インスタ ユーザー を 読み込め ませ んで した いい ね。 インスタで既読をつけない方法とは?その設定は?

【解決】Instagramで「ユーザーを読み込めませんでした」と表示される場合の対処設定方法

インスタ ユーザー を 読み込め ませ んで した いい ね

カメラのギャラリーが変わるエラー カメラアプリで撮影した写真をインスタグラムにアップしようとしたら、なぜか撮影した写真が出てこない…、または、時系列がばらばらで最新の画像が出てこない…そんなエラーになったことはありませんか? 原因 はっきりとした原因は不明のようですが、このエラーは主に以下の2点が考えられるようです。 ・SDカードの差し替えなどでカメラアプリの画像保存先フォルダが変わる ・スマホ上に古いキャッシュが残ってしまっている 対処方法 カメラアプリで撮影した写真は すぐにインスタグラムに投稿することが一番のようです。 他には、 キャッシュクリアできるスマートフォンアプリを使って、こまめにクリアしておくことが有効かもしれません。 どうしても過去に撮影した画像をインスタグラムで投稿したい場合は、インスタグラムのギャラリーではなく直接 画像保存フォルダを指定するしかありません。 通知が来ないエラー 自分の投稿への「いいね!」や新しいフォロワーが増えた時など、スマホに通知が来るはずなのになぜか来ないというエラー。 対処 インスタグラムのオプションメニューの 「設定」で、どのアクションで通知が届くかを指定できます。 デフォルトは通知が来る設定になっていますが、アプリのアップデート時などは変わってしまう可能性もあるため、インスタグラムのオプションを確認しましょう。 ・投稿への「いいね!」 ・コメント ・ライブ動画 ・新しいフォロワー ・承認されたフォローリクエスト ・インスタグラムの友達 ・ダイレクトメッセージリクエスト ・メッセージ受信 ・自分が写っている写真(タグつけ) ・リマインダ ・最初の投稿とストーリー ・製品発表(新しい機能の追加、お知らせなど) ・サポートリクエスト ・SMSメッセージ プッシュ通知はプロフィールページ右上の歯車のマークをタップし、オプションにある「プッシュ通知の設定」から設定することができます。 Facebookと連動しないエラー インスタグラムで投稿した画像をそのままFacebookでも投稿したいのが、なぜかインスタグラムの画像がFacebookに出てこないというエラー。 原因 インスタグラムのアカウントと、Facebookのアカウントのリンク設定をしていない。 対処 インスタグラムの設定で、 Facebookアカウントとのリンク設定をしましょう。 インスタグラム-オプション-設定「リンク済みアカウント」 ここで、いろんなSNSが表示されます。 リンクしたいSNSのアカウントにチェックするとインスタグラムとそのSNSのアカウントがリンクします。 この後いつもと同じ要領で投稿をし、その際リンクしたいSNSにチェックして投稿すると、そのSNSでインスタグラムの投稿が反映されます。 また、もし既にリンク設定をしているのに投稿が反映されない場合は、リンク設定の解除後、 再度リンク設定をすると、投稿が反映される場合があるようです。 投稿時に改行がキレイに入らないエラー インスタグラムの投稿コメントで改行を入れてハッシュタグをキレイに入れる方法、マネしたいけど改行がうまく入らないケースがあります。 出典:Instagram改行方法 6. コメント時にエラーになる 投稿コメントが長いとたまにエラーになってしまい、投稿できないケースがあります。 原因 メンション 、ハッシュタグなどは1つの投稿について 設定できる上限があります。 その上限を超えるとコメントできず、エラーとなってしまいます。 対処 投稿コメントのメンション、ハッシュタグなどの上限は以下の通りです。 これを超えない範囲で設定すると投稿ができるようになります。 ハッシュタグ :30個まで メンション :5人まで 7. 