筋肉 けいれん。 筋けいれん・こむらがえり

筋けいれんの治療と予防 — みんな健康

筋肉 けいれん

症状のポイント:• または「筋(すじ)がつる」という。 こむらがえりの頻度として、高齢者の大規模研究では50%以上が夜間筋けいれんを経験している。 男女差はない。 筋けいれんの発生頻度は年齢とともに増加し、高齢者を苦しめる疾患の1つである。 妊娠に関連して、33~50%の妊婦は筋けいれんを経験しており、週数が進むに連れて、症状が増悪する傾向にある。 子どもに起こる筋けいれんは7. 3%にみられ、成人の筋けいれんと臨床所見が異なる。 約2分間持続する筋けいれんを年に1~数回経験する程度である。 病態機序は必ずしも明らかでなく、伴う疼痛の原因も明確でない。 症状治療:• 非薬物療法:• 筋けいれんを起こし得る基礎疾患の治療をまず第一に考える。 次に薬剤性が疑われるのであれば、疑わしい薬剤を中止して筋けいれんの症状が軽減することを確認する。 ストレッチ:• 非薬物療法として、散歩、ストレッチ、マッサージが筋けいれん予防法として推奨される。 ストレッチはアキレス腱から下腿後面を伸ばすよう指導し、1回10~30秒を数回、それを1日2~4回実施してもらう。 筋けいれんの治療は筋けいれんを生じている筋を伸展させることで、速やかに回復させることが可能である。 最も簡単な方法は、膝を伸ばしながら足を背屈させることである。 薬物療法:• RCTの薬物療法で効果があると報告されたものはビタミンB群とシュウ酸マグネシウムである。 妊婦ではマグネシウム塩が有用な可能性がある。 夜間のこむらがえりに対する薬剤:• 下記のアルゴリズムに沿って評価を行うとよい。 筋けいれんの診断アルゴリズム:• 生理的筋けいれんは、激しい運動後または安静時に誘発される数分で改善する下肢筋の筋けいれんが多い。 これらの所見と異なる場合は、代謝性筋疾患やミオパチーなどの背景疾患を評価する。 こむらがえりの原因疾患は多岐にわたり、生理的なもの、薬剤性、塩分喪失性、脊髄性(筋委縮性側索硬化症、球脊髄性筋委縮症[Kennedy-Alter-Sung症候群]、多発性硬化症など)、末梢神経性(糖尿病性ニューロパチー、尿毒症性ニューロパチー、アルコール性ニューロパチーなど)、筋性(McArdle病、垂井病、甲状腺機能低下性ミオパチー)、破傷風、血行不全性(夜間有痛性萎縮、有痛性間欠性跛行)、機能性(書痙など)、中毒性などである。 (鑑別疾患: )• 痛みの持続時間、誘発時間、他の所見などを参考に背景疾患を絞り込み追加の評価を行う。

次の

筋肉が痙攣しピクピクする原因は?病気やストレス?治し方・対処法は?

