ドコモ携帯着信拒否設定。 【P

docomoで番号非通知設定を着信拒否するのは簡単にできた | WEB系フリーランスの仕事と生活の日記

ドコモ携帯着信拒否設定

・電話をかけてきた相手にはオートで音声案内が流れ、スマホの着信履歴にも残りません ・スマホの電源を切っているときや、圏外にいるときでも着信をシャットアウトできる ・携帯や一般電話など、最大30件までのナンバーを登録可能 ・相手が非通知でかけてきた場合でも、電話がつながることはない 対象のナンバーから着信があった際、相手には音声案内が流れ、オートで電話が終了する仕組みになっています。 拒否した側に着信の通知が届くことはありません。 この着信拒否は、 電源を切っているときや圏外にいるときでも有効になっているため、安心です。 着信拒否できるナンバーは30件まで。 それ以上登録する場合は、すでに登録済みの任意のナンバーを削除する必要があります。 また、登録相手が非通知でかけてきたときでも、つながることはありません。 スマホの着信拒否であれば、手続きは一切不要で、すべてオフラインで設定できるので便利です。 ・My docomoから設定する方法 ・通話アプリから設定する方法 ・「144」への電話から設定する方法 また、指定番号だけでなく、非通知を拒否したい場合は「番号通知お願いサービス」が使えますので合わせて手順を解説していきます。 My docomoから設定する方法 まずは、ドコモの会員サイトMy docomoから設定する方法をご紹介します。 手順は以下のとおりです。 My docomoにログインし、「設定(メール等)」を開く My docomoから「設定(メール等)」を開く 2. あんしん・安全の項目から「迷惑電話ストップサービス」の「設定を確認・変更する」を開き、「番号を指定して登録」を選択 「設定を確認・変更する」をタップし、「番号を指定して登録」を選択 「番号を指定して登録」ではなく「最後に着信して通話した番号の登録」を選択すると、直前に通話した相手をすぐに着信拒否することもできます。 着信拒否するナンバーを打ち込み「確認する」をタップすると、確認画面がでるので問題なければ「設定を確定する」で完了 着信拒否するナンバーを打ち込み設定する My docomoは、インターネット上からドコモのさまざまな手続きをおこなえる便利なサイト。 スマートフォン用のアプリもありますので、ドコモユーザーならばダウンロードしておきましょう。 通話アプリから設定する方法 Androidであれば、スマートフォンの通話アプリから迷惑電話ストップを利用できます。 手順は機種により若干異なりますが、基本的には以下のとおりです。 「通話」アプリを立ち上げ、メニューキーやボタンから「通話設定」>「ネットワークサービス」を開く 「通話」アプリ>「通話設定」>「ネットワークサービス」へ進む 2. 「迷惑電話ストップサービス」から「番号指定拒否登録」をタップし、着信拒否するナンバーを打ち込んで登録する 「迷惑電話ストップサービス」>「番号指定拒否登録」をタップし、 着信拒否するナンバーを打ち込んで登録完了 スマートフォンの通話アプリなら、My docomoのようにログインする手間がかからないため、素早く手軽に着信拒否が可能。 Androidユーザーならば、この方法がもっともオススメです。 「144」への電話から設定する方法 iPhone・Androidともに、スマートフォンから「144」というナンバーにかけると、 各キャリアの着信拒否サービスが利用できます。 144での設定は、画面上での手続きが苦手な人や、パケット通信量が気になる人にオススメ。 手順は以下のとおりです。 電話アプリを開き、キーパッドで「144」を押し、発信する 2. ガイダンスに従い、キーパッドでネットワーク暗証番号を打ち込む 3. 「メインメニューです。 拒否する電話番号を…」という案内が流れたら、「1」を押す 4. 「現在登録されている電話番号は…」という案内が流れるので、「2」を押す (直前の通話相手を登録する場合は、「1」を押す) 5. ガイダンスに従い、着信拒否するナンバーをキーパッドで打ち込む 6. 完了の案内が流れたら、終了する 144は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアが提供する各着信拒否サービスを利用するための、共通のナンバーです。 他キャリアでは144の利用は有料ですが、 ドコモのみ無料で利用できます。 非通知を拒否したい場合は「番号通知お願いサービス」 非通知からの着信をシャットアウトする場合は、 「番号通知お願いサービス」が便利です。 このサービスでは、ナンバーを指定することなく 非通知着信全般を拒否できます。 迷惑電話ストップサービスと同様に、 月額使用料・申し込みは不要で、圏外時や電源オフ時にも着信をシャットアウトしてくれます。 設定はMy docomoや、Androidであれば通話アプリから可能です。 