックスフォード近くのヘディントン・スクールに移った。 経歴 [ ] 1999 - 2011年:『ハリー・ポッター』シリーズ [ ] のの前に残された主演3人組の手形と足跡 1999年、イギリスの作家のベストセラー小説を映画化した『』のキャスティングが開始された。 キャスティングエージェントはオックスフォード演劇教師を通してワトソンを見つけ、プロデューサーは彼女の自信に感銘を受けた。 8回のオーディションのあと、プロデューサーのはになるワトソンと、共演者になるとに合格を伝えた。 この映画は、初日の売上高と初週末の売上記録を更新し、2001年の最高興行収益を記録した。 批評家たちは主人公3人組の演技を称賛し、ワトソンは特に高い評価を得て、は彼女の演技を「賞賛に値する」と言い、は彼女が「ショーを盗んだ」と評した。 ワトソンは5つの賞にノミネートされ、 ()を受賞した。 翌年、シリーズ第2作『』に出演し、主演俳優の演技はレビュアーから称賛を受けた。 『ロサンゼルスタイムズ』紙はワトソンと仲間が映画の間で成熟したと記述したが、『』紙は非常に人気があるハーマイオニーを「過少使用」しているとクリス・コロンバス監督を批判した。 この演技でドイツの雑誌『ブラボー』からオットー賞を受賞した。 2004年には『』が公開された。 この映画はシリーズ全体で最低の興行収入を記録し、主演のラドクリフの演技は酷評された。 しかし、ワトソンの演技は称賛され 、2つの賞を受賞した。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のプレミアでのワトソン(2005年) 2005年に公開された『』により、ワトソンと『ハリー・ポッター』シリーズは新たなマイルストーンを記録。 この映画は、『ハリー・ポッター』シリーズでの公開初週末とアメリカでの5月以外の公開初週末、イギリスでの公開初週末の記録を残した。 批評家たちはワトソンと彼女の10代の共演者の成熟を称賛した。 ワトソンにとって、映画のユーモアの多くは、3人の主人公が成熟するにつれて緊張から生まれたという。 その年の後半、ティーンヴォーグの表紙に最年少で登場した。 2006年にはの80歳の誕生日の記念イベントでショートムービーに出演した。 『』は2007年に公開され、歴代最高となる週末総額3億3,270万ドルを記録した。 ワトソンは ()を受賞した。 『ハリー・ポッター』シリーズの主人公3人組は、2007年7月9日にのの前に彼らの手形と足跡を残した。 2007年7月までに、『ハリー・ポッター』シリーズで1000万ポンド以上を稼いだと推測された。 2009年3月には、『』による「最も価値のある若手スター」の6位にランクされた。 そして、2010年2月には2009年に推定1900万ポンドを稼ぎ、ハリウッドの最も高収入な女性スターに選ばれた。 前作の成功にもかかわらず、3人の主演俳優全員が最後の2つのエピソードでの役割を続けることに躊躇したので、『ハリー・ポッター』シリーズの存続は疑問に包まれていた。 それでも、ラドクリフは最終的に2007年3月2日にラスト2作の出演にサインした。 しかしワトソンはかなり躊躇し、降板の噂も報じられた。 彼女は映画がさらに4年間の続投を契約するものなので重要な決定であると説明したが、最終的に2007年3月23日に役割に署名し、「ハーマイオニーを任せることはできない」と語った。 2007年にハリー・ポッターシリーズ以外の作品として初めて『』に出演した。 2008年12月公開の『』ではピー姫の声優を務めた。 『』は2009年7月15日に公開され、ワトソンおよび主演3人組は批評家から称賛された。 『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』のロンドンプレミアでの主演3人組(2011年) シリーズ最後の作品『』は、2009年2月18日に撮影が始まり、2010年6月12日に終了した。 財務上および脚本上の理由から、映画は前後編の2部に分けられた。 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は2010年11月に公開され、PART2は2011年7月に公開された。 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は特に重大な成功を収めた。 シリーズの中で最も売れ行きの良い映画として、世界中で13億ドル以上を超える興行収益を挙げた。 の広告キャンペーンで出会ったジョージ・クレイグがボーカルを務めるOne Night Onlyの『Say You Don't Want It』のミュージックビデオに出演した。 『ハリー・ポッター』シリーズ終了後の初めての映画出演は、『』のルーシー役であった。 2012年以降 [ ] 2012年9月に公開された『』に出演。 この映画の演技により多くの賞にノミネートされ、やなどを受賞した。 にて(2013年) 2013年の『』にも主演した。 映画は複合的なレビューを受けたが、ワトソンの演技は批評家たちからほぼ満場一致で賞賛された。 また、黙示録的なコメディー『』においても支持的な役割を果した。 2014年の『』では、の養女にしての妻であるイラを演じた。 2014年10月にロサンゼルスで開催された ()でブリティッシュ・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 この賞を以前飼っていたハムスターのミリーに捧げた。 