セイラム サンプ チューブ。 マーゲンチューブの看護|種類や目的、看護技術(挿入・交換・固定方法)

サンプチューブ

セイラム サンプ チューブ

1、マーゲンチューブとは マーゲンチューブとは、主に鼻腔から胃に挿入するチューブのことで、NGチューブや胃管、胃チューブ、胃ゾンデ、マーゲンゾンデ、ストマックチューブ(STチューブ)と呼ばれることもあります。 出典: 素材はシリコン製やポリ塩化ビニル製のものが多く、先端はX線不透過の線が入っているものが一般的で、レントゲンでマーゲンチューブが胃に入っているかどうかを確認できるようになっています。 2、マーゲンチューブの種類 マーゲンチューブの種類は、主に減圧・排液目的のものと経管栄養目的のものに分けることができます。 また、各医療機器メーカーによって特徴や呼び方などが少しずつ異なります。 また、減圧・排液目的のマーゲンチューブは、逆流防止弁がついているものがあります。 基本的に14~16Frなど太めのものを選びます。 経管栄養目的の場合は、12Fr以下の細いものを用います。 3、マーゲンチューブの目的 マーゲンチューブを挿入目的は、胃の洗浄と経管栄養の投与、胃液の検査、術後合併症の予防の4つがあります。 これは、救急外来や救命救急センターで行われることが多いのですが、睡眠薬などの薬物を大量服用した患者には、マーゲンチューブを挿入して、胃洗浄を行います。 その後、吸着作用のある活性炭を注入することもあります。 また、薬剤を水に溶いて、胃に注入することもできます。 ・排液の観察による術後出血の早期発見 ・減圧することで吻合部への圧を減らし、縫合不全を予防する ・減圧することで、麻痺性イレウスによる嘔吐を予防 マーゲンチューブを入れることで、これらの術後合併症の予防や早期発見ができるのです。 4、マーゲンチューブの看護技術 マーゲンチューブの挿入方法、交換時期やタイミング、固定方法の注意点を確認していきましょう。 4-1、マーゲンチューブの挿入方法 マーゲンチューブを挿入するのは、医師が行う病院・施設もありますが、看護師が行うところもありますので、看護師はマーゲンチューブの挿入・挿入介助ができるように、必要物品と挿入方法を知っておく必要があります。 確認方法は、次の3つがあります。 ・カテーテルチップで胃の内容物を吸引する ・カテーテルチップで空気を注入し、胃に聴診器を当てて「ゴボッ」という音が聞こえる ・レントゲンで胃内にマーゲンチューブがあること確認する これをきちんと確認しないと、気管にマーゲンチューブが入っていて、経管栄養を落としたら、呼吸状態が一気に悪化したという事態になりかねません。 必ずマーゲンチューブは胃内に入っているかを確認してください。 看護師が挿入する場合は、ダブルチェックだけではなく、最終確認は医師にしてもらったほうが良いでしょう。 頻回に交換していると、患者にも負担がかかります。 ただ、マーゲンチューブが原因で鼻翼に潰瘍ができたり、チューブが閉塞したり、明らかに汚染している場合は、交換するようにしましょう。 また、マーゲンチューブによっては、メーカーから「留置期間は2週間以内」と決められているものがありますので、その場合はその期間で交換するようにしてください。 4-3、マーゲンチューブの固定方法 マーゲンチューブの固定方法は、鼻翼で固定してから、頬に沿わせて頬でもう一度固定するのが一般的です。 鼻翼での固定は、7cm程度の長さのテープの中央に切り込みを入れて、それを巻き付けるようにして、留めると良いでしょう。 頬での固定は、頬に直接チューブを当てて、その上からテープで固定するのではなく、テープでチューブを包み込むようにして固定するようにしてください。 頬に直接チューブを当てて固定すると、固定力が弱いですし、頬に潰瘍ができるリスクがあります。 また、自己抜去の可能性が高い患者には、粘着力の高いテープでしっかりと固定する必要がありますが、皮膚トラブルの原因になったり、鼻翼に潰瘍ができることがありますので、注意が必要です。 必要であれば、頬に沿わせてから耳の後ろを通して固定、さらに病衣の中を通すなどの工夫をするようにしましょう。 まとめ マーゲンチューブの基礎知識や種類、目的、看護技術(挿入・交換・固定方法)をまとめましたが、いかがでしたか? マーゲンチューブが挿入されている患者は多く、看護師にとって、マーゲンチューブの患者の看護をすることは日常的で当たり前のことになっていると思います。 ただ、マーゲンチューブは間違って気管に入ってしまえば、医療事故につながるものですし、鼻翼に潰瘍を作ると、患者に苦痛を与えることになりますので、もう一度、マーゲンチューブの目的や看護技術を見直しておくようにしましょう。 jdepo.

