サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク。 【ザクの系譜】ザクの種類や後継機一覧

想い出のサイコミュ高機動試験型ザクⅡを作る2

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

CG GALLERY ジオン公国軍サイコミュ試験型モビルスーツ MSN-01 サイコミュ高機動試験用ザク ZION DUKEDOM MOBILE SUIT MSN-01 ZAKU PSYCHOMMU EXPERIMENT H. TYPE 制作環境 VIRTUAL MODELER Pro ver. 0 Shade Debut R3 Photoshop 4. 1J 解 説 ジオン軍はニュータイプの持つ脳波誘導の特性を兵器に応用すべく研究を続けていた。 有視界戦が全てを支配していた戦争故に、この計画が実現すれば、旧態の電子兵器戦に匹敵する戦術が導入可能だったからである。 計画案はMS-16Xとして通案され、集大成モビルスーツとして「ジオング」の呼称が先行してつけられた。 サイコミュ・システムの試作に関しては、直接MS-16Xには装備されず、当面のデータ収集とビーム兵器のテストを兼ねて、3機の母機が用意されることになる。 1つは中型戦闘機、1つはMAN-03 ブラウ・ブロ、そして最後の1つがMS-06Fを母胎とするMS-06Zであった。 このMSN-01は、最終的に製造されたMS-06Zの3機うちの2号機にあたるもので、降着用の用途しかなかった脚部を宇宙空間用の大型推進システムに換装し、主に高速戦闘下でのサイコミュの実用性検証を行うために使用された。 作例は「MS-06Z サイコミュ試験用ザク」をベースに脚部ロケットエンジンの追加モデリングを行いました。 機体の基本色がホワイトである上、表面積の広いパーツが多いため、非常にシンプルになり過ぎる傾向があったので、この作品では初めての試みとして、全ての表面にテクスチャを貼り込みディテールを向上させることにしました。 これまでのスポット効果によるウェザリング処理よりも、質感/精密感が遙かに上がったと思うのですが、その分レンタリングに負荷が掛かる非常にデータ容量の大きい作品になってしまいました。

次の

MSV

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

概要 -01とは、の の機をし、並の高機動性を持たせた高機動オーション試作機である。 『ビ計画』まりの時点での小化と有線の採用は成功していたが、それ以外の にという機種の性的、キャパシから来る機動性の維持 を一定値満たすことが出来なかった。 その為、機の脚部推進機を剥き出しの大に変えて、機動の確保をしたのがこの-01となる。 修点の脚部はおおよその体をなしているとは言い難く、Bを考慮していない。 用であるため脚部は元々必要性が薄く、接地も着艦用ングと割りきり、どちらかと言うと人とでも言うべき機体と化している。 ただし燃料積載量上限の関係で稼働時間を大きく減らしている。 こうした燃料の問題はことでも見られ、と同じくという機種のに突き当たっていたと言える。 取り の役割を終えても解体はされなかったが、軍の劣勢に伴い、本機も実戦に駆り出されていたようだ。 は当時、-16 -16X としてZと相互補を行いながら開発が進められたが、-01の取りが進むにつれて人としての運用法の処がつき、 に称した。 また、-01には他に「 キケロガ」という機種が存在する。 キケロガは版の没案、いわゆるトミノメモに記載された没機体にと設定を付け足したものである。 の機体説明によると、どうやらビとは別に並行しての開発が進められていたようだが…設定っぽい。 関連商品 関連項目•

次の

ガンダムのザクの種類ってどれだけあるの?

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

ビルダーズパーツ MS サイトレンズ01 レッド 33年前のガンプラなので「 モノアイ」は「 水転写デカール」と物足りないです。 そこで皆は何を使っているのか調べると、半透明のピンクでゴム状のシールが多くAmazonで注文しようと検索しても見付かりませんでした。 代わりに「 」を発見。 何種類もの形を組合せ自由に作れます。 一緒に「 」も買ってあり便利なので購入。 イメージ的に長い望遠レンズでしたが小さすぎるので普通の形状を選びました。 内部が球体なので接触面が少なく不安です。 一番大変な作業かも知れません。 染みないように最初は軽く吹き掛け、乾いてから合計4度吹き掛けました まだ初級者で塗装技術が低いため、どうしても「 マスキングテープ」の厚みで塗り残しや重ねてるのに染みている箇所が有り筆塗で補正し目立ってしまいます。 「 」の特徴は足がSF洋画に近いリアルなシャトルのバーニアになってること。 色が似てるためシリンダーの細い部分が「 」指定なのに気が付かず、今から間に合わないので断念。 引越しクラスで孤立した私の為に誕生会を開催してくれプレゼントされたプラモデルで一番初心者向けで完成度も高く長く遊びました。 レビューを読むと、やはり当時のキットの中では抜き出た作りやすさと完成度だったそうです。 このMSはガンダムらしくないリアルなシャトル風なデザインで、バーニアが多く部品獲りに使われる事が多かったとのこと。 色分けという概念の無い時代なので、耐久性の高い「 ラッカー系塗料」を使用し装甲は「 」、バーニアは「 」、顔内部は「」で吹き掛けました。 赤いラインは「 水転写デカール」が付属しておらず、太い箇所は「 マスキングテープ」で囲い「 アクリル塗料」で吹き掛けましたが線画汚くなってしまい、細いラインは「 」を試したところ見違えるようになりました。 全て後者で行うべきでした。 ただカットが難しく封筒サイズで千円するのでコスパ最悪です。 古いキットで「 モノアイ」が「 水転写デカール」なのが残念で、ここだけ「 」で改造させて頂きました。 この時代は「 PC(ポリキャップ)」が無く肩の付け根が緩く抜け落ち「 」に未対応、股間にバーニアが並ぶのでポージングが難しい。 現在入手困難 今回の購入時既に店頭から消えており、注文も問屋に無く出来ませんでした。 Amazonで何とか定価で買えましたが、今は定価の3倍とプレミア価格になっていますね。 滑り込みセーフでした。 (制作:2017年10月18日~27日/記載:2017年10月28日).

次の