2015年は『』と『』に主演したが、ともに否定的なレビューを受けた。 2016年、「自己成長のため」に1年ほど女優業を休止をしていることを明かした。 2017年には、ディズニーアニメの実写映画『』でベルを演じた。 この映画は興行収入が12億ドルを超え、『』に次ぐ2017年の2番目に高い総収入の映画になった。 一方で『』は興行収入が低迷し、否定的なレビューを受けた。 2018年8月、『』に降板したの代役として出演することが発表された。 2020年6月16日、の取締役に就任することが株主総会で承認された。 人物 [ ] 学業 [ ] 2006年にGCSE(の義務教育の修了証)を受けた。 仕事と学校の両立で合格できるか心配していたが、撮影の合間に家庭教師とともに勉強に励み、優秀な成績をおさめて合格。 、などにも合格したが、教育の名門校のに進んだ。 2009年9月、BANG Media Internationalによると、ブラウン大学に通っていた際はヘリコプターでキャンパスに降り立ち、学生たちを驚かせたという。 ブラウン大学に通う学生の一人は「まさかヘリコプターで大学に来るとは思わなかったよ!でもきっと遠いところから来なければならなかったんだね」とこの通学を理解しようとしている様子だったという。 2014年5月25日、ブラウン大学を英文学の学士号で卒業した。 恋愛 [ ] 初恋の相手は『ハリー・ポッター』シリーズで共演した(役)で、シリーズ2作目までフェルトンにくぎづけだったと米紙で語っている。 と付き合っているという噂が流れたが、ワトソン本人は完全に否定している。 また、ラドクリフ以外にも同い年の選手ジョン・ロッカーや、のボーカルであるとの噂があった。 他にも、で行われた授賞式の後、別の男性と仲睦まじくしているところが目撃されたと言う。 その後、投資家のジェイ・バリモアとオープンに交際中であったが、英国デイリー・メイル紙が2年越しの交際に終止符を打ったと伝えた。 2010年6月、にロックバンドのボーカルであるジョージ・クレイグと2人で現れ、交際していることを公にした。 の撮影で出会ったという。 11月、『デイリー・テレグラフ』紙のインタビューで過去の恋愛について「男性って恋人の方がたくさん資産を持っていたりするのはあまり良い気分がしないのよね。 そのことで関係が複雑にならないように願うばかりだけど、慎重にならないとね。 」と語っている。 1月、Showbizspy. comのインタビューで恋人について、「私のボーイフレンドになるということは、ヒドいこと。 わたしはいつも仕事しているし、(ハリー・ポッターの人気から)いつも関係のない人たちから話しかけられる。 だから、今はボーイフレンドはいないし、その方が居心地がいい。 ちょっと自分勝手でいても良いかもしれない」とコメントを残していた。 友人 [ ] 私生活での友人で一番に挙げられるのが、『』シリーズで共演し、長年の仲間であるとである。 6月、『』の撮影終了を迎え、仲間をイギリスの自宅に招いてディナーパーティーを開いたという。 『ハリー・ポッター』シリーズでフレッド・ウィーズリーを演じたはインタビューで「撮影の最後の週、エマはみんなを夕食に招待したんだ。 僕たちは撮影で楽しかったことや秘密の恋とか色々なことを話したよ」とコメントした。 しかし、その秘密についての質問には「質問の答えはあの部屋に置いてきたよ」と一切、明かすつもりがないことを語った。 資産・金銭 [ ] 3月、がワトソンの『ハリー・ポッター』シリーズ第6章『』と第7章『』の映画出演に対し、200万ポンド(日本円で約4億6000万円)の出演料でオファーしたが出演を拒んでいると報じられた。 共演者のルパート・グリントは「ザ・ニュース・オブ・ザ・ワールド」のインタビューで「ダニエルと僕は最近、エマとは離れてしまっているんだ。 撮影していないときはメールしたり話をすることもなくなった。 エマはもう、「ハリポタ映画の子」といわれるのが嫌なんじゃないかな」とコメントした。 しかし、その後に出演をすることを決めたワトソンはガーディアン・オンラインの取材に対して「ハーマイオニーを離れるわけにはいかないわ。 彼女は私のヒーローだし、7作すべてをやり遂げられることを誇りに思うわ」と語った。 2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2009年に最も稼いだハリウッドの稼ぎ手」のランキングを発表し、3,000万ドル(日本円で約27億)を稼いで14位にランクインした。 この金額は映画のギャラだけでなく、商品のロイヤリティ収入なども含んでいる。 11月、英『ヒート』誌が「最もリッチな30歳以下のイギリス人スターランキング」を発表し、ワトソンは推定総資産額2063万ポンド(日本円で約26億9300万円)で3位にランクインした。 ランキングの1位には、4位にがランクインしている。 11月、イギリス版『』のインタビューで「父と話をするまで自分がどれだけ稼いでいるかなんて考えたこともなかった。 かつて、お小遣いとして週に75ドル(日本円で約6000円)ほど貰っていた頃はお金に関しては何も考えていなかったんだけど、(ハリー・ポッターの)3作目か4作目の頃に自分が生み出した額を知って驚いた。 そんなこと思いもしなかったから、慌てて気分がおかしくなっちゃった」と自身のギャランティについて衝撃を受けた瞬間を振り返っている。 ワトソンは2008年に18歳で1600万ドル(日本円で約13億円)を稼いでいる。 