桜 を 見る 会 何 が 問題。 【桜を見る会】問題点をわかりやすく解説!小学生でもわかる簡単まとめ

「桜を見る会」問題で「検察が動かない」理由~「詰んでいる」のは安倍首相の「説明」(郷原信郎)

桜 を 見る 会 何 が 問題

こんにちは。 きよです。 「桜を見る会」についての報道が収まる気配を見せません。 こんなにも話題になるということは国民のみなさんの関心が高いからということですよね? それは 「桜を見る会」が税金で賄われているからということで、国民の関心が高いのも当然です。 「桜を見る会」は毎年4月に行われてきた国家行事のひとつですよね? テレビでも、華やかに着飾った芸能人やスポーツ選手らが総理大臣を囲んで桜を楽しむ姿が毎年報道されています。 この毎年行ってきた「桜を見る会」が今年は突然 問題があるのではないかと指摘されているのです。 なぜ今年に限って 「桜を見る会」が問題視されるようになったのでしょう? 今回は 「桜を見る会」の何が問題なのか?をわかりやすく解説していきます。 また、今回の問題で 政府のスキャンダルの可能性についても見ていきます。 スポンサーリンク Contents• そして、 桜を見る会への招待客は各府省庁からの意見を内閣官房と内閣府が取りまとめて選ばれます。 この招待客に関して 安倍首相になってから桜を見る会への 招待客が年々 増えているというのです。 招待客が増えているということはもちろん 支出額も 増えていっているのです。 引用元:毎日新聞 表から見てもわかるように、 2014年時点での実績支出は3005万円です。 桜を見る会の 私物化とはどういったことなのでしょう? 桜を見る会の招待客については芸能人の参加に注目が集まりがちですが、実は 招待客の中には安倍首相を支持する後援会等の人たちもいるのです。 その桜を見る会に招待されている後援会等の人数が多すぎるのではないか?との指摘があり、このことについても問題とされているのです。 スポンサーリンク 桜を見る会とは何が問題?さらにわかりやすく解説! 桜を見る会の問題点・国会での答弁について 桜を見る会の問題点が、国民の税金が使われていることと年々実績支出が増えていること。 また、桜を見る会に安倍首相の後援会等の人たちも招待されているという点が分かりました。 では、 この桜を見る会の 問題点について 政府はどのように 答えているのかわかりやすく解説していきたいと思います。 まず予算や招待客が増えていることに関しての国会の答弁の様子がこちらです。 桜を見る会そのものが悪いとは思っていない 招待客選考基準も公になっているものを見る限りでは特に問題ない では何が問題なのか? もう一度田村議員の質問をしっかり聞いて下さい — こいせん koisen 予算の増加についての質問に対しては、 テロ対策の強化や混雑緩和などを理由として上げていますが、田村智子議員は 「支出額のほとんどを占めているのは飲食代ですよ!」と反論しています。 また、招待客が増えていることについての質問には 各界での功績のあった人々を幅広く招待しているとの答えでした。 これって、招待客が増えている理由になっているのでしょうか? 正直、テレビで見る桜を見る会に招待された芸能人を見ると 「この人は去年どんな活躍をしたのだろう???」と首をかしげたくなる方もいますよね^^; つまり、この国会の答弁で田村智子議員が 一番問題にしているのかをわかりやすく言うと 「安倍首相になってから山口県の安倍首相の後援会等の人たちが桜を見る会に参加しているのはおかしいのではないか?」ということです。 安倍首相は あいさつや接待は行うけど、招待客の選出には関わっていないと答えていますが苦しい言い訳にしか聞こえないですよね^^; しかも、山口県の安倍首相の後援会等の人たちへの招待状は安倍首相の事務所から届いたようです。 また、支出額が増えた理由のひとつの テロ対策の強化についても 手荷物検査もなかったということが分かっているので、このことについても支出額が増えた理由になっていませんよね。 桜を見る会の問題点・来年開催について突然の中止発表 ここまで、 桜を見る会についての 問題点を見てきましたが、このような内容を報道番組では連日のように取り上げられて様々な議論がされてきました。 そんな中、 2019年11月13日に2020年の桜を見る会を中止するとの発表がありました。 多くの方がこの突然の中止の発表に空いた口が塞がらなかったのではないかと思います。 「そんなに言うんなら、来年は開催しなければいいんでしょ!」といった 逆ギレなのかと思ってしまいました^^; 桜を見る会は1952年に始まった行事です。 これまで約70年近く行われてきたのですが、これまでに桜を見る会が中止になったのは 3回ありました。 1995年 阪神・淡路大震災• 2011年 東日本大震災• 2012年 北朝鮮弾道ミサイル発射 このように、桜を見る会が過去に中止になったのはきちんとした 理由があったわけです。 しかし、今回の桜を見る会の中止については理由が明確にされていません。 考えられる理由としては 国会でも色々と追求されたし、国民の反応が良くないからといったところでしょうか? でも、 国民が 知りたいのは中止にするかどうかではなく、 なぜ中止にするのか?ということですよね。 もちろん、桜を見る会には税金が使われているのだから必要ないとの判断であれば中止ではなく廃止の方向で考えてほしいと思います。 まず、桜を見る会自体と言うよりは、「各方面に功績のある人」を招待していると言いながら、安倍政権になってから多量に不透明な基準で人を招待しまくり、予算を増大させたことが税金の私物化であると批判しているわけです。 スポンサーリンク 桜を見る会は政府のスキャンダル! また、11月18日の夜に 鳩山由紀夫元首相が自身の ツイッターで 政府のスキャンダルについての意見を投稿されたというのです。 これはどういうことかと言うと、先日女優の沢尻エリカさんが麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことに多くの方が衝撃を受けましたよね? この沢尻エリカさんの逮捕こそが 政府のスキャンダル隠しだと鳩山由紀夫元首相は伝えているのです! 沢尻エリカさんが麻薬で逮捕されたが、みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である。 私も桜を見る会を主催したが、前年より招待客を減らしている。 安倍首相は私物化し過ぎているのは明白である。 — 鳩山由紀夫 hatoyamayukio このように、鳩山由紀夫元首相は 「みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯した時、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」と言い切っています。 確かに! 政治の桜を見る会の問題よりも沢尻エリカさん逮捕のニュースのほうが国民にとっては一大事です! 桜を見る会の話題よりも 沢尻エリカさん 逮捕の話題のほうが 関心は大きいですよね^^ また、鳩山由紀夫元首相は桜を見る会についても 「安倍首相は私物化しすぎているのは明白である」とも言っています。 やはり、鳩山由紀夫元首相が 政府のスキャンダルというのは安倍首相の桜を見る会にまつわる問題なのでしょうか? 政府のスキャンダルについての真相は分かりませんが桜を見る会の問題については国民は納得していないということは確かだと思います。 桜を見る会についてのまとめ 今回は「桜を見る会」の何が 問題なのか?を わかりやすく解説していきました。 桜を見る会の問題点をわかりやすくまとめるとこのようなことです。 桜を見る会には国民の税金が使われているけど、支出額が年々増えているのはどうしてか?• 桜を見る会への招待客の人数が増えている理由は何か?• 桜を見る会への招待客に安倍首相の後援会等の人たちも含まれているのはなぜか?• 2020年の桜を見る会の中止の理由は何か? このようなことが桜を見る会の 問題点として挙げられているのですが、国会答弁などを見ても国民が納得できるような 答えがないのが現状のようです。 また、今回の問題で鳩山由紀夫元首相がツイッターで 政府のスキャンダルについてコメントされていますが、これが桜を見る会に関することだとすれば 公職選挙法違反での 逮捕者が出る 可能性があるということなのでしょうか? 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