投稿写真全体、または一部が黒くなってしまうエラー 投稿した写真が黒くなってしまうものです。 これは 一部のAndroid端末でこのような現象が発生しており、はっきりとした原因は不明のエラーのようです。 対処 画像加工をせず、カメラアプリの撮影画像をそのまま投稿するとこの現象は回避されるようですが、それでも黒くなってしまう場合は、インスタグラムのオプションから「設定」にある「アップロードする画質」を「ベーシック」に変更して投稿を試してみましょう。 インスタグラムが開けない、起動できないエラー インスタグラムを起動しようとアイコンをタップしても、インスタグラムが立ち上がらずそのままエラーが表示される場合があります。 これは ユーザーのキャッシュデータ容量が多すぎるためかインスタグラムに障害が起きている場合に多いエラーです。 対処 インスタグラムに障害が起きている場合は公式からのアナウンスを待つ以外に方法はありません。 ただ、キャッシュデータは自分で削除可能ですので、試してみてはいかがでしょうか? キャッシュデータの削除はAndroidとiOSで方法が異なりますので、ご注意ください。 インスタグラムはiphoneやipad上ではなく、サーバー上にデータがあるサービスですので、今までと同じユーザー名とパスワードを使用することでこれまでと同様使用できます。 インスタグラム「オプション」 この他に、インスタグラムのエラーはインスタグラムの設定や、インスタグラムの公式サイトの 「よくある質問」や「ヘルプ」の内容を頭に入れておくことで、突然の不具合でも焦らず対処できます。 インスタグラムの設定はオプションメニューで確認することができます。 オプションメニューは自分のプロフィール画面を表示し、右上にあるメニューアイコンをタップすると表示されます。 インスタグラムヘルプセンター オプションメニューにあるは、インスタグラムの使い方の他、トラブルシューティングやよくある質問コーナーもあり、エラーについても解決策が記載されているかもしれません。 困ったときはチェックすることをお勧めします。 インスタグラムでエラーが発生した場合のチェックリスト インスタグラムを使っていてエラーになってしまった場合、以下の要領でスマートフォンやインスタグラムの設定をチェックしてみましょう。 1.携帯電話やタブレットを再起動します。 Instagramで問題が発生した場合は、最初に携帯電話やタブレットを再起動してみます。 2.アンインストールと再インストール 携帯電話やタブレットを再起動しても問題が解決しない場合は、Instagramの削除と再インストールを試してください。 iPhoneおよびiPad ホーム画面で、Instagramアプリのアイコンが振動するまでアイコンを押し続けます。 アプリの[x]をタップして削除します。 写真とプロフィールの情報はInstagramで保存します。 App Storeに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 [アンインストール]をタップします。 Google Playストアに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 3.インターネット接続の確認 上記の2つの方法で問題が解決しない場合は、InstagramをWi-Fi接続とモバイルデータ接続の両方で使ってみて、Wi-Fiやモバイルデータの接続が弱いことが問題の原因かどうか確認してください。 出典:インスタグラムヘルプセンター インスタグラムのエラーまとめ インスタグラムを使っていく上で出てくるエラーは、インターネットの接続環境やお使いのスマートフォン端末の設定によることも多いです。 エラーが出た場合は、まず 基本的な通信状況の確認やスマートフォンの再起動などを実施してみましょう。 加えて、 公式ヘルプセンターやインスタグラムのオプションを覚えておくと、突然のトラブルでも慌てず対処できます。 ぜひこの記事の内容を頭の片隅に覚えていただけると幸いです。

