太陽 を 抱く 月。 【太陽を抱く月】キャスト一覧まとめ!子役&脇役まで一挙ご紹介

韓国ドラマ

太陽 を 抱く 月

この記事では、韓国ドラマ『太陽を抱く月』のあらすじ、キャスト キム・スヒョン、ハン・ガインなど 、レビューを紹介していきます! 韓国ドラマ『太陽を抱く月』は、2005年に韓国で小説が出版されるやいなや、100万部以上のミリオンセラーとなり、待望のドラマ化を果たした作品!!最高視聴率は46. また、俳優陣もキム・スヒョン、ハン・ガインをはじめとして「国民の妹」として愛されるキム・ユジョンからアイドルのイム・シワンなど人気イケメン若手俳優が顔を揃え見ている人を釘付けに!また、今作品は架空の人物を主役にすることで、完全フィクションの特徴を生かした、自由な物語の展開となっています。 このドラマは「宮中ロマンス」だ。 朝鮮の架空の王朝時代、23歳くらいになる若い王の恋愛史。 すなわち、王が恋をする話、ということだ。 「宮中ロマンス」と聞けば、後宮たちの殺伐な争いか、権力のために繰り広げられる派閥争い程度だろうと想像するかもしれない。 だが違う。 このドラマは驚くことに、初恋を純情に捧げ、愛を完成させるために命を懸ける、皇太子の初恋と、その時代の若者たちの純愛に関するストーリーだ。 悲しくも美しく、純粋だからこそ悲壮な、そんな若い彼らの宮中ロマンス。 それぞれが違う色を持つ彼らの、愛之哀歌。 そしてもうひとつ。 このドラマの中で、政治はすなわち正置だ。 「正置」とは、全てのものが正しくあるべき場所にあること。 太陽と月がその位置を離れれば大変なことになってしまうように、「正」がその軌道を外れれば世界は危機に陥る。 国の混本となる百姓が一番高い位置に、 百姓の憂いを抱えた者が王の位置に、 君主と百姓を愛する者が王妃の位置に、 学問と人格を兼ね備えた者が官吏の位置に、 愛する人は愛する人の横に、 いるべき人がいるべき場所にいられるようにすること。 万物があるべき場所にいられるようにすること。 それこそが、朝鮮の若き王、「イ・フォン」が持つ政治哲学だ。 ヨムを通して学問の楽しさを学び、ヨヌを通して自身が治める世界と初恋を知る。 ヨヌが世子嬪に選ばれ初恋が実るはずだったが彼女が突然の謎の病で亡くなり、外戚勢力のポギョンが世子嬪となったため分別がない世子ではなくなった。 私は、朝鮮の王だ。 (現在) 冷たく、笑いを忘れ、世子嬪に手を触れない王となった。 内医院の勧めで療養に赴き偶然、巫女の家に雨をしのぎに行くが、そこで彼女に出会い…. 弘文館大提學の娘らしく利口で賢い。 王宮で偶然フォンと出会い、胸の中にいだいていたときめきが初恋だと知る。 世子嬪となり幸せな日々を送ると思われたが、突然の謎の病にかかり国婚が行われる前に実家に帰される。 そして父に看取られながら静かに亡くなる。 王位継承順位第一位のため屋敷には彼の権力を目当てに人が集まる。 幼い時、フォンの陰に隠れ冷遇を受けていたが、 弘文館大提學の屋敷に出入りをし、傷を癒していた。 そして、そこでヨヌと出会い恋を知ったが、彼女が世子嬪に選ばれ、突然の病死で絶望する。 時がたち、フォンと対立する立場となる。 