犬 避妊手術後。 犬の避妊手術、方法や費用、時期、術後は?失敗もある?

犬の避妊手術後のケア方法 (画像あり)

犬 避妊手術後

スポンサーリンク 今日はあんこが避妊手術後に変わった事について書きます。 【カニンヘンダックス】避妊手術後に変わったこと 避妊手術後から変わったなぁと思うことがいくつかあり 悩みという程ではないものの、気になったので記事にしてみました。 ググってもそれらしい原因や解答も見当たらず・・・ なので、あんこはここが変わったよ!という事実を書いていきますね。 変わったと思うことは下の3つ• 食べ物に興味を持ち、食欲が増した• 音、人、ほかの犬に敏感になり吠えるようになった• 気が強くなった気がする(これは前からだっかもしれない…) 避妊手術の様子はこちらからご覧になれます。 食べ物に興味を持つようになった これはみなさんもよく聞くことかもしれません。 あんこは元々小食で食べさせることに苦労する子でした。 こら!あんちゃんやめなさい!! 毎日見る光景になってるような・・・笑 音、人、ほかの犬に敏感になり吠えるようになった この変化が一番大きいかもしれません。 この「術後から吠える」というキーワードで調べてもこれといった原因が書かれてないんですよね。 手術前は自分から吠えるようなことはほとんどなく、人や他の犬に会っても20~30回に1度くらいしか吠えませんでした。 よっぽど相性が悪いか、急に自分の目の前に現れたとか、そういう場面でしか吠えませんでした。 ところが、術後から明らかに吠える回数が増えて 音や人、ほかのワンちゃんに吠えるようになってしまいました… 頻度でいうと5回に1回くらいで吠えてしまいますorz 単に躾の問題なのかもしれませんが、元々吠えない子だったので躾する必要も感じていませんでした。 ちなみに吠え方は、低い声で「ウー」となってから高い鳴き声で「ワンワンッ」としたり いきなり「ワワワワンッ!!」という時もw 怯えて威嚇するようにも見えるし、威勢がいい感じに見える時もあります。 239件のビュー April 12, 2020 に投稿された• 194件のビュー September 30, 2019 に投稿された• 165件のビュー March 12, 2020 に投稿された• 155件のビュー December 14, 2019 に投稿された• 124件のビュー June 17, 2020 に投稿された• 112件のビュー April 18, 2020 に投稿された• 95件のビュー June 19, 2020 に投稿された• 88件のビュー December 28, 2019 に投稿された• 79件のビュー March 14, 2020 に投稿された• 77件のビュー March 30, 2020 に投稿された.

次の

犬が避妊手術後、震えが止まらない時でも心配し過ぎてはいけない理由は?!