安倍首相は「桜を見る会」問題で「久兵衛」を6回連呼 謎が深まる「すしミステリー」の行方は?

桜 を 見る 会 何 が 問題

にまつわる問題ですが、報道が多岐にわたるため、そもそもこの会の「何」が問題になっているのか分からなくなるかもしれません。 そこで、これについて整理してみてはどうかという声がありましたので、調べてみました。 とは皇族や各国の駐日大使や国会議員や各省庁が推薦する各界の功労者を集めて行われる行事で、昭和27年 1952年 に始まり、それ以来ほぼ毎年行われています。 この会の存在自体を問題視する人はほとんどいません。 では何が問題なのか? 自分としては、主な問題点は4つあると思います。 ・お金がかかりすぎ ・など法律違反の可能性 ・反社会的勢力との関わり ・証拠資料破棄など政権による対応 【お金がかかりすぎ】 まずお金についてですが、は年々規模が大きくなり、2018年には予算の3倍の約5200万円のお金がかかっています。 は税金でまかなわれているイベントなので、これも一つの問題ですね。 「首相が各界の著名人らを招いて毎年四月に東京・で開く「」の費用が、二〇一八年度は予算の三倍となる約五千二百万円に上ったことが、十三日ので明らかになった。 第二次安倍政権の過去五年間、同じ額の予算を計上しているが、実際の支出は毎回、予算を上回り、増え続けている。 参加者の増加が主な原因だ。 」 【など法律違反の可能性】 とその前の「前夜祭」 夕食会 には、安倍首相の地元の後援者の人たちが招かれており、これがなどの法律に違反していると指摘されています。 「告発状によれば、国の予算で首相が毎年開催する「」で、安倍首相が地元後援者約850人を招いて酒食を提供したことは、違反の疑いがあるとしている。 さらには、で開かれた前夜祭で、1人5千円の会費を徴収してホテル側に支払ったのに、に記載しなかった。 従って、に抵触すると主張している。 」 また、夕食会ではホテルの利用料金が異様に安かったことから、その差額が事務所によって補填されていたかもしれず、そうなるとこれも違反、あるいは贈にあたる可能性があると指摘されています。 「まず、夕食会がホテルの上記最低料金で行われたとして、その正規料金との差額、つまり500万円弱の費用が後援会(ないしは事務所)によって補填されていたかもしれません。 そして、もしもそうならば、この場合はが禁止する寄附行為に当たる可能性があります。 の第199条の2第1項は、現職の政治家(候補者も)が選挙区内の人に寄附をすることを禁止しています。 たとえばお中元やお歳暮、病気見舞いや出産祝い、地元の行事への寸志や差し入れ、飲食接待などがこの寄附行為に当たります。 また、政治家本人はもとより、政治家の後援団体(後援会など)が行う寄附も、政治家の寄附同様に禁止されています。 」 また、には各省庁の推薦とは別に国会議員の「推薦枠」があり、安倍首相はこれを使って後援者を呼んだのですが、首相のみならず、「私人」とされたはずの首相夫人 の推薦枠もあったことが分かっています。 これを使って呼ばれた人たちも参加していたとのこと。 【反社会的勢力との関わり】 には「半グレ」と呼ばれるような反社会的勢力 反社 のメンバーが参加しており、またで有名な「」の会長も参加しており、この会への参加が反社の社会的信用を高め、その活動に利用されたと指摘されています。 また、内閣は会の開催費が膨らんだ理由の一つに警備強化をあげていたのに、実際には警備が手薄だったことも判明。 「二〇一五年にに招待されていた「」の祥元会長は四十年以上前にも国会招致され、の世界では「有名人」だった。 会に招待された前年には、元会長が主導した事業を巡り、から行政指導を受けたばかりだった。 …翌年に届いた会の招待状について「追い詰められた山口氏にとって、救世主の役割を果たした。 が最後の荒稼ぎをしようとしたことに手を貸した」と批判した。 」 さらに、反社との関わりを追及されたは、反社会的勢力の定義は「一義的に定まっているわけではない」と述べます。 しかし、実は2007年 第一次安倍政権 の時点ですでに以下のように反社会的勢力を定義していたことが判明。 「暴力や威力、あるいは詐欺的な手法を駆使し、不当な要求行為により、を追求する集団や個人の総称」 これは、が2007年に出した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」に基づいたもの。 