ママスタあいのりもも。 あいのり・桃さん「彼は顔出しOK。“著作権フリー”なんです」

あいのり桃・元旦那の佐藤寿一がかわいそう?両親の心境は?

ママスタあいのりもも

付き合う時も結婚を意識して 付き合いということです。 カメラマンで成功するという 夢の為に始めたようですね。 — LLC LLC02406769 言いたいことがまとまらないくらいにありすぎます。 ヒデ フジ 閉鎖• 磯野さんに限らず、「子供が欲しい」ということが世の中の夫婦の離婚原因の一つになっているということは言えそうです。 30半ば、結婚出産を真剣に考えているなら自分も大人にならないといけないと思います。 職を転々としていた20代から、会社経営者として成功を収めるまで来られたのは、なぜだったと思いますか。 あいのりブログ1 でもあいのりでカップルになった アヤさんとは付き合っていたようですね。 それにしてもクロの家の寝室 ごちゃごちゃしすぎじゃない? カウンターの上もすごいし。 ただ、通いやすく、出生率が高く、医師との相性など、病院を選ぶ基準は人それぞれですし、追及の必要もないように感じますね。 元旦那の佐藤さんはお仕事がお休みの日は、桃さんにランチを作ってあげたりしていたみたいですね。 それにしても5番目の「めんどくさい」は、シンプルながら当事者の本心が多分に詰まっているように感じます(笑) あいのり桃と元旦那の離婚に対する世間の反応は? 二人の離婚に対する世間の反応はどうだったのでしょうか? あいのり桃、すきでもきらいでもなかったけど、離婚ブログ見たらほんとうに可哀想に思えた。 90万。 引っ越されて1年経ちますが、どこに住んでるのか? マンションがどこなのか気になってる方が多いようです。 あいのり・桃に嫌いの声多数!原因は新彼氏?ブログもたびたび炎上! いやーほんと羨ましい! 私もこんな暮らしがしたいもんです。 血液型:O型• 一方のユウちゃんは、スタッフに付き添われ「こんなんじゃ、もう恋愛は出来ません」と泣いています。 年齢:22歳• でっぱりんが誰を選ぶのか最後の最後まで分からなくて、観ている側までドキドキでした! 告白相手は新メンバーのあきら 【あいのり】あきらのインスタ・ツイッター・YOUTUBE情報!でっぱりんが一目惚れ? — Sally shiawasesagshi あきらは旅が始まってまだ6日ですが、でっぱりんが告白をしたのはあきらでした。 2012. 私、なくすものがないんですよ。 1組目は元あいのりメンバーの 嵐こと 五十嵐恭雄さんと インスタグラマーでモデルの えりか 中村江莉香 さんです。 2011年9月21日閲覧。 そんなあいのり桃さんの旦那さんと言えば、 コールドストーン店長さんです。

