人参 リレー。 ニンジン(人参)の栽培方法・育て方のコツ

ニンジン(人参)の栽培方法・育て方のコツ

人参 リレー

ニンジンは移植できないので、種は畑に直播きします。 ニンジンの種は発芽率が低く、低温/高温、乾燥した環境では発芽しにくい特徴があります。 そのため、 種まきから発芽までは特に注意が必要。 集団で種まきすると発芽率がよくなるので、にして後で間引きます。 また、発芽には水分が必要なので、 雨が降った翌日にまくのが理想です。 乾いているときはたっぷり水をまいてから種をまきます。 雨が降らず乾燥が続きそうなときは、発芽するまで毎日、朝か夕方の涼しい時間帯に水やりをしてやりましょう。 条間20〜30cmでまき溝を切り、種を1cmおきに条播き。 覆土は薄めにし、 しっかりと鎮圧します。 (覆土が薄すぎると種が乾燥しやすいので、 種が隠れる5mmほどの覆土が目安。 ) 種まきから10日前後経っても発芽しなければ、種をまき直した方が良いかと思います。 ニンジンの種は小さく毛も生えているので種まきしにくいのですが、シードテープ(シーダーテープ)だと、まき溝にテープを埋めるだけなので簡単です。 シードテープは水溶性のテープに等間隔に種が包み込まれたもので、水をかけることで溶けて種のみになります。 うちでも試しましたが、発芽率も悪くなく、大量に栽培するときには重宝します。 連作障害 ニンジンは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。 また、コンパニオンプランツとして「」を混植すると、お互いの害虫(ニンジンのと、エダマメのカメムシ)を予防する働きがあります。 尚、ニンジンと「インゲン」を一緒に植えると、どちらも「」の被害を増大させるため、注意が必要です。 種まきから3ヶ月半ほど、葉が茂ってくる頃が収穫期になります。 根元を少し掘って太さを確認し、根が太ってきたものから収穫。 品種にもよりますが、地上部に出ている根の直径が4〜5cmくらいで収穫します。 収穫する際は、茎の下の方を持って真っ直ぐ上に引き抜きます。 確認のために掘った土は、そのままにしておくとニンジンが緑化してしまうため、収穫しない時は土を掛けておきましょう。 また、成長し過ぎたニンジンは実割れ()を起こすため、採り遅れないように注意。 11月中旬以降に収穫サイズに育ったニンジンは実割れの心配がないため、ゆっくり収穫することができます。 越冬収穫するには 霜が降りだすと葉が枯れて成長が止まります。 しかし、根は気温の影響を受けにくく耐寒性があるので、ニンジンが隠れるように土を掛けておけば、春までそのままで置いておくことも可能です。 側根が等間隔に並んでいるものが美味しい 発生しやすい病害虫 ニンジンに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 うどんこ病 葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 害虫 キアゲハ 体長5cmほどと大きく、黒と黄緑の縞模様にオレンジ色の斑点が特徴のイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

次の

農家が教える人参(ニンジン)の育て方 栽培の出来は「種まき」で決まる!

人参 リレー

ニンジンは移植できないので、種は畑に直播きします。 ニンジンの種は発芽率が低く、低温/高温、乾燥した環境では発芽しにくい特徴があります。 そのため、 種まきから発芽までは特に注意が必要。 集団で種まきすると発芽率がよくなるので、にして後で間引きます。 また、発芽には水分が必要なので、 雨が降った翌日にまくのが理想です。 乾いているときはたっぷり水をまいてから種をまきます。 雨が降らず乾燥が続きそうなときは、発芽するまで毎日、朝か夕方の涼しい時間帯に水やりをしてやりましょう。 条間20〜30cmでまき溝を切り、種を1cmおきに条播き。 覆土は薄めにし、 しっかりと鎮圧します。 (覆土が薄すぎると種が乾燥しやすいので、 種が隠れる5mmほどの覆土が目安。 ) 種まきから10日前後経っても発芽しなければ、種をまき直した方が良いかと思います。 ニンジンの種は小さく毛も生えているので種まきしにくいのですが、シードテープ(シーダーテープ)だと、まき溝にテープを埋めるだけなので簡単です。 シードテープは水溶性のテープに等間隔に種が包み込まれたもので、水をかけることで溶けて種のみになります。 うちでも試しましたが、発芽率も悪くなく、大量に栽培するときには重宝します。 連作障害 ニンジンは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。 また、コンパニオンプランツとして「」を混植すると、お互いの害虫(ニンジンのと、エダマメのカメムシ)を予防する働きがあります。 尚、ニンジンと「インゲン」を一緒に植えると、どちらも「」の被害を増大させるため、注意が必要です。 種まきから3ヶ月半ほど、葉が茂ってくる頃が収穫期になります。 根元を少し掘って太さを確認し、根が太ってきたものから収穫。 品種にもよりますが、地上部に出ている根の直径が4〜5cmくらいで収穫します。 収穫する際は、茎の下の方を持って真っ直ぐ上に引き抜きます。 確認のために掘った土は、そのままにしておくとニンジンが緑化してしまうため、収穫しない時は土を掛けておきましょう。 また、成長し過ぎたニンジンは実割れ()を起こすため、採り遅れないように注意。 11月中旬以降に収穫サイズに育ったニンジンは実割れの心配がないため、ゆっくり収穫することができます。 越冬収穫するには 霜が降りだすと葉が枯れて成長が止まります。 しかし、根は気温の影響を受けにくく耐寒性があるので、ニンジンが隠れるように土を掛けておけば、春までそのままで置いておくことも可能です。 側根が等間隔に並んでいるものが美味しい 発生しやすい病害虫 ニンジンに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 うどんこ病 葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 害虫 キアゲハ 体長5cmほどと大きく、黒と黄緑の縞模様にオレンジ色の斑点が特徴のイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