しかし政府はこれを追及されても、重ねて、反社会的勢力について「限定的かつ統一的に定義することは困難である」としています。 【証拠資料破棄など政権による対応】 自分としてはこれが一番の問題だと思いますが、政府はこの件について追及されるとについての証拠資料を破棄するなど、到底誠実とは言えない対応をしています。 上で述べた反社の定義をうやむやにするようなこともその一つです。 「」の招待者名簿などの資料は、 野党が資料開示請求をした直後 約一時間後 にシュレッダーで破棄されています。 当初、はこの理由を「シュレッダーは前から予約していたが、たまたま開いていたのがその時間だったから」と説明していましたが、後から出した資料でそれより前に空き時間があったことが判明。 「5月9日(木)正午ごろ、野党が「」の資料の開示請求を行ったところ、その約1時間後の午後1時20分~2時45分に、人事課の職員がシュレッダーで資料を破棄した これについては、シュレッダーを予約したのは4月22日で、各局の使用が重なったため調整した結果、連休明けの5月9日になったと説明していたのだが… 野党の追及が強まった理由は、が新たに提出した「大型シュレッダー貸出使用者記録表」にある。 …資料が正しいとすると、5月9日以前にも空きが複数存在したことになる。 」 さらに、文書の他にも電子データのバックアップが残っていたことも判明。 しかしこれについても政府側は 「バックアップデータは公文書ではない」「復元は考えていない」と答弁。 「は4日午前の記者会見で、の招待者名簿を記録した電子データについて、今年5月に国会で資料要求があった時点で、バックアップデータが残っていたことを認めた。 一方で、「(バックアップデータは)公文書でなかった」とし、国会議員の資料要求に応じる必要はなかった、との認識を示した」 「首相主催「」の招待者名簿が廃棄された問題で、政府は名簿の電子データについて「復元することは考えていない」とするをした。 」 また、この文書は保存期間が「一年未満」とされていますが、この「行事等の名簿」の保存期間が「一年未満」という規定が出来たのは2018年のこと。 さらには2019年にこの資料を廃棄した後から、資料の対象をせばめて「行事等の案内の発送等」の保存期間を一年未満と定めています。 この「一年未満」の規定は、政権が都合の悪い資料を破棄するために利用されているのではないかと批判されています。 「ところで、この保存期間「1年未満」という言葉。 以前も聞いたことがないでしょうか。 公文書の管理をめぐっては、一昨年から去年にかけて問題が相次ぎました。 の「日報」、に国有地を売却した際の「交渉記録」も、保存期間「1年未満」という扱いでした。 「廃棄した」という説明に批判が集まりました。 行政文書は内容に応じて保存期間の基準が決められ、5年、10年、30年などに分けられます。 「管理簿」に文書のリストがまとめられ、誰でも見ることができます。 この管理簿を使って情報公開請求も行うことができます。 ところが「1年未満」文書は「例外」という扱いで管理簿にも登録されず、自分たちの判断で廃棄できます。 当時「抜け穴」と強い批判があがりました。 ちなみに「」の招待客選定に使われる推薦名簿は、以外の主な省庁では保存期間は最短でも3年 、他には5年 など や10年 など としているところも。 証拠資料がないと疑惑は疑惑のままで、「可能性」とか「疑い」とか言われることになります。 そうすると「はっきり黒と決まったわけではないのだからいいじゃないか」という気になってきますが、疑惑を向けられた側が、自分で証拠を破棄しておきながら「証拠がないから無罪」という主張が許されるべきではないと私は思います。 他にも「シュレッダーの性能」「障害者を盾にする」「野党叩きに転嫁」「デマが流れる」などいくつか問題はありますが割愛。 政府は過去にも公文書改ざんや統計不正問題を起こしてきました 統計不正は2004年から行われてきたので現政権だけの問題ではないですが。 またの水増しやいい加減なデータに基づいた立法 など なども行ってきました。 過去に行われてきたこうした不正が許されてきたことが、今につながっているとも言えるでしょう。 記録文書の不正は国家の信用を揺るがす問題ですし、こうした記録に基づいて行われる政策全ての信頼性と有効性を揺るがすものです。 今回の件が許されてしまえば、また今後も虚偽に基づいた政策が行われ、それは国民全体の不利益になりかねないことだと考えます。 empirestate.

