ながら 運転 カーナビ テレビ。 走行中のテレビ視聴はもちろんNG!でも助手席で見るのもダメなの?

「スマホのカーナビ利用は違反」「助手席の人が使うと違反」ながら運転厳罰化に便乗したデマ広がる(篠原修司)

ながら 運転 カーナビ テレビ

2019年12月1日より改正道路交通法が施行され、携帯電話・スマートフォンなどの画面を見る等の「ながら運転」が罰則強化され、罰金や違反点数が引き上げされます。 ここで気になるのが、ながら運転の対象になる内容がなにか?ということですね。 スマートフォンはもちろんですが、ハンズフリー通話もながら運転になるのでしょうか? カーナビや食べ物を飲食したりした場合も対象になるのでしょうか? 今回の罰則強化により、ながら運転で免停になる場合もあります。 どういったケースで免停になってしまうのでしょうか? 罰則や罰金、反則金がどのように変わるのかも気になるところです。 本記事では、2019年12月1日より新たに施行される改正道路交通法のながら運転に関する内容をまとめています。 2019年12月1日より改正道路交通法が施行 2019年12月1日より、改正道路交通法が施行されます。 これにより、スマートフォンなどを使用してのながら運転が厳罰化され、罰則は約3倍に。 スマートフォンが当たり前になった近年、運転中に使用する方が増え、交通事故が後を絶ちません。 運転中でもSNS等は気になるので、ついつい触ってしまいますよね・・・。 今回の改正道路交通法の施行により、改正前と改正後の変更点、どういった事項が違反の対象になってしまうのか、気になることがたくさんあります。 警視庁のホームページ等に詳細は書かれていますが、正直わかりづらい所も多いですよね。 そこで、どのように変わるのかをかいつまんでわかりやすく解説していきます。 改正道路交通法施行後の罰金・違反点数は? まず、改正道路交通法が施行されることにより、違反点数、罰金、反則金が大きく変わります。 警視庁のホームページに公開されているデータをもとに、画像でまとめてみました。 違反点数は3倍に、反則金や罰金は2倍~3倍近く引き上げとなります。 また、2019年11月30日までは、ながら運転による交通の危険の反則金がありました。 しかし、2019年12月1日以降は反則金がなくなります。 反則金はなくなりますが、点数が引き上げとなったことで一発免停の対象になります。 一発免停の詳細については、本記事の後半でもっと詳しく説明しますね。 ながら運転の定義は? 今回の改正道路交通法の施行により、ながら運転への罰則がかなり厳しくなります。 そもそも、ながら運転の定義とはなんなのでしょうか? 「ながら運転」とは、運転に必要がない、関係がない行為をしながら運転をすることをいいます。 例えば、脇見運転もふくまれるのですが、今はスマートフォンの使用が圧倒的に多いですよね。 スマートフォンやカーナビの操作、画面を注視する行為は「ながら運転」に含まれます。 自動車が約60kmで走行した場合。 2秒間の間に約33. 3m進むのですが、突然子どもが飛び出してきて「あっ!!」と思ってブレーキを踏んでからでは遅いのです。 徐行運転していればながら運転にはならないのか?というわけではありません。 車が走っている、タイヤが動いている状態でスマートフォンなどを操作することは「ながら運転」になってしまうのです。 ながら運転の対象になるのは? ここで気になるのが、 ながら運転の対象になる行為はどのようなことなのか?ということですね。 車でのながら運転はスマートフォンのイメージが強いですが、他にも車の中で別のことをしている方もたくさんいると思います。 例えば、ハンズフリーを使っての通話、カーナビの操作、飲食、メイクなど・・・。 これら全てがながら運転とみなされてしまうのか、判断が難しいところです。 以下で、各行為がながら運転になるのかをまとめていきますね。 スマートフォンの操作は? 確実にながら運転の対象となるのが「 スマートフォンの操作」です。 スマートフォンを見る場合、画面を注視しますね。 画面を注視する行為は、ながら運転とみなされます。 当然ながら、スマホを耳に当てての通話も操作に該当します。 スマホでナビを出して見る行為も操作に該当しますので、「ナビを見ていた」という理由があったとしても、罰則の対象になります。 車に乗ったら、スマホはカバンの中にしまっておくなど、自分の中で徹底して触らない意志を持つようにしたいですね。 カーナビの操作は? 