性病原因。 男性の性病の感染原因で最も多いのは?【データあり】

性病になる原因ってどんなものがある?

性病原因

が原因で残尿感や血尿が出ることはある? 基本的には、性病(性感染症)によって残尿感や血尿が出ることはそこまで多くありません。 性病からくる泌尿器の症状はどちらかというと、尿道のかゆみや尿道からの膿、排尿痛などの場合が多いです。 具体的には、淋病やクラミジア、カンジダ、トリコモナスなどの性病の可能性があります。 淋病 淋菌の感染による性病の一種です。 性行為を通じて性器や咽頭に感染することがあり、女性の場合や咽頭感染の場合は症状が出ないことが多いですが、 男性の場合は激しい排尿痛や尿道からの白っぽい膿、かゆみ、副睾丸の腫れといった症状が出るのが特徴です。 クラミジア クラミジア・トラコマティスという病原菌の感染によって起こります。 感染しても男女とも半数以上は無症状ですが、 男性の場合は排尿時の軽い痛みや尿道のかゆみ、尿道からの透明〜乳白色の膿が、女性の場合はおりものの増加や性交痛、下腹部痛などがみられることがあります。 カンジダ カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因で起こる性器感染症です。 カンジダ菌は健康な人の腟や腸内にも保有されていることのある常在菌の一種で、特に女性は性行為をしなくとも、体調を崩したときに発症することがあります。 男性に症状が出ることは少ないですが、 女性の場合はカッテージチーズ状の白いカスのようなおりものや性器のかゆみ、性交痛や排尿障害が引き起こされることがあります。 トリコモナス トリコモナス原虫という微生物の感染によって起こる性病の一種です。 男性は無症状のことが多いですが、感染すると 尿道からの膿や軽い排尿痛に見舞われることがあります。 また女性は、悪臭の強いおりものや性器の強いかゆみが特徴です。 性病が原因の血尿には、どんな特徴がある? 性病を引き起こす病原体の中には、尿道を介して尿路内に感染し血尿を引き起こすものもあります。 性病によって生じる血尿は、排尿時に痛みがあるのが特徴であり、尿の中に膿が混じっていたり、排尿時以外にも膣や陰茎から不快な匂いのする分泌物が出るなどの症状が見られることもあります。 血尿以外にも生殖器に関連した症状がある場合には、性病が原因の血尿の可能性が高いので泌尿器科や婦人科を受診することをおすすめします。 男性で血尿と残尿感がある場合、どんな病気の可能性がある? 慢性前立腺炎 20〜40代の若い男性に多く見られる病気で、残尿感や頻尿などの排尿障害、排尿痛や射精時の痛み、尿道や会陰部の不快感などが主な症状です。 飲酒や過労、長時間の座りっぱなしなど、さまざまな原因で起こることがあります。 前立腺肥大症 50代以降の男性に多く見られる病気で、残尿感や尿の勢いが弱いといった排尿障害、頻尿などの症状がみられます。 原因はよくわかっていませんが、中高年になり男性ホルモンのバランスが崩れたことで前立腺が肥大するものと考えられています。 女性で血尿と残尿感がある場合は? 膀胱炎 尿を溜める臓器・膀胱の粘膜に炎症が起こる病気で、 残尿感や頻尿、排尿痛、尿のにごり、血尿などが主な症状です。 特に女性の発症率が高く、疲労やストレスによる免疫力の低下がきっかけの細菌感染、排尿の我慢などが原因で起こると考えられています。 女性の残尿感の原因は膀胱炎のことが多いですが、他にも骨盤底筋群の衰えからくるものや過活動膀胱、心因性頻尿、子宮脱などが原因で起こることもあります。 血尿を引き起こす病気には、どんなものがある? 膀胱炎 (「残尿感の原因:女性の場合」の項をご参照ください) 結石 腎臓や膀胱、尿管などの尿路にできた結石が原因で、尿の通り道が傷つき、血尿が起こることがあります。 多くの場合は顕微鏡でないと確認できないレベルの血尿ですが、 特に尿管結石の場合は、肉眼で確認できるレベルの血尿や、脇腹や下腹部、腰にかけての激しい痛み、吐き気などに見舞われます。 腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん 腎臓や膀胱がんになると、初期症状として血尿が現れることがあります。 これらのがんは進行すると排尿痛や頻尿、膀胱の痛みなどを引き起こすようになり、徐々に倦怠感などの全身症状に移行していきます。 一方、前立腺がんの場合はある程度症状が進行すると血尿が現れるようになります。 おわりに:性病の症状は、排尿痛や尿道からの膿などが一般的 基本的に性病の泌尿器症状としては、排尿痛や尿道からの膿、かゆみなどが特徴のことが一般的です。 残尿感や血尿などの症状は、膀胱炎や前立腺炎、尿管結石など別の病気のサインの可能性があるので、一度泌尿器科を受診されることをおすすめします。

次の

夫に性病を移されたら浮気の証拠になりますか?