筋肉 けいれん

歩いているときに突然脚が引きつり、刺すような痛みを感じたことはありませんか?これはといって、さまざまな原因によって起きる不随意筋収縮です。 この記事では、家庭で実践できる、筋けいれんを予防・治療するためのいくつかの自然療法をご紹介します。 簡単にできるものばかりで、特に毎日の習慣を変える必要はありません。 前述のように、筋けいれんはさまざまな原因によるもので、自分自身でコントロールすることができない筋肉の動きです。 一般的な原因には次のようなものがあります:• 水分や塩分の不足• 酸素の不足・血行不良• 筋肉の長時間の緊張• 乳酸の蓄積(アスリートに一般的です)• 寒い場所で急に動いたり、何らかの動きを繰り返したり、激しく動いたりすること• 冷たい水に急に触れること• アルコール依存• ある特定の薬を服用すること• 腎不全• 筋肉疲労• 代謝異常• カルシウム・マグネシウムの欠乏• ビタミン不足• 不適当な姿勢で眠ること• 仕事中・勉強中の姿勢の悪さ• 運動不足 胃けいれんは、ストレス、胃の病気、食べ過ぎ、便秘などさまざまな原因によって怒ります。 手や手首も、手根管症候群として知られる血行障害(コンピューターでよく仕事をする人に起こりやすい) などにより、けいれんが起こりやすい部位となっています。 しかし、前述のいくつかの原因からも予想できるように、けいれんが最も起こりやすい部位は脚です。 筋けいれんが起きると、 けいれんしている部位の局所的な疼痛や、 鋭い痛み・刺すような痛みを感じる場合があります。 筋けいれんを予防・治療するためのヒント けいれんに悩まされているとき、最も良い改善方法は、 痛みを和らげ、緊張した筋肉をリラックスさせるために、軽いストレッチをすることです。 理学療法やマッサージ、枕なしで眠ることも、首と肩の筋肉のけいれんを予防するために優れた方法です。 ヨガや太極拳も全身に効果があります。 血液がしっかり体に酸素を供給できるよう、のも良いでしょう。 脚がしばしばけいれんする場合は、脚をクッションにのせるか、壁を使って脚を上げてみてください。 眠るときに、脚の間にクッションを挟んだり、お湯を入れたボトルや温熱パッドなどを使って脚を温めたりすることも効果があります。 また、 けいれんを予防するためには、栄養も非常に重要です。 オレンジ、アーモンド、ブロッコリー、緑色野菜、豆乳、乳製品などのカルシウムが豊富な食品や、ナッツ、全粒の穀物、カカオ、豆、海藻や大豆粉など、マグネシウムが豊富な食品を摂りましょう。 一日1本ですし、水分補給も忘れないようにしてください。 普段からたくさん運動するのであれば、脱水症状を防ぐために水やスポーツドリンクで十分に水分補給し、毎回しっかりとストレッチをしましょう。 こちらもお読みください: その他のヒント:• 一日中こまめに水分補給する。 ゆったりとした服を着る(特にボトムスと靴下)。 寝る前に温かいお湯にゆっくりつかる。 足首周りのエクササイズをする。 歩くとき、爪先ではなく、かかとに体重をかける。 時々、うつぶせになって脚を伸ばした姿勢で眠るようにする。 利尿作用のある自然食品を摂る。 けいれんする部分に、きつくなりすぎないように気を付けながら、ゴムバンドを巻く。 筋けいれんの自然療法 以下で紹介する、 自然のものだけを使用した、効果的な治療法を試してみてください。 治療法その1 材料• イチョウの葉 適量• 水 1カップ 用法 水を沸騰させ、イチョウの葉を加えて10分間煮出し、火を止めてください。 これを漉したものを毎日飲みましょう。 治療法その2 材料• (パインツリー、またはのエッセンシャルオイルで代用しても構いません)• オリーブオイル 用法 2つのオイルを同じ量(数滴で十分です)手に取って混ぜ、手のひらの間で温めてください。 これをけいれんしている部分に塗ることで、 熱とオイルの効能が痛みを和らげるのに役立ちます。 こちらもどうぞ: 治療法その3 材料• 蜂蜜 1テーブルスプーン• りんご酢 1テーブルスプーン• 適温のお湯 1カップ 用法 全ての材料を混ぜ、時間を置かずに飲んでください(熱すぎるお湯を使ってやけどしないように気を付けてください)。 治療法その4 材料• マスタード・シード 1ティースプーン• 水 1リットル 用法 水を沸騰させ、マスタード・シードを加えて10分間煮出しましょう。 これをバスタブに張ったお湯に加えて、 お湯が冷め始めるまで入浴してください。 Hawke, F. , Chuter, V. , Walter, K. 2012. Non-drug therapies for lower limb muscle cramps. Cochrane Database of Systematic Reviews. CD008496. pub2 Minetto, M. , Holobar, A. , Botter, A. 2013. Origin and development of muscle cramps. Exercise and Sport Sciences Reviews. 0b013e3182724817.

次の

甲状腺と筋肉痛・筋けいれん・筋力低下[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック大阪]