次の

インスタで画像が投稿できなくなるエラーについて詳細や対処法を徹底解説

インスタ ユーザー を 読み込め ませ んで した いい ね

インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーが発生 現在、 インスタで自分の投稿にいいね!をしてくれた人を読み込めないエラーが発生しています。 この不具合は多くの人に発生していますが、全ての人に同時に起きている訳ではないようです。 下記では、インスタでいいね!をしてくれた人を読み込めないエラーの詳細と原因を紹介していきます。 インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの詳細や原因 投稿に対していいね!をしてくれた人を見ようとすると、 「ユーザーを読み込めませんでした」というエラーメッセージが表示される不具合が多発しています。 このエラーメッセージが出てくると、何度やっても空白の画面が出てくるだけで、いいね!をしてくれたユーザーを表示することができない場合が多いようです。 また、 ストーリーを再生してくれた人やフォロワーそのものが表示されなくなる不具合も同時に発生する方も少なくないようです。 この不具合は1週間以上直らないままと言う方もおり、長期化する傾向にあるようです。 これらの不具合の原因は、以下のものが考えられます。 アプリ側の不具合• スマホ側の不具合• 電波状況が悪い• サーバーにエラーが発生している• 分析ツールを使用している インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの対処法 下記では、インスタでいいね!してくれた人を読み込めないエラーの対処法を紹介していきます。 アプリやスマホの再起動・ストレージを空ける いいね!してくれた人が読み込めない不具合は、アプリを再起動させると改善する場合があります。 また、スマホの容量が少なくなると、読み込み不良などの不具合が発生し易くなります。 一度、スマホを再起動させたㇼ、不要なアプリを削除して容量を空けたりして見て下さい。 電波状況の確認・モバイル回線に切り替える 電波状況が悪いと、不具合や読み込みエラーが発生しやすくなります。 Wi-Fiに繋げている場合は、場所を変えたり、別のWi-Fiに繋いだりしてみて下さい。 また、モバイル回線に切り替えると通信が安定し易いので、一度試してみて下さい。 ただし、モバイル回線に切り替えた場合は、機内モードになっていないかや、通信制限に掛かっていないかなどに注意して下さい。 キャッシュをクリアする スマホの「設定」を開きます。 設定一覧の中から「アプリ」を選択します。 「インスタ」をタップします。 一覧から、「ストレージ」に進みます。 「キャッシュを消去」を選択して、キャッシュのクリアの完了です。 ブラウザ版を使う アプリ版のインスタで不具合が出ている場合でも、ブラウザ版のインスタからはいいね!してくれた人を確認できる場合があります。 から、一度アクセスしてみて下さい。 また、ブラウザ版を使用して不具合が出ている場合は、アプリ版を使って見て下さい。 再ログイン・再インストールする インスタは、再ログインや再インストールする事で、不具合が改善する場合が多いです。 インスタはログアウト時にデータの保存が可能で、この機能を使えば、簡単に再ログイン・再インストールができます。 マイページ右上の「三」に進みます。 画面下部にある「設定」を開きます。 アカウントからログアウトをタップします。 「ログアウト」を選ぶと、インスタからログアウトすることができます。 データの保存が未完了の場合は、データの保存するかの確認が出るので、「はい」を押して下さい。 データ保存が正常に反映されれば、「ログイン」を押すだけでアカウントを再開することができます。 再ログインで不具合が改善しない場合は、再インストールを行って見て下さい。 ただし、 データ保存をせずに アンインストールをすると、ログインにパスワードなどが必要になるので気を付けて下さい。 アプリやスマホのアップデート インスタでは細かくアプリのアップデートをして不具合の改善が行われます。 アプリの自動更新を切っている方は、新しいバージョンが来ていないかストアなどで確認してみて下さい。 ただし、アップデートによって更に不具合が起き易くなる場合もあるので、アップデート前にSNSなどで情報を確認した方が良い時もあります。 何度か確認してみる いいね!してくれた人が表示されない不具合は、一時的に回復することがあるようです。 時間を空けつつ、何度か試してみて下さい。 ただし、回復しても一時的な場合も多いので、後で確認すればいいと画面を閉じてしまわない方が良いかも知れません。 不具合であることを投稿しておく いいね!してくれた人を読み込めないと、いいね!返しなどが出来なくなってしまいます。 ただ、この不具合は改善するのに時間が掛かる場合があります。 フォロワーのリアクションに反応できないと気になるようであれば、インスタやTwitterなど、フォロワーに届く方法で不具合であることを伝えてしまいましょう。 分析ツールなどの使用を止めてみる インスタは、分析ツールなどの外部アプリを使っていると不具合の原因になることがあります。 一度使用を停止して、不具合が改善しないか確認してみて下さい。 ミュート・ブロック・制限などに入っていないか確認する 不具合や誤操作で、ミュートやブロックを行ってしまい、フォロワーやリアクションが表示されない可能性もあります。 一度確認してみて下さい。 マイページ右上の「=」を開きます。 「設定」に進みます。 「プライバシー設定」をタップします。 こちらから、フォロワーが、ミュート・ブロック・制限に入ってしまっていないか確認してみて下さい。 時間を空ける 不具合が起きたままインスタを使っていると、投稿などの他の部分に不具合が発生してしまうこともあります。 インスタの不具合は24時間程度空けてみると改善している場合もあるので、一度使用を停止してみると良いかも知れません。 また、21時から23時などの、インスタのアクセスが増える時間帯を避ける事で、不具合を回避できる場合もあるようです。 運営に問い合わせる ただし、上記の対処法が有効でなく、24時間程度空けても不具合が改善しない場合は長期化する可能性があります。 その時は、運営に問い合わせをしてみて下さい。 マイページ右上の「三」マークに進みます。 画面下部の「設定」を選択します。 「ヘルプ」をタップします。 「一覧から、「問題を報告」を選びます。 一覧から、「問題を報告」に進みます。 こちらに不具合の内容を入力して送信すれば、問い合わせの完了です。

