清掃員 異世界。 【駆除人】元・害虫駆除業者が異世界で大活躍!!【あらすじと感想】|カッパの休憩室

異世界転生漫画 おすすめ作品69選

清掃員 異世界

駆除人 クリックするとAmazon商品ページへ飛びます 『駆除人』は、花黒子によるなろう小説。 漫画は 浅川圭司。 「小説家になろう」で連載後書籍化されている。 最強スキルや剣,魔法の才能もなく生前の知識を活かし 清掃員兼害虫駆除の仕事をして生前とあまり変わらない生活をしていた。 依頼を受けたある害獣駆除の仕事でナオキは下水に住み着いたネズミを殺鼠剤で大量に駆除し、そのネズミの死骸を他の魔物に処理してもらうため魔物が住む森に捨てていた。 ネズミを食べた魔物も殺鼠剤の影響で死に絶え、さらにその魔物を死体を食べた大型の魔物も道ずれとなる負の連鎖が起きて、ナオキはあっという間に大量の経験値を積む。 なんとナオキは 歴代の勇者がレベル55という世界で、数日でレベル38に到達した!!! その レベルアップで得たスキルポイントを全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として異世界で生きていくこと決めます。 その後、ナオキは生活も安定したころで異世界の全てを知りたいと考え、自分の目で見るために旅に出ることを決意します。 旅に出ながらも生活費を稼ぐために 清掃員兼害虫駆除の仕事をこなしながら異世界を冒険していく少し変わった異世界転生物語です。 駆除人 キャラクター コムロ・ナオキ 本作品の主人公。 転生前は清掃員兼害虫駆除業者しており転生後も生前を活かし清掃員兼害虫駆除を行っている。 異世界の話を聞き旅に出るが、旅の途中でも清掃員兼害虫駆除をこなし生活費を稼いでいる。 旅に出るときには、かつて魔王を倒した勇者のレベルを普通に超えてしまっている。 アイル 冒険者ギルドの訓練教官。 冒険者ランクはBランク。 ナオキの昇給試験官をし一撃で倒されたのをきっかけにナオキの旅についてくる。 カミーラ(カモミール) 薬屋を営んでいる老エルフ。 薬屋を営業しているときは老エルフだがそれ以外では少女の姿(カモミール)に戻り生活している。 老エルフになる理由は老婆の売る薬の方が効きそうだからと商魂たくましい800年生きているエルフ。 ナオキに二階の部屋を貸している。 アイリーン ギルドの受付狐獣人で異世界のことを教えてくれる。 ちょくちょくナオキに直接依頼しに来る。 セーラ ゲッコー族で隠密や鑑定を得意とする種族の少女。 奴隷で石化の魔法をかけられていたがナオキに直してもらう。 バルザック 犬の獣人のおっさん。 セーラと同じく奴隷だったがナオキが解放し墓守の仕事をこなしている。 駆除人 見どころ 駆除人 本作品の一番の見どころはやはり清掃員兼害虫駆除ではないでしょうか!! まず他の異世界転生系漫画では見られない駆除人。 その内容も生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かし魔物を戦わずして倒していくというもの。 歴代の勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達し敵なしの状態で、丁寧な仕事や奴隷を開放したり、Bランク冒険者アイルを一撃で倒すことで夜伽でもいいから一緒にいたいという美少女が出てくるのですが手を出さないところが読んでいて面白かったです。 中盤でどうしようか悩むシーンもありましたがそこの思想とかも見どころになるのでは? と思いました(笑) 強くなっても職人 先ほども書いたのですが勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達して得たスキルポイントをかっこいい攻撃魔法とかではなく全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として極めていくところが面白いなと感じました。 異世界って未知の世界で只でさえ好奇心をくすぐられるのに作品の数だけ違う異世界があって楽しさ、面白さが尽きないのでいいですよね。 今回ご紹介させていただいた『駆除人』は異世界転生で最強スキルで無双しながら冒険ではなくて、生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かしながら異世界で自分らしく旅していくという、とても個性的な作品でした。