次の

『あいのり』桃が新彼氏と京都旅行へ! 1泊6万円のホテル宿泊も、“ママ活”疑惑浮上!|日刊サイゾー

ママスタあいのりもも

ブログを覗かせてもらうと、 海外旅行にも頻繁に出かけていて、 煌びやかで、楽しい日々を送られているようです。 コメントにも沢山の意見が寄せられていて、 ファンが多いみたいですね。 ところがその桃さん。 【したらば掲示板】では、 常に炎上中なんです。 まあ、出てくるわ出てくるわ、 悪口のオンパレード。 ブログのコメント欄に文句を書いても消されてしまうので、 ここぞとばかりに不満を書きなぐっています。 何故、ここまで不人気なのか? その秘密を探ってみました。 それでは、 あいのり『桃 』したらばで炎上中!【女性の多くを敵に回す】小悪魔性の秘密に迫る! をお送りします。 スポンサーリンク 桃さんwikiプロフィールまとめ• 名前:桃(旧姓:遠山桃子)• 生年月日:1985年3月12日• 出身地:東京都出身• 血液型:A型• 身長:157cm• 学歴:立命館大学文学部心理学科卒業 桃さんは、4人兄弟の次女で、 末っ子として生まれました。 中学3年生までの7年間を、 イギリスで過ごした帰国子女です。 立命館大学出身、高学歴なんですね。 後に、小悪魔キャラと計算高さで、 世の多くの女性に嫌われてしまう彼女ですが、 出演前に下地ができていたというところでしょうか? 卒業後は、航空会社関連に一度就職しています。 あいのりに出演するのが夢だった彼女は、 何度目かの面接でやっと合格して、 直ぐに退職しました。 その後、あいのり収録までは、 「コールド・ストーン・クリーマリー」 というアイスクリーム屋でバイトをしています。 現在の旦那さんは、このアイスクリーム屋の、 店長だった佐藤寿一さんです。 あいのりで、もてもてだった桃さん、 『梅男』とカップル成立をして、 日本に帰りました。 その後、直ぐに破局しています。 でも、結婚後も梅男さんと、 会っていたという、しかも、 それをブログでご報告してしまうという。 そんなところも、彼女が、 アンチ心をくすぐる理由のようです。 スポンサーリンク あいのり桃の誰もが羨む生活! 男性の目からみても、桃さんは、 かわいいと思います。 彼女は、自分がどうしたら、 一番可愛く見えるのかをよく分かっているようです。 あいのりでのエピソードなのですが、 桃さんには、番組内で『クロ』という親友が出来て、 2人で『こーすけ』を好きになりました。 クロは『こーすけ』に告白し、 フラれて日本に帰国することになりました。 親友との別れに桃は号泣しました。 女同士の友情と言いますか、ちょっとキュンとしますよね。 ところが、『クロ』が帰国後、直ぐに『こーすけ』に、 言い寄ったりしました。 他のメンバーに対しても、 計算高い言動と行動が目立ちました。 そんな彼女が、あいのりから帰ってきて、 ブログを始めたら、直ぐにコメント欄が炎上しました。 炎上するべくして炎上したというところでしょう。 その後、アメブロで、並みいる芸能人を抑えて、 ずっとトップの方に君臨しています。 そろそろ他のあいのりメンバーみたいに、 ラインブログに移らないのかな? 桃さん、ブログでは、定期的に炎上ネタを提供しています。 妊娠しましたとウソの報告• 震災時に買い占め、ファンにも推奨• 芸者さんの恰好で悪ふざけ などなど、それで経常的に炎上してアクセスが集まり、 広告収入を得ています。 アンチも含めて収入源なんですね。 人気ブロガーの桃さんが、 ブログで稼ぐ金額は、 月に300万とも言われています。 それで、海外旅行に出かけたり、 おいしい料理を食べたりしているのを、 ブログで見せつけられるのだから、 アンチにとったらたまったもんじゃありません。 嫌いなキャラが優雅で羨ましい生活をしている。 その怒りのパワーが、更にアクセスを生みます。 天然なのか、 計算高いのかわかりませんが、 正に魔性の女です。 そんな桃さんへの強がりか? はたまた事実なのかわかりませんが、 【アメブロ陰謀説】まであります。 アメブロが、一般人に近い桃さんに目をつけて、 広告料を稼いでいるという話です。 実際のところはわかりませんが、 それでも、ついつい覗きたくなる。 嫌いなものを見てしまう心理。 心理学を学んだ彼女ならではの、 処世術なのかもしれませんね。