犬 避妊手術後

その1:術後着でのサポートは必要? 術後は傷口の 経過を観察することが とても大事です。 ワンちゃんが傷口を舐めて 化膿しないように、 傷口が開かないようにと、 一番気を使うところですよね。 術後のケアとして、 術後着や、または代用として 男の子用のマナーベルトを 使用することがほとんどです。 中でも術後着は洋服として 体にフィットし、 傷口全体を 覆うことが出来るので、 飼い主側としては安心できますよね。 病院によっては、 サポーターのようなもので作った術後着や 市販の術後服を用意してくれるようです。 【参考:】 服を着慣れている子であれば エリザベスカラーよりは 過ごしやすそうですよ! 術後着は 使用するのが無難ですが、 異常に嫌がって ストレスになってしまう子などは 他の対策で傷口を保護するなり、 傷口を舐めないようであれば 飼い主が注意して 見張るくらいの対応でも 大丈夫だと思います。 そして、背中で結べるように 切り込みを入れるのが 簡単な手作り術後着だと思います。 だいたい 3日~1週間の安静を 求める獣医師が多そうですね。 抜糸までの2週間は散歩を控えるよう 指導する病院もあれば、 歩く程度なら翌日からOK なんて病院もあります。 ただ 激しい運動だけはしないでください というのは絶対ですよ! 散歩大好きワンちゃんにとっては この期間はストレスが 溜まってしまいますよね。 ですので、お部屋の中で遊んだり 外の空気に触れさせるなどの対応で 乗り切りましょう。 また、散歩に出るときは 傷口が直接地面や草などに触れないように、 術後着などで 保護することを忘れずに! 傷口からバイ菌が入って 化膿するなどのトラブルは 避けたいですよね。 術後のケアなどは、病院によって 違ってきますので 獣医師の指導に従ってなるべく 安静に過ごしてくださいね。 その3:術後のシャンプーは何日後からできる? 術後のシャンプーって、 傷口からバイ菌が入らないか 心配になりますよね。 平均にして、術後は 2週間~3週間 日にちを開けてシャンプーする方が ほとんどのようです! 傷口に問題がなければ、 10日ほどで軽くシャンプーすることは 可能という病院もあります。 やはり、 傷口の回復を待って 状態が良ければ・・という感じですね。 抜糸が必要な場合は、 抜糸後2~3日後からシャンプーを しても大丈夫なんだそう。 糸が通っていた穴が、塞がるのに 2~3日かかるため、 そのような期間が必要みたいです。 病院によって、術後の処置も違うので シャンプーについても指示を 仰いでもらいましょう! シャンプーをする時は、 傷口に 刺激を与えないよう あまりこすったりはしないでくださいね。 またトリミングに出すときには 状態を説明して 気を付けてもらいましょう。 【参考:】 その4:避妊手術後の抜糸のタイミングは? 抜糸のタイミングとして、 ほとんどが 術後10日~14日 の間に行うようです。 早くても1週間後に抜糸という 病院もあります。 抜糸のタイミングについても 病院によって違うので、 術後の処置については獣医師から しっかり話を聞いておきましょう! 今では抜糸の必要がない糸で 縫合する病院もありますからね。 手術も無事に終わり、傷口の経過も 順調であれば決められた日程で 抜糸をしてもらいましょう。 抜糸については、痛みもなく 5分~10分程で終わる 簡単な処置のようなので 安心してくださいね。 YouTubeで抜糸時の様子がアップされていました~! 痛む様子は全くないですね。 決められた日程で抜糸をしておかないと、 術後の膨れ上がった皮膚に糸が食い込んで、 抜糸がしにくくなることも あるみたいですよ。 なので、なるべく獣医師から 伝えられている日程で 抜糸を済ませましょう。 その5:避妊手術後の性格って変わるの? よく、雄の去勢手術をすると 性格が大人しくなるとかって聞きますよね。 これは、雄犬の持つ 性ホルモンの分泌がなくなり 縄張り意識などが低くなることから 攻撃性が緩和されたり、 マーキングが減ることで そのように言われているようです。 雌犬でも、卵巣や子宮から 分泌される性ホルモンがなくなることで 発情を迎えることはなくなるので そう言った意味では精神的にも安定し、 落ち着くのかもしれません。 