次の

駆除人【あらすじ解説】

清掃員 異世界

こんにちはユレオです。 漫画や小説などのコンテンツには流行り廃りというものがあり、その時々でブームになっているテーマがありますが、そうしたブームが一周すると、様々なひねりを加えた作品が生まれます。 最近では異世界転生ものの小説や漫画がたくさん創出され、ありとあらゆる「異世界転生や異世界を舞台にした作品」が生まれました。 ブームが起きているということはそれだけ競争も激しく、面白い作品が生まれるものですが、今日ご紹介する漫画は異世界転生をテーマにした漫画ですが、かなりひねりが加わった作品で、ある意味新しい面白味があります。 タイトル:駆除人 作者 :原作. 花黒子 漫画. 浅川圭司 連載期間:2017年~ 巻数 :既刊3巻(2019年6月) この漫画は清掃員が主人公という、異世界転生もの中ではかなりひねりがある作品です。 小説が原作となっているのですが、最近コミカライズされて漫画版が発売されている作品で、大変面白いのでご紹介したいと思います。 清掃員が異世界で大活躍!「駆除人」のあらすじ 主人公のコムロ・ナオキは清掃員兼害虫駆除を行う清掃業を営んでいますが、ある日不慮の事故で死亡し、気が付くと見知らぬ異世界の地で目を覚まします。 ナオキは異世界で生きていくための術を見つけるために、ギルドで適正訓練を受けますが、ナオキには剣の才能も魔法の才能もありませんでした。 その為、 生前の仕事としていた清掃員兼害虫駆除の知識を生かして、異世界で害虫駆除を行います。 ナオキは下水に住み着いたネズミを殺鼠剤で大量に駆除し、そのネズミの死骸を魔物が住む森に捨てるのですが、ネズミを食べた魔物も殺鼠剤の影響で死に絶え、さらにその魔物を死体を食べた大型の魔物も餌食となる負の連鎖が起きて、ナオキはあっという間に大量の経験値を積み、瞬く間に高レベルになります。 引用元:駆除人 ナオキは歴代の勇者がレベル55という世界で、数日でレベル38に到達したのですが、その レベルアップで得たスキルポイントを全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として異世界で生きていくこと決めます。 スポンサーリンク 「駆除人」は異世界ファンタジー世界で生活の為に害虫駆除を行う内容 「駆除人」はよくある異世界に転生した事で高スキルを持ち異世界で無双する内容ですが、「害虫駆除」という現世の職業を異世界に持ち込むという一風変わった物語となっており、基本的にモンスターと戦うのではなく、モンスターとして枠組みから外れる「ネズミ」「蜂」「ゴキブリ」といった害虫を倒したり、清掃業で建物を綺麗にするといったことで生計を立てます。 ナオキはギルドの売れ残りの「つまらない依頼」を引き受け、下水のネズミの駆除や家に住み着く蜂の駆除を行うために、異世界にある毒草や、獣の油を使って殺鼠剤を作ります。 そして下水に住み着くネズミに似たモンスターを駆除したのですが、死体の処理に困った結果、森に捨てることになるのですが、ネズミの死骸を食べたモンスターも駆除しことになり、森に住むモンスターを倒してレベルが短期間で上昇し、それに伴い身体能力も上がります。 その後は、簡単に大型モンスターを倒せる力があるにも関わらず、ギルドの依頼の中でも低レベルな害虫駆除や清掃業の仕事を受けて、大型スズメバチの巣を巣ごと爆破して全滅させたり、屋敷に住むゴキブリを御手製の殺虫剤で全滅させる等、清掃員兼害虫駆除業者としての仕事をこなして生活費を稼ぎます。 害虫とは言え人をも倒す大型の害虫を大量に駆除することもあり、あっという間に高レベルになるのですが、 レベルアップで得たスキルを全て非戦闘スキルに割り振り、異質な強さを持つ存在となります。 引用元:駆除人 ナオキは生活も安定したころで異世界の全てを知りたいと考え、自分の目で見るために旅に出ることを決意します。 異世界もののマンガの中では異質なテーマですが王道ファンタジーの内容も満たし、異世界で清掃員兼害虫駆除人が今後どうなるか続きが気になる内容で、お勧めの異世界転生マンガですので、ぜひご覧ください。

