クエン 酸 除 菌 効果。 (2012年4月発行)食品工場の微生物制御への有機酸の利用技術

クエン酸は疲労回復に効果なし?嘘かどうかスポーツ栄養士が考察してみた

クエン 酸 除 菌 効果

クエン酸・酢酸の脳梗塞予防効果をチェック クエン酸は疲労回復に効くイメージがありますが、酢の主成分である酢酸については、なんとなく「健康になれそう」と感じる程度という方もいるでしょう。 そこで今回、お酢の種類や特徴について調べたところ、血液の質を高めるなどさまざまな効果があることが分かりました。 クエン酸とお酢はなぜ、脳梗塞を予防してくれるのか、くわしく見ていきましょう。 クエン酸・酢酸とはどのような成分? クエン酸 クエン酸はみかんやレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分の1つです。 生き物の身体に存在するミトコンドリアの中で、クエン酸回路と呼ばれるエネルギーを生み出す仕組みは、クエン酸なくしては成立しません。 このクエン酸回路は人間の身体を形成する約60兆個の細胞すべてに存在していて、酵素やビタミンによって分解される際にエネルギーが作られる仕組みのことです。 酢酸(お酢) 酢酸は酢の主成分ですが、日本では古くより酢を調味料として使用してきました。 疲労回復のほか、殺菌作用や食欲増進作用など多くの効果があります。 酢酸には、米酢・黒酢などの穀物を原料にした醸造図や氷酢酸(ひょうさくさん)アミノ酸を加えた合成酢など種類が豊富。 酢酸もクエン酸と同じ働きをする優れものです。 クエン酸・酢酸の効果効能一覧 クエン酸・酢酸はエネルギー生産のほかには、疲労回復、筋肉痛予防、ダイエット効果、ミネラルの吸収を促進する作用、さらには生活習慣病の予防にも役立ちます。 クエン酸や酢酸はマグネシウムやカルシウムなどの身体に吸収されにくいミネラルと結びつき、吸収されやすい形にしてくれる「キレート作用」を持つ成分です。 また、酢の酸味には食欲を増進させ、唾液の分泌量を増やして消化吸収を助けてくれる効果もあります。 さらにクエン酸・酢酸には、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果もあることがわかっています。 善玉菌が増えてその働きが活性化されると、血流だけでなく腸内環境が改善され、体内にとどめておく必要のない老廃物をスムースに体外に排出できるようになります。 また活性酸素の発生を抑制する作用もあることから、病気になりにくく疲れにくい体になるといわれています。 このほかにも、クエン酸・酢酸はさまざまな症状の予防や改善にも貢献することがわかっていますので、ここでもう少しくわしく日本人がかかりやすい生活習慣病ごとに、どのような効果があるのか見ていきましょう。 高血圧予防効果 高血圧を発症した人を対象に行われた実験では、血圧が140~180mmHgの範囲で、軽度の高血圧症患者57名を被験者にしました。 57名は3群に分けられ、食酢を8週間1日15~30ml摂取。 すると、食酢を摂取して6週間目で血圧が10~15mmHg低下したという結果が。 食酢の高血圧予防効果が確認されました。 高血圧患者以外の健康な人を集めて、再度実験を行なったところ同じように血圧抑制効果が見られたのだそうです。 血圧を抑える効果が高かったのは食酢30mlを摂取したときだったようですが、予防のために日常的に摂るなら15mlの摂取で充分との結果も出ています。 毎日15mlのお酢を飲むだけで効果があるなら、ぜひ習慣に取り入れてみたいと思います。 糖尿病予防効果 食酢を含んだ食事は、糖尿病の原因でもあるインスリンの大量分泌を抑制すると確認されています。 実験では、ご飯・パン・ドリンクを摂った場合の血糖値の上昇が、お酢によってどれぐらい抑制されるかが検証されました。 食事1回当たり10~20mlの食酢を摂取させてデータを取ったところ、血糖値を抑えるインスリンの代わりを食酢が担っていたという結果が出ました。 詳しいメカニズムは解明されていないそうですが、胃から腸への消化が食酢によって緩やかになるため、血糖値の上昇を抑えてくれるのではないか、という仮説が立てられているようです。 高脂血症予防効果 高脂血症は高コレステロール症と合わせて脂質異常症と呼ばれるようになりました。 悪玉コレステロールと中性脂肪が多く、善玉コレステロールが少ない状態を指します。 症状が進行すると徐々に血管が硬くなり血液の流れが悪くなって、動脈硬化を引き起こす大きな原因になってしまいます。 