東方ロストワード 要望。 東方ロストワード 1章ノーマルの攻略 八雲紫に勝てない場合

レッツ!東方キャノンボール・東方ロストワード雑談!~影狼姉さんの百鬼夜行の旅 256日目~

東方ロストワード 要望

は「上海アリス幻樂団」による「東方プロジェクト」を題材とした。 失われた言葉「ロストワード」を巡って幻想郷にておこる異変に博麗霊夢や朝霧魔理沙を中心としたキャラクターと共に立ち向かっていく。 バトルは拡散攻撃や集中攻撃といったコマンドを使い分けて戦う弾幕バトル、原作のように「P」アイテムを集めつつ「スペルカード」を使った強力な弾幕攻撃で敵と戦っていく。 パーティは3体のメイン、3体の交代要員となっておりキャラクターには属性、スキルや敵の強力なスペルカードを無効化できるグレイスといった能力が備わっていて奥深い駆け引きを楽しめるバトルとなっている。 キャラクターたちの育成は戦闘によるレベルアップ、ステージドロップによる素材を消費しての任意ステータス強化や覚醒によるスペルカード強化など自由度の高い育成が可能、また装備品の絵札を装備することで様々な追加効果を獲ることができるぞ。 様々なイラストレーターによる絵札、音楽サークルによるアレンジ楽曲などなどで遊んでいる東方ファンはもちろん、などの可愛いキャラクターたちがでてくるが好きな人にもチェックしてほしいだ。 東方ロストワード 東ロワ について 東方ロストワード 東ロワ のおすすめポイント は二次創作で大いに盛り上がっているタイトルであるが故、様々なイラストレーターや音楽サークルが参加しており、レアリティに関係なく豪華な絵札、物語パートの切り替わりやメニューごとに変化するBGMなど随所に贅沢な仕様がちりばめられている。 バトルシーンにおける攻撃方法やスペルカードも東方プロジェクトの弾幕シューティングゲームを忠実に再現しており、が好きな東方ファン必見のバトルとなっているぞ。 また、のキャラクターたちにはボイスも用意されているのだが、もともとの弾幕シューティングには設定されていないためプレイヤーそれぞれに持っている印象に近づけるようそれぞれ3つのボイスが用意され切り替えることが可能という、原作ファンには嬉しい仕様となっていたりとバトルやストーリーといったゲームシステム以外に多くの注目ポイントが用意されているぞ。 もちろんバトルの奥深さや個性的なキャラクターたちが織りなす物語も面白く、などの好きにもおすすめのゲームだ。

次の

【東方ロストワード】河城にとりについて。評価・使い方など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワード 要望