最近の車には、カーナビがついていることがほとんどです。 わからない場所へ行くときはナビを使用すると思いますし、次はどこで曲がるのか?などをチェックしますよね。 カーナビの操作については、ながら運転の対象になります。 走行中にカーナビの設定を触ると罰則の対象になってしまうんですね。 操作や画面を注視することは、ながら運転になります。 ただ、カーナビの画面を注視してながら運転とみなされるという点はちょっと気になる部分でもあります。 行き先がわからないからナビを設定しているので、次の進行方向を運転中にチェックしてしまいますよね・・・。 これらの行為も画面を注視している対象になってしまうとなると、カーナビの画面を見ることができません・・・。 あくまでも音声で聞き取って判断しなさい、ということなんでしょうか・・・。 当然ながら、カーナビでDVDを見る、テレビを見ての走行は「ながら運転」の対象になります。 ハンズフリー通話は? スマホの操作がながら運転の対象になるということは、「 ハンズフリーによる通話も対象になるのか?」が気になります。 ハンズフリーの通話に関しては、法律的には違反にはなりません。 ただし、 通話に出るために画面を注視した場合は、ながら運転の対象になります。 ハンズフリー通話の場合、画面を注視して通話に出なくてはいけないことが多いかもしれません。 しかし、最近の車にはBluetoothが搭載されており、ハンドル付近にあるボタン1つで電話に出ることができます。 耳にイヤホンをつけておく必要がなく、車のスピーカーから相手の声が流れ、車に搭載されているマイクが自分の声を拾ってくれます。 そのため、スマホの画面を見ることなく通話ができる便利な機能も増えてきましたが、これらを使用しての通話は罰則の対象外になります。 もしくは、Bluetoothのイヤホンを耳にした状態で、イヤホンのボタンで通話に出る行為も罰則の対象外になります。 あくまで、画面を注視して通話に出る、通話をすることが禁止されています。 ・・・が、地域によってはイヤホンの使用自体を禁止している場合がありますので、その点はご注意ください。 飲食やタバコは? 車の中で多くの方がしていると思いますが、 飲食やタバコもながら運転になるのか?が気になるところです。 こちらに関しては、法律的には違反の対象にはなりません。 ながら運転の罰則が明確にされているのは、スマホやカーナビの操作に関してです。 そのため、運転しながら飲食したりタバコを吸っていても問題はありません。 ただし、安全運転義務違反に抵触する行為が対象になることもあります。 例えば、両手を使わないと食べられないようなカップラーメンを食べながらの運転等ですね。 片手で何かを食べる、飲む等は問題ないのですが、ハンドル操作に支障をきたすような飲食等はアウトです。 信号待ちのスマホ操作はどうなる? ながら運転の中でも1番気になっているのが「 信号待ちでスマホ操作をした場合はどうなるのか?」ということですね。 信号待ちでLINEなどをチェックする方も多いと思います。 結論から言うと、 信号待ちのスマホ操作はかなりグレーゾーンです。 法律的には、 車が停止していれば問題ない、とされています。 つまり、信号待ちで車が完全に止まっていれば違反にはなりません。 しかし、警察官によっては信号待ちでも罰則化の対象にする場合があります。 法律的には違反にはなりませんが、だからといって信号待ちにスマホを触って良いわけではありません。 信号待ちでもスマホは触らないように、マナーモードなどにしておきましょう。 ながら運転で一発免停になる条件は? 今回の改正道路交通法により、厳罰化される「ながら運転 」ですが、一発免停になってしまう条件が話題になりました。 その条件は、 携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])で違反点数が6点になるため、免許の停止処分の対象となります。 簡単に言うと、携帯電話等を操作して交通事故などを起こした場合、ということですね。 注視している場合だと、免停にはなりません。 事故を起こさなければいいや、という気持ちはなくし、運転中にスマートフォンやカーナビを触る行為は絶対にやめましょう。 どうしてもの場合は、安全な場所に停車して操作するようにしてくださいね。 改正道路交通法が新たに施行されることで、少しでもながら運転による交通事故が減ってほしいですし、1人1人が気をつけていきたいところです。

