寝 ぐずり。 寝ぐずり・起きぐずりをする赤ちゃんの対処方法

ぐずり泣きを放置しても大丈夫なのでしょうか?

寝 ぐずり

子育て4コマ漫画:毎晩寝ぐずり!どうしたらいいの!? 眠くなるとグズグズする!寝ぐずりとは? 寝ぐずりとは、 赤ちゃんが眠たいのに眠れなくてグズグズする状態です。 大人は眠くなればすぐに眠ることができますが、赤ちゃんは眠ることも不自由なのです。 月齢が低いうちは、すんなり眠れないので、寝る前にたくさん泣いて、体力がなくなって眠ってしまう赤ちゃんもいるでしょう。 毎回寝かしつけるのに何十分もかかる、ということもめずらしくなく、パパママを悩ませます。 夜泣きと間違われることもありますが、夜泣きは赤ちゃんが一度完全に寝てしまった後に、半分寝て半分起きた状態で泣き叫んだり、ぐずぐずしたりすることです。 寝ぐずりの始まる時期と終わる時期 生後6ヶ月頃よくみられますが、生後1ヶ月や2ヶ月といった早い時期から寝ぐずりが始まる子もいるようです。 ママによっては「うちの子は生まれた時から寝ぐずっていた」という人もいます。 終わる時期も1ヶ月で終わる子もいれば、半年以上続く子もいます。 いつから始まりいつ終わるかは、個人差がありますが 通常は1~2歳で終わることが多いようです。 まだ解明されていない!寝ぐずりの原因 赤ちゃんがどうして寝ぐずりするのか、その原因はまだ解明されていませんが、大きく3つの原因が考えられています。 ただし赤ちゃんによっても状況によっても理由は様々です。 赤ちゃんが自我を主張している• ママやパパに甘えたいという気持ちを表現している• お腹がすいている、湿疹などでかゆい、暑い、寒いという不快サイン 眠くなるたびにぐずる子もいれば、寝起きにぐずる子もいるため、赤ちゃんの個性が寝ぐずりの原因に大きく関係していそうだと考えられています。 寝ぐずりしたら試して!グズグズしだした時の対処のコツ6つ 原因はどうあれ、乳幼児の寝ぐずりは親にとって辛いものですが、グズグズするのはママやパパの対処によって軽減させることができます。 寝ぐずりを少しでも早く卒業してもらうために、次のようなコツを覚えておきましょう。 1添い寝で安心させる 寝ぐずり対策には、 安心感や包まれる心地よさを感じる添い寝が効果的です! 寝ぐずりする赤ちゃんは、睡眠リズムが整わない、興奮していてまだ遊びたい、部屋が暗くて不安など、心細い気持ちになっているのです。 そんな時大好きなママの側に寄り添うことで、「いい匂いだなぁ」「温かくて気持ちいいなぁ」と安心すると、リラックスしていつの間にかウトウトし始めますよ。 ただし添い寝はSIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす一因と考えられていますので、ベッドインベッドやベッドサイドベッドを活用することをおすすめします。 2昼間は外でたくさん遊ばせる 赤ちゃんも生後6か月頃になり、離乳食も進み始め、だんだん体力がついてくると、体力が有り余ってくることがあります。 そのような状態で運動や刺激が足りないと、すんなり眠れないこともあります。 天気のよい昼間は外に出て、お散歩したり、公園に行ったり、 たくさん体を使って遊ばせましょう。 外の空気を吸うだけでも、脳にとってよい刺激になります。 程よく疲れると、気持ちよく眠りやすくなります。 ただし、 興奮させ過ぎる、長時間外で遊ばせるなど、赤ちゃんに負担をかけることをするのはNG!風邪や夜泣きの原因になります。 3昼寝は17時まで! 昼寝の時間を決めず、毎日赤ちゃんが眠たいタイミングで、赤ちゃんが眠るだけお昼寝させていませんか?生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは睡眠時間も長く、お昼寝との区別もなかったかもしれませんが、生後3~4ヶ月頃になると徐々に体内時計ができてくる頃です。 