フォックス ライ。 【楽天市場】コッパーフォックス ライ 45度 750ml:お酒のちゃがたパーク 楽天市場店

コッパーフォックス ライ

フォックス ライ

概要 [ ] 「スターフォックス」チームのリーダーとして登場する、の姿をしたキャラクター。 キツネの姿で描かれているのは「ありきたりなSFのデザインにしたくないので、動物のキャラクターにしたい 」というの提案によるものと、任天堂の旧本社から近い場所に位置するにちなんだものとなっており 、神社と関連付けたのは戦闘機でゲートを潜るシーンからを連想したためである。 名前の「フォックス(Fox)」はでキツネを意味するが、伏見稲荷大社の地元にあったチーム「稲荷フォックス」が名前のモデルである。 姓の「マクラウド(McCloud)」はからフォックスの姓の案を依頼されたイギリス人プログラマーのディラン・カスバート(シリーズ第1作目の制作に参加。 後にの代表取締役としてシリーズに関わる)が語呂から決めた (なお、マクラウドは英語圏に実在する姓である)。 作品ごとによって顔つきや毛の質感などが異なるが、基本的には緑色(SFC版では黄土色)をした上下一体型のの上に白地のジャケット、頭に通信用のヘルメット、そして首にスカーフという、戦闘機のパイロットを思わせる服装をしている。 性格の描写がされていないSFC版を除いたシリーズを通しての性格は、正義感が強く非常に真面目で仲間思いであり曲がった事が大嫌いといった典型的な主人公タイプである。 真面目すぎて少々融通が利かないという短所も持ち合わせているため、それが災いして時折仲間と衝突する事もある他、その気性故にリーダーでありながら危険な任務を単独で引き受ける場合もあり、メンバーからもその事をたしなめられる事がある。 『アドベンチャー』ではフォックス以外のメンバーが諸事情から全員バックアップに回っていたためにその事がわかり辛い節があったが、64版や『アサルト』『ゼロ』ではその一面が強く強調されている(アンドルフの元に一人で乗り込む、敵の手に落ちたエリアの妨害装置を単独で潰しに行くなど)。 また、キャットやクリスタルといった女性の扱いを苦手としているようで、好感を持たれつつも彼女たちにペースを取られたり時には反感を買ったりもしている。 家族については、いずれの作品でも父親(64版以降におけるジェームズ)がアンドルフが原因で消息不明(フォックスを含めた登場人物は、みな戦死したと認識している)になったことのみが劇中で語られている。 なお、シリーズを通して一度も母親に関する話題が出たことがないが、今村の話によれば64版以降のストーリーでは母親は惑星パペトゥーンに健在であるが、危険な遊撃隊稼業をフォックスが継ぐのに反対し、以後は疎遠になってしまったとのことである。 シリーズを通して「」に乗って戦っているが、64版以降では「ランドマスター」や「ブルーマリン」といった戦闘機以外のメカの操縦もこなしており、『アドベンチャー』や『アサルト』、『』ではもこなしている。 白兵戦時は主にブラスターを手に戦うが、『アドベンチャー』ではクリスタルスタッフという魔法の棒を使ってで戦ったり、シャープクロウ族が使用しているホバーバイクを使って雪山などを疾走したりするなど、多方面で器用さがうかがえる。 また、『アドベンチャー』で棒術と蹴り技を組み合わせたコンボを使用していた事や、『さらば愛しのファルコ』でシールズ大佐一味に跳び蹴りを喰らわせていた事から格闘戦もこなせるようだ。 作品ごとの設定、特徴 [ ] 宇宙軍士官学校にてパイロットになるべく訓練していた が、コーネリア防衛軍にてパイロットを務めていた父、フォックス・シニア軍曹がアステロイドのに飲み込まれ消息を絶った ことをきっかけに退学し 、辺境の惑星パペトゥーンを拠点にアンドルフ軍の船だけを襲撃する宇宙義賊(雇われ遊撃隊 )として活動していたが 、戦果を挙げながらも金銭に恵まれず困っていたところをシニア軍曹の息子として目を着けていたペパー将軍にスカウトされ、コーネリア防衛軍が所有する最新鋭戦闘機「アーウィン」を託される。 の仲間である、シニア軍曹の元部下のペッピー・ヘア 、士官学校時代の後輩であるスリッピー・トード 、そして元ライバルの と共にアーウィンに乗り、父の消失の原因を作ったを倒すためにベノムへ向けて出撃する。 高度な操縦テクニックを必要とするアーウィンをなんなく乗りこなし、仲間達とのチームワークを駆使しながら、中に配備されているアンドルフ軍の兵器を次々と駆逐し、最後にはベノムにあるメインコントロールブレインを破壊し、アンドルフ軍を殲滅した。 この作品におけるフォックスは、本物のキツネに近いリアルなデザインとなっている。 また、クリア時などで「全機報告せよ」と仲間に通信で呼びかける以外、ゲーム中は殆ど喋らない。 