次の

インスタで既読をつけない方法とは?その設定は?

インスタ ユーザー を 読み込め ませ んで した いい ね

インスタで画像投稿ができない!パターンについて インスタを利用するユーザーは大抵画像か動画を投稿することを楽しみにしています。 しかし、度々起こる画像投稿エラーのせいで、ごく稀に本来の楽しみ方を味わえない日がやってきます。 画像が投稿できなくなる概要については実は色々あって、パターン毎にどのような場合だと画像が投稿できなくなるエラーが起きるのか見ていきましょう。 画像を複数投稿することができなくなる これは、「画像が複数投稿できなくなった」エラーが起こった際のTwitterの反応です。 多くのユーザーがインスタに画像を投稿できないと嘆いていますが、その中で一番多かった声は「 複数投稿だけできない」といった声でした。 いつもならできていた複数投稿ができなくなってしまったせいで、1枚1枚画像投稿を繰り返さなくてはいけない事態になっているのですが、このエラーは割と頻繁に起こります。 このように、インスタには画像を投稿する際に「どの画像を投稿するか」を選ぶ機能があり、そこで投稿する画像の枚数まで選択することができます。 例えば、企業の公式インスタには商品紹介のために商品情報をインスタに載せるアカウントもありますが、そのアカウントには大抵商品の画像が複数枚送付されていますよね。 個人でインスタに載せる場合でも、例えば京都に旅行へ行って金閣寺を見にいった際、金閣寺の写真とどこかで友達と集合した写真を何枚か一緒に投稿するのがベターでしょう。 このように2枚同時に写真を投稿することができるわけです。 しかし、ごく稀に 2枚以上画像を投稿しようとするとできなかったというエラーが発生しています。 さすがにインスタがアップデートで複数投稿をできなくしたとは考えにくいので、これはバグや不具合の類だと考えて構いません。 例えば、 投稿中にインスタ画面がフリーズしてしまったり、 「投稿できません」といったエラーが起こります。 このような症状は画像や動画のアップデートが遅かったり、画像や動画が重たかったりした場合にも出る症状になりますが、複数投稿の場合にも同様の症状が出るようです。 様々な原因から対処法がありますので、後述いたします。 投稿にハッシュタグをつけすぎると投稿できない インスタには「 ハッシュタグ」といって、同じハッシュタグがつけられている投稿を検索するためにつける機能があります。 このハッシュタグをたくさんつけて投稿した場合、画像の投稿自体はできるのですが、肝心のハッシュタグやキャプション(説明文)、位置情報などの他の情報が消えてしまいます。 インスタでは キャッシュタグは「30 個まで」しか付けることができないので、注意しておきましょう。 この問題は不具合でもなんでもなく、インスタの仕様です。 インスタがキャッシュタグを無限につけれるようにした場合はキャッシュタグをたくさんつけることはできますが、いまのところその予定はないようです。 文字数オーバーを起こしている このような、画像や動画の説明文のことを「 キャプション」というのですが、このキャプションには文字制限があります。 キャッシュタグなどを含めて「2,200字」までが上限ですので、それ以上文字を入力した状態で投稿した場合、キャッシュタグの症状と同様に、画像だけアップされてその他の文字や位置情報が全部消えてしまいます。 こちらもインスタの仕様ですので、不具合ではありません。 動画の場合、動画が長すぎるかも? インスタで動画を投稿することもありますが、インスタでは動画の投稿時間やデータ容量に制限があります。 インスタの場合、 「60秒」を超える動画はアップロードしても動画が全部映されない仕様になっていますので、動画時間をまずはチェックして、60秒を超えていないか確認しましょう。 一見普通に投稿することはできていますが、動画が60秒で切れてしまいます。 ちなみに、インスタのストーリーは最大で15秒の長さで投稿することができます(ストーリーは特にエラーは起こっていません)。 