早寝早起きの生活リズムを作りましょう。 お昼寝する時間や状況は家庭によって様々ですが、できれば昼食後の早いタイミングでするのがよいでしょう。 17時を過ぎてもお昼寝していると夜の寝ぐずりに繋がりますので、どんなに遅くとも 15時頃までにはお昼寝ができるように環境を整え、17時までにはお昼寝を切り上げましょう。 4寝る前にたっぷりスキンシップをする パパママとのスキンシップは、赤ちゃんの心の安定にとてもよいです。 スキンシップには幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンを分泌させる働きがあり、このオキシトシンの働きにより 子供の落ち着きが増し、親子の絆が形成できると考えられています。 また掛川市が作成した「スキンシップのすゝめ」によると、子供へのスキンシップは 多動や不注意の減少、社会性の向上にも役立つそうです。 オキシトシンには浮気防止効果もあり、赤ちゃんだけでなく一緒に子育てをする ママとパパの間の絆を深める働きがあります。 ですから寝る前の赤ちゃんへのスキンシップ担当をパパに行ってもらうのも家庭円満への一つの方法です。 日中は赤ちゃんとのスキンシップ遊びを増やし、寝る前は赤ちゃんに優しくたっぷりスキンシップをして、落ち着き満たされた気持ちで睡眠に入りやすくしてあげましょう。 「大好きよ」と目を見て声掛けしてあげるとなおよいです。 5入眠儀式!睡眠の質を上げよう 入眠儀式とは、 毎晩繰り返して眠る前に行う行動のことです。 毎晩の習慣をつけてしまうと、「もう寝る時間だな」と赤ちゃんも分かるようになり、すんなり眠れるようになります。 入眠儀式を行うと、睡眠の質がよくなるとも言われています。 寝ぐずりの時間が減り、夜中に起きても短時間でまた眠りに入れる、連続して眠る時間が増える、というデータもあるようです。 入眠儀式の内容は決まっていないため、赤ちゃんとパパママが楽しくスキンシップを取れることが大切です。 パパママがリラックスして、簡単に毎日続けられるようなことがよいでしょう。 おススメの入眠儀式• ガーゼやぬいぐるみなど赤ちゃんのお気に入りのものを用意する• オルゴールのCDをかけたり、歌を歌ったりする• 手をつないだり、お腹をトントンしたりする• お腹をくるくる撫でるなど、ベビーマッサージをする• 絵本を数冊読む• 6ママのゆったりリラックスした対応 寝ぐずりが続くとママも疲れてイライラしてくるでしょう。 この ママのイライラが赤ちゃんに伝わって、余計にぐずぐず泣いてしまう場合があります。 寝ぐずりは、赤ちゃんがうまく眠れるようになれば落ち着きます。 それまでの辛抱です。 パパと交代したり、赤ちゃんと離れる時間を作ったりしてリフレッシュし、落ち着いて対応するようにしましょう。 赤ちゃんは眠るのもまだ下手!落ち着くまで見守ろう 外の世界に出てきたばかりの赤ちゃんは、最初はおっぱいを飲むのもうまくありませんでした。 眠ることもまだ下手なのです。 「眠いなら寝ればいいのに」と思いますが、寝ぐずりにうまく対応できる1~2歳頃には落ち着いているものなので、今はゆったりした気持ちで見守りましょう。 「なんで?どうして?」と悩んでばかりではママにストレスが溜まってしまいます。 を工夫してり、上記で紹介した対策を行っても、何をしても寝ぐずりしちゃう赤ちゃんはいます。 もちろん個人差はありますが、未だに原因が解明されていないことですから、すっぱり諦めて「今だけだから」と思って、ストレスフリーで赤ちゃんを育ててあげましょう。 寝ぐずりも、 「赤ちゃんが眠いと自己主張できるようになった成長の一歩」だと思うと、少し気が楽になるかもしれません。