しかし、これは表の顔で大人たちから受ける愛、欽仰、同情はすべて彼女が作った作品だった。 幼い時、平凡だった彼女を野心家に育て上げたのは父、ユン・デヒョンだった。 世子嬪になり、フォンの隣に居たいという彼女の願いはヨヌの訃告の知らせと一緒に現実となった。 幸運は彼女の見方についたと思われたがウォルが現れ…。 加えて百年に一人の超天才で短所もない。 正直者で融通が利かないため男女の愛について鈍く、その被害者がミナ公主だ。 17歳で科挙に首席合格し、世子侍講院の文学の担当となり、2歳下のフォンの師匠となり師弟、君臣、同年輩として仲を深めた。 しかし、ヨヌの死後、フォンとヨヌを結びつけた自分を咎め、後悔している。 尋常ではない存在感で朝鮮で最高の武芸と知的修養で完璧なスペックの持ち主。 幼いころから虐待を受け、庶子の出だったが、正室夫人の朴氏から面倒を見てもらった。 ヤンミョンとヨムを通して友情を育んでいった。 そして、ウォルを通して恋心を知っていくのだが、主君の忠心と男としての恋心の間で葛藤をしている。 ソル(雪)役: ユン・スンア、子役:ソ・ジヒ 許 ホ 氏の下女、本名はイ・ニョン、現在の名前はソル。 ヨヌを護衛するボーイッシュな女剣客。 偶然の出会いで都巫女チャン氏と関わりヨヌの死に対する秘密を共有することになる。 ミナ公主(旼花)役: ナン・ボラ、子役:チン・ジヒ フォンとヤンミョンの妹、ヨムの幼い嫁、可愛らしく天真爛漫な姫で幼いころから彼女の周辺にいる者は彼女を中心に動いていた。 そんな彼女が初めて欲を出したのが、一目ぼれをしたヨムだった。 ヨヌの死後、奇跡的に結婚することが出来たが、時々、彼の才能を潰した気がして罪悪感に駆られるが、彼女に後悔はない。 成祖大王 役: アン・ネサン フォン、ヤンミョン、ミナの父。 学問と武芸の二つを持ち合わせている王。 過去に大切にしていた義弟のソングンを謀反で殺され、涙をこらえた記憶がある。 そのため、ヤンミョンを大切に思っているが、冷たく接している。 世子のフォンが強い君主になり、正しい政治を作れるよう支持する。 大王大妃ユン氏 役: キム・ヨンエ 外戚勢力の重要人物、成祖大王の母でフォンの祖母。 ユン・デヒョンとは政治的につながりを持っている。 三年間、垂簾聴政をし、現在はフォンのため、政治からは身を引くと言ったが家門のために政治を放棄しなかった。 世子嬪(ヨヌ)の死に影響を与えた人物。 ユン・デヒョン役: キム・ウンス 王妃(ポギョン)の父、外戚勢力の頭目。 国母になった娘と大王大妃の後ろ盾で領議政の位を得る。 権力に走りを止めない冷たく貪欲な人物。 フォンと絶え間なく対立をし結局、彼がだした最後の切り札は…。 都巫女チャン氏(ノギョン)役: チョン・ミソン 星宿廳の国巫、朝鮮で一番の巫女。 世子嬪の死の事件の秘密の鍵を握ている人物。 最高の呪術の実力を持っているため彼女と目が合う瞬間、皆、怖がる。 太陽を抱く月の視聴率 次は太陽を抱く月の韓国での視聴率を紹介していきます。 この視聴率の数値は、ニールセン韓国社の有料プラットフォームの視聴率基準となっています。 1話 2012年1月4日 19.