場合によっては他の症状で投稿できなくなることも… 今回の不具合に関しては、「複数投稿ができなくなる」といった内容でしたが、 もしかしたら他の内容でも今後不具合が起きる可能性があります。 原因がわからないけどなぜか画像が投稿できないといった状況で、不具合か自分の端末の問題かわからない場合です。 インスタが不具合を起こしているかもしれないし、端末のWi-Fi状況やスマホ端末が重たくなっていたり、症状は様々ですので、このような状態でも対処法を見つけなくてはいけません。 自分の端末でエラーが起きていた場合は端末のおかしい部分をチェックすればいいのですが、インスタの不具合の場合はこちらから対策できないかもしれません。 インスタに画像が投稿できない場合はこちらの問題である可能性もありますが、例えばサーバー落ちなどはインスタ側のエラーとなります。 インスタに投稿できない場合の対処法について インスタに画像や動画が投稿できなくなった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。 先ほど紹介した各パターンごとの症状と見比べながら、対処法を実践してみてください。 まずはインスタの不具合の状況を確認してみる もしかしたら、インスタ内で本当に深刻な不具合が発生しているかもしれません。 インスタのサーバー等が原因でエラーが起きている場合はユーザーからは手出しできませんので、インスタが問題を解決してくれるのを待つしかないでしょう。 インスタの公式Twitterをチェックするのもいいのですが、Twitterで他のユーザーの反応を見て、もうインスタのエラーが解消したであろうタイミングに画像や動画を投稿するのも悪くありません。 1枚1投稿で画像を投稿する 「 画像の複数投稿ができない」というエラーが起こってしまうこともあります。。 もちろん今回に限らず、画像を複数投稿することができない時期があったのならこの方法を活用するのは有効なので、ぜひ覚えておきましょう。 その方法とは、「 1投稿につき1画像に縛ってインスタに投稿すること」です。 たしかに上記の画像のような思い出写真はまとめて投稿してたくさんの思い出を共有したいですが、投稿してみてエラーが出るようなら仕方がありません。 しかたないから 1枚1枚順番に投稿して、その都度画像の説明を入念に行うようにして、共有しているフォロワーをもっと楽しませることを心掛けましょう。 Twitterなどを見ながら「インスタのバグが直った!」という投稿を見かけたら、複数投稿に切り替えてください。 ハッシュタグを30個以内にする ハッシュタグの上限が「30個」ですので、逆を言うとそれ以下の数ならハッシュタグをつけて投稿することができることを意味しています。 そのため、投稿するときにはハッシュタグの数が30を超えていないかを確認してください。 もし、 30を超えているようならいらないであろうハッシュタグを消して、最低で30になるように修正しましょう。 あらかじめ文字数を確認しておく インスタには文字数制限があるので、あらかじめキャプションに関しては確認しておく必要があります。 「2,200文字」を越した場合、エラーが起こって正しい情報を投稿することができませんので、 あらかじめ自分の投稿が何文字になるのか確認しておくといいでしょう。 そこまで文字を打たないというなら必要ない対処法ですが、文字が多くなった場合、メモ帳やWordなどで文字数を確認することをおすすめします。 動画の場合、動画時間や重さをチェックする 動画の場合は「60秒」が限界です。 60秒を超えた動画を投稿しようとした場合、残念ながら全てを映すことはできず、60秒で動画自体が途切れてしまうため、 投稿予定の動画は「60秒以内」に収めてください。 また、動画や画像を合わせて「 4G以上」のものは投稿することができないので、 容量面も気にしておきましょう。 「データ使用量を軽減」のチェックを外そう インスタには「 データ使用を軽減」という機能があります。 インスタを利用して画像や動画をアップデートする場合、どうしても通信容量を余分に食ってしまいますよね。 