故郷の惑星パペトゥーンにある宇宙アカデミーにてコーネリア防衛軍のとして勉学に励んでいた が、やとわれ遊撃隊「スターフォックス」のリーダーを務める父、ジェームズ・マクラウドがベノムで消息を絶ったことをきっかけに中退し 、父の志を継ぐべく、ベノムから生還した初代メンバーのペッピー・ヘア 、宇宙アカデミー在学時代からの親友であるスリッピー・トード 、そして宇宙暴走族「FREE AS A BIRD」の元ヘッドのファルコ・ランバルディ と共に新生スターフォックスを結成し、18歳 で2代目リーダーに着任。 ペパー将軍からアンドルフ軍殲滅の依頼を受けて出撃する。 若くしてリーダーに着任したばかりでまだまだ実力不足と思われていたが、アンドルフ軍やスターウルフとの戦闘の中で自身の成長とメンバーの信頼を勝ち取り、最後には単身でアンドルフを倒し、ライラット系を救った。 この作品のオリジナル版ではポリゴン風のによってキャラクターデザインされており、毛の質感が大幅に省かれ、顔つきも簡略化されていたが、ではオリジナル版のデザインを踏襲しつつ描き直されている。 エンディングにてフォックス直筆と思われるペパー将軍宛ての請求書が登場するが、見たところそれほど字が綺麗でないことがうかがえる。 隠しモードであるエクストラモードでは、ジェームズのようなをかけた姿を見ることができる。 64版でアンドルフを倒してから8年後、ペパー将軍から惑星調査の依頼を受け、達が棲む「ダイナソープラネット」(のちの惑星サウリア)に降り立つ。 降り立った先に刺さっていた魔法の棒「クリスタルスタッフ」を手に取り、シャープクロウ族に囚われていたアソーカ族の王子、トリッキーと共に惑星中を冒険しながら、シャープクロウ族のボス、スケール将軍によってバラバラになってしまった惑星を元に戻すために戦った。 クラゾア宮殿にてクリスタルスタッフの持ち主である少女、クリスタルと出会い、思わず一目惚れをする。 制作のこの作品では等身こそデフォルメされているものの、リアルタイムに毛並みを動かす物理演算処理により質感が大幅にリアルになっている。 それに際し、この作品ではヘルメットを外し、袖なしのスーツとベストを着用しており、頭や腕の毛並みが強調されている。 『アドベンチャー』から1年後、惑星サウリアで出会ったクリスタルをチームに加え、スターウルフを追われたアンドリュー・オイッコニーが率いる反乱軍を一掃するために出撃する。 反乱軍の基地を襲撃し、オイッコニーを追い詰めたもののその直後にあらゆるものを侵食する謎の生命体「」と遭遇。 そのアパロイドからライラット系を守るためにアーウィン、ランドマスター、ブラスターなど数々の兵器を使い分けながら戦った。 最初のミッションに出撃するまではクリスタルとは友達以上恋人未満の関係だったが、互いに助け合いながら戦って行くうちにクリスタルに対する恋愛感情を高めて行く。 リアルな毛並みを表現していた『アドベンチャー』に対し、この作品では毛並みを程々に押さえ、のような質感となっている。 また、この作品では『アドベンチャー』と同様にヘルメットを外しているほか、両肩に赤い防具のようなものがついたスーツにベスト、そして赤いブーツという服装をしている。 バトルモードでは固有キャラクターとして使用できる。 「ライフの量」、「素早さ」、「ジャンプ力」が平均的で、「アーウィン時の能力」、「ランドマスター時の能力」、「パイロット時の能力」が平均よりやや上と、バランスのとれた性能を持つ。 さまざまな事情からほとんどのメンバーがチームから離れている状態でオペレーターロボットのナウスと共に行動しており、ベノムから飛来したアングラー軍を相手に一人で戦い始める。 一人で何でも引き受けがちな性格だが、さすがに自力ですべてを円滑に解決できると思っているわけではなく、ナウスの「戦力の向上が急務」というアドバイスに素直に耳を傾け、各地に散らばったかつての仲間達やライバル達の手を借りながら戦況を優位に進めていく。 正義感が強く曲がった事が大嫌いだが少々融通が利かないという本来の性格が災いし、『アサルト』などでの戦いを経て恋愛を深めていたクリスタルとも互いを想いあった結果激しく衝突し、離れ離れになっているが、ストーリーによってはチームに復帰させて復縁したり、遊撃稼業から足を洗って結婚して子供のマーカスを授かったり、互いに全く異なる人生を歩むことになるなど、様々な結末を迎える。 この作品ではSFC版および64版と同様にヘルメットとジャケットを着用しており、顔つきこそ異なるものの64版に近い容姿となっている。 SFC版『スターフォックス』の直接の続編であるこの作品でもチームのリーダーとして登場しているが「6人のメンバーから操作キャラを2人を選んでその2名のみで戦闘を進める」というゲームシステムの都合上、プレイヤーキャラクターに選ばなければデモシーンでアーウィンに乗った状態で仲間を援護する場面のみの登場という可能性もある(これはプレイヤーキャラクター候補の6名全員に共通して言えることである)。 