筋肉 けいれん

そもそも「痙攣」とは? そもそも、痙攣がどのような症状なのかわからないという人も多いでしょう。 まずは、痙攣とは何なのか確認していきます。 痙攣は無意識に起こる筋肉の収縮です。 通常、筋肉は脳が神経に命令を出し、神経からの指令を受けて動きます。 歩く、食べる、運動するなどの動作は神経から筋肉に命令が届き、それが正常に実行されることによって行われているのです。 ところが、痙攣が起こるときは脳や神経が正常に働いていません。 脳から神経、筋肉へと適切な命令が伝わらないため、体を動かす必要がないときに筋肉が動いてしまうのです。 こむら返りも痙攣の一種 痙攣と言うと手足の震えやてんかんの発作などを思い浮かべる人は多いです。 しかし、痙攣にはひきつるという意味も含まれており、手足のつりやこむら返りも痙攣の一種とされています。 手足が痙攣を起こす原因 多くの場合、痙攣は脳や筋肉に起こる異常が原因で引き起こされると考えられています。 痙攣の具体的な原因について確認してみましょう。 筋肉の疲労 激しい運動をした後は手足が痙攣しやすいです。 これは筋肉が疲労し、筋肉内にあるマグネシウムやナトリウム、カルシウムなどのミネラルのバランスが崩れてしまうことが影響しています。 ミネラルは神経伝達や筋肉の収縮に関わる栄養素なので、筋肉内でミネラルバランスが崩れると脳や神経からの命令を正常に受け取れずに、痙攣が起こるのです。 高熱の影響 4歳くらいまでの子どもは高熱を出すと、両手足に対称の痙攣を起こすことがあります。 多くの場合はしばらくすると治まりますが、5分以上高熱による痙攣が続く場合はすみやかに救急車を呼びましょう。 書痙 普段は正常なのに、文字を書こうとするときに手だけが痙攣を起こす場合は「書痙(しょけい)」の可能性が高いです。 書痙はストレスや筋肉に力が入ってしまうジストニアという病気が原因で引き起こされます。 特に作家や記者、ライターなど書くことに対してプレッシャーが大きい職業の人や人前で字を書く機会が多い人に見られることが多いです。 病気 脳や甲状腺の病気によっても痙攣は引き起こされます。 脳の病気 脳腫瘍や脳梗塞になると、手足が痙攣して、上手く動かせないことがあります。 左右どちらかの手足だけが痙攣する場合や頭痛、吐き気、上手く話せないなどの症状があるときはすみやかに医師の診察を受けましょう。 甲状腺の病気 女性に多い甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症も手足の痙攣を引き起こす病気として代表的です。 甲状腺の機能に異常があると、ホルモンの分泌が乱れ、ミネラルが不足して痙攣が起こります。 甲状腺の病気は20代から30代の人にも多いです。 動悸がしたり、短期間で体重が大幅に変動したりと他に自覚症状がある人は一度、甲状腺ホルモンの値を調べられる血液検査を受けてみると良いでしょう。 広告 手足の痙攣を起こさないようにする方法 病気が原因でない場合、手足の痙攣はいくつかの方法で予防できます。 痙攣で慌てないために、予防法を知っておきましょう。 筋肉に疲労を蓄積させない 筋肉に疲労が溜まるとミネラルバランスが乱れて、痙攣が起こりやすい状態になります。 そのため、 痙攣を予防するにはできるだけ筋肉に疲れを溜めないことが大切です。 筋肉が疲れるような激しい運動をした後は使った筋肉をストレッチして疲労を取り除きましょう。 夜は入浴して全身の力を抜き、ゆっくりと睡眠をとることも心がけてください。 適度な運動を心がける 筋肉に疲労を溜めたくないからと言って、全く体を動かさないのはおすすめできません。 普段から意識的に体を動かさなければ、年齢とともに筋肉量は減少します。 筋肉量が減少したときに、体を動かすと、一部の筋肉にかかる負担が大きいです。 継続して運動していなければ、軽い運動でも筋肉が疲労してしまうので、日常生活では体を動かすことを意識しましょう。 運動が苦手な人は歩く距離を増やしたり、自転車に乗って出かけたりするだけでも、運動不足を予防できます。 ミネラルを摂取する ミネラルのバランスが乱れているときはできるだけミネラルを摂取するようにしましょう。 スポーツドリンクで運動中の痙攣を予防 運動中はミネラルバランスが崩れやすいので、水ではなくスポーツドリンクで水分補給してください。 ミネラルがバランスよく含まれたスポーツドリンクを飲むことで痙攣を予防できます。 食生活にミネラルを取り入れる 頻繁に痙攣を起こす人は食事にミネラルを取り入れましょう。 マグネシウムが多いアーモンドやカルシウムの多い小魚などを食べるとミネラルバランスの乱れを改善できます。 ストレスを溜めない 書痙や甲状腺の病気を引き起こす原因の一つがストレスです。 日ごろから、人間関係などに悩んでいる人は趣味などに時間を費やし、ストレスの発散を心がけましょう。 ストレスを発散させるとぐっすりと寝られるので、筋肉疲労の予防にもつながります。 できることから手足の痙攣を予防しよう 手足が痙攣するとどうしたらいいのか戸惑ってしまいます。 多くの場合、手足の痙攣は数分で治まりますが、他に 自覚症状がある人や痙攣が頻繁に起こる人は一度医師の診察を受けましょう。 痙攣の原因が病気でない場合はできることから対策をして痙攣を予防してください。

次の