銀行融資 審査。 銀行融資の審査基準

銀行ローンの審査が通らない理由

銀行融資 審査

個人向け銀行融資とは?申し込む際におさえておきたいポイントとは? はじめに みなさんは銀行から融資を受けたことがありますか? 中には現在銀行融資を返済しているという方もいらっしゃるでしょう。 実際に銀行融資を検討する方は多いかと思いますが、個人なら住宅購入、教育資金、マイカー購入・・など、借り入れの理由は人それぞれです。 ここでは銀行融資を受ける際におさえておきたい、個人向けに絞った銀行融資の種類やおさえておきたいポイントなどをご説明しますので、ぜひ今後のご参考になさってみてください。 個人向け銀行融資とは 個人向けの銀行融資のもっともポピュラーなものに住宅ローンがあります。 住宅を購入する場合、全額自己資金で購入できる方はそう多くはないはずです。 このように、銀行融資には担保が必要なものが多いです。 また、所有する不動産を活用したりするために銀行融資を利用する人も増えています。 いずれにしても有担保融資となり、担保として挙げられるものに土地建物の他に預金債権や有価証券、指名債権などが挙げられます。 担保ありの銀行融資の場合、特徴としては融資期間が長期間になること、借り入れ金額が大きいということなどがあり、融資されたものが不良債権になった場合、債権回収のために売却されることになっています。 次に、担保が必要ない銀行融資にマイカーローンや教育ローン、ブライダルローン・・などがあります。 どのローンも使いみちが明確で金利も比較的低くなっています。 さらに、最近よく利用されている個人向けカードローンは使いみちが自由な個人向けの銀行融資です。 この個人向けカードローンは銀行融資で個人向けのものの中で金利が比較的高いものだと言えます。 カードローンの特徴としては融資期間が短期間で金利が高めなことがありますが、非常に利便性が高いので最近利用する方が急増しています。 個人向け銀行融資の最大のメリット 銀行融資の最大のメリットは総量規制がないことです。 この総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れができない・・というもの。 たとえば、年収が600万円の人がいるとしましょう。 この人が消費者金融などで融資される金額は200万円まで・・ということになります。 銀行融資の場合、この総量規制の決まりがないため年収の3分の1を超える融資を受けることが可能です。 ですので、他の金融機関からすでに借り入れがある方で、たとえば消費者金融などから融資が受けられない場合でも銀行融資なら借り入れを受けられる場合もあります。 銀行融資を借りる際押さえておきたいポイント さて、個人向け銀行融資の種類についてご説明したところで、いざ銀行融資を受ける際におさえておきたポイントをご紹介しましょう。 これらを押さえておけば、よりスムーズに銀行融資を受けられる可能性が高いです。 いくら貸して欲しいか明確に よく銀行融資を受ける際、いくら借りられるのか、できればたくさん借りたい・・などと言う人がいますが、これは絶対にやめましょう。 これをやってしまうと、無計画で資金がないのでとりあえずお金を貸して欲しいととられてしまう可能性が高いです。 そもそも銀行融資を申し込むということは収入だけでは生活できないということであるからこそ、何に使うのか、どういう理由なのか、どうやって返済していくのか・・ということを明確にする必要があります。 