また、プレイヤーキャラクターとして選んだ場合も、パートナーとして追随している時はアドバイス役となる。 『スターフォックス64』以降の優等生的な口調ではないがハキハキと爽やかな喋り方であり、第1作でほとんど喋らなかった彼の性格を垣間見ることができる。 関連作品 [ ] 「ナイトアウル」コースに、マリオ、と共に看板として登場している。 シリーズ全作品に基本キャラクターとして登場。 および『』では『スターフォックス64』を踏襲したデザイン、『』『』では『アサルト』『コマンド』をベースにしたデザイン、『』では『ゼロ』をベースにしたデザインとなっている。 使用する技は全てスマブラオリジナルの技になっており、赤いレーザーを発射する「ブラスター」や、相手の飛び道具などを反射する「リフレクター」といったスリッピーが開発したという設定 の兵器をはじめ、百裂キックやサマーソルトキックなど多彩な蹴り技を駆使した白兵戦を展開する。 『X』で追加された「最後の切りふだ」は「」で、一定時間ランドマスターに乗り込んで戦うことができる。 『SPECIAL』ではアーウィンで一斉攻撃するものに変更された。 『DX』以降では『スターフォックス』シリーズのキャラクターが通信で登場し、会話を繰り広げる「スマッシュアピール」が用意されている。 『DX』『X』『for 3DS』ではペッピー、スリッピー、ファルコの3人による『スターフォックス64』風の通信会話が展開され 、『X』『for Wii U』の「ライラットクルーズ」では『DX』の3人に、クリスタル、、レオン、パンサーを加えた7人による通信会話が展開される。 また、フォックス本人もファルコの通信に登場する。 『for Wii U』の「オービタルゲート周域」ではフォックス及びファルコが対戦に参加しているとき以外にステージ選択時にコマンドを入力することで、ペッピー、スリッピー、ファルコといったスターフォックスのメンバーと共に通信で登場する。 シリアス系とギャグ系の2種類の通信シーンがあり、いずれもステージの進行状況に合わせて通信が行われる。 本人の登場はないが、『』にて宇宙飛行士ジョニーが「戦闘機乗りのキタキツネ」に会ったことがあるとフォックスを示唆する話をしている。 SFC版『スターフォックス』をモチーフとしたボスゲーム「スターフォックス」にて登場。 ミニゲーム「すれちがい伝説II」にて入手できる用の帽子のひとつとして、フォックスの顔を模した「フォックスのぼうし」が登場。 () (発売元:) コラボ出演。 容姿は『スターフォックス ゼロ』のもの。 フォックス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)2014年12月6日発売 声優 [ ] 日本語音声• - 『スターフォックス64』、『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』• - 『スターフォックス64 3D』以降の関連作品 英語音声• - 『スターフォックス』• マイク・ウェスト - 『スターフォックス64』、『スターフォックス64 3D』以降の関連作品• - 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』 、『スターフォックス アドベンチャー』• デックス・マンリー - 『スターフォックス アサルト』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』 参考文献 [ ]• 『スーパーファミコン必勝攻略ブック スターフォックス 完全版』、1993年。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス ライラット防衛作戦指令書』、1993年。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス64』小学館、1997年。 脚注 [ ] [] 脚注 [ ]• 2018年11月4日閲覧。 2018年11月4日閲覧。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス ライラット防衛作戦指令書』、26頁。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス ライラット防衛作戦指令書』、2頁。 2018年11月4日閲覧。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス64』、4頁。 2018年11月4日閲覧。 2018年11月4日閲覧。 2018年11月4日閲覧。 2018年11月4日閲覧。 4Gamer. net 2018年6月12日. 2018年6月15日閲覧。 米任天堂のスタッフ。 通信シーンのみ担当。