動脈硬化が進行すると血管が詰まってしまって、脳梗塞や心筋梗塞など命を脅かす重篤な病気にもなりやすいので注意が必要です。 エジプトのEskanderらの実験では、高脂血症を患った26名の患者に対して、1日10mlのリンゴ酢を5週間に渡って摂取してもらいました。 その結果、血中コレステロール値の低下が認められたという結果が出ています。 ただし高脂血症の人には効果があったそうですが、健康な人に行なった実験では、コレステロール値の低下は見られなかったのだそうです。 代謝機能亢進作用 代謝機能が落ちてしまうとエネルギー生産能力が低下して、内臓脂肪がつきやすくなるだけでなく、さまざまな病気を呼び込んでしまう体質になりやすくなるとされています。 なぜなら体内に残すべきではない老廃物の排出能力も低下、新しく細胞を生み出す能力も低下してしまうからです。 代謝機能を向上(亢進)させるなら、1日当たり大さじ1杯分のお酢を摂るとよいようです。 お酢は「飲み始めてすぐに調子が良くなった」という人もいるほど優れた食品です。 さらに糖質と一緒に摂れば筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを増やしてくれるため、体力アップにもプラスに働きます。 「糖質」と聞くと血糖値が気になりますが、お酢には血糖値を緩やかにする作用があるため、適度な量を摂れば問題ありません。 リンゴやみかんなどの果物をお酢で漬けて果物酢などにすると、飲みやすくなると思いますよ。 組み合わせの良い他の栄養素 クエン酸+鉄+ビタミンE ビタミンEであるトコフェロールと鉄、クエン酸を同時に摂取すると、ビタミンEの抗酸化力の低下を予防することができます。 トコフェロールとクエン酸だけではこの効果は現れないため、鉄を加えることが大切です。 ただし、クエン酸がトコフェロールの抗酸化力を向上させるというわけではなく、抗酸化力の低下を予防するという組み合わせなので、ビタミンEの効果をアップさせるわけではないことを覚えておいてください。 クエン酸+鉄分 鉄分とクエン酸を同時に摂取すると、クエン酸の作用によって鉄分の吸収が良くなります。 この組み合わせは、鉄欠乏性貧血の治療薬にも用いられているほどの効果で、鉄分を単体で摂取するときよりも、腸からの栄養吸収率が高まる組み合わせです。 食品としてクエン酸と鉄分を同時に摂取する方法は、牡蠣にレモン果汁をかけるという方法が自然でしょう。 ビタミンCも鉄分の吸収をサポートすると言われているため、鉄分を多く含む牡蠣にクエン酸を含むレモン果汁をかければ、鉄分の吸収率向上、牡蠣の殺菌の両方が同時に実現します。 酢酸+ビタミンC 酢酸とビタミンCを一緒に摂取すると、ビタミンCが壊れることを防いでくれます。 その理由は、ビタミンCを壊す酵素である「アスコルビナーゼ」という酵素が、酸によって働かなくなるためです。 アスコルビナーゼは野菜の中に含まれており、きゅうり、かぼちゃ、にんじんなど、ビタミンCを含んだ野菜と一緒に食べられることが多いものに存在する酵素。 そのため、ビタミンCを多く含有している食品を摂取するときには、マヨネーズやドレッシングなど、酢酸を含んだものと一緒に食べることがおすすめです。 ビタミンCが含まれているトマトにきゅうりを添えるときなどに用いれば、ビタミンCを無駄なく摂取できるでしょう。 シトルリン 「シトルリン」とは、主にスイカに含まれており、メロンやクコの実、ニガウリなどにも含有される成分です。 シトルリンには血管を弛緩させる働きがあるため、それによる血圧低下、血流改善、動脈硬化予防などの効果があり、同様の働きを持つ食酢と組み合わせることによって、相乗効果が期待できるとされています。 シトルリンと食酢を組み合わせたスイカ酢で検証を行ったところ、ACE阻害活性と血糖値上昇緩和効果、高血圧抑制の効果が、黒酢とほぼ同じという結果になりました。 酢酸やクエン酸が含まれる食酢とスイカを一緒に摂取する機会は少ないでしょうが、スイカと一緒にクエン酸飲料などを飲めば、これらの効果が得られるでしょう。 組み合わせの悪い他の栄養素 酢酸やクエン酸と組み合わせが悪いと言われている栄養素は、現在のところ確認できませんでした。 特にクエン酸には、様々な栄養素の吸収率をアップさせる働きがあるため、組み合わせてはいけない栄養素はほとんどないと考えられます。 クエン酸・酢酸を摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか 脳梗塞は血管の詰まりが原因で起こりますが、血管が詰まってしまう原因として、高血圧・肥満・糖尿病などの生活習慣病が大きくかかわっています。 