1月、Showbizspy. comのインタビューで「お金があり過ぎて、どうしたらいいかわからない。 これまで自分の学費以外のお金で一番使ったのは、ラップトップと車の免許証を手に入れた際に購入したトヨタのプリウスが最も高い買物! 」とこれまで稼いだお金をどうやって使っていいのかわからないと告白している。 7月、英紙『ガーディアン』によるとハリー・ポッターシリーズで主役の3人がこれまでに稼いだ収入を合計すると8500万ポンド(日本円で約108億円)は下らないが、3人ともしっかりと不動産に投資をしているという。 ワトソンはロンドン市内のハムステッドに300万ポンド(日本円で約4億円)の高級住宅を購入したほか、フランス・アルプスのスキーリゾートにも100万ポンド(日本円で約1億2000万円)の住宅を所有しているという。 不動産関係者は「アルプスは建築規制があって不動産の供給数が限られているので、常に大きな需要がある」と語っているという。 女性の権利についての活動 [ ] に組織 の親善大使に任命され 、やといった国を訪れ、女性が教育を受ける権利の拡充について啓蒙した。 また、2015年1月のにおいて男女の間の平等についてスピーチを行った。 著書 [ ] 寄稿 [ ]• Feminists Don't Wear Pink and other lies : Amazing women on what the F-word means to them, 2018年 Penguin. allcinema• VOGUE JAPAN. 2019年6月8日閲覧。 クランクイン!. 2018年7月22日閲覧。 Official website. 2010年4月16日閲覧。 : click appropriate actor's image, click "Actor Bio". harrypotter. warnerbros. 2006年3月28日閲覧。 Self, Will 2012年8月17日. The New York Times. The Hour. 2008年12月18日閲覧。 Reece, Damian 2001年11月4日. Grove, Martin. Hollywood. com. 2001年11月18日閲覧。 www. boxofficemojo. com. 2019年6月9日閲覧。 web. archive. org. 2007年12月29日閲覧。 web. archive. org. 2005年12月28日閲覧。 web. archive. org. 2011年5月17日閲覧。 bravo-archiv. 2019年6月9日閲覧。 The New York Times. 2004年6月3日. www. bbc. 2019年6月9日閲覧。 web. archive. org. 2007年10月11日閲覧。 web. archive. org. 2007年11月7日閲覧。 2006年6月12日. 2007年9月28日. thestar. com. 2019年6月9日閲覧。 Peck, Sally 2007年7月10日. Burman, John. Forbes. 2019年6月9日閲覧。 2010年2月5日. web. archive. org. 2009年5月10日閲覧。 com. 2019年6月9日閲覧。 web. archive. org. 2006年10月5日閲覧。 web. archive. org. 2009年5月11日閲覧。 web. archive. org. 2009年7月18日閲覧。 web. archive. org. 2014年11月29日閲覧。 Movie Walker. 2019年6月9日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年6月9日閲覧。 web. archive. org. 2017年4月26日閲覧。 ComingSoon. net. 2018年8月24日閲覧。 朝日新聞. 2020年6月21日. BBC News. 2006年8月24日. 2007年5月27日閲覧。 Emma Watson's Official Website. 2007年8月17日. 2007年8月18日閲覧。 日本版 2011年6月22日号 p. Emma Watson Official 2011年3月7日. 2011年3月8日時点のよりアーカイブ。 2013年9月15日閲覧。 2014年5月25日. シネマトゥデイ. 2011年1月10日. 2011年11月2日閲覧。 2014年7月9日. 2014年7月11日閲覧。 2014年9月26日 2016年1月7日閲覧。 BBC, Newsbeat 2014年7月8日 2015年2月8日閲覧。 BUSINESS INSIDER 2015年1月23日 2015年2月8日閲覧。 com. 2016年6月9日. 2016年6月9日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 , 2019年1月16日閲覧。 Young Artist's Awards. 2007年9月13日閲覧。 2007年9月13日閲覧。 2007年9月13日閲覧。 Time Warner. 2007年9月13日閲覧。 2007年9月22日閲覧。 DanRadcliffe. com. 2007年9月13日閲覧。 HPANA. 2004年11月4日. 2007年9月22日閲覧。 