次の

マーゲンチューブ・イレウス管・EDチューブ|管の種類と違い・使い分け

セイラム サンプ チューブ

消化管の減圧 消化管の減圧とは、イレウス(腸閉塞)や、幽門前庭部の胃癌などによる 幽門狭窄、胃癌術後の 胃内容排出遅延など、 「何らかの理由で 消化管の通過障害がある時」 に必要となります。 消化管は 口から肛門まで一本道です。 どこかに通過障害があれば、 その上流の消化管は必ず交通渋滞を起こして拡張します。 また麻痺性イレウスの場合は、腸管全体の蠕動が悪くなり、全体に腸液が貯留して拡張します。 そこで消化管の内圧を下げるため、拡張した消化管内に管を留置して、貯留した液体を体外に排出する必要があるわけです。 どこから管を挿入し、どこに管の先端を置くか、という違いで以下の3種類の方法があります。 経鼻胃管 呼称と特徴 経鼻胃管の他、 マーゲンチューブ、マーゲンゾンデ、Mチューブ、NGチューブなど様々な呼び方がありますが、全て同じものを指します。 商品は 「セイラムサンプチューブ」が用いられることが多いため、「セイラム」と呼称されることもあります。 様々な太さのものがあり、当然 太ければ太いほど効率的に減圧できるのがメリットですが、太いほど患者の不快や苦痛は大きくなります。 体格や、どれほど早急に減圧すべきか、といった病態に応じて選びます(どの太さが正解、という基準はありません)。 なお、経管栄養(経腸栄養)にも使用できますが、栄養療法「だけ」が目的ならこれほど太い管は不要です(詳細は後述)。 ちなみに、「マーゲン」「ゾンデ」はドイツ語、「チューブ」は英語です。 よって「マーゲンチューブ」や「Mチューブ」は、ドイツ語と英語が混ざった奇妙な言葉です。 細かな名前の違いについては以下の記事を参照してください(サンプ効果などの仕組みについても記載しています)。 挿入と固定・留置 鼻から挿入し、 先端を胃に置きます。 体格によって長さは異なりますが、 おおむね50cm〜60cm程度で固定することが一般的です。 ベッドサイドで盲目的に(ブラインド操作・透視下でなく)挿入可能で、留置後に位置をレントゲンで確認します。 聴診器で胃の中に入っていることは確認できますが、 kink(ねじれ)がないか、 先端が口側過ぎないか、など、細かい位置はレントゲンでなくては確認できません。 なお、レントゲンをオーダーする際は 「経鼻胃管の位置確認」と一言添えると良いでしょう。 管理 留置したら排液バッグをつなぎ、 排液量と 性状を毎日観察しつつ管理します。 癒着性や麻痺性イレウスの治療中であれば、 排液が減少したり、排液の色が 緑の腸液から薄い褐色や透明に変わると、改善の兆候と判断されます。 排液量の目安は患者さんによって様々です。 もともと毎日1000ml出ていた人が300mlに減少すれば改善と考えますし、逆にもともと100mlだったのが300mlに増加すれば悪化です。 ピンポイントの数字より、 トレンド(傾向)の把握が大切です。 交換と抜去のタイミングは? 留置後は、閉塞などがない限り 定期的な交換は不要です(交換頻度や交換時期を気にする必要はない)。 必要なくなったら抜去しますが、 抜去もベッドサイドで容易に可能です。 そのまま引き抜くだけです。 