これらの症状がある人の血管は動脈硬化が進行して血管の柔軟性が失われている可能性が高いのです。 血管がダメージを受けると血小板や白血球などの成分が傷を修復するために集まり、血管の壁に吸着して修復作業を行ないますが、この修復作業が繰り返し行なわれていくと、血液に粘りが出てきてドロドロになってしまいます。 血流れが悪くなるとともに、血管の修復のために使われていた血小板や白血球が徐々に積み重なって大きな塊になっていくと血栓ができてしまいます。 その血栓が血管から剥がれてしまうことで血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞を招くことになるわけです。 日頃から血管や血液の健康状態を意識することは、脳梗塞や心筋梗塞を予防する上で、とても重要なポイントになります。 お酢には血管拡張作用があり、血がドロドロになるのを防いでくれます。 クエン酸に含まれる化合物のクエン酸ナトリウムは輸血時の血液が固まるのを防止する薬剤としても使われるほど、血液の質を向上させてくれる成分です。 普段の生活にお酢やグレープフルーツ、キウイなどクエン酸をたっぷり含む食品を摂取して、脳梗塞予防に役立てるとよいと思います。 さまざまな健康効果のあるお酢ですが、なかにはお酢の匂いや味がどうしても苦手な人もいます。 また、毎日続けることが難しい場合もあるでしょう。 携帯できるパウダー状のものやカプセル状のサプリとしても摂取できるので、興味のあるかたはネットで検索して探してみてはいかがでしょうか。 1日の摂取量の目安 クエン酸と酢酸の1日の摂取量の目安は、公的機関によって明確に決められていません。 摂取量に上限もなく、過剰摂取による副作用などの危険性もないと考えられます。 ですが、どの程度摂取すれば脳梗塞予防に効果的なのかという点は、最も気になる点でしょう。 そこで、クエン酸と酢酸の摂取による効果を検証した実験の結果があるため、そこから必要な摂取目安量を求めてみました。 それぞれの摂取量は、クエン酸飲料で200ml、酢酸で750mgが適量という結果になりましたが、その根拠となった研究の結果についてもご紹介しましょう。 クエン酸による血中脂質濃度の検証の結果 こちらの研究は、黒大豆クエン酸という健康飲料を用いたものなので、純粋なクエン酸の効果を検証しているものではありません。 ただし、クエン酸単体による臨床実験が見当たらなかったため、参考としてこの研究の結果をご紹介します。 一方,黒大豆クエン酸飲料投与により,血清ASTとALT活性,血清TG,および肝臓タンパク質濃度は逆に増加した。 この効果は量依存的であることから,前述の食欲増進効果とは独立したものと考えられる。 出典: 黒大豆クエン酸による研究はラットを対象にして行われましたが、摂取したラットは肝臓の働きが活性化され、肝臓脂質濃度が低下したと報告されています。 少量のクエン酸投与では食欲増進によって体重が増加しましたが、投与量を増やしたところ、体重の増加は収まったそうです。 黒大豆クエン酸の投与量を増加させたケースでは、40mlの黒大豆クエン酸を摂取させていることから、人間の摂取量の換算すると、200ml程度と考えられます。 ここから、クエン酸を使った飲み物を200ml程度飲むと、脂肪を減少させる効果が得られると言えるでしょう。 酢酸の摂取によるコレステロール値の検証の結果 こちらの臨床実験では、リンゴ酢を利用した長期的な実験で、酢酸の摂取によって血液中の総コレステロール値がどのように変化するか検証しています。 そして、参加者の方に摂取してもらったのは、酢酸750mgが含まれた100mlの飲み物です。 その結果、摂取前と摂取後2週間、4週間では、特にRLPコレステロール値が低下したため、酢酸は1日あたり750mgの摂取で効果を発揮すると結論付けられました。 これにより、酢酸750mgを含有する食酢飲料を1日1本摂取すれば、血性総コレステロール値のコントロールに十分に有効であることが示され、また摂取による特記すべき副症状は認められなかった。 出典: 摂取目安量が決められていない酢酸ですが、750mgを摂取できればコレステロール値を改善して、脳梗塞予防に繋げることが可能です。 副作用がないことも認められているので、有効な脳梗塞予防法でしょう。 この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献•