拡散ショット 不明 集中ショット 不明 スペルカード1 不明 スペルカード2 不明 ラストワード 不明 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。 ルーミアの場合はスペルカードは5種類しかありませんが、初出のカードはそのキャラを代表するスペルを実装されるケースが非常に多いため、紅魔郷のスペルをまず持たされるでしょう。 それから、ラストワードについてはこれまで登場した『原作でラストワード未所持キャラ』は全員がロストワードオリジナルのラストワードを持たされているため、ルーミアも同様にオリジナルのラストワードを持たされるでしょう。 スキルについて 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。 参戦未決定ですから、当然ルーミアのスキルは不明です。 ただ、やはり闇を操る訳ですから、所謂『暗闇状態』みたいな状態異常とか、敵の命中率を下げたり、みたいなスキルはそれっぽいでしょうか? 想定される性能 win版1作目の最初の敵ということで、ある意味『はじまりのキャラクター』とも取れる程に歴史が古いので、プレイアブル化している既往の東方二次創作RPG作品もそこそこ多いです。 また、最近はとんと見かけませんが、ツクール界隈が盛り上がっていた頃に割と流行っていた、リボンを解くと本当の力が発揮される、所謂『EXルーミア』みたいな二次創作設定を拾う作品も多かった印象です。 二次創作作品・東方破幻抄より。 EX状態でシンプルに強キャラ この辺は時代柄というか、バトル創作とかが盛り上がっていた時期が重なって…みたいな所もあったので、今となってはそう流行らない設定でしょうし、ましてやロストワードがこんな設定を作ってくることは流石に無いでしょうが。 このような特殊ケースを除いては、やはり『闇を操る程度の能力』の反映として、目くらまし敵に命中率や回避率に関する性能を与えられるケースが多く、ロストワード的にもこの辺は意識して来そうです。 闇を操る妖怪ですから、どのような形であれ、『闇』というワードを意識させてくるような性能にはしてくるでしょう。 『闇』という部分を性能に反映するという意味では、前述のEXルーミアなんかは『闇を操るなんて超スゴそうな能力を持ってるのに弱いハズがない!』みたいな所から生まれた発想という面もあるかもしれませんが、まあロストワードがそこまでハチャメチャな設定を作って来るとは思いづらいですし、基本的には敵の行動を妨害するような性能になりそうな雰囲気はあります。 入手方法 参戦未決定なので、当然ながら現状では不明です。 ルーミアに関しては、個人的には性能云々よりも『どうシナリオに絡ませて来るか?』という所が非常に気になります。 紅魔勢はルーミア以外の全員が参戦決定済、というのは述べましたが、この辺は紅魔館の面々が序盤からシナリオに関わって来るからでしょうし、チルノと大妖精は他の妖精の面々が一挙に実装されるのでそこ絡みでしょうが、ルーミアはそのような『他のキャラクターとの結びつき』が薄いので、必然性を伴ってシナリオに参加させることがかなり難しいような気もします。 書籍でも、ようやくセリフ無しでチルノやらと一緒に居る所が見られる位だし…。 二次創作では人食い妖怪代表、みたいな扱いもされがちですが、文花帖では人を襲う努力をすべきだ、と説く文を『めんどくさい』の一言で一蹴するような性格ですし、原作準拠で考えても『物語に参加させる動機付け』に非常に乏しいキャラクターだったり…。 この辺については、上手い事料理して『ルーミアがシナリオに絡む必然性』みたいな所を上手く見せてくれたらなと思います。 まあ、出すだけなら適当でも良いと言えば良いのですが、ロストワードも多数のキャラが登場するお祭りゲーみたいな側面は強いですし、その中で『キャラ同士の掛け合い』や『キャラ同士の関係性の描写』みたいな所は楽しみの一つでしょう。 前述のようにルーミアは原作時点ではキャラ同士の関係性がそれ程濃く描写されていないので、その辺を描くのにも共通の目的意識なんかがあれば便利でしょうし、何にせよキャラの掘り下げを上手くやってもらいたいです。 派生カードについて 前述のように、ルーミアのスペルは5枚しかありませんから、そう何枚も気軽にカードを作れる部類ではないでしょう。 実際、2枚もカードを作ったら原作スペルを使い切ってしまう勢いですし、それも特別RPG映えするスペルでもないので、かなりオリジナル要素を濃くしないと成り立っていかない部分はあります。 この辺はルーミアに限らず、スペルの所持枚数が少ないキャラのやりづらい所かもしれません。 未だキャラビジュアルも未公開なのでそこを見てからですが、幼い感じにはなりそうですし、本人の面倒くさがりな気質を思えばダウナーな感じが似合いそうでしょうか。

次の

【東方ロストワード】河城にとりについて。評価・使い方など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワード 要望

は「上海アリス幻樂団」による「東方プロジェクト」を題材とした。 失われた言葉「ロストワード」を巡って幻想郷にておこる異変に博麗霊夢や朝霧魔理沙を中心としたキャラクターと共に立ち向かっていく。 バトルは拡散攻撃や集中攻撃といったコマンドを使い分けて戦う弾幕バトル、原作のように「P」アイテムを集めつつ「スペルカード」を使った強力な弾幕攻撃で敵と戦っていく。 パーティは3体のメイン、3体の交代要員となっておりキャラクターには属性、スキルや敵の強力なスペルカードを無効化できるグレイスといった能力が備わっていて奥深い駆け引きを楽しめるバトルとなっている。 キャラクターたちの育成は戦闘によるレベルアップ、ステージドロップによる素材を消費しての任意ステータス強化や覚醒によるスペルカード強化など自由度の高い育成が可能、また装備品の絵札を装備することで様々な追加効果を獲ることができるぞ。 様々なイラストレーターによる絵札、音楽サークルによるアレンジ楽曲などなどで遊んでいる東方ファンはもちろん、などの可愛いキャラクターたちがでてくるが好きな人にもチェックしてほしいだ。 東方ロストワード 東ロワ について 東方ロストワード 東ロワ のおすすめポイント は二次創作で大いに盛り上がっているタイトルであるが故、様々なイラストレーターや音楽サークルが参加しており、レアリティに関係なく豪華な絵札、物語パートの切り替わりやメニューごとに変化するBGMなど随所に贅沢な仕様がちりばめられている。 バトルシーンにおける攻撃方法やスペルカードも東方プロジェクトの弾幕シューティングゲームを忠実に再現しており、が好きな東方ファン必見のバトルとなっているぞ。 また、のキャラクターたちにはボイスも用意されているのだが、もともとの弾幕シューティングには設定されていないためプレイヤーそれぞれに持っている印象に近づけるようそれぞれ3つのボイスが用意され切り替えることが可能という、原作ファンには嬉しい仕様となっていたりとバトルやストーリーといったゲームシステム以外に多くの注目ポイントが用意されているぞ。 もちろんバトルの奥深さや個性的なキャラクターたちが織りなす物語も面白く、などの好きにもおすすめのゲームだ。

次の