次の

赤ちゃんの寝ぐずりについて知っておきたいこと

寝 ぐずり

赤ちゃんは刺激を受け続けています 赤ちゃんは、起きている間にさまざまな刺激を受けています。 生まれて初めて見る世界、珍しい物や音、風や光の刺激など、赤ちゃんは見るもの聞くもの触るものがすべて新鮮。 そうした刺激を、脳に次々とインプットしていきます。 そのため、赤ちゃんの脳はすごいスピードで発達しています。 また、脳だけではなく、体もぐんぐん大きくなっています。 生後3か月には生まれた時の約2倍の体重になるほどですから、その成長はめざましいものがありますよね。 そんな赤ちゃんの成長を支えているのが、数時間おきのこま切れ睡眠。 赤ちゃんは数時間おきに眠ることによって、脳の情報を整理し、体を休めて体力を回復させているのです。 保健師さんのワンポイント正常な赤ちゃんは、一日に何回も寝たり起きたりを繰り返す「多相性睡眠」という睡眠をとります。 赤ちゃんの睡眠時間は月齢によって様々ですが、• 新生児~3ヶ月児では約18時間• 4~6ヶ月児は約15時間• 6ヶ月~1歳くらいまで約13時間 と、成長するにつれて段々と短くなってきます。 また、1歳までは24時間(昼夜)の生活リズムもできていません。 睡眠時間がある程度多かったり少なかったり、または夜に寝てくれないと思っても、それ程心配ありません。 赤ちゃんも人間ですから個人差があります。 大事なのは、赤ちゃんのペースにお母さんが合わせてあげる事です。 低月齢の赤ちゃんが起きていられるのは2時間が限界 低月齢の赤ちゃんは、刺激を受ければ受けるほど短時間で疲れてしまいます。 その限界は、約2時間。 2時間以上起きていると、小さな赤ちゃんは疲れすぎて、眠いのに眠れなくなります。 赤ちゃんはもともと眠ることが下手です。 そのため、刺激や疲れがたまると眠るどころか興奮して泣いてしまい、ますます眠れなくなって激しく泣き続ける、という悪循環に陥っていくのです。 こうした理由を知らないと、赤ちゃんが眠れなくて泣いているにも関わらず、ママが見当外れな方法で泣き止ませようとして、赤ちゃんがますます泣いてしまうことも。 赤ちゃんはただ眠りたいだけなのに、授乳されたりあやされたりすると、ますます興奮してしまいますよね。 ママの間違った対応が、泣き止まない原因となることもあるのです。 保健師・看護師さんのワンポイント赤ちゃんは泣くことでお母さんに何かを伝えようとしますが、全ての欲求が満たされていたとしても泣くことがあります。 そのような時は、すぐに赤ちゃんを抱っこせず、赤ちゃんを刺激しないとように落ち着いた環境でそっと見守ることが大事です。 赤ちゃんは泣くことで心臓や肺の機能を鍛えています。 泣くことも赤ちゃんの成長の一部だと思って見守ってあげて下さい。 低月齢のうちは2時間以上起こしておかないのがコツ 赤ちゃんが泣いている時は、まず本当に授乳が必要か、オムツや室温など不快なところはないかを確認した上で、何時から起きているのかをチェックしてみましょう。 もしも赤ちゃんが起きてから2時間以上たっていたら、赤ちゃんが疲れすぎて眠いのに眠れない状態になっていると考えた方がよさそうです。 その場合、ママがするべきことは授乳でもあやすことでもなく、赤ちゃんをただ落ち着かせること。 抱っこしてそっと揺らしたり、毛布やおくるみなどでくるんであげると、赤ちゃんはリラックスしてくれます。 抱っこすることでさえ刺激になって泣いてしまう時などは、布団に寝かせて手を握ってあげたり、優しく声をかけたりして見守ってみましょう。 保健師・看護師さんのワンポイント赤ちゃんが2時間以上起きていて、赤ちゃんがミルクやオムツなどが問題ないのに興奮して眠れないような時は、お母さんも一緒にリラックスして横になってみてはどうでしょう? 「何故この子は寝ないの?」と、お母さんの方が心配でストレスになってしまっては逆効果です。 お母さんのストレスが赤ちゃんに伝わってしまう事があります。 落ち着いた環境を整えて、赤ちゃんのペースに合わて見守りつつ、お母さんも一緒になってリラックスして過ごして下さい。 2時間という区切りを意識してスケジューリングをしてみましょう 赤ちゃんは泣くのが当たり前とはいえ、疲れすぎて眠いのに眠れずにぐずることが続くと、ママも大変です。 また、授乳の時間に赤ちゃんの眠さのピークがきてしまうと、ぐずって十分におっぱいが飲めないまま寝てしまい、空腹ですぐに泣いて起きるという悪循環に陥り、生活リズムをととのえることが難しくなる可能性もあります。 そこで、この 2時間という区切りを意識して、1日のスケジュールを組んでみましょう。 生後3ヶ月の生活リズムの具体例はこちら• ポイントは、赤ちゃんが眠くなる前にしっかり授乳をし、眠くなる時間帯にはすぐに眠りに入れるようにしておくこと。 赤ちゃんの生活リズムの基本的な考え方 たとえば、朝起きてから2時間たつ頃に午前中のお昼寝の時間を設定し、目が覚めたらそこからまた2時間たつ頃に、午後のお昼寝を設定するといった具合。 授乳は、眠りと眠りの合間、しっかり目が覚めているタイミングで行うように心がけます。 もし予定外の行動でスケジュールが狂ったら? もしも外出や来客などで、授乳やお昼寝がずれ込んでしまった場合は、赤ちゃんが疲れと眠気でぐずることがありますので、上記のように刺激を避け、静かに見守ったりおくるみなどでくるんであげたりして、眠ることを優先させてあげましょう。 赤ちゃんが十分に眠ったら、そこからまた約2時間後に眠くなることを想定して、授乳などのタイミングをはかってくださいね。