次の

気になるテレビや動画を見ながら運転、違反なの?罰金は?【自動車Webマガジン】

ながら 運転 カーナビ テレビ

長時間、「注視」しなければ、違反になりません。 走行中にもテレビ(DVD)が見たいということですね。 本来は、走行中にはテレビが見られないほか、ナビを操作できる機能も制限されています。 これが不満の方も多いはずですね。 それなら「TVキット」が売られていますよ。 テレビが見られないようになっているは、 カーナビからパーキングブレーキへの配線がその役割を果たしています。 本来は、ブレーキのスイッチに繋いであるのを、車体アースに移してあげます。 ご自分でやる場合は、 ハンドブレーキならカバーを外す、フットブレーキなら下から覗き込むと、 スイッチに「本流」の配線が繋がっています。 そしてその途中に別の配線が繋がっています。 その「別の配線」を外し、近所に黒の線でボルトで止めてある所がありますので、 そのボルトに「共締め」してあげます。 他には、アクセサリー線(ACC線)に移す場合もあります。 その場合は、車種によって線の色が違うので、検電テスターを使って確認してください。 依頼する場合は、 配線を付け替えるだけなのでも、工賃は1000円もかからないと思いますよ。 「TVキット」について サイドブレーキを引っ張ってもテレビが映らないようであれば、 車からの速度パルスを感知するとうつらなくなるシステムを採用していますね。 市販の「純正のテレビが運転中でも見れるキット」を取り付けてください。 有名なのはデータシステムのTV-KITです この場合は、機種によっては、ナビの精度が落ちる場合があります。 ちなみに、これらより車検がNGになる事はないですよ。 なお、これを依頼する場合は、ディーラーはNGです。 カー用品店は、OK・NG半々ですので、問い合わせてみましょう。 ご参考になれば、幸いです。 基本的に法律的には2秒以上の注視が禁止です。 つまりはカーナビの画面でも2秒以上続けてみれば違反です。 カーナビのテレビ機能(ビデオを含む)は基本的に全て走行中は画像は見れない仕様となっています。 ただし市販品はサイドブレーキの有無しか判断しない機能なのでここだけアースを取れば簡単に走行中でもテレビを見れるように出来ます。 車メーカー純正のナビの場合、車が止まっているのをサイドブレーキだけでなく車速パルスも見ています。 これはナビ機能でも使っているものですから簡単に切ることもできません。 よってカー用品店などにこれを騙す回路が「テレビキット」などの名称で売られています。 市販のカーナビも純正みたいに簡単にテレビを観れないようにすることは可能ですがそれをすると 売れなくなるということでしょう。 運転手が見ると違反になる可能性があります。 可能性と表現するのは、道交法を要約すると「画像 画面 を注視 ジ~っと見る事 すると違反」となっており、この辺の基準があいまいなんです。 携帯電話を手に持って使っていたという違反は比較的検挙しやすいのですが、画面をジ~っと見てたか否かは検挙しにくい実情があります。 さて、基本は市販のカーナビも標準のカーナビも、前席で見るテレビ等は走行中に見れない様に設計、設定されています。 もちろん、そういう行為をして事故が起きてもユーザー責任という前提で行う事になります。 この行為自体は違法ではありません。 あくまで、運転手が注視しなければいいのです。 でも、法はかわしても事故を起こす可能性は高まりますので、気になる番組やCMがながれても安全を優先する気持ちが必要になります。 <追伸> ちなみに、信号待ちや渋滞などで車が完全に停止していれば、画面を注視しても携帯電話を手に持って使用しても違反にはなりません事を付け加えておきます。

次の

カーナビの「テレビ視聴制限」機能を無効にしたら違法? 「ながら運転」の法律問題(2020年3月9日)|BIGLOBEニュース

ながら 運転 カーナビ テレビ

12月1日から「ながら運転」への取り締まり強化、一発免停や懲役刑の可能性まで 12月1日の道路交通法改正で変更されたのは、スマホを持ちながらなど、「ながら運転」についての罰則が強化されたという点です。 今までは違反点数が1点だったものが、3点となり、反則金も6,000円から18,000円と3倍になりました。 また、交通の危険を生じさせるような違反とされた場合の罰則は、違反点数が2点から6点になり、一発で免許停止となってしまいます。 また、こちらは反則金を納めておしまい、ということにできず、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が適用される刑事手続きへと進みます。 つまり、「ながら運転」で交通事故を起こした場合、それだけで罰金刑・懲役刑が科されるという可能性も十分にあるということになります。 「ながら運転」道路交通法改正後も、信号待ち時のスマホ操作は違反に該当せず、ただし非保持でも「注視」は違反 次に、具体的に違反となるケース、ならないケースについて紹介します。 取り締まり強化ということで、これからは信号待ち中のスマホ操作もダメと勘違いしている方もいらっしゃいますが、そうではありません。 道路交通法の「ながら運転」に関する条文、第七十一条では「当該自動車等が停止しているときを除き」という但し書きがあります。 道路交通法改正後も、信号待ちの際にスマホを少し操作したからといって、取り締まりを受けることはありません。 ただし、完全に停止していなければダメなので、信号待ちで前の車との車間が空いて、徐行で少しだけ車を前に出しながらスマホを操作するのは違反となります。 一方、ホルダーにセットしたスマートフォンで通話をしたり、固定されたスマホやカーナビの画面を見たりすること自体も罰則にはなりません。 ただし、先ほどの道路交通法第七十一条には、カーナビなどについて、「画像を注視しないこと」という規定があります。 カーナビやスマホの動画などに集中がいってしまい、運転が危険と判断された場合は、「ながら運転」として取り締まりの対象とされますので、注意が必要です。 「ながら運転」、運転に支障ない程度の飲食やたばこは違反にならず、両手がふさがるようなケースは取り締まりも 「ながら運転」は、当然スマートフォンの操作以外の「ながら」も含まれます。 ただ、取り締まりが強化されたからといって、今まで多くの方が行っていた、缶コーヒーを飲みながら・たばこを吸いながらの運転が即取り締まりの対象とはなりません。 しかし、過去には飲食をしながらの運転操作ミスが事故につながった事例もあります。 箸と弁当を持って両手がふさがってしまう・食べ物の開封に手間取り運転がおろそかになるといった行為を見とがめられた場合は、検挙の対象となりえます。 運転中、「ながら運転」で取り締まりを受けないためには、• スマホは絶対に手に持たないようにすること• 2秒以上運転の視界から目が離れないようにすること• 飲食などでは、運転に集中できない行為・両手がハンドルから離れる行為を避けること がとても大切になります。 操作をしていなくても、運転中にスマホを手にとる行為は避け、着信があった場合は確実に安全な場所に停止してからスマホを確認しましょう。

次の