次の

あいのり・桃さん「彼は顔出しOK。“著作権フリー”なんです」

ママスタあいのりもも

友達でもないし一度もお会いしたことがないが、あいのり・桃(とよく紹介される)女性のブログやネットニュースを定期的に見る機会が訪れる。 私との共通点は「年齢が近い」「独身」ぐらいしかないが、なんか、色々な意味で 生き方に注目してしまう。 彼女は数年前に離婚し、今はバツイチ。 今年に入って10歳年下の彼氏ができたらしく、しばらくはその恋愛日記やキス写真を赤裸々に公開したり、謎YouTubeを更新したり、子どもは結婚前でもほしいです的な発言をして炎上していたが、しかし2ヶ月後には涙の破局を迎え、連載していたwithの恋愛コラムは「もう恋愛の話をするのが辛くなってしまって」と休止することになった。 少しずつ立ち直り、しばらくは自分磨きや友人との時間を大事にしていくと思いきや、割と早めに「恋愛したい気持ちが出てきた」とマッチングアプリ等を駆使した婚活?を再開し、数ヶ月前にはTinderで年下の男性と意気投合し、その男性が彼氏となったらしい。 すぐに半同棲状態となり、最近では付き合って2ヶ月記念日を迎え、そろそろ両親に紹介するんだ、的なブログを更新していたのが私の知る限りの「桃」の最新情報である。 けっこう詳しいな、と自分で思ってしまった。 毎週必ずブログをチェックしているわけではないのだが、ニュース記事で謎に彼女の生活進捗がアップされるため、興味本位で見に行ってしまうことが多いかもしれない。 いったい彼女の何に興味があるのか? 最初は正直、「私と状況がまあまあかぶる」ことから生まれた好奇心だった。 桃に10歳年下の彼氏ができて、平たく言えば暴走していたように思える状況の頃、私にも8歳年下の彼氏がいた。 まあそれだけなんですけどね。 付き合っているときになぜかその話が出たことすらあった。 「この子、よく知らないブロガーの子なんだけど、10歳下の彼氏らしいよ」 「へえ、俺らとまあまあ年齢差近いね。 」 「ただ、若干浮かれ過ぎのように思えるから、私も気をつけなければならない」 「そうだね…お互い慎重にならないと」 「とりあえずこんなに逐一デートの状況をアップしたりはしないから安心してくれ」 偶然旅行先が同じ箱根だったりしたこともあったが、その旅行のブログに桃カップルの温度差を感じたため、「同じ道を辿らないように気をつけねば」と気を引き締めたこともあった。 旅行後、程なくして彼女たちは破局した。 私たちの箱根旅行はうまくいったものの、その後、別の機会で彼との温度差を感じる出来事に遭遇していた。 いろいろな偶然に導かれ、「もしかして桃と同じ道を辿るのだろうか」と薄々覚悟のようなものを抱き、そしてそれは現実のものとなった。 桃のことは嫌いではないが、上記のように、正直言って反面教師にしていた時期があった。 この場を借りて申し訳ないと言いたい。 桃のYouTubeやブログのコメントを見ていると、重箱の隅をつつくような理不尽な否定もあるにはあるが、「でもそれって最もだよね」「そこをアップデートすれば、今よりもっと素敵な人になるのだろうな」と思う指摘も、実はかなりある気がしている。 でも本人にとってはアンチのコメント全てが雑音であり、論理的ではないものなのかもしれない。 自分の生き方を包み隠さず見せながら、「そのままで大丈夫だよ、正しいよ、がんばっているよ、いつか幸せになれるよって言ってほしい」と伝えているような、謎の圧を感じる。 今回この日記で何を伝えたいのか。 私自身も正直よく分かっていないが、 最近の桃を見ていると、少し心配になってしまうのだ。 新しい彼氏とはうまくいっているようで、それは良いことだと思う。 そんなもので「彼氏にこんなことを言ってもらった」「こんなサプライズをしてもらった」「ぎゅーってしてもらった」「本当に感謝」的報告が日々ブログを通して行われているが、 なんというか、辛らつではない意味で、「彼氏に自分を幸せにしてもらいすぎ」な気がしている。 