もちろん、銀行で融資を申し込む場合、金額は500万円などと具体的な数字を伝えましょう。 返済計画を明確に 当然のことですが、銀行としては貸したお金が間違いなく返済してもらえるかどうかに重点を置きます。 なぜ銀行融資が必要なのかを説明できたとしても、どうやって返済していくのか 説明できないという人は意外と多いはず。 返済計画をはっきりさせることで融資してもらえる可能性がぐんと上がります。 複数の銀行に申し込みをする 銀行融資を申し込む際は1つの金融機関だけでなく、いくつかの銀行に申し込むようにしましょう。 銀行の内部基準はそれぞれの銀行によって違っており、かなり厳しいと言われています。 その基準を満たしていないと銀行融資を受けることはできません。 ただ、その融資の基準は非公開となっており融資を受ける側は知ることはできないので、融資を申し込んだ側が審査に通ったかどうかで知る方法しかありません。 銀行融資の基準を守るのは当然ですが、基準は銀行ごとに違っているので、ある銀行では融資が下りなくても他の銀行ではおりる・・というケースがあり、融資を受ける側の評価も違ってきます。 さらに、時期によって自分の情報が変わってくる場合があります。 過去どういった金融状況にあり、どう対応したのか融資される側の評価が基準となります。 過去に債務があったことがマイナスとはならないものの、その債務に対しどう対応したのか、たとえば、延滞や踏み倒したりしていないか・・をチェックされ、あれば評価はマイナスになります。 ただ、かなり過去にそういった延滞があった場合も、その後現在まできちんと返済しているようなら評価は回復するので安心しましょう。 基本的に延滞を解消して最低3か月は銀行融資の申し込みをしても評価は下がったままだと言われているため注意が必要です。 あくまでも、銀行の審査基準はこちらからは分からないため根拠はないですが、少し待った後で融資の申し込みをした方がより好条件で融資が受けられる可能性が高いのは当然です。 さらに、銀行融資の申し込みをすると、現在の借り入れ状況についても評価されることになっており、大きな借り入れをしているのにさらに銀行融資を新たに申し込む場合は計画性の有無について疑問を持たれても仕方がないでしょう。 たとえ多額の借り入れがあっても延滞なくきちんと返済している場合、それは逆に信用となることが多いです。 まとめ 銀行融資とはどういったものか、銀行融資を受ける際におさえておきたいポイントなどをまとめてみました。 誰でも一生に1度くらいは銀行融資を申し込む機会があるはずです。 今後もし銀行融資に申し込むことがあったら、ここでご紹介したことを思い出していただき役立てていただきたいです! 関連記事• 銀座オーミオフィス 東京都中央区銀座3丁目7番3号 銀座オーミビル8階• 渋谷オフィス 東京都渋谷区渋谷1丁目15番21号 ポーラ渋谷ビル8階• 新宿オフィス 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル10階• 日本橋オフィス 東京都中央区日本橋3丁目13番5号 KDX日本橋313ビル2階• 池袋オフィス 東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル9階• 横浜スカイビルオフィス 神奈川県横浜市西区高島2丁目19番12号 スカイビル16階• 横浜STビルオフィス 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番15号 横浜STビル1階•