次の

桜を見る会の問題点をわかりやすく簡単に解説!参加者や歴史についても紹介!

桜 を 見る 会 何 が 問題

桜を見る会そのものが悪いという話じゃない。 今の安倍政権主催の桜を見る会は明らかに無駄に「肥大化」して「私物化」してきた。 そこが問題なのでは?という話なのです。 桜を見る会を開いたことが問題ではなく、 公的行事を私物化したのが問題とどこも報道してるのに、 安倍信者は脳が悪いからすぐ「有った、無かった」論にしてしまう。 だから、民主党の時も桜を見る会は「有った」と論点をずらして安倍擁護。 予算内。 予算額の2~3倍近くの税金を浪費。 前夜祭で公職選挙法違反疑惑。 招待客が民主党時代は少なくとも規定の1万人だったし、「総理枠」で850人も招待してないし、予算の2~3倍も使ってない。 吉田茂が初回の「桜を見る会」を開催してから、この会の存在じたいが問題なのではない。 安倍政権が税金で催されるこの会を「私物化」して、ふさわしくない人を招待し、 予算の2~3倍も税金を投入した上に、ツアーを企画し支持者を接待する公職選挙法違反の疑いが問題なのです。 実際に前夜祭ではホテルオータニで立食パーティーで、飲み物自由。 寿司が出たらしいが、それが名店の銀な久兵衛の寿司。 とても、会費5000円で収まる金額ではない。 では、その差額分は誰が出したのだろうか? 安倍事務所が補填したとなれば、これは立派な利益供与で贈賄罪です。 もう一つは「桜を見る会」に誰を招待するかの問題。 議員枠があるがその議員がどんな人を推薦したかが論点。 民主党時代は同党が「党関係招待者検討チーム」を作り、 選考基準を示して所属議員から招待者を取りまとめていた。 基準は「民間人を優先」「国民から疑惑を持たれないよう配慮」とある。 このため推薦が概ね「会の当初の目的」にあったものでした。 民主党政権時代は民主党議員に招待枠(4名)があり、地元支援者を招待していました。 支援者であっても「地元の功労者」であれば問題無いはずです。 ただの後援会の会員で「功労者でない人」は問題外。 自分の親や家族や地元の後援会などのタダの人を呼んでいる議員はダメ。 せめて地元でも文化人を呼んで交流の場を広げてもらうとか、税金を使う意味があるような人を推薦するべき。 税金で家族サービスした上に逆ギレする「三原じゅん子」なんて論外。 母とおばを招待。 どんな功績が有ったのだろうか、疑問。 鳩山元総理ですら招待したのは40名程度だった。 安倍総理の後援会だけで「850人」は論外です。 850人の後援会の人間はいるでしょう。 しかし850人が、なんらかの功績が有る人? そんなの無理でしょうね。

次の