付着した胃液や鼻汁などが垂れる恐れがあるので、ゴミ袋を横にセットし、スムーズに抜去しましょう。 イレウス管 呼称と特徴 イレウス管と経鼻胃管を混同している人が時々いますが、長さや仕組みは全く異なります。 イレウス管は 鼻から挿入し、 先端を小腸に置きます(先端がトライツ靭帯を超える)。 そのため管の全長は 約3メートルと長く(経鼻胃管は1メートル前後)、 ロングチューブとも呼ばれます。 商品名で「デニスチューブ」と呼ばれることもあります。 商品によって構造が異なるため、必ず付属の添付文書を見て使用法を確認してください(使い慣れた私たちでも使用前に添付文書を見ます)。 挿入と固定・留置 盲目的な挿入は不可能(幽門輪を通せない)なので、 透視下にガイドワイヤーを用いて挿入します。 それでも難しい場合は、上部内視鏡下に留置します。 先端のバルーンを膨らませることで、留置した後も 蠕動運動で自然に肛門側に進んでいきます。 これを期待して、イレウス管は 胃の中でたわませて留置します。 うまくいけば閉塞部位の手前まで到達するため、 拡張した小腸全域の減圧ができます。 したがって「イレウス管留置の適切な長さは?」という質問の答えは、「閉塞部位による」です。 バルーンは 蒸留水を使って膨らませます(生食は食塩が析出するので不可)。 ダブルバルーン構造のものは、先端の前方バルーンが上述の先進のための目的です。 後方バルーンは、イレウス管造影時に膨らませ、固定した上で 造影剤が口側へ流れてしまうのを防ぐ目的です(肛門側に流れないと閉塞部位の様子がわからない)。 後方バルーンはエアーを用いて膨らませます。 管理・適応 イレウス治療中の管理方法は上述の 経鼻胃管と同じです。 施設にもよりますが、まずは経鼻胃管で対応し、効果が乏しければイレウス管の適応、としていたり、最初からイレウス管を用いるところもあります。 イレウスの改善効果において、経鼻胃管とイレウス管の効果の差についてはまだ文献的に議論の余地があるため、 チューブの適応は施設の習慣によって差異があります。 (この記事では器具の扱いに重点を置くため、文献的考察は割愛します) イレウス管留置時は、 持続吸引することもありますが、普通は 留置しているだけで排液は自然に流出します。 抜去の方法 抜去は ベッドサイドで容易に可能ですが、抜去時は バルーンを必ずdeflateする(しぼませる)ことが大切です。 そのまま抜こうとすると、バルーンが腸管を内側から引きずり込んで腸重積を起こすリスクがあるためです(よって自己抜去には要注意)。 シリンジでバルーン内の蒸留水を吸引したのち、抜去します。 抜く前に 造影を行って 通過が良好であるかを確認する場合もあります。 あるいは慎重に管理したい場合は、クランプしてみてイレウスの悪化がないかどうかを確認する、という方法もよく行います。 イレウス管は経鼻胃管と違って 抜去は容易でも挿入は大変(医師も患者さんも)なので、抜去のタイミングは慎重に判断する必要があります。 コロレクタルチューブ 呼称と特徴 肛門から挿入し、 先端を大腸(結腸)に置く管です。 上述の二つの管とは、挿入する部位も先端の位置も異なることに注意してください。 