指定したナンバーと非通知の両方を着信拒否する場合は、迷惑電話ストップと組み合わせて利用してください。 スマホの着信拒否機能を設定する 続いてスマホの着信拒否機能を使う場合の設定をみていきましょう。 iPhoneとAndroidだと手順が異なりますので、それぞれ分けて解説していきます。 iPhoneの場合 iPhoneで着信拒否する方法には、着信履歴から拒否するパターンと連絡先を指定するパターンの2とおりがあります。 まずは、着信履歴から拒否する手順を解説します。 「電話」アプリの「履歴」から着信拒否する連絡先の横の「i」をタップし、ページ下部にある「この発信者を着信拒否」を選択する 「電話」アプリの「履歴」から着信拒否する連絡先を選択する 2. 確認メッセージが表示されるので、「連絡先を着信拒否」で設定する 「連絡先を着信拒否」で設定完了 着信拒否したい連絡先を指定する 続いて、 着信拒否したい連絡先を指定する手順をご紹介します。 「設定」アプリの「電話」から「着信拒否した連絡先」をタップ 「設定」>「電話」>「着信拒否した連絡先」 2. ページ下部の「新規追加…」を選択すると、連絡先が開くので着信拒否する相手を選ぶ 新規追加で指定する連絡先を設定 以上の手順で、指定した相手からの電話やメッセージ、メール、Face Timeは受信しなくなります。 「不明な発信者を消音」で非通知拒否設定をする iPhoneで非通知からの着信を受けたくないのであれば、iOS13以降で搭載された 「不明な発信者を消音」がおすすめです。 この機能をオンにすると、一度もやり取りをしたことのないナンバーや、連絡先に登録していない相手からの着信は消音(無音)になり、バイブも着信音も鳴りません。 「不明な発信者を消音」をオンにする手順は、以下のとおりです。 「設定」アプリから「電話」を開き、「不明な発信者を消音」をオンにする 「設定」>「電話」>「不明な発信者を消音」をオン ただし、この設定をオンにすると、荷物配達や予約したホテルからの連絡など、必要な電話も消音になってしまいます。 やり取りをしたことのないナンバーから電話がかかってくる可能性があるときは、一時的にこの機能をオフにするか、あらかじめ相手を連絡先に登録しておいてください。 Androidの場合 Androidの場合は、以下の手順で設定できます。 「通話」アプリのメニューキーやボタンから「通話設定」>「着信拒否設定」を開く 「通話」>「通話設定」>「着信拒否設定」へ進む 2. 「番号を追加」から着信拒否するナンバーを打ち込む 着信拒否するナンバーや条件を設定 もしくは「電話帳登録外」「非通知」「公衆電話」「通知不可能」の中からシャットアウトする項目をオンにしましょう。 Androidからであれば、番号指定拒否や非通知拒否などすべてが1カ所でできます。 ドコモの迷惑電話ストップとスマートフォンの着信拒否に大きな違いはありませんので、自分が使いやすい形で設定してください。 着信拒否をした場合の着信履歴と相手側でのアナウンス 着信拒否をした場合のアナウンスは? 着信拒否した場合の履歴の残り方は、設定方法ごとに異なります。 続いては、着信拒否をしたスマートフォンでの着信履歴や、相手側での聞こえ方について解説します。 迷惑電話ストップサービスの場合 迷惑電話ストップサービスで拒否しているナンバーから着信があった際、履歴は残らず、着信があったことを知らせる通知も届きません。 そのため、迷惑電話がかかってきたという事実を知らずに済みます。 電話をかけてきた相手側には、 「おかけになった電話番号への通話はおつなぎできません」という案内が2回流れた後、自動的に通話が切れる仕様になっています。 番号通知お願いサービスの場合は、相手側に 「最初に186をつけて発信するなど、電話番号を通知しておかけ直しください」という音声が流れた後、自動的に通話が切れます。 こちらも同様に、着信履歴は残りません。 スマホの着信拒否機能の場合 続いてスマートフォン本体の着信拒否の場合です。 iPhoneとAndroidで着信履歴や相手側でのアナウンスが異なりますので、それぞれ解説していきます。 iPhoneの場合 iPhoneで着信拒否した場合も履歴は残りません。 しかし、着信があったことがSMSで通知されます。 通知してほしくないのであれば、迷惑電話ストップサービスの利用がおすすめです。 相手側では、 「ツーツー」という話し中のときのような音が流れた後、画面に「接続できません」と表示され、自動的に通話が切れます。 この音声から、拒否していることが相手に知られる可能性は低いでしょう。 また「不明な発信者を消音」で音やバイブが鳴らなかったときでも、着信履歴は残ります。 非通知からの着信を完全にシャットアウトしたいのであれば、番号通知お願いサービスの利用がおすすめです。 Androidの場合 Androidの着信拒否の場合、着信履歴は残らず、SMSでの通知も届きません。 相手側では、音声などは流れず、ワンコールで自動的に切断されます。 