次の

【「太陽を抱く月」を2倍楽しむ】全話あらすじと見どころ、予告動画

太陽 を 抱く 月

巫女(みこ)ウォルとしてフォンに再会。 イ・フォン 太陽 朝鮮王朝の王 亡くなったヨヌを思い続けて心を閉ざす。 ヨヌに似たウォルに心を動かされる。 陽明君(ヤンミョングン) 太陽 フォンの兄 成祖の側室の息子。 恋心を抱き続けた故ヨヌと生き写しのウォルを愛する。 ポギョン 王妃 ユン・デヒョンの娘。 気位が高い。 キム・ジェウン[ウン] 雲 フォンの護衛官 陽明君とヨムの親友。 フォンを守る。 ホ・ヨム 炎 ヨヌの兄 旼花王女の婿。 ヨヌと父の死を憂う。 旼花(ミナ)王女 フォンの妹 ヨムの妻。 ヨヌの死の秘密を抱える。 チャン・ノギョン 星宿庁(ソンスチョン)の国巫(クンム) ヨヌの死を偽装し、秘かに助けた。 大王(テワン)大妃(テビ) フォンの祖母 王室と朝廷を牛耳るために画策。 ユン・デヒョン 大妃の側近 ポギョンの父。 政権掌握を狙う。 ソル 雪 ヨヌの家の元使用人 記憶の無いヨヌを見守り護衛する。 チャンシル 巫女(みこ) 天性の霊力がある。 成祖(ソンジョ) 前王 フォンと陽明君の亡父。 ホ・ヨンジェ ヨヌの父 朝廷の元重臣。 ヨヌの死を苦に自害。 シン氏 ヨヌの母 ヨヌの死を受け入れられずにいる。 ヒョンソン フォン付きの内官 フォンが唯一気を許せる相手。 空を彩る名に秘められた運命 ヨヌ【煙雨】は霧雨の意味。 そよ風のように優しく降り、いつの間にか消える。 時に太陽とともにある。 ウォル【月】は太陽と対の存在。 太陽の光により昼は隠れ、夜は輝く。 時に太陽を抱くように重なる。 フォン【喧】は暖かい太陽の意味。 天に輝き世の中をあまねく照らす一つの太陽は「王」の象徴。 陽明君の王族としての称号【陽明】は明るい太陽の意味。 「王」である太陽は一つでなければならない。 ウン【雲】は太陽や月、雨とともに空に浮かぶ。 時に雨を呼び、また太陽や月を守るように寄り添う。 ヨム【炎】は温かくともる火であり、華やかな火花。 炎はまっすぐに空に向かって立ち上る。 ソル【雪】は凛(りん)として白く美しい。 雪は雨に近く、炎に近づくと溶けてしまう。

