浜辺 美波 風呂。 浜辺美波:ドキドキ! 露天風呂でにごり湯を堪能 「アリバイ崩し承ります」の入浴シーン写真公開

テレ朝POST » 浜辺美波、露天風呂でドキドキ名推理!初の“出張”アリバイ崩しに挑む

浜辺 美波 風呂

が主演を務め、と共演するミステリードラマ『』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第5話が、2月29日に放送された。 今回は、浜辺演じる美谷時乃が、3か月前に発生した未解決事件の容疑者である天才大学生と対峙。 「脆弱だけど決して崩せない」と言われていたダウンロードにまつわるアリバイ崩しに挑んだ。 第5話「ダウンロードのアリバイ」は、身元不明の白骨化した遺体が健康器具会社社長の自宅の庭で発見されるところから物語がスタート。 そして、その会社社長も3か月前に自宅で殺害され、犯人はまだ捕まっていないのだった。 検視官の樋口秀人()の調べで、白骨化した遺体は13年前に鈍器で殴られて殺された健康器具会社の経理を務める和田という男性だと判明する。 この遺体発見をきっかけに、那野県警捜査一課は3か月前の社長殺害事件の再捜査を開始。 捜査線上に、経理の男性の息子であり、明央大学に通う大学生の和田英介()が挙がる。 一連の報告を聞いていた時乃は、和田が父を殺されたことを恨み、会社社長を殺害したと断定。 しかし、和田には会社社長が殺害された3か月前のその日、昼から夜中まで友人と一緒にいたというアリバイがあった。 友人は、和田と大学の講義を受けたあと、コンビニに寄って和田の自宅に寄り、深夜まで一緒にゲームをしていたと証言。 さらに、その日だけしかダウンロードできないという人気ミュージシャン・明城徹郎の楽曲「キャッスル・オブ・サンド」を、和田が目の前でダウンロードしているところを目撃しているという。 事件を担当していた牧村匠()も「とても脆弱なアリバイなんだ、でもどうしても崩せない」と悔しがる和田のアリバイを、時乃は持ち前の推理力で崩していく。 和田と時乃が対峙する場面や、察時が和田を追い詰めていくシーンなど、緊迫感のある物語の本筋はもちろん、数々の小ネタも本作の魅力。 インターネット上では、「お風呂で桜餅食べてるのが超絶可愛かった」「お風呂場で歌う浜辺美波ちゃんかわいいね~」「風呂シーンとかいくらあっても目の保養すぎるわ」「第5話もよかったですねー! 特に入浴、お風呂上がりシーンとか!」などの声が寄せられた。

次の

浜辺美波のお風呂シーンのホクロの画像がヤバイ!ドラマ『アリバイ崩し承ります』第1話にて!

浜辺 美波 風呂

初回から、浜辺演じる時計店店主・美谷時乃のキュートな名探偵ぶりが炸裂し、「 アリバイ崩し承ります」がTwitterのトレンド入りする注目を集めた。 以下、ネタバレがあります 「お風呂のシーンは罪!! 初回、いきなり視聴者の目を引いたのはなんと言っても浜辺演じる美少女探偵・時乃の愛らしさ。 それでいて、事件の匂いを嗅ぎつけるや渡海に上目遣いで情報をおねだりする小悪魔的な一面ものぞかせる。 アリバイは、崩れました」と宣言。 ころころと変わるチャーミングな表情に加え、時計の部品をカチリと合わせ、謎が解けたことを示すくだりは頼りがいのある名探偵そのもの。 時乃の魅力が凝縮された初回に、SNSでは視聴者から反響が続々。 「浜辺美波ちゃんがとにかく可愛い。 視聴確定」「かわいらしい表情もいっぱいであっという間だった」「お風呂のシーンは罪!! お風呂でコロケ食べたくなった」「美波ちゃんベレー帽似合いすぎ!! 」といった声で大いににぎわい、Twitterでは「 アリバイ崩し承ります」がトレンド上位に食い込んだ。 包丁で胸を刺された女性の遺体が発見され、那野県警捜査一課の管理官・察時、渡海らが臨場する。 殺された女性は、医科大学の教授・浜沢杏子 星野真里。 遺体の第一発見者で杏子の弟・浜沢安嵐 金井勇太 は杏子の元夫・菊谷五郎 忍成修吾 が犯人に違いないと言い張るが、菊谷には友人と飲食店にいたという鉄壁のアリバイがあった。 そんな中、捜査一課の面々にバレンタインのマカロンを配りにきた時乃は、事件の詳細に興味津々。 こっそり捜査会議に聞き耳を立てていたが、「アリバイ成立」という言葉に、反応せずにはいられない。 一方、弟の安嵐には多額の借金がある上、杏子の高額な生命保険の受取人になっていることが判明。 捜査本部は保険金目当ての殺人として、容疑者を安嵐に切り替えるが、菊谷の犯行を信じる察時は納得ができない。 孤軍奮闘し、アリバイ崩しに挑むも大苦戦する察時に、時乃は意気揚々と協力を申し出る。 予告動画では、時乃がお風呂でスイーツをパクつくシーンも…。 (ザテレビジョン).

次の

浜辺美波、お風呂でモグモグにファン悶絶「反則です」

浜辺 美波 風呂

が主演を務め、と共演するミステリードラマ『』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第5話が、2月29日に放送された。 今回は、浜辺演じる美谷時乃が、3か月前に発生した未解決事件の容疑者である天才大学生と対峙。 「脆弱だけど決して崩せない」と言われていたダウンロードにまつわるアリバイ崩しに挑んだ。 第5話「ダウンロードのアリバイ」は、身元不明の白骨化した遺体が健康器具会社社長の自宅の庭で発見されるところから物語がスタート。 そして、その会社社長も3か月前に自宅で殺害され、犯人はまだ捕まっていないのだった。 検視官の樋口秀人()の調べで、白骨化した遺体は13年前に鈍器で殴られて殺された健康器具会社の経理を務める和田という男性だと判明する。 この遺体発見をきっかけに、那野県警捜査一課は3か月前の社長殺害事件の再捜査を開始。 捜査線上に、経理の男性の息子であり、明央大学に通う大学生の和田英介()が挙がる。 一連の報告を聞いていた時乃は、和田が父を殺されたことを恨み、会社社長を殺害したと断定。 しかし、和田には会社社長が殺害された3か月前のその日、昼から夜中まで友人と一緒にいたというアリバイがあった。 友人は、和田と大学の講義を受けたあと、コンビニに寄って和田の自宅に寄り、深夜まで一緒にゲームをしていたと証言。 さらに、その日だけしかダウンロードできないという人気ミュージシャン・明城徹郎の楽曲「キャッスル・オブ・サンド」を、和田が目の前でダウンロードしているところを目撃しているという。 事件を担当していた牧村匠()も「とても脆弱なアリバイなんだ、でもどうしても崩せない」と悔しがる和田のアリバイを、時乃は持ち前の推理力で崩していく。 和田と時乃が対峙する場面や、察時が和田を追い詰めていくシーンなど、緊迫感のある物語の本筋はもちろん、数々の小ネタも本作の魅力。 インターネット上では、「お風呂で桜餅食べてるのが超絶可愛かった」「お風呂場で歌う浜辺美波ちゃんかわいいね~」「風呂シーンとかいくらあっても目の保養すぎるわ」「第5話もよかったですねー! 特に入浴、お風呂上がりシーンとか!」などの声が寄せられた。

次の