相手側に案内が流れてほしくないのであれば、Androidの着信拒否を使うと便利ですよ。 着信拒否を解除する方法 着信拒否を解除する方法 どのような方法で着信拒否をおこなっても、登録を解除できます。 続いては、誤って着信拒否登録してしまったときや、着信拒否が不要になったときにキャンセルする方法をご紹介します。 迷惑電話ストップサービスの場合 迷惑電話ストップサービスで登録したナンバーを取り消す手段には、設定したときと同様に3とおりがあります。 My docomoから解除する方法 My docomoから着信拒否をキャンセルする手順は、以下のとおりです。 My docomoにログインし、「設定(メール等)」を開く My docomoから「設定(メール等)」をタップ 2. あんしん・安全の項目から「迷惑電話ストップサービス」の「設定を確認・変更する」を開き、「リストから選択して削除」を選択 「設定を確認・変更する」>「リストから選択して削除」を選択 ナンバーを指定する場合は「番号を指定して削除」、全ナンバーを取り消す場合は「全ての番号を削除」を選択してください。 該当するナンバー横のチェックボックスにチェックを入れ、「確認する」を押すと、最終確認がでるので「設定を確定する」を押す 登録中の件数が1件だった場合は、「全ての電話番号を削除する」と表示されます。 以上の手順でキャンセルが完了します。 通話アプリから解除する方法 Androidの通話アプリから着信拒否をキャンセルする手順は、以下のとおりです。 「通話」アプリのメニューキーやボタンから「通話設定」>「ネットワークサービス」を開く 「通話」>「通話設定」>「ネットワークサービス」へ進む 2. 「迷惑電話ストップサービス」から「登録番号全件削除」もしくは「最終登録番号削除」を選択し削除する 「迷惑電話ストップサービス」>「登録番号全件削除」もしくは「最終登録番号削除」を選択で削除 登録済みの全ナンバーを取り消す場合は「登録番号全件削除」、最新の登録ナンバーを取り消す場合は「最終登録番号削除」を選択しましょう。 以上で手続きは完了です。 全件・最終登録ナンバー以外を取り消す場合は、My docomoか次項で紹介する144から手続きをおこなってください。 「144」への電話から解除する方法 144にかけて着信拒否をキャンセルする方法は、以下のとおりです。 電話アプリを開き、キーパッドで「144」を押し、発信する 2. ガイダンスに従い、キーパッドでネットワーク暗証番号を入力 3. 「メインメニューです。 拒否する電話番号を…」という案内が流れるので、「2」を押す 4. 「現在登録されている電話番号は…」という案内が流れるので、「2」を押す (ナンバーを指定するときは「3」、登録済みの全ナンバーを取り消す場合は「9」を押す) 5. 登録中のナンバーが順に読み上げられるので、解除するときは「1」、次のナンバーを確認するときは「2」を押す 6. 「1」を押してナンバーを解除したら、終了する (取り消すナンバーが複数ある場合は、再び「1」を押して5の手順を繰り返し、完了したら終了) スマホ機能の着信拒否の場合 続いて、スマートフォンで着信拒否した場合の取消手順を紹介します。 iPhone・Androidともに簡単な操作で完了します。 iPhoneの着信拒否を解除する方法 iPhoneで登録したナンバーをキャンセルする手順は、以下のとおりです。 「設定」アプリから「電話」を選択し、「着信拒否した連絡先」を開く 「設定」>「電話」>「着信拒否した連絡先」をタップ 2. 右上にある「編集」を押し、取り消す連絡先横の赤い「-」を押す 「編集」>取り消す連絡先の「-」を押す 3. 赤地に白字で「着信拒否設定を解除」の項目が表示されるので、押す 「着信拒否設定を解除」をタップすると完了 Androidの着信拒否を解除する方法 Androidで登録したナンバーをキャンセルする手順は、以下のとおりです。 「通話」アプリのメニューキーやボタンから「通話設定」>「着信拒否設定」を開く 「通話」>「通話設定」>「着信拒否設定」へ進む 2. まとめ 今回の記事では、ドコモのスマホで着信拒否を設定・解除する方法、着信拒否した場合の履歴や相手側での聞こえ方について解説してきました。 ドコモの迷惑電話ストップサービスは、30件までのナンバーを着信拒否でき、履歴も残らない便利な機能です。 無料で手続き不要な点も、嬉しいポイントですね。 iPhoneやAndroidの着信拒否は、端末上で手軽に設定できる点が魅力。 ログインも不要なため、オフライン状態でも設定可能です。 詐欺電話やSMSのクリック詐欺など、スマホを狙った犯罪は後を絶ちません。 着信拒否やSMS受信拒否を十分に活用し、トラブルから身を守るよう心がけてください。 今ならギガホ・ギガライト契約で Amazonプライム1年分ついてくる! ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