性病原因

先進国だけでなく、アジアの国々を見渡しても性病(STD)が増え続けているのは日本ぐらいです。 なぜ日本では性病が野放しに増えているのでしょうか。 若者 の性意識を責めることはできません。 むしろ若い世代は性病のことをよく勉強している人が多く、パートナーを思いやる気持ちが旺盛だと著者は感じています。 性病蔓延の原因はむしろ医師の勉強不足、健康保険制度の限界、性教育のあり方、セックス産業などなど、多くのの問題があるからです。 しかしそのすべてが正しい情報であるとはいえません。 特に医学的な専門知識を持たない読者には、 情報の真偽を判断することは不可能と思えます。 そのような状況で、間違えた、時には有害な情報がはびこっているのです。 インターネットの記事を読むときには、最低限 著者がどこの誰なのかを明示してあるページ以外は信用してはいけません。 あたかも公的なサイトのように見えて、商品の勧誘目的であったり、 性病の有病率を何倍にも偽って恐怖を煽るようなサイトも目にします。 皆様に正しい情報をお伝えするため に このサイトを開設しました。 場合によっては二人の関係を損ねてしまうかもしれません。 しかし、性病は患者様一人だけの病気ではありません。 性病は性の環境汚染ですから、自分ひとりだけ治療しても、また感染しなおしてしまいます。 何よりもパートナーを大切に思うなら、感染の有無を確認して、感染の可能性があるなら治療を受けてもらうことが必要です。 (一部の性病は、日本では検査ができないものもあります。 詳しくは「パートナーが性病にかかったとき」をお読みください。 また、症状が軽いために感染に気づかないこともよくあります。 そして、 治療方法が間違えていたとしてもたいてい自覚症状が消えてしまうこともよくありますから、油断ができません。 治療は最後まできちんと受けて、治療を終了す るかどうかの判断は、感染がなくなったことを再検査した上で主治医の指示に従ってください。 イギリスでは中学校の授業でコンドームの装着方法を教えるばかりではなく、女子生徒に 「コンドームをつけないセックスを強要するのは、あなたを愛していないからだ」と教えている 中学校があります(帰国留学生からの聴取)。 オーストラリアでは州立大学の男子トイレやビーチの公衆トイレにコンドームの自動販売機が設置してあります。 空港のトイレのドアには「Travel insurance from one dollar (1ドルからの旅行保険) 」と題してコンドームのポスターが貼ってありました(2000年シドニー空港)。 日本では年々コンドームの出荷量が低下しています。 それに反比例するように性病が蔓延している実態を、あなたはどのように理解されますか。 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、「積極的な性教育がこどもの危険な性行動を予防し、STD感染のリスクを低下させる」として各国に呼びかけていま す。 日本では学校教育でコンドームは避妊の道具として教え、性病予防の道具という教え方はまだまだのようです。 オーストラリアでは、公共施設のいたるとこ ろでこのような啓発ポスターを目にしました。 1990年代半ばから欧米各国は国を挙げてAIDS撲滅のための積極的な対策をして年々減っていきました。 それに比較して日本ではいまだに増え続け、2001年はカナダを抜いてしまいました。 今後爆発的に増える危険をはらんでいます。 しかし、実際の医療の現場でこのガイドラインがあ まり守られていないことは残念なことです。 たとえば淋病の治療によく使われているニューキノロンとテトラサイクリンは、はっきりと「耐性率が80%前後」 と記載されています。 効かない確率が80%の薬が実際にはもっとも頻繁に使われているのです。 臨床の最前線では一部ガイドラインに物足りなさも感じますが、とにかくこれが基本中の基本ですから、全国の医師がこぞってガイドラインを守って治療してくれれば性病の蔓延はありえないと思います。