次の

クエン酸の効果・効能8選【疲労回復や体臭改善】摂取量と飲み方も解説

クエン 酸 除 菌 効果

このページの目次• 洗剤がわりにクエン酸が使われるようになった 何年か前から、掃除に強力な洗剤でなく重曹やクエン酸を使う人が増えているようです。 私もなるべく洗剤を使わないようにしている一人です。 洗剤は手荒れがするのと、使わなくてよい時も無駄に使っているような気がして、水だけ余計に汚してはいかんなと思っています。 きっかけになったのは、プロフェッショナル仕事の流儀2015年6月1日放送、「」を見てからです。 羽田空港で20年清掃作業を続けている新津春子さんが使っている洗剤は必要最小限のものを薄めて使っていて、しかも強い洗剤は使っていませんでした。 これは見習わねばと思ったのです。 クエン酸ってすごく酸っぱい ところで、クエン酸には思い出があります。 小学生の頃、理科教室に通っていたのですが、「ジュースをつくろう」というテーマの日にクエン酸を使いました。 最初にクエン酸の顔が曲がりそうになるものすごい酸っぱさを体験し、どのくらい砂糖を入れたら飲めるようになるのかという実験をしました。 クエン酸2g(?)に確か40gくらい入れて飲めるようになった記憶があります。 クエン酸はデンプンを黒麹菌で発酵させてつくる ジュースの話を書きましたが、クエン酸は、実際に清涼飲料水や食品の酸味料、保存料として使われます。 レモンをはじめ柑橘類に多く含まれ、爽やかですが強い酸味を持っています。 梅干しの酸っぱさもクエン酸によるものです。 もともと柑橘類に含まれているクエン酸。 しかし、今はデンプンを発酵させて作っています。 クエン酸製造には黒麹を使った発酵法が使われています。 黒麹というといも焼酎を思い出した方、お酒好きですね。 当たりです。 関係があります。 クエン酸を検索していたら、のサイトがでてきました。 でん粉工場で排出される年間数万トンのさつまいもでん粉粕(残りかす)を原料に発酵法で製造しているそうです。 サツマイモはデンプンの原料にもなっているんですね。 黒麹菌はもともと沖縄の泡盛に使われていました。 明治の終わり頃から九州のいも焼酎にも使われるようになってきました。 黒麹菌のつくるクエン酸は、もろみを雑菌から守る働きがあります。 沖縄のように暑いところでは、黒麹菌が役に立ったでしょう。 白麹菌は胞子の色こそ黒麹菌とは違いますが、性質は似ています。 黄色麹菌は古くから日本酒造りに使われてきたもので、クエン酸はほとんど作りません。 () クエン酸製造の化学式 クエン酸製造の化学反応を調べていたらクエン酸発酵で出ていました。 糖を分解してクエン酸を蓄積する発酵をいう。 酸化発酵の一種で、クロカビ、アオカビなどのカビ類にみられる。 クエン酸の製造は従来柑橘 かんきつ 類からの抽出に頼っていたが、現在ではほとんど発酵法によっている。 全反応は次式で表される。 工業的には糖蜜を原料としクロカビ Aspergillus nigerを用い、酸性条件下で発酵生産されている。 () クエン酸は、高校生物で習うTCA回路(クエン酸回路)に出て来ます。 ミトコンドリアで行われる反応です。 アセチルCoAがTCA回路に最初に入る物質なのですが、それがオキサロ酢酸と反応して、クエン酸ができます。 酸素呼吸をする生物ならみんな同じ反応経路を持っています。 「TCA回路がクエン酸のところで止まった」というのが何でなのかなと思いましたので、調べました。 別記事にかなり詳しく書きました。 をお読みください。 強酸性の環境で培地中の鉄イオンを0. 実際、微生物による糖代謝の途中でできるものは、大量生産され利用されています。 TCA回路では、有機酸が次々変化していくのですが、それを取りだしているようです。 を読むと、クエン酸は生産量が他のものに比べて突出して多く、年間160万トン生産されています。 まとめ レモンの果汁には、100gあたり6. 5gのクエン酸が含まれています。 (日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用) クエン酸は英語で書くとcitric acidです。 柑橘類、citrusから派生したのでしょう。 クエン酸はもともとレモン果汁から製造されていました。 しかし、レモンは果実なので不作の年もあります。 しかし、発酵法なら、でんぷん、もしくはブドウ糖を原料にでき、さらに黒麹カビを使うだけなのでとても安価に製造できるようになります。 大量生産も可能ですね。 よく読まれた記事• 19,989件のビュー• 16,108件のビュー• 14,228件のビュー• 13,348件のビュー• 10,098件のビュー• 7,593件のビュー• 7,397件のビュー• 6,990件のビュー• 6,714件のビュー• 6,359件のビュー• 5,909件のビュー• 5,895件のビュー• 5,665件のビュー• 5,620件のビュー• 5,165件のビュー• 5,009件のビュー• 4,969件のビュー• 4,769件のビュー• 4,653件のビュー• 4,552件のビュー• 4,325件のビュー• 4,315件のビュー• 4,205件のビュー• 4,186件のビュー• 3,924件のビュー• 3,856件のビュー• 3,761件のビュー• 3,612件のビュー• 3,459件のビュー• 3,438件のビュー• 3,202件のビュー• 3,078件のビュー• 3,078件のビュー• 2,984件のビュー• 2,948件のビュー• 2,906件のビュー• 2,875件のビュー• 2,716件のビュー• 2,706件のビュー• 2,652件のビュー• 2,641件のビュー• 2,623件のビュー• 2,615件のビュー• 2,590件のビュー• 2,582件のビュー• 2,548件のビュー• 2,474件のビュー• 2,469件のビュー• 2,469件のビュー• 2,467件のビュー.

次の

クエン酸について教えて下さい。クエン酸には殺菌効果があるとネットで調べ...