着信拒否されたら相手へのアナウンス(メッセージ)はどうなる?ドコモ・au・ソフトバンクの違いまとめ

ドコモ携帯着信拒否設定

ドコモメールとはiPhoneでメールアプリを新しくインストールしなくても、iPhoneで標準搭載されているメールソフトでドコモメール( docomo. jp)をご利用することができます。 つまり簡単に言えば 『 docomo. jp』のアカウントです。 ドコモメールでEメール( docomo. jp)が簡単、快適、安心にドコモメールなら迷惑メール対策も難しい設定なしでご利用になれます。 機種変更時のデータ移行や、携帯紛失時のデータ復旧も簡単です。 パソコンやタブレットからも使うことができます。 つまりドコモのサーバーでメールを管理するため、お手持ちのiPhoneやタブレットのWebブラウザからドコモメールをご利用になれます。 ドコモメールのご利用にあたっては、dアカウントの取得が必要になります。

次の

iPhoneで着信拒否するとアナウンスはどうなる?設定方法と解除方法

ドコモ携帯着信拒否設定

Androidスマホでは2パターン存在する「迷惑電話」対策 ドコモの迷惑電話対策には、大きく分けて二つの方法があります。 一つは、留守番電話やキャッチホンと同じ「ネットワークサービス」に分類される、「 迷惑電話ストップサービス」。 もう一つが、通話設定の中にある「 着信拒否設定」です。 どちらも役割としては、「 特定の相手からの電話を拒否する」というものとなりますが、設定方法や、かけた側の相手への拒否の伝わり方が異なるため、自分の状況に照らしてどちらがより今使うのにふさわしいかを判断して使い分けたいところです。 それぞれ解説していきます。 ドコモの迷惑電話ストップサービス ドコモの迷惑電話ストップサービスは、フィーチャーフォン時代からずっと提供され続けているサービスです。 スマホにおける設定では、「通話設定」の中の「ネットワークサービス」と入っていくのですが、最近は「設定」メニューの中に「通話設定」を見つけることはほとんどの機種でできず、通話アプリのメニューから設定、と入っていく形になっています。 通話設定の中に、「ネットワークサービス」という項目を見つけることができるので、これを選択します。 ちなみに、もう一つの迷惑電話対策として後述する「着信拒否設定」もこの画面内で見つけることができます。 ネットワークサービスの中に、「迷惑電話ストップサービス」を見つけることができるので、これを選択します。 さらに、迷惑電話ストップサービスの中の、「着信番号拒否登録」または「番号指定拒否登録」を選びます。 着信番号拒否登録では、最後に着信応答した相手の電話番号を着信拒否登録し、番号指定拒否登録では、 直接電話番号を入力するか、連絡先から検索、または通話履歴から検索して対象の番号を設定することができます。 拒否登録件数は最大30件までで、それ以上追加する場合には、一番古い番号を削除して登録するか、任意の番号をWEBサイトにログイン後、選択して削除してから新しい番号の登録を行います。 ちなみに、この「迷惑電話ストップサービス」を利用した場合の相手への伝わり方としては、「 おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」というアナウンスを2回繰り返したのち、自動的に切れます。 着信した側の携帯電話には、 着信履歴は残りませんので、「迷惑電話がかかってきた」、という事実に気づくこともありません。 