その 通信容量を節約するために、インスタ内だけでも使用軽減機能が誕生しました。 なぜチェックを外すかというと、このチェックが入っていることによって確かにデータは節約されますが、 その分低速度になってしまい、画像や動画の投稿が遅くなってしまうからです。 遅くなったことによってエラーが出る可能性があるので、一旦チェックを外してもう一度投稿してみましょう。 投稿画像や動画の著作権を確認しよう インスタは画像に関してはそうでもないですが 「音楽」の著作権には厳しい傾向があります。 そのため、投稿した動画に音楽が流れているような場合、著作権に引っ掛かるからという理由で、インスタが投稿をブロックします。 そもそも投稿すらできないわけなので、この場合は動画投稿を諦め、違反にならない動画を作り直したほうがいいです。 音楽関連の動画はもちろん、画像や写真に関しても注意してください。 スマホ本体を再起動しよう そのような状態では、 まず自分のスマホ本体を再起動させましょう。 再起動させることでスマホのCPUを休ませることができ、重さが解消されます。 他のアプリを利用していても、本体を再起動したらアプリが止まってしまったのを解消できるように、インスタの投稿エラーもこれで解消できる可能性があります。 Wi-Fiや通信容量を確認しよう 最近ではほとんどの人がWi-Fiを利用していますが、ごく稀にWi-Fiの接続が切れていたり、外出先で投稿した場合はWi-Fiが繋がっていないこともありますよね。 Wi-Fiや通信データの問題かもしれませんので、スマホ本体の設定から 「Wi-Fi」と「通信容量」を確認してください。 スマホのデータ通信プランに加入して、そのプランよりも通信容量が大きい場合、「通信制限」にかかってしまい、インスタを円滑に利用することができなくなります。 Wi-Fiを利用していたら起こりえない問題ではありますが、気づかぬうちにWi-Fiが切れていて、データを使い過ぎてしまった例もあります。 まずWi-Fiを接続しなおして、その後通信容量を確認しましょう。 auなど携帯会社のアプリから通信容量を増加(課金が必要な場合あり)できますので、どうしてもインスタに画像を投稿したい場合は、活用してください。 低速モードになっていた場合はオフにする スマホが低速モードになっている場合も、インスタの画像や動画投稿に影響がある可能性があります。 データの通信速度を遅くすることで通信容量を節約することができますよね。 たしかに通信容量は節約できるかもしれませんが、 その分インスタの投稿時の処理も遅くなってしまうので、インスタに何かを投稿したい際はこのモードを切ったほうがいいです。 インスタをアップデートする もし、GooglePlayやAppストアを開いて、 インスタが「更新」できるようなら、更新してください。 インスタの最新版を使うことで、古いバージョンにあった情報が一新され、いままでエラーが出ていたこともできるようになっているかもしれません。 更新できない場合は、原因がインスタ更新によるものではないということです。 インスタを削除して再ダウンロードしてみる もし、どの方法も試してみたけど解決しないのなら、 一度インスタアプリ自体を削除してみてください。 アプリを削除して、再度インスタをインストールすることによって、最新バージョンのインスタを利用することができます。 ただし、一度端末からインスタを完全に消すことになるので、前のインスタアカウントのIDやパスワードの入力が求められることだけ注意してください。 インスタで投稿することができないエラーの詳細と対処法まとめ 今回は、インスタで画像を投稿することができないエラーの詳細について紹介しました。 不具合の場合もありますが、インスタの仕様上どうやっても投稿できない場合もありますので、仕様を確認して自分の投稿したい画像や動画が文字制限などにひっかかっていないかチェックしてください。 不具合の場合は解消されるのを待つしかないのですが、投稿方法を変えることによって解消される問題もあります。

次の