アース 線 延長。 換気扇のアース線(接地線)を延長する方法

冷蔵庫のアース線を延長したいのですが。

アース 線 延長

「2」の「線をつぎ足して延長」というのは、女性目線で見ると細かく複雑な作業が有りそうでちょっと不安ね。 ママの言うように、反対に「2」の方法でアース線を延長する場合は、 手間と部品代が余計にかかってコスパが悪いし、何よりメーカーが推奨していないので、 個人的にはあまりオススメしない方法です。 ただ、「2」の方法も充分素人でもできる作業ですし、アース線を10メートル以上延長させる必要がある場合は、「つぎ足して延長」ということも必要になってきます。 なので、この記事では読者の皆さんが 「1」「2」のどちらの場合でも対応できるように、それぞれのアース線の延長方法を順番に解説させていただきたいと思います。 短いアース線を長い線に交換する延長方法 それでは、さっそく1つ目の「長い線を買ってきてアース線を全部交換する延長方法」、 略して「アース線交換延長法」について詳しく解説していきたいと思います。 前述しましたように、アース線の長さを10mに伸ばすだけで届くのであれば、 迷わずこちらの「アース線交換延長法」を選んで間違いありません。 揃える道具も少なく、手間もほとんどかからないので、以降の具体的な方法をササっと確認して一気にアース線の延長作業を終わらせてしまいましょう。 「アース線交換延長法」に必要な道具と部品 それでは、以降の必要な道具や部品を確認し、画像付きの手順にそってアース線を延長していきましょう! コーナンには「加工されていないアース線」はあったけど、ダイソー、イオンの家電コーナー、島忠では アース線すら売られていませんでしたよ。 コンセントの アース端子の フタを空けて ネジを全開に緩める ネジの奥にある 小さい鉄板のような 金具の裏側に アース線を差し込む ネジを締めて アース線を固定する フタを閉めて完了• 短いアース線に別の延長用の線をつぎ足す方法 次は2つ目の「長い線を買ってきて既存のアース線につぎ足す延長方法」、 略して「アース線つぎ足し延長法」について詳しく解説していきたいと思います。 ただ、先にお伝えしておきますが、こちらの「つぎ足し延長法」はPnasonicさんなど 電化製品メーカー側は推奨していない方法です。 引用元: もちろん、個人の判断で行っても良い作業なのですが、 「アース線交換延長法」に比べて 準備や作業に手間がかかるし、細かい作業に自信が無いというかたには、あまりオススメしていない方法です。 とは言え、 「アース線つぎ足し延長法」は既存のアース線に新しいアース線をつぎ足せるので、 長さをだしやすいという長所もあります。 アース線と他の部品や道具を買い揃える• 既存の短いアース線の先端と買ってきたアース線をつなぐ• コンセントの アース端子の フタを空けて ネジを全開に緩める ネジの奥にある 小さい鉄板のような 金具の裏側に アース線を差し込む ネジを締めて アース線を固定する フタを閉めて完了.