次の

太陽を抱く月感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

太陽 を 抱く 月

「太陽を抱く月」は、2012年に韓国MBCで朝鮮王朝時代を舞台に王と記憶を失った巫女との運命の恋を中心に描いたファンタジーロマンスです。 時代劇はキャストの数も多く現代劇に比べると少し複雑です。 「出演していたキャラクターを詳しく知りたい」「子役たちの名前は?」「ほかに出演している作品も知りたいな…」など、キャストにまつわる話を知りたい方にお役に立つ情報をご紹介します。 この作品をきっかけに大ブレイクしたり、演技の幅がぐっと広がった出演者も多く、視聴者だけでなく演じる側も思い入れのある作品になったようですのでぜひご覧になってくださいね。 「太陽を抱く月」キャスト紹介 キム・スヒョン 病で亡くなった初恋のヨヌを忘れられないまま世子嬪を迎え、王となり心を閉ざす王フォンを演じています。 決して絶世の美男子という訳ではありませんが、キラキラと光る目の輝きやひとつひとつのセリフが視聴者の心をとらえる俳優さんです。 また歌手顔負けの歌唱力の持ち主で「太陽を抱く月」でもその歌声をOST「あなたひとり」で披露しています。 役名 イ・フォン 生年月日 1988年2月16日生まれ 主な作品• 「太陽を抱く月」キャストにまつわる撮影話と小ネタ キム・スヒョン、架空の王を演じて一気にトップスターの仲間入り キム・スヒョンが演じた王フォンは、歴史上実在しない架空の王です。 初めて時代劇へ挑戦するプレッシャーの中、三国志をもとに描かれた漫画「蒼天航路」の登場人物を参考に少しずつフォンという王のイメージを練っていったそうです。 時代劇に出てくる王といえば政権争いや国を思い通りに動かし、時には残酷に描かれることが多いものですが、彼が演じた王は「王でありながら愛に飢え、愛を求めた人間らしい王」でした。 若いファンだけでなく彼の母親世代にも愛されるトップスターになった彼は、その後も「星から来たあなた」で宇宙人を演じたり、映画では二役を演じたりと現在は演技の幅をぐっと広げています。 この作品でダブル主演を演じ切ったことは俳優人生の中でターニングポイントだったといえるでしょう。 ハン・ガイン、初めての時代劇。 コンプレックスのボイスが強みに。 理由はわからないのに王の悲しみを自分の悲しみとして受け取ってしまう場面や、突如襲われるデジャブのような感情。 感情豊かに思いをセリフや表情に乗せて表現する現代ドラマと違い、王に触れることさえ許されない朝鮮王朝時代、巫女の秘めた感情を演じるのはとても難しかったそうです。 日本人女性と比べると韓国人女性は声のトーンがかなり低め。 私の友人も日本語を話すときは声を高めにしているそうで、母国語の韓国語で話すのをみた時驚いたことがありました。 チェ・ジウの大人びた声に日本の吹き替えドラマで声を聞き馴れていて驚かれた方も多いと思います。 ハン・ガインも落ち着いた低めのボイスの持ち主。 彼女自身のコンプレックスでもあり、当初は役に合わないのではないかという声もあったそうですが、後半に進むにつれてその声は魅力的に映りました。 「内にじっと秘めた強い感情や冷静さ」を抱えた女性、また神秘的な巫女という雰囲気をより一層引き立てたのだと思います。 チョン・イル、報われない恋心と兄弟愛。 今も語り継がれる迫真の演技 今どきの甘いマスクが魅力的で、イケメンでさわやか青年や胸きゅんラブコメを演じることが多かったチョン・イル。 しかし、この作品では明るく気ままに過ごしている風に見えても置かれた立場や運命に傷つき、報われない恋心に苦しみ、それでも芯の通った生き方を貫く姿を演じました。 彼が監督に頼んで撮り直したというラストシーンは、この作品の中でも名シーンのひとつになったのではないでしょうか。 「兄弟愛も、恋も守るために出した決断」その強烈な印象は、韓国女性を魅了し、私も含め日本のチョン・イルのファンの中でも今も心に残るシーンとしてこの場面を挙げる方が多いはずです。 チョイン・イルが出演したことで「太陽を抱く月」が引き締まり、より深い作品になったと思います。 子役の演技が素晴らしくもっと子役を見続けたいという視聴者たち 時代劇によくある「子供時代」と本編である「大人時代」。 子供時代から視聴者の心をつかんだ子役たちの活躍は、その後を演じる大人時代の俳優たちをより緊張させてしまったのだそうです。 それもそのはず、王の子供時代を演じたヨ・ジングは今では主役を演じる実力派俳優に、ヨヌの子供時代を演じたキム・ユジョンも大ヒットした「雲が描いた月明かり」で主役を、アイドルのイメージを払拭し、俳優として開眼したイム・シワン、今では次々とドラマで主役や印象的な役をこなすキム・ソヒョンなど、今にしてみれば「どれだけ?」というくらいの豪華キャストです。 圧倒された大人の俳優たちに監督キム・ドフンは子役のことはすべて忘れるように「私が皆さんをキャスティングしたのは皆さんの中にその役の姿を見たから」だとずっと励まし続けたそうです。 俳優たちと監督が強い信頼関係で結ばれ、一緒に作り上げたからこそ今でも愛される作品となったのでしょう。 まとめ いかがだったでしょうか… 40%を超える視聴率を叩き出し、今でも繰り返し観たくなる時代劇として語り継がれる「太陽を抱く月」。 人気の理由のひとつは「現代にも通じる欲望や葛藤、愛」を描くことで共感を呼んだからでしょう。 韓国の時代劇は何十話と長いものも多く、子役時代のエピソードが数話続くため、お目当てのキャストがいたり、ゆっくり時間がとれない方の中には「大人時代になってやっと面白くなってきた」「大人時代になってから見ようかな」という声も時々聞こえてきますが、この作品はキャストも素晴らしく、1話から視聴者を引き付けた珍しい作品だと言えます。 「韓国の時代劇で観やすいのは何?」なんて聞かれるといつも私はこの「太陽を抱く月」をおすすめしています。 まだ見ていない方にはぜひ観ていただきたいし、観た方にももう一度見るきっかけになれば嬉しいなと思います。

次の