ドコモの着信拒否設定 通話設定の中のネットワーク設定とは別枠に、「着信拒否設定」という項目を見つけることができます。 着信拒否設定の中には、「電話帳登録外」「非通知」「公衆電話」「通知不可能」という項目が並んでいます。 それぞれの項目をONにすると、該当の番号からの電話着信を拒否する、という設定になります。 つまり、電話帳に登録している人以外からの電話を拒否したい場合は「電話帳登録外」をONにし、公衆電話からの電話を拒否したい場合には「公衆電話」の項目をONにする、という具合です。 絶対に登録外や非通知、公衆電話などから電話がかかることはない、という場合には、すべてONにしておいてもいいと思います。 ただその場合、相手が携帯を紛失したり故障したりしてしまった場合に、緊急で他の番号や公衆電話からかけようと思ってもかかりませんので、その点は注意が必要です。 かけた相手への動作としては、電話をかけたらワンコール後すぐに切断され、「接続できません」、という表示が出ます。 かけられた側への着信履歴の表示はありませんので、こちらも迷惑電話ストップサービス同様、迷惑電話がかかってきたこと自体気づきません。 ただ、上記の4項目の拒否だけだと着信拒否としては少し弱いため、ちゃんと 番号指定での着信拒否もできるようになっています。 電話番号は万一のために電話帳に残しておきたいが、着信拒否はしたい、という場合などに利用しましょう。 迷惑電話ストップサービスと着信拒否設定、どちらがいい、ということは特にありませんので、用途に合わせて使い分けましょう。 以上が、Androidスマートフォンの場合の迷惑電話拒否の設定です。 iPhoneの場合は内容がまた全く異なるので、続けてご案内していきます。 iPhoneの場合の迷惑電話拒否 iPhoneの迷惑電話拒否も、2通りのパターンがありますが、拒否設定をする場所が違うだけで、内容は全く同じです。 一つは、設定の「電話」から実施します。 「着信拒否設定と着信ID」という項目がみつかりますので、これを選びます。 「連絡先を拒否設定」から、拒否設定したい電話番号を選びます。 登録が完了すると、上記画面内に拒否している番号が表示されます。 それで完了です。 もう一つの方法としては、電話帳から該当番号を選び、その中から「この発信者を着信拒否」を選ぶと同じように拒否設定が完了します。 相手側には、常に「電話中」として表示されます。 着信履歴は、残りません。 慣れてしまえば簡単で、すぐに着信拒否をすることができます。 ドコモのスマホ・ケータイでSMS拒否もできる 迷惑だな、と感じる電話に関しては、以上のような設定を活用することで、完全にシャットアウトすることができます。 が、もし相手が知人の場合、電話でダメなら他の手段で、ということで、メールやLINEなどの手段に出てくる可能性もあります。 メールは受信拒否、 LINEはブロックが可能ですが、もう一つ、 SMSという手段があります。 これについても、 ドコモのメール設定サイトにて、「 SMS拒否設定」という項目があり、全拒否、条件指定拒否、電話番号指定拒否のいずれかが可能です。 こちらも有効に活用しましょう。 ただ、もし単なる迷惑行為ではなく、付きまといのような感じになっているのであれば、早めの警察などへの相談なども考えた方がいいのかもしれません。 以上、意外に知っているようで知らない、迷惑電話拒否についてでした。 迷惑電話拒否設定をしなければならないようなケースはないに越したことはないですが、万が一の際には活用されてください。

次の