次の

信用保証協会の審査期間

銀行融資 審査

しかしながら、「銀行が融資のお願いをしてくる」環境は、借りる側の努力によっても作ることができるのです。 今回は「銀行が勝手に貸してくれるための仕組み」について解説します。 そのために、まず知るべきことは「銀行の融資担当者の考え」です。 銀行の融資担当者の裏側を知る 銀行の融資担当者には300件ぐらいの担当企業がある! 銀行の融資担当者が受け持つ案件数というのは、個人事業主も含めて、300社ほどの規模になります。 シンプルに考えれば、営業日が20営業日あったとして、1日3件訪問したとしても、1人の融資担当者が回れる会社の数というのは、60社にすぎません。 さらに 融資審査の稟議書の作成なども実務もありますし 月数回訪問しなければならない重要な会社もあるのですから、 融資担当者が• 顧客の管理不足• 管理責任 を問われ、社内での評価もがた落ちしてしまうのです。 銀行が勝手に貸してくれるための仕組み その1.銀行からこまめに融資を受ける 会社としては、1回に高額な資金調達をして、後は経営に力を専念する方がわかりやすいので良いのですが、これだと次の資金需要が発生するまでにかなり時間が経過してしまうので、融資担当者は定期的に訪問しようとはせず、優先順位は下がってしまいます。 1回で5000万円の資金調達をするぐらいならば 2ヵ月ごとに500万円ずつの資金需要を発生させて、きちんと返済していく方が「継続顧客」として融資担当者も足しげく通ってくれることになります。 「このぐらいのペースで定期的に借りてくれるんだな」ということが融資担当者が理解すれば、融資担当者は自分の見込売上の一つとして組込やすいのです。 当然、融資が必要な時期には「借りてくれませんか?」と営業してくれる形になります。 その2.地域情報を融資担当者に提供する 前述した通りで、融資担当者は「地域の情報」「競合の情報」「業界の情報」を常に欲しています。 新規顧客を開拓するにせよ 既存顧客の状態を外側から知るにせよ 「情報」が必要不可欠だからです。 「地域の情報」に詳しく、訪問すれば常に新しい情報をくれる経営者には資金需要がなくても、定期的に訪問してくれるはずです。 例えば• 支店の営業区域内での冠婚葬祭• 国や地方自治体の動き• 知り合いの経営者の紹介• 知り合いのお金持ちの紹介 などです。 「支店長攻略が融資を受ける最大の方法だ。 」 という経営者も少なくありませんが、実際に稟議書を起案するのは現場の融資担当者です。 支店長が見る融資先というの10~15社ぐらいの、支店の上位10位の融資先+有力顧客になりそうな融資先5社ぐらいなのです。 社員数が数名~十数名程度の中小企業経営者が、支店長に直接アプローチしたところで、よほどの売上・利益がなければ、「現場の融資担当者から回答させます。 」と丁寧に断られるのが落ちです。 これをしてしまえば、飛び越えて交渉された「融資担当者」の立場がありません。 支店長から見れば、「直接渡しに交渉に来るということは融資担当者は信用されていない」と判断され、「融資担当者」の評価も下がってしまうのです。 稟議書を起案する融資担当者の心証が悪くなれば、融資審査が通る確率も下がってしまいますし、融資担当者側から、融資の提案を受ける可能性も下がってしまうのです。 その7.現場を見てもらう、情報開示が重要 銀行の融資担当者は約300社の顧客を受け持っています。 300社も顧客がいたら、1社1社の商品やサービスを深く調査して理解することなんて、できるわけがないのです。 銀行に訪問する• 融資担当者に訪問してもらう 際に、少しずつでも、リアリティのある商品力やサービスを知ってもらうことが重要になります。 融資担当者は決算書の数値などで会社の情報を把握することには長けていますが 「どんな商品が売られていて、競合他社と比較してどこに優位性があるのか?」理解するのは苦手なのです。 予測ができれば、そのタイミングで融資を持ち掛けやすいですし、無駄がないのです。 まとめ 銀行の融資審査を通すためには 「融資を依頼する」のではなく「融資を依頼される」環境づくりが必要になります。 「融資を依頼される」仕組みを作るためには「融資担当者の立場や考え」を理解する必要があります。 融資担当者の立場や考え• 銀行の融資担当者には300件ぐらいの担当企業がある!• 銀行の融資担当者は「地域の情報」を必要としている!• 銀行の融資担当者には「ノルマ」がある!• 銀行にも、「売上を上げたい時期」と「売上を上げたくない時期」がある!• 融資担当者は他行による借り換えで社内の評価が一気に落ちる! 銀行が勝手に貸してくれるための仕組み• その1.銀行からこまめに融資を受ける• その2.地域情報を融資担当者に提供する• その3.融資担当者の「ノルマ」達成に協力する• その4.銀行に定期的に訪問する• その5.メインバンクを重視する• その6.支店長に直接アプローチをしない• その7.現場を見てもらう、情報開示が重要• その8.銀行は敵ではなく、パートナーと思いこむ• その9.決算書を確定させる前に相談する• その10.資金繰りの情報をこまめに更新して伝える 注目の資金調達方法 資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。 資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。 中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。 資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。 銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。 そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。 銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。 ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。 現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。 金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。 ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。 ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。 そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。 その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。 不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。 無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。 ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。