つまり、 性ホルモンの受ける影響で 現れていた行動が減ることがあっても、 ワンちゃんの持つ 性格そのものは 変わるかどうかは何とも言えないのです。 例えば、甘えん坊だった子は 変わらず甘えん坊だし 動きが活発だった子は変わらず活発です。 避妊手術をしたら性格が変わった・・ と言うよりも、 ただ避妊手術による影響を 受けているのではないでしょうか。 目覚めたら病院にいて、 お腹に違和感があって、 麻酔の影響でふらふら・・ となれば、冷静ではいられなかったり、 恐いよ~という気持ちが 行動に出ているのかもしれません。 痛みもありますので、 怯えるようになったり、 攻撃的になったり、 または、より甘えん坊になったりと 変化はいろいろですね! 避妊手術によって 性格が変わるというのは、 あまり信じなくても良いと思います! 良くも悪くも 期待はしない方がいいですね。 実際に性格は変わらなかったという 意見の方が多いようですよ! 術後の対応として、飼い主さんは 普段と変わらずに接することで ワンちゃんを安心させます。 逆に飼い主さんまでおどおどしていたら、 ワンちゃんは余計不安になりますから。 術後もワンちゃんには気丈に振舞い、 いつも通りいつも通りを 心掛けてください! そして術後のケアを大切にしてください! その6:手術後に排便がない!大丈夫なの? 避妊手術を終えたワンちゃんに よくありがちなこととして、 しばらく 排便がないという状態も 見受けられるようです。 今まで毎日快調だったのに、 術後の変化に飼い主さんは とても心配になってしまいますよね。 排便がない理由として、 やはり力むことで 傷口が 痛むため、 するのを躊躇しているのでしょう。 排泄のポーズをとっても、 痛そうな声をあげることもあるようで、 可哀相という声も多いですよ。 また、手術前の 絶食が影響して 排便サイクルの変化や、 環境の変化なども 大きく関係していると考えられます。 排便がないワンちゃんは、 3日~長くて1週間も・・・ という子もいるようですね。 飼い主さんも心配だと思いますが、 ほとんどの場合 2、3日様子を見ても 大丈夫だと思われます。 お腹の張り、 水を飲まない、発熱、 また、食欲はあるのに排便がみられない といった症状の場合は獣医師に 相談してみましょう! 便秘となれば、浣腸が必要に なってくるかもしれませんね。 逆に、術後の 内服薬の影響で 軟便や下痢になるというワンちゃんも いるそうです。 そういった場合は、整腸剤などを 処方されるかもしれません。 術後は排便がないことも多々あるので、 しばらくは様子をみましょう。 あまりにも不安を感じたら、 遠慮せずに獣医師に 相談しましょうね! その7:術後の食欲の変化はどうなる?おすすめフードはある? 手術を受けた直後のワンちゃんは、 しばらく(数日)は 食欲が 低下する 傾向にあるようです。 やはり、傷口の痛みや違和感などで 食べるどころではない 言った感じでしょうか。 体調も影響していますが、 メンタル的にも弱っているようですね。 また、エリザベスカラーを着けていると 食べずらいこともあって、 外したら食べたという子もいますよ。 大抵のワンちゃんは3、4日すると 徐々に食欲も回復するかもしれません。 そして、1週間2週間と 体も回復するにつれて 食欲は元に戻りパクパク食べるまでに なるのではないでしょうか。 しっかり食べて欲しいと思うばかりに、 美味しいものだけを与えてしまうと 普通のフードを食べなくなることも ありますので注意しましょう! しかし、飼い主さんからすると、 いつもフードを喜んで食べていたのに 食欲が落ちて食べなくなってしまうと 心配になりますよね。 この時期に与えるフードは、 愛犬の食欲をそそるもので、 無添加の安全のフードの方が安心ですし、 術後の負担が少ないものを選ぶ必要があります。 術後におすすめのドッグフードは? そこで私がおすすめしたいフードは、 引用: こちらの ナチュロルというフードです。 どうしてそう思うのかについては、 以下のことが挙げられます。 犬の本来の食生活の 新鮮な肉を55%配合• 消化サポートのため グルテン・グレインフリー• 無添加で作られている安心の日本製• 安定・持続型ビタミンCを高濃度配合• 美味しいのか、たくさん食べてくれるようになって安心しています! 