受験生。 受験生の成功の鍵は「スマホ封印」にあるっていう話

受験生になってまずやったことランキング【勉強法編】|ベネッセ教育情報サイト

受験生

「受験勉強に息抜きが必要なのだろうか」 「周りが勉強している間に休んでいいのだろか」 休んではいけない、というイメージが受験勉強にはありますよね。 結論として、 息抜きをできない受験生は必ず受験勉強に負けます。 正しくは「合格できる可能性が低い」です。 ぼくは独学で偏差値70まで引き上げた大学生です。 1年間がむしゃらに勉強した結果、「息抜きって大事」ということに気付いたので、本記事で紹介していきます。 「息抜きになにをすればいいですか?」という質問をたまにいただくが、ぶっちゃけなんでもいいです。 「なにをするか」ではなく「どう過ごすか」が大事だから。 本記事では「受験勉強に息抜きは必要?」と悩める受験生を解決へ導いていきますね。 今後「受験勉強 息抜き」なんて調べる必要がなくなります。 音楽を聞こう• 映画をみよう みたいなことを書いています。 これは 半分正しくて半分間違っている、とここで断言します。 「なにをするか」なんてこれっぽっちも重要ではありません。 大事なのは「自分の時間を過ごせているかどうか」。 音楽を普段聞かないひとが音楽を聞いたところで、息抜きにならないはずですよね。 息抜きの時間は「自分の好きなこと」をする。 ゲームが好きならゲームを。 読書が好きなら読書を。 なんでもいいです。 受験勉強とはまったく関係ない、ただ自分がしたいことをすると意識しましょう。 「勉強の時間」、息抜きは「自分の時間」として意識を分けて過ごすことが大事です。 具体的な「」と「」の勉強スケジュールも解説しているのであわせてご覧ください。 本記事のおさらい• 結論「受験勉強には一定頻度の休憩が必要」• 息抜きしている間もライバルは勉強しているが大丈夫• 受験勉強は長距離走• 息抜きのコツは「自分の時間」と「勉強の時間」を分けること• 息抜き中は受験勉強のことは忘れよう• 1週間に1度まったく勉強しない「息抜きデー」を作ろう• 【具体例】実際に息抜きでしていたこと• 録画していたドラマをみる• 好きな映画をみる• 写真を撮りに行く• 友達と遊ぶ• どこかに1人ででかける• 読みたかった本を読む• ひたすら寝る• だらだらする• ゲームで遊ぶ• 戦略的に休むことを覚えよう 受験勉強は大変ですよね。 しょうがない。 知らないことをたくさん理解する必要があるから。 けど、 ここで賢く乗り切れば、その「経験」が必ず将来に役立ちます。

次の

東京工業大学 高校生・受験生向けサイト

受験生

1,387• 1,603• 464• 886• 429• 239• 1,089• 489• 253• 533• 335• 1,755• 217• 746• 794• 818• 402• 193• 101• 187• 118• 423• 110•

次の

受験生が勉強のやる気がでない時に見て欲しいみんなの受験体験記 vol.1兵庫教育大学│アクシブblog予備校

受験生

思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。 中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。 写真ACからの写真 新型コロナウイルスの大流行は、私たちの暮らしに大変な災禍をもたらしているが、それはまた、中学受験の分野においても史上初めてというほどの混乱を招いた。 今現在においても、授業は配信のみ、模試は自宅で受験などという塾もあり、各校舎によっても対応はバラバラ。 例年であれば、中高一貫校の合同説明会も花盛りの季節であるが、全て中止。 当然、学校ごとの学校説明会もウェブが主流だ。 こういう現況下にあるので、特に小学6年生の親は不安を隠せない。 今回はこのコロナ禍で、小6生の中学受験生親子がどのように過ごしてきたのかをレポートしてみたい。 恵理子さん(仮名)は5人家族。 会社員の夫との間に、小6生の達樹君(仮名)と小学1年生の弟、さらに保育園児の妹がいる。 4月に緊急事態宣言が発令されると、恵理子さんの夫はリモートワークになり、達樹君の小学校も塾も休校措置が取られた。 当然、弟も妹も休校、休園。 恵理子さん自身は介護職ということで、普通に出勤という毎日だったそうだ。 恵理子さんは疲れ切った表情でこう訴えた。 「もう最悪です。 2月までは達樹もやる気満々で、志望校に向かって頑張っていたんです。 でも、主人との巣ごもり生活ですっかりやる気を失ってしまって……」 恵理子さんいわく、夫は今まで家事はおろか、子育てにもまったく参加してこなかったほどの仕事人間。 それが、突然のリモートワークで3人の子の面倒をみることになり、頭を抱えてしまったそうだ。 「最初はZoom会議の時に、下の子たちを静かにさせる目的で、ゲーム機を与えたみたいなんです。 夫は子どもが自分に迷惑をかけず、静かにしていてくれるほうを優先させたため、「自宅はゲームとYouTube天国になった」という。 「塾も最初は動画配信だけで、課題もチェックされなかったため、達樹はまったくやっていなかったんです。 当然、塾での学習内容は一切身についていませんでした。 そうこうするうちに、自宅で参加する塾のテストがあったんですが、考えられないほど悲惨な結果で……。 達樹は、もうすっかりやる気をなくしてしまい、主人も『やる気がないヤツに受験は不要』と言い出して、ウチはもう中学受験から撤退すると思います。 今まで、私は何のためにあんなに頑張ってきたのかと思うと、全てが虚しくなりますね……」と恵理子さんはうなだれていた。

次の