この管を 経肛門イレウス管と呼ぶこともありますが、経鼻的に挿入するイレウス管とは 仕組みが全く違うため注意が必要です。 大腸の閉塞性イレウス(大腸癌や、憩室炎等の炎症性狭窄など)に使用します。 閉塞によって貯留した便を体外に排出するのが目的です。 肛門から遠い位置まで挿入するのは難しいため、通常は直腸から脾弯曲くらいまでの閉塞機転に対して使用します。 その後、 閉塞解除のための手術を行うのが前提で、 手術前の減圧が目的です。 ハルトマン術(人工肛門造設)が必要となる大腸イレウスでも、イレウス管を使ってうまく減圧できれば、人工肛門が回避できることもあります(吻合ができる)。 挿入と固定・留置 挿入、留置は 下部内視鏡を使用して行います。 閉塞のある部位を超えて、その上流に先端を留置します。 長さは 1. 2〜1. 4メートル程度です(経鼻的なイレウス管より遥かに短い)。 管理方法について コロレクタルチューブは手術を見越して留置するため、 長期間の留置は普通行いません(せいぜい1週間程度を限度とする)。 長期間留置できない理由は、以下の3点です。 ・長期留置により、 潰瘍や穿孔のリスクがあること。 ・留置中は 絶食が必要であり、栄養管理の面でマイナスが大きい(早く閉塞を解除して経口摂取の再開を目指したい) ・管理が煩雑(毎日洗浄が必要) 洗浄については、胃や小腸に留置した管と違って排液が便であるため、毎日管内の洗浄をしなければ 容易に管が閉塞してしまいます。 よって、たいてい毎日主治医が洗浄します。 近年、大腸癌による閉塞性イレウスに対する大腸ステントの使用も増えており、コロレクタルチューブに代わる手段となっています。 広告 栄養剤の注入 消化管に管を入れるもう一つの目的は 経腸栄養(経管栄養)です。 何らかの理由で経口摂取ができない患者の栄養管理に用います。 このケースでは、 「ファイコンEDチューブ」や 「ゼオンENカテーテル」のような 細い管を用います。 「フィーディングチューブ」と呼ぶこともあります(feed=「食事を与える」)。 上述のセイラムサンプのように 太い管を使わない理由は、以下の4点です。 ・液体の排出が目的ではないため 太い管である必要はない(減圧と違って栄養剤の注入はきわめてゆっくりで良い)。 ・細い方が患者の不快・苦痛が少なく、挿入もしやすい。 ・経管栄養に特化したチューブは先端に硬いキャップ(オリーブ、重り)が付いていて 挿入しやすく、X線不透過のため 先端の位置が確認しやすい。 ・金属製のスタイレット(内筒)がついていてコシがあり、挿入時に進めやすい。 もちろんベッドサイドで盲目的に挿入可能です。 先端は胃に留置することが多いですが、十二指腸に留置しても構いません。 胃癌などで幽門狭窄がある場合は、 狭窄部を超えて先端を十二指腸に留置することで経管栄養が可能になります。 ただし、十二指腸に留置する場合(幽門輪を超える場合)は、透視下あるいは内視鏡下での挿入が必要です。 また、 内服薬を破砕・懸濁し、チューブから注入することが可能です。 ただし薬によっては 閉塞する(詰まる)恐れがあります。 特に悪性腫瘍による消化管閉塞に対して挿入されたチューブは、一度使えなくなると再挿入が非常に困難なこともあります。 薬剤注入の際は、必ず主治医に確認が必要です。