術後のストレスで毛並みが悪くなっていたのですが、食べ始めて1ヶ月でみるみる元通りになりました! 友人から勧められて、ナチュロルを購入しました。 術後でも変わらず、むしろ食欲旺盛? なんてワンちゃんもいますよ! そこで、注意して欲しいのですが 手術直後の食事として、まだ 麻酔の影響が 残っている場合もあります。 多くの量のフードを一気に与えると 喉に詰まらせてしまうかもしれません。 なので、 少量ずつ食べさせて下さいね。 もし、あまりに食欲がなく、 元気がない様子が続くときは 獣医師に相談した方が良いですね。 もちろん、 回復も良く元気いっぱい食欲旺盛! の方が、飼い主さん的にも 安心するかもしれませんね。 しかしそのままの勢いで 食事を与え過ぎてしまうのは 肥満に繋がるかもしれません! それでは、続いて術後の 体重増加についてお話していきます! その8:避妊手術後は肥満になる?体重増加について 避妊手術をすると肥満になる というのはよく知られていることですね。 原因は生殖器を取り除くことで、 それを機能するための カロリーを使わなくなるため、 15~30%ほど基礎代謝が下がります。 そうなると、 今まで通りの食事では 過食気味になってしまうというのが 一番の原因なんです! つまり、 避妊手術をしたから肥満になる ではなく、 食事を与え過ぎているから 肥満になる というのが正しいですね。 今まで通りの食事では あっという間に体重が増えてしまいます。 また、性欲が減退した分 食欲の方が増す傾向にあるようです。 しかし、若い(子犬の)ときに 避妊手術をしたとなれば まだ骨格の面でも成長が続いている 可能性もありますので、 必要な体重増加だと 考えても良いケースもありますよ。 犬種で考えて 1歳時の標準体重を キープ出来ると良いですね! そして、 若いときよりも歳がいってからの 手術の方が肥満傾向にあるようです。 でも、術後の 食事管理さえしっかり行えば 肥満は 予防出来ることですよ^^ 術後、肥満予防のために必要なことと、 効果的なことを紹介します!• 食事内容の見直し ( ドッグフードを避妊手術をした犬 専用かライトのものにり替える) 食事量の見直し)• しっかり 運動をさせる• 食いしん坊の子は、満腹感を 持続させるために1日の給餌量を 数回に分けて与える• 食事にキャベツなどの 食物繊維を加え かさましする• おやつは与えすぎない 術後はこのようなことを意識して、 肥満を予防しましょう! ワンちゃんにとっての1㎏増加は 人間で例えると 12㎏増加と考えるんだとか・・・。 なので500g増えただけでも、 肥満に対して危機を感じますよね。 病気の予防として行った手術が、 肥満を招いてしまっては、 肥満によって起こる 様々な 病気のリスクを 新に生んでしまいますよ! そうならない為にも、 避妊手術をしたら、より 食事の管理を 徹底していきましょうね! まとめ 術後の対応について、 まとめてきましたが 参考になりましたか? これから避妊手術を検討している方には、 是非術後着を用意して欲しいと思います。 飼い主が一番安心出来て、 ワンちゃんにもストレスがないのでは? 術後のケアや、 シャンプー、散歩のOKサインは 病院によって変わってきますので 獣医師によく聞いておきましょう! また、痛み止めや抗生剤などの お薬を処方されることもあるかと思います。 獣医師に言われた通りの ケアを しっかり行ってあげましょうね。 そうすることで、傷口に何のトラブルもなく キレイさっぱり治るのではないでしょうか。 傷口には刺激を与えないよう 安静にして、抜糸までの期間を 過ごしてください また、避妊手術によって影響を 受けやすい、 食欲や 排便の変化にも 目を向けましょう。 多くは 数日で回復し始めることが ほとんどのようですね。 しかし、不安なときは すぐに獣医師に相談しましょう! 術後は食事の管理を、より徹底し ワンちゃんの健康を維持しましょう。 肥満は様々な病気の原因に なってしまいますよ! 術後の回復も良好であれば、 早いうちにまた元気な姿を 見せてくれることでしょう。 そして、また今まで通りの 生活に戻れると良いですね。