次の

駆除人【あらすじ解説】

清掃員 異世界

こんにちはユレオです。 漫画や小説などのコンテンツには流行り廃りというものがあり、その時々でブームになっているテーマがありますが、そうしたブームが一周すると、様々なひねりを加えた作品が生まれます。 最近では異世界転生ものの小説や漫画がたくさん創出され、ありとあらゆる「異世界転生や異世界を舞台にした作品」が生まれました。 ブームが起きているということはそれだけ競争も激しく、面白い作品が生まれるものですが、今日ご紹介する漫画は異世界転生をテーマにした漫画ですが、かなりひねりが加わった作品で、ある意味新しい面白味があります。 タイトル:駆除人 作者 :原作. 花黒子 漫画. 浅川圭司 連載期間:2017年~ 巻数 :既刊3巻(2019年6月) この漫画は清掃員が主人公という、異世界転生もの中ではかなりひねりがある作品です。 小説が原作となっているのですが、最近コミカライズされて漫画版が発売されている作品で、大変面白いのでご紹介したいと思います。 清掃員が異世界で大活躍!「駆除人」のあらすじ 主人公のコムロ・ナオキは清掃員兼害虫駆除を行う清掃業を営んでいますが、ある日不慮の事故で死亡し、気が付くと見知らぬ異世界の地で目を覚まします。 ナオキは異世界で生きていくための術を見つけるために、ギルドで適正訓練を受けますが、ナオキには剣の才能も魔法の才能もありませんでした。 その為、 生前の仕事としていた清掃員兼害虫駆除の知識を生かして、異世界で害虫駆除を行います。 ナオキは下水に住み着いたネズミを殺鼠剤で大量に駆除し、そのネズミの死骸を魔物が住む森に捨てるのですが、ネズミを食べた魔物も殺鼠剤の影響で死に絶え、さらにその魔物を死体を食べた大型の魔物も餌食となる負の連鎖が起きて、ナオキはあっという間に大量の経験値を積み、瞬く間に高レベルになります。 引用元:駆除人 ナオキは歴代の勇者がレベル55という世界で、数日でレベル38に到達したのですが、その レベルアップで得たスキルポイントを全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として異世界で生きていくこと決めます。 スポンサーリンク 「駆除人」は異世界ファンタジー世界で生活の為に害虫駆除を行う内容 「駆除人」はよくある異世界に転生した事で高スキルを持ち異世界で無双する内容ですが、「害虫駆除」という現世の職業を異世界に持ち込むという一風変わった物語となっており、基本的にモンスターと戦うのではなく、モンスターとして枠組みから外れる「ネズミ」「蜂」「ゴキブリ」といった害虫を倒したり、清掃業で建物を綺麗にするといったことで生計を立てます。 ナオキはギルドの売れ残りの「つまらない依頼」を引き受け、下水のネズミの駆除や家に住み着く蜂の駆除を行うために、異世界にある毒草や、獣の油を使って殺鼠剤を作ります。 そして下水に住み着くネズミに似たモンスターを駆除したのですが、死体の処理に困った結果、森に捨てることになるのですが、ネズミの死骸を食べたモンスターも駆除しことになり、森に住むモンスターを倒してレベルが短期間で上昇し、それに伴い身体能力も上がります。 その後は、簡単に大型モンスターを倒せる力があるにも関わらず、ギルドの依頼の中でも低レベルな害虫駆除や清掃業の仕事を受けて、大型スズメバチの巣を巣ごと爆破して全滅させたり、屋敷に住むゴキブリを御手製の殺虫剤で全滅させる等、清掃員兼害虫駆除業者としての仕事をこなして生活費を稼ぎます。 害虫とは言え人をも倒す大型の害虫を大量に駆除することもあり、あっという間に高レベルになるのですが、 レベルアップで得たスキルを全て非戦闘スキルに割り振り、異質な強さを持つ存在となります。 引用元:駆除人 ナオキは生活も安定したころで異世界の全てを知りたいと考え、自分の目で見るために旅に出ることを決意します。 異世界もののマンガの中では異質なテーマですが王道ファンタジーの内容も満たし、異世界で清掃員兼害虫駆除人が今後どうなるか続きが気になる内容で、お勧めの異世界転生マンガですので、ぜひご覧ください。

次の