次の

性病・性感染症は、不妊の原因になります! | 不妊治療と妊活

性病原因

メ モ:• 性感染症は複数の感染を被ることがある。 またそのような時には、エイズのように免疫が低下する疾患に罹患しているかどうか念のためチェックする必要がある。 性感染症を思わせる症状があった時は、速やかに検査を行うことが望ましい。 しかし、無症状のことも多いため、性感染症に罹患した可能性を考えた場合には症状の有無にかかわらず受診・検査を受けるようにした方が良い。 ただし、HIV感染のように潜伏期間が長く、検査結果が陽性に出にくい時期のあるものもあり、検査結果が陰性であっても一定時間をおいて再検査を行った方が良い場合もある。 治療が中途半端になると再発を繰り返したり、悪化したりすることがあるので、自己判断で治療を中断したりしないようにする。 本人の検査結果が陽性の場合、できるだけパートナーの検査を行い、必要であればともに治療を行う。 各疾患の説明 梅毒 病原体 梅毒トレポネーマ 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 約3週間 症 状 感染した部位(性器、口など)に赤色の堅いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れる(第1期)。 その後3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠など全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒される(第3、4期)。 診 断 病変部から病原体を確認(顕微鏡観察)、あるいは血液による抗体検査 治 療 抗菌薬(主としてペニシリン系) 放置 すると 第1期から2期、3・4期へと徐々に進展する。 精神神経異常、死に至ることもある。 母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがある。 淋菌感染症 病原体 淋菌 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 2~7日 症 状 男性では排尿時痛と濃尿、女性ではおりものや不正出血あるいは症状が軽く気づかないことも多い。 咽頭や直腸の感染もあるが、自覚症状がなく気づきにくい。 診 断 性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR) 治 療 各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっているが、有効な抗菌薬もある 放置 すると 不妊の原因になることがある。 感染した母体より出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがある。 性器クラミジア感染症 病原体 クラミジアトラコマティス 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 1~3週間 症 状 男性では排尿時痛や尿道掻痒感、女性では症状が軽く無症状のことも多い 診 断 性器、尿道からの分泌物や尿、口腔内から抗原検出や核酸検査(PCR 治 療 抗菌薬(マクロライド系、ニューキノロン系が中心) 放置 すると 不妊、流産・死産の原因になることがある。 性器ヘルペス 病原体 ヘルペスウイルス 感染経路 性的接触を介する皮膚・粘膜の病変との直接接触 潜伏期 2~10日 症 状 性器の掻痒、不快感ののち、水泡、びらん 診 断 病変部からウイルス分離、抗原検出や核酸検査(PCR) 治 療 抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど) 放置 すると 痛くて放置できるものではないが、放置しても2~4週間で自然に治る。 ただし再発を繰り返すことが多い。 尖圭コンジローマ 病原体 ヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い) 注: 子宮頸がんは16型、18型感染が多い 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 3週間~8ヶ月 症 状 性器・肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤 診 断 病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 切除、レーザー、クリーム(イミキモドクリーム)など 放置 すると 20~30%は3ヶ月以内に自然治癒、悪性転化あり 腟トリコモナス症 病原体 腟トリコモナス原虫 感染経路 尿道や性器からの分泌物との接触 (性的接触のほかに、下着・タオルなどを介しての感染) 潜伏期 不定 症 状 男性は自覚症状のないことが多い 女性は自覚症状に乏しいが、おりものの増加、外陰・腟の刺激感やかゆみ 診 断 性器・尿道からの病原体検出、病変部の顕微鏡観察 治 療 メトロニダゾール 放置 すると 再発・再燃する。 放置しても治ることはない ケジラミ症 病原体 ケジラミ 感染経路 性的接触を介する陰股部、陰毛との直接接触 衣類・寝具などを介する間接的感染もある 潜伏期 不定(1~2ヶ月が多い) 症 状 寄生部位(主に陰股部)の掻痒 診 断 皮膚・陰部・毛髪などの虫体や卵の確認 治 療 剃毛、フェノトリンパウダーあるいはシャンプー 放置 すると 症状の継続あるいは悪化。 放置しても治ることはない 性器カンジダ症 病原体 カンジダ属の真菌 感染経路 性的接触を介して伝播しうるが、必ずしも発症しない 潜伏期 不定 症 状 男性では症状を呈することは少ない。 女性では外陰部の掻痒とおりものの増加。 カンジダを保有しているのみの場合もある。 診 断 顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出。 病原体の培養。 治 療 抗真菌剤の腟錠や軟膏・クリーム、経口薬 放置 すると 症状の継続、再発、再燃。 放置しても治ることはない B型肝炎 病原体 B型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 約3ヶ月 症 状 発熱や全身倦怠のあと、黄疸(1~2%で劇症肝炎)。 無症候の場合もある 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 予防にはワクチンが有効。 抗ウイルス薬・インターフェロンなどが用いられる場合もある 放置 すると キャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある C型肝炎 病原体 C型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 2週間~6ヶ月 症 状 全身倦怠感、食欲不振、黄疸などが見られるが、症状は軽い 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗ウイルス薬とインターフェロン 放置 すると 多くがキャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある 後天性免疫不全症候群(エイズ) 病原体 エイズウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 平均10年程度 症 状 感染成立の2~3週間後に発熱、頭痛などのかぜ様症状が数日から10週間程度続き、その後数年~10年間ほどの無症候期に入る。 放置すると、免疫不全が進行し種々の日和見感染症や悪性リンパ腫などを発症する 診 断 血液中の抗体、抗原、遺伝子の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗HIV薬 放置 すると 慢性的に進行し、死に至るが、近年治療による改善・延命が進んできている.

次の