次の

銀行融資の手続きの流れと注意点

銀行融資 審査

信用保証協会へ融資の申込み(正確には保証委託の申込み)をしてから、実際に融資が銀行から実行されるまで、どれくらいの時間がかかるのかについて多くの人から問い合わせをいただいておりますので、これについてお答えします。 信用保証協会の利用が初めてか否か、資金使途が運転資金か設備資金かなどによって審査時間は異なってきますが、今回は信用保証協会の利用が初めてで、運転資金の申込をした場合についてお答えします。 信用保証協会保証付融資の申込みから融資実行までの流れ 信用保証協会保証付の融資の申込から融資実行までの流れはつぎのとおりになります。 1.銀行に信用保証協会宛保証申込書の提出 2.受付銀行にて事前審査と銀行が作成する信用保証協会宛保証依頼書の作成 3.信用保証協会宛に申込書一式を郵送 4.信用保証協会にて申込書の受付、担当者の決定 5.信用保証協会との面接 6.信用保証協会内での審査 7.信用保証協会から受付銀行宛に信用保証書の郵送 8.受付銀行での最終審査 9.融資実行 流れはざっとこんなものになります。 時間的には銀行に申込書を提出してから、融資が実行されるまで おおよそ1ヶ月~1ヶ月半かかります。 上記各ステップのおおむねの所要日数はつぎのとおりです。 わかりやすくするために銀行に申込書の提出を行ったのが9月1日とします。 1.9月1日 2.9月3日 3.9月4日 4.9月6日 5.9月15日 6.9月20日 7.9月21日 8.9月25日 9.9月30日 実際は銀行休業日の土日もありますから、申込書を銀行に提出してから、実際に融資が実行されるまでは1ヶ月から1ヶ月半がかかるのです。 銀行での作業 2の銀行での事前審査と信用保証協会宛保証依頼書の作成について少し補足します。 銀行ではお客様からも申込書を受付しても、それをそのまま信用保証協会宛に送付するわけではありません。 事前に審査し、銀行の所見をつけて信用保証協会に送付をしています。 銀行の担当者が忙しい場合、銀行が作成する信用保証協会宛保証依頼書の作成が後回しになることは実際にはあります。 融資の必要時期を明確に伝える 審査時間を短縮するには、まず申込を行う銀行担当者に いつお金が必要なのかを明確に伝えることです。 これが一番重要です。 銀行担当者にいつお金が必要なのかを明確に伝えることにより、 銀行担当者は時間を逆算して、いつまでに上記各ステップの事務手続きが必要なのかを理解します。 時間的に余裕がない場合は2の銀行内の手続を迅速に行います。 さらに信用保証協会にいつまでにお金が必要なのかを銀行員が伝えてくれます。 5の信用保証協会との面接については必ず事前に信用保証協会から日程調整の連絡がきますから、その際なるべく早く面接を受けたい旨を伝えることも大切です。 また3の信用保証協会宛の書類の送付についても、場合によっては日数がかかる郵送扱いではなく、直接銀行員は信用保証協会に書類を持ち込むこともします。 さらには7の信用保証書の発送についても、銀行担当者が信用保証協会に直接受け取ることで時間短縮を図ることも可能です。 このように銀行に対し、 いつまでのお金が必要なのかを明確に伝えることで、審査に要する時間、つまり申し込み結果を回答するまでの時間を短縮することができます。 ただし どれだけ短縮してもやはり1ヶ月程度はかかります。 1週間や2週間では回答を得ることは出来ません。 なお 既に信用保証協会の利用があり、申込をしようとしている銀行とも融資取引がある場合は、申込書を銀行に提出してから実際の融資実行まではおおむね2週間程度で済みます。 場合によっては1週間の場合もあります。 それと信用保証協会と銀行の利用がともにまったく初めての場合は、銀行ではなく、直接信用保証協会に申し込むことも可能です。 これによって審査に要する時間を短縮することも出来ます。

次の