足利銀行。 足利銀行頭取に清水専務 めぶきFGも新体制に :日本経済新聞

2020年7月17日号 足利銀行(6月24日付) の人事異動情報|現場直視の紙面づくりを目指す金融総合情報機関 ニッキン Web site 日本金融通信社

足利銀行

株式会社足利銀行は、栃木県宇都宮市に本店を置く地方銀行。 2005年3月31日の時点で、資本金が約1,474億円、従業員数は約2,400人。 2002年まで北朝鮮への送金業務を取り扱っていたことでも知られている。 めぶきファイナンシャルグループ• あしぎんカードローン:モシカ 株式会社足利銀行(あしかがぎんこう、英称:The Ashikaga Bank, Ltd. )は、めぶきフィナンシャルグループ傘下の栃木県宇都宮市に本店を置く地方銀行。 「あしぎん」の愛称で親しまれている。 2016年10月1日に親会社である足利ホールディングス(現:めぶきフィナンシャルグループ)が常陽銀行と株式交換を実施し、銀行持株会社傘下で同行と経営統合した。 現在のスローガンは「ありがとうを チカラに変えて」。 固定電話から:平日(9:00~17:00)• 携帯・海外:平日(9:00~17:00).

次の

足利銀行(0129)の金融機関コードと支店一覧|銀行コード検索のギンコード.com

足利銀行

現在、全国的にインターネットバンキングが不正利用される事象が多発しております。 法人インターネットバンキングが標的となっております。 電子証明書をご利用いただいていても、パソコンのウイルス感染により被害にあう事例が発生しておりますので、十分にご注意ください。 つきましては、お客さまにおかれましても以下の対応をお願いいたします。 ウイルス対策ソフトは常に最新の状態にし、定期的にウイルスチェックを実施してください。 弊行ではセキュリティ対策ソフトを無償で提供しております。 ぜひご利用ください。 OS、ブラウザ、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Java Runtime Environment(JRE)のセキュリティ更新は必ず行なってください。 Windows XPのご利用はお勧めできません。 離席時やご利用が終了した後は、第三者に操作されることがないよう、必ずログアウトしてください。 長時間使用しない時は、必ずパソコンの電源をお切りください。 定期的にログインパスワードおよび確認用パスワードの変更を行なってください。 振込のデータ作成者と承認者の権限を分け、別々のパソコンで利用してください。 振込限度額は、必要最低限に設定してください。 振込依頼を受け付けた際、電子メールでご案内しております。 万一の不正利用早期発見のため、電子メールはこまめに確認してください。 不審なサイトの閲覧や不審なメールを開かないようにしてください。 電子証明書が突然利用不可になったら、ご連絡をお願いします。 見慣れない画面、入力フォームがあったら、作業を中止しご連絡をお願いします。 インターネットバンキングを操作するパソコンを制限してください。 銀行指定の正規の手順(失効・再取得)以外で、ハードディスクをコピーして電子証明書を利用するようなことはしないでください。 一部金融機関において、インターネットバンキングのログインID、パスワード等の重要情報を盗まれたことにより、不正利用される事象が発生しております。 当行から電話や電子メール等でお客さまのログインID・パスワード等の入力をご案内したり、お問い合わせをすることは絶対にありません。 また、不審な電子メールは開かないようご注意ください。

次の

足利銀行 SaAT Netizen(サート・ネチズン)

足利銀行

現在、全国的にインターネットバンキングが不正利用される事象が多発しております。 法人インターネットバンキングが標的となっております。 電子証明書をご利用いただいていても、パソコンのウイルス感染により被害にあう事例が発生しておりますので、十分にご注意ください。 つきましては、お客さまにおかれましても以下の対応をお願いいたします。 ウイルス対策ソフトは常に最新の状態にし、定期的にウイルスチェックを実施してください。 弊行ではセキュリティ対策ソフトを無償で提供しております。 ぜひご利用ください。 OS、ブラウザ、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Java Runtime Environment(JRE)のセキュリティ更新は必ず行なってください。 Windows XPのご利用はお勧めできません。 離席時やご利用が終了した後は、第三者に操作されることがないよう、必ずログアウトしてください。 長時間使用しない時は、必ずパソコンの電源をお切りください。 定期的にログインパスワードおよび確認用パスワードの変更を行なってください。 振込のデータ作成者と承認者の権限を分け、別々のパソコンで利用してください。 振込限度額は、必要最低限に設定してください。 振込依頼を受け付けた際、電子メールでご案内しております。 万一の不正利用早期発見のため、電子メールはこまめに確認してください。 不審なサイトの閲覧や不審なメールを開かないようにしてください。 電子証明書が突然利用不可になったら、ご連絡をお願いします。 見慣れない画面、入力フォームがあったら、作業を中止しご連絡をお願いします。 インターネットバンキングを操作するパソコンを制限してください。 銀行指定の正規の手順(失効・再取得)以外で、ハードディスクをコピーして電子証明書を利用するようなことはしないでください。 一部金融機関において、インターネットバンキングのログインID、パスワード等の重要情報を盗まれたことにより、不正利用される事象が発生しております。 当行から電話や電子メール等でお客さまのログインID・パスワード等の入力をご案内したり、お問い合わせをすることは絶対にありません。 また、不審な電子メールは開かないようご注意ください。

次の