次の

ぐずり泣きを放置しても大丈夫なのでしょうか?

寝 ぐずり

ぐずり泣きを放置しても大丈夫なのでしょうか? 生後1ヶ月半を過ぎて、徐々に抱っこじゃないとお昼寝できないといった感じになってきました。 可愛いので泣いてるのをみるとついつい抱っこしてあげてしまうのですが、ただ、ずっと抱っこし続けるのも体力を消耗しますし、ただでさえ夜も授乳でまとまった睡眠が取れておらず妻もかなり憔悴してきている感じです。 そこで友人などに相談したところ、「毎回とはいわないけれど、泣いても適度に放置して泣き疲れさせて寝させるというのも手だよ。 泣きつかれるのに小一時間はかかるけどね。 」と教えてもらいました。 なるほどとは思うのですが、以前、「ぐずり泣きで放置して疲れさせて寝させるのは子供の成長上よくない」という話を耳にしていたので、イマイチ踏み込めないでいます。 そこでぜひ先輩お母さん、お父さん方のご意見を伺いたいのですが。 みなさまはどのようにされていましたでしょうか? 赤ちゃんにとっては泣くのは仕事で唯一の全身運動でもありますから泣いても放置して大丈夫ですよ。 でも放っておきすぎると怒ったりすねちゃうので、手が離せない時だけ放っておくとかのほうがいいと思います。 放っておく時も「ママお仕事中だから」とか一言かけたほうがいいと思います。 どこまで理解できるかわからないけど、赤ちゃんなりに理解してくれると思えるので。 逆にもう少ししたら泣き疲れないと眠れないという時期が来ますので、その時は思いっきり泣かせてください。 動けなくても体力はついてきているのに自力で消耗できないので、抱っこで寝かしつけてもすぐ目を覚まして泣いたりしますから。 放置はよくないという話も赤ちゃんが無視されていると感じるためではないでしょうか。 なんとなくですが側にいて疲れさせるためにわざと泣かせているのと、放置するのでは赤ちゃんの態度が違うように思えます。 前者はぐっすり眠りますが、後者はすねてしまったのかちょっと態度が悪かったです。

次の