次の

電子レンジのアースを付けないとどうなる?延長方法や意味について

アース 線 延長

いつもお世話になります。 食洗機のアース線の長さが足りません。 今はつながずに使用しておりますが、過去の質問を見て、早くつなごうと思うのですが。 現状、何とかアース端子まで届きますが、目の高さの辺りを斜めに通ることになり、かなり邪魔です。 アース線を延長したいのですが、 1 今のアース線に、ホームセンターなどで購入して、ねじって追加しても大丈夫でしょうか。 2 冷蔵庫や洗濯機のアース線よりも、食洗機の方が太いのですが、太さに意味はありますか? 3 アース線を壁に這わせて、接続部まで持っていきたいのですが、 途中、金属に触れているのは問題ですか? ( 1 の場合だと、ねじって中の線が露出した箇所が吊り棚に触れます) A ベストアンサー NO. 4です。 >私はハンダゴテもハンダも持ってないんですけど 電気専用工具で「圧着ペンチ」線を継ぐ端子「圧着端子」がありますが、恐らく所持していないと思いましたので「ハンダ付け」をお勧め致しました。 >互いの銅線を手で織り込むようにくっつけて 手では不充分ですのでペンチかプライヤーでネジって下さい。 アース線(緑)の被覆をねじり易い様に、5cm位剥いて、中の銅線どうしをペンチかプライヤーでねじり、ねじり巻3~4回で、最終的には3cm位に収めて下さい。 残りは切ってテープで巻いて下さい。 確かに家庭用のメインブレーカーには「漏電遮断器」が付いていますが、食洗器の様に台の上に載せる事が多い電気製品は、台で絶縁される事が多く、漏電していても「漏電遮断器」が感知しない事があります。 例えば車でドアに触った時に静電気の放電でパチと来た経験があると思います。 タイヤはゴム製で絶縁され放電されなく、人間が触るとアースされ放電しますからパチっと来ます。 もし食洗器が漏電していて、載せている台が絶縁性の高い台だったら、当然触った時にビリビリしますので安全を考えるなら是非アースを継いで下さい。 4です。 >私はハンダゴテもハンダも持ってないんですけど 電気専用工具で「圧着ペンチ」線を継ぐ端子「圧着端子」がありますが、恐らく所持していないと思いましたので「ハンダ付け」をお勧め致しました。 >互いの銅線を手で織り込むようにくっつけて 手では不充分ですのでペンチかプライヤーでネジって下さい。 アース線(緑)の被覆をねじり易い様に、5cm位剥いて、中の銅線どうしをペンチかプライヤーでねじり、ねじり巻3~4回で、最終的には3cm位に収めて下さい。 残りは切ってテ... A ベストアンサー 電子レンジの接地は当初電波の漏れは箱を大地と同電位で輻射防ぐの意味と感電の意味が有りました、輻射は簡易接地は?です、「「これは難しい理論でシールドルームと同じです、」ですがパソコン等デジタル機器にノイズ止める可能性は有ります、これは地デジ等デジタル機器に影響も有るかも知れません 最近の住宅で感電は無いでしょう 接地工事は資格要りますが、レンジに昔同封のアース棒地面に刺す行為は資格要りません あくまで資格とは接地極お工事です、これには法に見合った接地抵抗測定が有るからです。 洗濯機は水を使いますので、水道の接地とで感電が有るのでアースは必要ですが、レンジは乾燥した床材で触るので感電は有りません、メーカーはPL法で責任区分してますが、「故に自己責任範囲」 女性の場合、妊娠の場合はレンジの近くに寄らないことが良いですね。 Q マンションで電子レンジのアース線を延長してもらう作業は、都内だと工務店に相談したらいいのでしょうか? ちなみに電子レンジはAmazonで買ったため「家電量販店に相談」という手は使えないと考えています もしAmazonで買った品でも相談可ならご指摘ください。 あと製品はパナソニック製です。 【背景】 最近家賃五万程度のマンションに引っ越しましたが、台所がアース線を繋げるコンセントはあるものの廊下程度の幅しかなく冷蔵庫、電子レンジを置くスペースを明らかに想定していない構造になっていました。 仕方ないので奥の部屋の方に置いたのですが、こちらはアース線が繋げられるコンセントがありません。 そこでアース線を壁に這わせて台所の方へ延長させようかと思います 奥の部屋と台所は扉もなく繋がった状態なので壁に穴をあけるといった作業は不要です たた、アース線の取り付け、延長は法律上資格を持っている人がやらないと危険であり違法と知りました。 つきましては都内でアース線の延長工事をお願いするとしたらどういったお店に依頼したらいいのか教えてくださいますようお願いします。 あと、できましたら料金の相場としてはいくらぐらいかも教えてください。 マンションで電子レンジのアース線を延長してもらう作業は、都内だと工務店に相談したらいいのでしょうか? ちなみに電子レンジはAmazonで買ったため「家電量販店に相談」という手は使えないと考えています もしAmazonで買った品でも相談可ならご指摘ください。 あと製品はパナソニック製です。 【背景】 最近家賃五万程度のマンションに引っ越しましたが、台所がアース線を繋げるコンセントはあるものの廊下程度の幅しかなく冷蔵庫、電子レンジを置くスペースを明らかに想定していない構造になっていました。 A ベストアンサー アースの取付というのはやっておけば万が一の際には何かの役に立つという程度のものです。 日本の家庭における一般家電製品にはアース取付けの義務はありません。 アースを取付ける事を推奨されている機器はありますが、必ずや取付をしなければならないというものではありません。 そのような理由から、一般家庭における電気配線に使用されているアースは電気工事技術基準における接地工事ではありません。 