幸せや感謝の基準が全て彼氏なのだ。 それってなんだか勿体ないというか、あなたの価値って、誰かがいてくれないと成り立たないものなのだろうか。 たぶん少し違う。 桃には桃の価値が、ひとりでいたってあるはずだ。 自分を過小評価しすぎな気がするし、彼氏がいないと幸せになれないスパイラルは、ほんとうの意味での幸せとはたぶん言い難いのではないだろうか? 外野から見たらそう思ってしまうが、ほんとうに余計なお世話なのだろうな。 「今の彼氏がいてくれて寝つきも良くなったし、そんな私を見て、お母さんも涙を流して喜んでくれた」 もうすぐ35歳の女性にしてはだいぶエモーショナルな昂りだな、とか、「お母さん」、か……と同世代の私でも思うが、焦点はそこではなく、 なぜ、彼氏や男の人がいないと寝つきが良くならないのだろうか。 10歳年下の彼氏との日々は2ヶ月だったはずだ。 正直そこまで長期間メンタルがやられてしまう期間の思い出ではないはずだ。 そう真っ先に考えてしまう私は人の心ではないのかもしれないし、おそらく桃の中では10歳年下彼氏とよりも数年結婚生活をしていた元夫との日々が尾を引いているのだろうが、離婚理由(レス)をあんなに赤裸々に語っているわけだし、自分で選択をしたわけだし、寝つきはそろそろ良くなっていってほしいし、どうしても無理なら元夫に再び歩み寄ればいいと思う。 なんとなくだけど、きっと受け入れてくれる。 たぶん桃は自分に自信がなくて、 その自信のなさを、愛してくれる誰かに埋めてもらおうとしてしまう人なのだ。 それが鍵だ(なんの?)。 でもそれは私にも覚えがあるし、だからこそ桃のことは嫌いにはなれない。 嫌いにはなれないけれど、最近の彼女を見ていると、私は桃のようにはなれない、と思う。 正直、そこまで絶対に毎日恋愛をしなくても なんとかなってしまうし、割と幸せなのだ。 それは今の年齢だから言えることなのかもしれないけれど。 みんなひとりひとり別々の個性。 誰かになる必要はないけれども、 とにかく彼氏がほしい、結婚したい、誰かといたい、と偶然に任せる運命のマッチングアプリを毎秒駆使するほどの野心や情熱や焦燥感が 今の私にはない。 どちらが正しい間違いと言いたいわけではない。 桃は結局、自分のなりたい自分や幸せ像にまっすぐなだけ。 誰になんと思われようと、自分の理想とする幸せを掴むために努力をしているポジティブな女性なのだ。 本人のマナーやらそのあたりは置いておくとして、そのまっすぐさ自体を否定できるか?私はできない。 きっとそういう努力をなりふりかまわず続けられる人が、理想の恋愛や結婚や、世間で言われる幸せを勝ち取るのだと思っている。 ほんとうに運命の人かは分からなくても、彼女は彼女の思う幸せに向けて、とにかく意地でも彼氏を作ろうとしている。 そしてそのバイタリティは、おそらく「ひとりでは幸せになれない」という自己肯定感の低さと固定観念によって培われている。 少し寂しく、でも「それは違うよ」とは言い切れないからもどかしい。 私自身、たまにそういう焦燥感に駆られて「がんばろうかな」とスイッチを押すときがあるけれども、悲しいかな、すぐに「ひとりで充実」してしまう。 恋愛はとても楽しく素晴らしいものなのに、 恋愛から離れると、少しだけ自己肯定感が強まる自分もいる。 「ああ、無理していたんだな」 「ひとりでいると本来の自分を思い出せる」 今まで何度そう思っただろう。 桃の強さと弱さは、恋愛に向いていると思う。 誰にも止める権利はない。 でも彼氏がいないときでも自分には価値があるってこと、誰か近くにいる人が教えてあげてほしい。 …たまに絶望的に落ち込む私が言えることでもないけれどね! でも自分が恋愛カオス物語の渦中にいないときって、こういう客観的な視点が育っていくのかもしれない。 生かしていかないとなあ。 そして、冷たい人になりすぎないように。 エッセイ 恋愛 フィクション.

次の