次の

犬が避妊手術後、震えが止まらない時でも心配し過ぎてはいけない理由は?!

犬 避妊手術後

com オスは去勢をしたほうが飼いやすいと、目や耳にしたことがあるのではないでしょうか? 理由はまず、性格面の変化が挙げられます。 オスは、男性ホルモンとも呼ばれるテストステロンの影響でマーキングを頻繁にしたり、攻撃性が出るケースもあります。 去勢後は男性ホルモンの分泌が抑えられるため、マーキングをはじめ、とくに未去勢のオス同士で起こるケンカを軽減することができるのです。 実際に、マーキングを直したいとドッグトレーナーや行動治療を行う獣医師に相談すると、まずは去勢をすすめられるでしょう。 ただし、マーキング行動が癖になってしまっている場合、去勢をしても行動改善が見られない場合もあります。 攻撃性に関しては、血統や生活環境や飼い主さんの接し方などによって行動の出かたは異なってきますが、去勢後は性格が多少なりとも穏やかになる例も少なくありません。 com 去勢をすると、男性ホルモンの分泌が抑制されるので性衝動が起こりにくくなる効果があります。 オスは発情中のメスのホルモンのにおいを嗅ぐと、興奮してしまいます。 発情中のメスを求めて、庭や玄関、散歩中に脱走して迷子になるオスもめずらしくありません。 去勢をすれば、メスが原因で迷子になりにくくなるでしょう。 ドッグランなどで、発情期だとは気づかず訪れているメスと交配してしまったり、そうしたメスをめぐって未去勢のオス同士が争ってケガをしたりさせたりする心配もありません。 さらに、満たされない性的欲求から解放されてストレスが軽減できます。 万病のもとであるストレスを減らしてあげられるのも、メリットのひとつです。 去勢によって生殖器に関係する病気を予防できるのも、大きなメリットと言えます。 特にシニア期に入ると前立腺疾患が起こりやすくなりますが、去勢手術によって精巣を取り除くと前立腺が委縮するので、前立腺肥大症や命にも関わる前立腺腫瘍にかかりません。 そのほか、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫といった病気を防ぐこともできます。 com 去勢をすると、性ホルモンの分泌バランスが崩れるために太りやすくなるというデメリットがあります。 去勢後は、適切な食事管理と、筋肉がつけられるような運動を積極的に行うようにしましょう。 個体差がありますが、ホルモンバランスの乱れによって毛づやが悪くなる犬もいます。 毛質や毛色が変化するケースも、まれにあります。 もともと臆病な性格の犬が、去勢後に自信を無くしたり、さらにシャイになってしまった例を目の当たりにしたドッグトレーナーもめずらしくありません。 犬のプロの経験値から語られるケースですが、アグレッシブさに関連する男性ホルモンの分泌が減ることが影響しているのかもしれません。 愛犬が臆病で心配ならば、社会化やドッグトレーニングなどをとおして愛犬が自信をつけてから、去勢をするとよいでしょう。 これらの理由が、去勢のデメリットでもあり、去勢をして飼い主さんが後悔していることのようです。 去勢や避妊手術が犬の寿命にどう影響するかという研究が、多くなされています。 結論から言えば、去勢によって長生きするとする説と、逆に寿命が短くなるとする説と、ほとんど有意差が見られないとする説があり、去勢と寿命の関係性は明言はできない段階だと考えられます。 com 犬の性成熟期は、だいたい生後7ヵ月頃。 オスはメスと違って発情出血がないので、メスよりもオスの飼い主さんのほうが手術を急ごうとする傾向は少ないようです。 とはいえ、生涯にわたってしゃがんでおしっこをしてもらいたいならば、片脚を上げて排尿するスタイルが定着する前に行うのがベスト。 同居犬や散歩で出会う犬のマネをするなどして、去勢しても脚を上げるようになる可能性は残りますが、去勢を性成熟前に行うひとつの利点と考えられます。 物理的には、生後2~3ヵ月から去勢手術は可能です。 欧米では保護犬を譲渡する前に、子犬でもほとんどが去勢を済ませます。 ただ、幼齢すぎるうちに去勢をすると、肥満傾向が高まる可能性があるといった研究結果もあり、一般の家庭犬であればそれほど急ぐ必要はないでしょう。 かかりつけの獣医師と相談しながら、愛犬にベストな去勢の時期を飼い主さんが決めてください。 たとえば永久歯が生えたところに残ってしまった乳歯を抜くとか、などの短頭種では鼻腔狭窄や軟口蓋過長症の処置を去勢手術時に行うといったことも可能です。 com オスの去勢手術は、睾丸を摘出する方法が一般的です。 動物病院によって異なりますが、日帰り入院から数泊の入院までで、メスの避妊手術よりもオスの去勢手術のほうが手術は短時間で済みます。 去勢手術は全身麻酔で行うため、短頭種や老犬などには麻酔によるリスクが多少高くなります。 けれども、適切な術前検査を行い、麻酔の投与量をコントロールすれば問題ないため、必要以上に麻酔を恐れる必要はありません。 麻酔が心配であれば、獣医師によく相談して不安を解消しましょう。 去勢手術の費用は、動物病院によって異なります。 術前検査と手術と1泊入院で3万円程度が目安になるかもしれません。 自治体によっては去勢手術の助成金を出している場合もあるので、必要であれば、術前に動物病院や自治体に問い合わせてみてくださいね。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬 シーズー、ヨークシャテリア ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0. 5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪 みお が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。 30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。 Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。 人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

次の