なので接地抵抗値なども接地工事の範囲内にはないことが多いのです。 ただしオール電化住宅などにおける使用電圧200Vの機器類は一般家電品扱いではないので、正しい接地工事を施した上でのアース取付けは所有者の義務です。 上記の事から当然のように一般家電品はアースの取付けは任意ですし、その場合のアースは電気工事技術基準の範囲の接地工事ではありませんので、アースの延長などであっても電気工事士の施工の範囲内ではありません。 もちろんそのようなアースですので、かろうじてアースに繋がってればいいという程度のものですので、アースに使用する電線の種類や太さや長さには基準もありませんし、極端な話どうでもいいし何でもいいという程度の扱いです。 6mmの太さのアース線は我々本業の電気屋から見れば糸のように細い電線ですし、普段はそんな細い電線でのアースはめったに行いませんが、一般家庭ではとても太い電線であると思います。 そんな太い電線は扱いづらいでしょうし、そこまで太い電線が必要なアースではありません。 ホームセンターなどで売ってる1. 25スケア程度の緑色のIV電線を選択すればいいと思います。 ただしその電線をアース線に使用するのなら、両端の被覆を剥いだ導線部分は半田を上げて使用するか端子を圧着して使うようにして下さい。 くれぐれも感電には注意して下さいね。 アースの取付というのはやっておけば万が一の際には何かの役に立つという程度のものです。 日本の家庭における一般家電製品にはアース取付けの義務はありません。 アースを取付ける事を推奨されている機器はありますが、必ずや取付をしなければならないというものではありません。 そのような理由から、一般家庭における電気配線に使用されているアースは電気工事技術基準における接地工事ではありません。 なので接地抵抗値なども接地工事の範囲内にはないことが多いのです。 ただしオール電化住宅などにおける使... A ベストアンサー 電気機器からつなぐアース線はコードと同じ扱いとなります。 コード同士は接続してはならないのです。 これは電気設備技術基準ならびにその解釈という法律(法令)で定められています。 その理由はコード同士の接続というのは引っ張り荷重に充分に耐えられないということに尽きます(可動タイプなので)。 それに加えてわずかな引張りがかかることによって接続抵抗値が増える可能性もあります。 一方、配線としてのアース線はアース線同士の接続は構いません(配線として固定されるので)が、これは電気工事士資格が必要です。 電動工具は、たいていは2重絶縁されているので機器アースは不要ですが、そうでないタイプは差し込みプラグでコードとともにアース線を繋ぐことができるようになっています。 この場合はコンセントもまたアース端子付きでなければ接続はできませんから、もしアース接続ができないのであれば水気のあるところでは使用してはいけません(これも電気設備技術基準ならびにその解釈で決められています)。 A ベストアンサー 冷蔵庫を水気のあるところで使う場合はアースしなければなりません。 アースは冷蔵庫の外箱(ケース)に接続しますので、接続端子がない場合は外箱のいずれかのビスの部分を探してアースしてもいいでしょう。 ただし、取説を見れば必ずアース線を繋ぐ箇所は図示してあるはずです。 一方、コンセントにアース端子がない場合ですが、この場合はD種接地工事を必要とします。 電気工事士の資格が必要です。 なお、アース線は単芯ではなく、より線です。 #2の「日本の100Vコンセントの差し込みで左側(形状が僅かに長い)がアースを兼ねています。 」は誤りです。 これは接地極側の線というだけで、アース端子ではありません。 専門的に言えば、柱上変圧器のところでB種接地された線側ということであり、必要とするD種接地とは異なりますし、目的が全然違います。 Q アース線について教えて下さい。 オーブンレンジを購入しました。 本体に緑色のアース線がついていましたが、コンセントにアースがありません。 (今まで使っていたオーブンはアース線は接続していませんでした) 教えてgooで過去の質問を検索し、洗濯機など湿気のある場所では 感電防止の為接続しなければならないが、オーブンレンジは接続して いない方もいるようでしたのでアースは接続しないで使用するつもりなのですが、 その場合本体から出ている緑色のアース線はどうしたら 良いのでしょうか? 購入したところなので線はぐるぐると巻かれてまとめられている状態に なっています。 まっすぐに伸ばしておいた方がよいのでしょうか? (電気のコードはぐるぐるとまとめて使うと危険と聞いたことがあるので心配です) ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。 メーカー側の推薦環境に付きましては、取扱説明書をご覧いただくとして、一般的な場合ですと、そのまま放置して置いてかまいません。 本来、アース線には大地を基準とした電位を保つ為に接続する物で、電流を流すという考え方は存在しません。 (もし ここに大きな電流が流れる場合は、ショート事故の時だけで、本体のヒューズ等の安全装置が頼りになります。 ) 実際にアースの端子部分に触れても感電する程の(感じられる程の?)電圧は無いでしょうから、そのままで良いのですが、気になるなら小さなビニール袋でも被せて電極部に触れないようにすると良いでしょう。 上記の通り、電流は流れないのでクルクルと小さく巻いたりしても大丈夫です。 電源コード等電流が多く流れる場合、少し発熱します。 そのときぐるぐる巻きだと相互の発熱が影響し合い、ごくまれに異常発熱を起こすから注意すると言う意味です。