Broadcast Film Critics Association. 2007年12月29日時点のよりアーカイブ。 2007年9月13日閲覧。 German プレスリリース , Presseportal. com, の2007年10月11日時点におけるアーカイブ。 , 2007年9月13日閲覧。 Broadcast Film Critics Association. 2007年12月29日時点のよりアーカイブ。 2007年9月13日閲覧。 HPANA. 2006年5月8日. 2007年9月22日閲覧。 Carroll, Larry 2006年4月24日. MTV. 2007年9月22日閲覧。 Pryor, Fiona 2007年9月28日. BBC News. 2007年9月29日閲覧。 Akers, Shelley 2007年10月20日. 2007年10月24日閲覧。 2008年2月3日. 2008年2月3日閲覧。 marketwire 2008年7月. 2008年7月15日閲覧。 Bravo Germany 2008年5月. 2008年5月6日閲覧。 SyFy Portal 2008年8月. 2009年4月15日閲覧。 [ ]• 2008年2月11日. 2009年4月18日閲覧。 About. com. 2010年5月13日閲覧。 Emmawatson. com. 2010年5月10日閲覧。 Online 2010年5月12日. 2010年6月27日閲覧。 Teenchoiceawards. com. 2010年6月27日閲覧。 Capri, Hollywood International Film Festival. Capri World 2011年12月8日. 2012年1月12日時点のよりアーカイブ。 2011年12月15日閲覧。 Digital Spy. 2017年4月7日. 2010年11月9日. 2017年4月7日時点のよりアーカイブ。 2017年4月7日閲覧。 プレスリリース , 2011年2月24日 , の2014年10月6日時点におけるアーカイブ。 , 2017年4月7日閲覧。 UK Cinema Association 2011年4月4日. 2017年4月7日閲覧。 2011年5月3日. 2017年4月7日時点のよりアーカイブ。 2017年4月7日閲覧。 2011年8月7日. 2016年3月9日時点のよりアーカイブ。 2016年5月23日閲覧。 Seventeen Magazine 2012年2月17日. 2015年10月3日時点のよりアーカイブ。 2016年5月23日閲覧。 Tvbythenumbers. zap2it. com 2011年11月8日. 2016年1月3日時点のよりアーカイブ。 2014年2月26日閲覧。 2012年2月29日. 2015年4月16日時点のよりアーカイブ。 2017年4月7日閲覧。 2012年6月4日. 2017年4月7日閲覧。 Indiewire. 2016年5月23日. の2012年12月13日時点におけるアーカイブ。 Indiewire. 2012年12月9日. の2017年4月7日時点におけるアーカイブ。 Tvbythenumbers. zap2it. com 2012年11月15日. 2013年11月2日時点のよりアーカイブ。 2014年2月26日閲覧。 2013年4月4日. 2017年1月18日時点のよりアーカイブ。 2017年4月7日閲覧。 Los Angeles Times 2013年8月11日. 2014年4月22日時点のよりアーカイブ。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 PeoplesChoice. com. 2009年11月30日時点のよりアーカイブ。 2014年1月23日閲覧。 2014年6月18日. の2016年3月3日時点におけるアーカイブ。 2017年4月7日閲覧。 2014年9月18日. 2014年9月19日時点のよりアーカイブ。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 Sowray, Bibby 2014年12月1日. Telegraph Media Group. 2014年12月13日時点のよりアーカイブ。 2014年12月2日閲覧。 Knapp, JD 2017年5月7日. Variety. 2017年5月8日時点のよりアーカイブ。 2017年5月8日閲覧。 Deadline Hollywood. enske Business Media, LLC. 2017年8月13日. 2017年8月14日閲覧。 Hooton, Christopher 2018年1月22日. 2018年2月5日閲覧。 Ruby, Jennifer 2018年1月19日. 2018年1月29日閲覧。 Pedersen, Erik 2018年2月26日. 2018年3月3日閲覧。 McNary, Dave 2018年3月15日. 2018年3月16日閲覧。 USA TODAY Life staff 2018年9月24日. USA Today. 2018年10月6日閲覧。 関連項目 [ ]• (日本語吹き替え担当) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (2013年2月5日アーカイブ分)• - (英語)• EmmaWatson -• emmawatson -.

次の