次の

TOPページ|FOX|FOX ネットワークス

フォックス ライ

当サイトは LiFox (ライフォックス/合資会社スタジオズー)の公式ウェブサイトです。 当サイトで使用している素材や情報は著作権法にて保護されています。 当サイトの一部または全部を無断で複製・改変・転載・転用・賃貸・配布・配信・販売することを禁じます。 サイト内の画像や文章、ゲーム内容素材を無断使用してはいけません。 当サイトの画像や素材への直リンクはご遠慮下さい。 リンク用バナーは直リンク推奨です。 放送・印刷媒体にて当サイトをご紹介の際は、事前によりご一報下さい。 当サイトは一部に成人向け(R-18)コンテンツを含みます。 未成年者(18歳未満および高校在学中の方)は年齢制限のあるページを閲覧できません。 また当サイトで紹介している成人向け商品を未成年者は絶対に購入しないで下さい。 当サイトに記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標・著作物です。 当サイトの一部には Amazon アソシエイトプログラムを使用しています。 当サイトの情報やアドレスは予告なく変更することがあります。 また管理者の都合により当サイトの運用を休止または停止する場合があります。 当サイトの使用による全ての損害・トラブルに関して、その内容に関わらず当方は一切の責任を負いません。 当サイトのご利用に関してご不明な点がありましたら、お気軽に下さい。 出版社や販売店等、お取り引き先に関するご質問にはお答えできません。 またお問い合わせの内容によっては返信できない場合があります。 お問い合わせに対する返信の一部または全部を無断で転載・改変・転用・配信することは堅くお断りいたします。 お問い合わせの際にお知らせいただいた個人情報は、お問い合わせ内容の返信目的以外には使用いたしません。 このガイドラインは予告なしに変更することがあります。