次の

アース工事の費用相場はいくら? アース工事の目的やメリットも紹介

アース 線 延長

食洗機コンセント問題:使えるコンセントが無い 例えば、食洗機の近くにコンセントがないとき。 もしくは、他の家電の使用によってコンセントの数が足りなくなってしまったとき。 延長コードを使うべき?コンセントを増やすべき?それとも他に何か方法が?と困ってしまいますよね。 まずはじめに、使えるコンセントが無いという問題から解決していきましょう。 コンセントが無い場合は増設工事が必要 食洗機で使えそうなコンセントが無い場合は、コンセントの増設工事が必要です。 大掛かりな工事になるのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、 工事自体は簡単なものなのでご安心ください。 コンセントの増設工事には以下の2種類の方法があります。 増設の際は、 「近くにあるコンセントから延長して配線を引く方法」と「新規に分電盤から専用の配線を引く方法」のどちらかを選ぶことになります。 どちらにするかは、 コンセントを使用する家電の消費電力によって決まります。 使用する家電の消費電力が少ない場合は、近くにあるコンセントから配線を延長する方法を。 逆に使用する家電の消費電力が多い場合は、新規に分電盤から専用の配線を引く方法を。 また消費電力だけでなく、全部で3種類あるコンセントの配線パターンも参考に増設の方法を決めると良いでしょう。 一般的なコンセントの差し込み口は2口ですが、工事によって4つ〜6つに増やすことができます。 コンセントを新しく増設する方法と違い、新しいコンセントの内部配線をつなぎ変えるだけの作業のため、工事時間が短い&費用が安いのがポイント! コンセントが足りないときは、まずはこちらの方法を試してみると良いでしょう。 コンセントの増設工事にかかる費用は? さて、コンセントの増設工事にはいくらくらいかかるのでしょうか。 それぞれの工事の相場は以下の通りです。 【要確認】コンセントがあっても安心できない 食洗機の近くにコンセントがあるとしても、まだ安心はできません。 コンセントの構造によっては、食洗機の使用が思わぬトラブルに発展することがあります。 食洗機とコンセントをつなぐにあたり重要なポイントとなる「回路」について確認しておきましょう。 そのコンセントは専用回路?回路について理解しよう 食洗機を設置する際には、そのコンセントが専用回路であるかどうかの確認が必要です。 家の中のコンセントはすべてブレーカーへとつながっているわけですが、大元のブレーカーの他に小さなブレーカーが並んでいますよね。 この小さなブレーカーそれぞれを、ひとつの回路と考えることができます。 ここに食洗機用の専用回路を設けられれば良いのですが、 キッチンで使うすべてのコンセントがひとつの回路にまとめられている場合もあります。 食洗機を設置する際には、他の家電との併用がない「専用回路」でなくてはなりません。 専用回路でないことでおこるトラブルとは キッチンで使うポットや炊飯器、冷蔵庫、オーブンレンジ…。 こういった家電と食洗機が同じ回路だと問題が起こります。 タイミングをずらして使うぶんには大丈夫かもしれませんが、 同時に使用した際に使用電力が大きすぎてブレーカーが落ちてしまう可能性があるのです。 せっかく食洗機を導入しても、使いたいときに使えなければ満足度が半減してしまうでしょう。 専用回路でない場合は専用回路工事が必要 もし専用回路でない場合は、専用回路を増やす工事が必要になります。 業者に依頼し、電線を這わせてブレーカーをひとつ増やしてもらいましょう。 大元の契約アンペアを変えなければならなかったり、工事費が余計にかかったり…と手間はかかりますが、確実に必要な工事なので面倒臭がらずに依頼をしましょう。 食洗機コンセント問題:コンセントまでの距離が遠く届かない キッチンにコンセントはあるものの、食洗機からの距離が遠くて届かないというパターンもあります。 この場合も、先にご紹介したのと同様の増設工事が必要になってきます。 ここで、「コンセントまで距離があるなら、他の家電のように延長コードを使えばいいんじゃない?」と考える方もいるかと思います。 しかし、 食洗機に延長コードを使うのはおすすめできません。 さて、もし仮に延長コードを使うとすると、どんな問題が起きるのでしょうか。 延長コードはNG!延長コードを使ってはいけない理由 食洗機の消費電力は、一般的な家電に比べてかなり高めになっています。 使用電力の大きさは機種にもよりますが、1000wを超えるものも少なくありません。 