次の

【人参とカボチャのポタージュ】

人参 リレー

新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって外出自粛が強いられるなか、日本(特に東京)の若者の間でひそかに流行している「 にんじんリレー」という遊びをご存じでしょうか? 「 にんじんリレー」とは、定番SNSの「Instagram(インスタグラム)」にある「ストーリーズ」(24時間で消える短尺動画機能)を使って行うリレー式のお絵かきのことで、「 にんじんチャレンジ」とも呼ばれています。 友人・知人から自分のところに指名が回ってきたら、指名してくれた人のストーリーズのスクリーンショット画像を画面左上に貼り付けて、お絵かき機能でにんじんの絵を描き加え、次に描いてほしい人を指名。 ストーリーズを投稿します。 こうして、にんじんの絵が次々とリレーのように連なっていく様が面白いと、日本の「Z世代(1996~2012年に生まれた若者たち)」の間でちょっとしたブームになっているのです。 「 にんじんリレー」がなぜにんじんだったのかは定かではありませんが、描く絵は今やにんじんだけにとどまらず、ドラえもんやミッキーマウスなどの人気キャラクター、自分自身の幼少期の写真や絵しりとりなど、さまざまなものに派生していっています。 Instagramのストーリーズのお絵かき機能は想像以上に扱いづらいため、うまく描けず妙に味わい深い絵に仕上がってしまったり、反対に機能を使いこなして驚くほど上手な絵を描く人がいたりと、その絵柄はさまざま。 お絵かきというシンプルな遊びは意外にも没入感が高く、ちょっとした暇つぶしになるのかもしれませんが、それにしても、「 にんじんリレー」がここまでの広がりをみせた理由は何なのでしょうか。 東京に住む女子大生のひとりは「 にんじんリレー」についてこんなふうに話しています。 「外出自粛要請が出た3月下旬の土曜日から、ストーリーズのほとんどがにんじんで埋め尽くされています。 このストーリーしか出てこなくて、むしろすでに飽きたくらいです(笑)。 新型コロナの影響で友達と直接会いづらくなっているので、人と接している感じが得られたり、コミュニケーションのきっかけになったりしているのではやっているのかなと思います」 Z世代の若者に対する定期的なヒアリングや流行の調査・分析を行っている私たち「Z総研」としては、Z世代の発信力やクリエーティブな性質が今回の流行を後押ししたのではないかと考えます。 Z世代は生粋のデジタルネーティブ。 初めて手にした携帯はスマートフォン、という人も少なくありません。 SNSもはじめから発達していた彼らは情報を受け取るだけでなく自ら発信する能力にたけています。 人気SNSのひとつ「TikTok(ティックトック)」ではやっている「meme(ミーム)」を例に見てみましょう。 これは、2019年にさまざまな著名人も参加して一大ブームを起こした「ボトルキャップチャレンジ」のように、ほかの人をまねして自分も投稿するというもの。 その簡単さが参加のハードルを下げ、さらには自分なりのアレンジを加えられるという楽しみも相まって、次々と投稿されるようになりました。 特に今(2020年4月現在)は、新型コロナウイルス感染拡大により東京などでは外出自粛の要請が敷かれている状況です。 家の中でできることが限られているなか、おうち時間を少しでも楽しく過ごそうと考えるZ世代のクリエイティビティが、「 にんじんリレー」をはじめとする「チャレンジ系」の遊びを進化させ、さまざまな派生形を生み出していく形になったのでしょう。

次の