次の

セイラムサンプチューブとマーゲンチューブ(胃管)の違いについ…症状の特徴と対処法

セイラム サンプ チューブ

こんにちは。 集中治療室で勤務している看護師です。 集中治療室では、救急外来からの入院患者だけでなく院内の急変に対応を行い、必要に応じて集中治療室へ入床することがあります。 その場合は、気管挿管を実施し、セデーション(鎮静)下で管理をすることが少なくありません。 そのため、よくフィーディングチューブ(質問者さんの言っているマーゲンチューブ)から、セイラムサンプチューブへ変更することが多々あります。 一緒になぜ、サンプチューブへ変更するか見てみましょう。 急変等で気管挿管を実施した場合、原則としてセデーションを実施 まずはじめに知ってほしいことは、気管挿管は苦痛を伴う処置であるということです。 経鼻挿管はもちろん経口挿管も常に咽頭部に挿管チューブによる刺激が加わります。 これは咽頭反射となり嘔気になったり、または苦痛から、挿管チューブを抜こうとします。 このような行動は、苦痛からの防御行動として無意識下でも起こります。 しかし、それでは治療が進まないため、原則として気管挿管を実施している患者さんには、セデーションを実施します。 セデーションにも方法がいろいろあり、鎮静剤だけでのセデーションだけでなく、麻薬性鎮痛剤や筋弛緩剤を使用した、ディープセデーションも実施する事があります。 鎮静剤と麻薬性鎮痛剤、筋弛緩剤を併用するディープセデーションには、深い鎮静効果があります。 苦痛の軽減と深い眠りにつくことで、バイタルサインの安定化や呼吸状態の安定化が期待されます。 セデーションを実施すればどうなるか? 全身の筋肉は弛緩します。 これは、肩や膝といった関節周囲の筋肉だけでなく、内臓の筋肉も弛緩します。 そのため、骨盤低筋群も弛緩し、時には、排尿や排便が出てしまうことがあります。 それだけでなく、内臓周囲の筋肉も弛緩します。 問題となるのは胃の噴門部周囲の筋が弛緩することです。 そのため、胃の内容物が時に逆流し、体位によっては口腔内まで上昇することもあります。 気管挿管チューブにはカフがあり、カフ上部からの分泌物が気道へ混入しないようにできています。 しかし、カフ圧が足りないといったことによって流れ込むこともあり完璧ではありません。 胃の内容物が気管支内に流入し肺へ到達すれば、誤嚥性肺炎を発症してしまう可能性があります。 そういうリスクは、可能な限り低減するよう努めましょう。 ここで必要になってくるのが、セイラムサンプチューブです。 セイラムサンプチューブは、フィーディングチューブと比較して、径が太くなっています。 そのため、ドレナージを行うことができます。 また、カテーテルチップを使用した、用手的なドレナージも実施可能。 持続的にドレナージするだけでなく、エアー等も吸引することで胃内の減圧が図れます。 気管挿管実施時は、胃内にエアーがある可能性を忘れない 気管挿管を実施する患者さんは、手術室以外では、緊急で気管挿管を実施することが多いです。 そのとき使用するのが、アンビューバックといった、用手換気をする物品です。 いくら下顎挙上法をしたとしても食道への空気の流れを完全に遮断することは困難です。 状況によっては、胃内には大量の空気が入ることがあります。 その場合にも、セイラムサンプチューブによる脱気が可能です。 早期に腹腔内圧を下げることで胸腔内圧も減少し、人工呼吸器によるアシストが可能になります。 フィーディングチューブではドレナージが出来ないのか? 前記の通り、セイラムサンプチューブはフィーディングチューブの倍の太さです。 成人で最も使用される太さが、セイラムサンプチューブ(16Fr)、フィーディングチューブ(8Fr)だと思います。 この差は大きく、カテーテルチップによる用手的吸引もセイラムサンプチューブのほうがしやすいです。 また、ドレナージバッグへの接続も、セイラムサンプチューブでは容易に接続が可能ですが、フィーディングチューブは、接続が困難です。 本来、セイラムサンプチューブは、ドレナージを主体に使用できるようになっています。 一方、フィーディングチューブは、経腸栄養剤や薬剤を投与するといった使用趣旨をもっています。 フィーディングチューブによるドレナージもできないことはないと思いますが、おそらく自然ドレナージは困難でしょう。 おわりに.

次の