延長コードを用いて一度に使用できる電力量は15A〜20Aで、食洗機を単体で使うぶんにはたしかに問題ありません。 問題は、食洗機と他の家電を同時に使った場合です。 定格電流を超えた延長コードは、発火のおそれがあるので非常に危険です! 「自分は同時には使わないから大丈夫」と思っていても、他の家族や子どもが不意に他の家電を使ってしまう可能性があるので、延長コードの使用は控えた方が良いでしょう。 食洗機利用におすすめの延長コード 危険性を十分に理解した上で、それでもどうしても延長コードを使いたい!という方もいるかもしれません。 その場合は、 比較的安全に使える「一口延長コード」をおすすめします。 複数の差し込み口がついていて、同時に他の家電も使える延長コードに比べれば、火災の可能性は低くなるでしょう。 一口延長コードを購入する際は、信頼できる大手電気メーカーの製品や、防水仕様の製品、PSEマークやJISマークのついている製品がおすすめです。 延長コード利用時の注意点 壁についているコンセントの差し込み口は、2つあるのが一般的です。 どちらも有効に使いたい気持ちはわかりますが、 食洗機に延長コードを使う際は片方のコンセントは使わないようにしましょう。 ふたつの差し込み口の使用電力が契約電力を超えると、ブレーカーが落ちてしまい家電に負担をかけてしまうおそれがあります。 ついコンセントを使いそうになってしまう…という方は、コンセントキャップなどで差し込み口を覆い隠すと良いでしょう。 食洗機コンセント問題:アース端子がない 設置工事の段階になって、アース端子がないことに気づくパターンもあります。 ビルトインタイプの場合、食洗機設置の際に業者がアース端子の確認をしつつコンセントをつなげてくれるので問題ありません。 しかし、自力で設置する人も多い卓上型の場合は、アース端子の有無を自分で確かめなければなりません。 食洗機の近くにアース端子がない場合の解決策は、2通りあります。 それぞれの解決策をチェックして、もしもの事態に備えましょう。 賃貸でなく持ち家の方は、ぜひこちらの方法をご検討ください。 費用は1万円ほどとやや高めですが、専門業者にお願いする安心感はDIYでは得られません。 ただし工事できない構造のコンセントもあるので、まずは業者に相談してみましょう。 必要な材料は、アース線(アース端子のあるコンセントに届く長さ)、配線モール、ビニールテープ、圧着端子、圧着工具など、ホームセンターで一通り揃えられます。 予算は1000円程度とかなり安くすみますが、作業が面倒だったり、アース線を壁に這わすと見栄えが悪くなったり…といったデメリットもあります。 ちなみに、延長コードを使ってこのプラグを差し込むと火災や感電のおそれがあります。 なので、プラグは必ず直接コンセントに差し込むようにしましょう。 もしDIYに少しでも不安を感じる方は、先にご紹介したように業者への依頼がおすすめです。 そもそもアース端子は絶対に必要なの? 水回りの家電に必ずついているアース線。 なんとなくアース端子につなげているけれど、「そもそも絶対に必要なものなの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。 アース端子の役割を知って、その必要性をあらためて確認しておきましょう。 アース端子の役割 水回りで使用する洗濯機や電子レンジ、そして今回ご紹介している食洗機などは、漏電する可能性が他の家電よりも高めです。 そんな家電のアース線をアース端子につなげておくことで、 漏電時には電気を大地や壁に流し、感電や火災を防ぐことができます。 こういった重要な役割があるために、水気のある場所で使う家電にはアース端子の取り付けが義務付けられているのです。 食洗機にはアース端子をつけないと危険! アース線がアース端子につながっていないと、漏電時に感電してしまうおそれがあります。 現在、漏電時に自動的にブレーカーが落ちる仕組みになっているご家庭が多いとはいえ、感電する可能性はゼロではありません。 特に食洗機は頻繁に水を使う家電なので、そのぶん感電の危険性も高まります。 万が一に備えて、忘れずにアース端子を利用しましょう。 まとめ 食洗機導入時に多くの人を悩ませている3つのコンセント問題の解決策についてご紹介してきました。 コンセントの増設工事、延長コードの利用、アース端子の延長工事…など、それぞれに必要な作業がありましたね。 各問題は、業者に依頼orDIYのどちらかで解決することができますが、自分でやるのが難しそうな場合は迷わず業者に依頼することをおすすめします! まずはご自宅のキッチンのコンセントを確認して、今回お伝えしたどの問題に当てはまるのかチェックしてみてくださいね。

次の