クエン 酸 除 菌 効果

Contents• ピロリ菌は胃の中で暴れる細菌 胃の中でつくられる「胃液」は強い酸性のため、一般的な細菌は生息できず死んでしまいます。 胃液には食べ物を消化する役割があるため、塩酸を含んでおりコレラ菌をはじめとするほとんどの細菌を死滅させるのです。 しかし、中には例外的な細菌がいて、胃の中でも生きることができます。 それが、「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」です。 ピロリ菌が体に与える影響や除菌する方法について確認していきましょう。 感染経路はあまりわかっていない ピロリ菌の感染率は全人口の50%と言われていますが、その感染ルートはあまりわかっていません。 上下水道の処理が発達していない国での感染率が高く、日本においてはまだ環境整備がされていない時代に育った世代、つまり60歳以上の人たちの感染率が高いことがわかっています。 大人になってから感染する可能性は低く、幼児のころに親から口移しで食事を与えられた際に感染するとされる説が有力です。 幼児期の口移しはピロリ菌だけでなく、虫歯菌を感染させるリスクもあるため、近年の子育てでは避けられる傾向にあります。 口移しを避けるべきだという情報が多い一方で、口移しによってビタミン12の吸収や消化促進の効果があるという見解もあります。 <参照> 感染を防ぐ工夫も大切ですが、ピロリ菌の感染経路には不明点も多いため、菌を減らす対策をした方がよいでしょう。 薬でピロリ菌を駆除できるが、副作用がある ピロリ菌は薬を飲むことでほとんどの場合、駆除できます。 血液検査や胃カメラでピロリ菌の感染を確認でき、薬の処方もしてもらえます。 1週間程度、薬を飲みつづける必要がありますが、完全に駆除できる確率は7割程度。 最初の1週間で除菌しきれなかった場合は薬の種類を変えて、服薬を続けなくてはいけません。 ただし、薬の影響で腸内細菌のバランスが崩れ、おなかの調子が悪くなることもあるため、日常生活に支障をきたす場合もあるので要注意です。 薬の副作用が心配なら、食事でピロリ菌を減らす方法を取り入れるのもよいでしょう。 ピロリ菌を減らすとされる食材は複数ある 胃酸でも死滅しないピロリ菌ですが、食べ物によって数を減らすことができるとされています。 代表的な食品を紹介します。 ブロッコリースプラウト• ココア• もずく• 梅肉エキス• マヌカハニー ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」という物質が含まれており、ピロリ菌の活動を抑制する効果があると実験の結果わかっています。 ココアやもずくにもピロリ菌の数が減少する効果が報告されているので、試しているのもよいでしょう。 ニュージーランドのマヌカという木から採取できる蜂蜜「マヌカハニー」ですが、強い殺菌効果があるとして高級食材を取り扱うお店で人気を獲得し始めています。 しかし、ピロリ菌の除菌効果はまだ基礎研究段階にあり、あまりハッキリとした研究結果は発表されていません。 代表的な食品の中からとくに注目したいのが「梅肉エキス」です。 梅肉エキスとは青梅を加工して煮詰めた食品ですが、クエン酸が多く含まれていることから、ピロリ菌が胃酸の中で生息できる原因となっている酵素(ウレアーゼ)の活動を抑制する効果があるとされています。 クエン酸が持つピロリ菌駆除効果 胃酸に負けないピロリ菌ですが、その原因は「ウレアーゼ」という酵素を生成しているからです。 ウレアーゼ抑制効果があるとされる梅肉エキスですが、主成分は「クエン酸」とされており含有率は30%程度です。 クエン酸に継いで多いリンゴ酸は10%程度。 梅に含まれる有機酸が胃の中に生息する細菌を駆除してくれます。 ただし、クエン酸やリンゴ酸を含んでいる梅の加工食品は梅肉エキスだけではなく、「梅酢」にも多く有機酸が含まれています。 近年の研究で梅酢が持つ健康効果に注目が集まっており、オーガニック梅酢のような厳選された材料で製造されている梅酢もあります。 副作用の心配なし!梅の力でピロリ菌と戦おう ピロリ菌は胃がんなどの主な原因となっており、世界人口の5割が感染していると言われています。 ですが、感染経路は明確にわかっておらず、感染している場合に除菌治療をしていくとよいです。 ピロリ菌の除菌は投薬治療によって可能ですが、体の中の細菌バランスが崩れ、おなかの調子が悪くなる副作用が出る場合もあります。 そこで、注目されている除菌方法が食事による対策です。 いくつかの食材において、ピロリ菌の数が減少することがわかっており、ピロリ菌駆除の効能が確認されています。 中でも梅に含まれる有機酸には、ピロリ菌が胃の中で生息できる理由となっている酵素(ウレアーゼ)の活性を抑える効果があると発表されています。 実験に使用された梅肉エキスが注目されがちですが、摂取の手軽さや、食材のこだわりを考慮すると梅酢から始めてみるのがオススメです。 有機梅で製造されたオーガニック梅酢で、キリキリと悩まされない毎日を手に入れましょう。

次の