次の

フォックスファイヤーを大解剖!ブランド紹介から人気アイテム、購入場所まで

フォックス ライ

サイアミーズ・フライングフォックスの飼育難易度 飼育難易度は比較的容易な熱帯魚です。 23度から26度の水温で弱酸性から中性を好むので、ごくごく一般的な熱帯魚と同様の水質で飼育できます。 また、低層メインですが非常にすばやく泳ぎ、なにかでびっくりした拍子に水槽から飛び出すことがあるので水槽の蓋は必須です。 見落としがちですが水槽のリセット時に、バケツや飼育ケースに移したまま蓋をしないで置くと、普段の水槽環境と違うストレスから飛び出してしまうことがあります。 なので、軽い物でなんでもいいので水面から外に出ないように覆いをしましょう。 3~4センチくらいの幼魚で売られていますが、最終的には12センチくらいに達する魚なので、小さい水槽での飼育は難しいかもしれません。 2センチくらいの稚魚が3ヶ月くらいで6センチを超えるので成長速度は比較的速めです。 そのため、購入時は小型カラシンとの相性も良いですが、成長すると10センチを超えるので、場合によってはメインの魚よりも存在感が出て しまう可能性があります。 なので、最終的には60センチ水槽での飼育を念頭におく必要があります。 サイアミーズ・フライングフォックスの特徴 サイアミーズ・フライングフォックスは苔を食べてくれる魚として、オトシンクルスやアルジーイーターと並んで有名な種です。 形や苔を食べる仕草がとてもと似ていて、見ているだけで癒される魚です。 しかも、食べられる苔の種類が、サイアミーズ・フライングフォックスのほうが多いことから、 苔処理能力はオトシンクルスよりも圧倒的に高いのが特徴です。 特に、オトシンクルスが食べないような黒ヒゲ苔も食べてくれます。 食欲も旺盛なので黒ヒゲ苔に悩まされていた水槽が、いつの間にか綺麗になっていたというほど苔処理能力が高いです。 ですが、苔対策の根本的な解決にはならないので、肥料を減らすなどの対策が必要になります。 また、他の熱帯魚用に与えた人工餌も積極的に食べるので、そちらのほうが美味しいことに気づいて満腹になったりすると苔をあまり食べなくなる個体もいます。 サイアミーズフライングフォックスには同属の非常に紛らわしいよく似た魚が何種類かあり、見分けるのがとても難しいです。 サイアミーズの付かない単なるフライングフォックスやシャムフライングフォックスという名称の魚たちです。 アクアリストの間では「ニセモノ」と言われます。 「ニセモノ」は、成長すると性格が凶暴化する度合いがサイアミーズ・フライングフォックスよりはるかに高く、苔も成長すると食べなくなるので、購入する際は注意が必要です。 ちなみに、見分け方として、ニセモノは黒いラインが途中で途切れていて、本物は黒いラインが尻尾まで伸びているのでそこに注目しましょう。 サイアミーズ・フライングフォックスの繁殖 サイアミーズ・フライングフォックスの繁殖についてはあまり情報がありません。 私自身も繁殖目的で飼育したことがないので、わかりません・・。 オスとメスの見分け方として、オスがすらっとしているのに対し、成熟したメスはふっくらした体型です。 繁殖の情報は、土管のような巣に産卵するという情報がかすかにあるくらいで、あまり積極的には行われていないようです。 ですが、コイ科に属する種類の魚なので、案外簡単かもしれません。 繁殖を楽しむというよりは、あくまで苔掃除用の魚として飼うのが一般的です。 サイアミーズ・フライングフォックスの性格 幼魚の時は比較的温和な性格ですが、 1 0センチ近くの成魚になると、縄張り意識も強くなり他の魚を威嚇したり追いかけ回す ことがあります。 それでケガをさせてしまうほどではないですが、泳ぐのが上手で大きなサイアミーズ・フライングフォックスに追い回されると、ほかの熱帯魚がストレスを受ける可能性があります。 なので、混泳させる場合は、60cm水槽で2匹程度の少ない数で飼うようにしましょう。 また、水草などで隠れ家を作ってあげるのも有効です。

次の