祝日 天皇誕生日。 大正天皇誕生日が祝日じゃないのはなぜ?8月31日が平日の理由とは?

上皇誕生日は祝日になる?今上天皇の誕生日は?大正天皇誕生日だけが祝日ではないのは何故?

祝日 天皇誕生日

令和元年(2019年)5月1日に今上天皇 きんじょうてんのう・在位中の天皇のこと が即位されました。 今上天皇のお誕生日は 2月23日ですが、前の天皇だった上皇陛下(じょうこうへいか・退位した天皇のこと)のお誕生日は12月23日でした。 これまで12月23日は「天皇誕生日」という祝日だったのですが、今後どうなるのでしょうか? また、昭和以前の天皇誕生日はどのようになっていったのでしょうか?元号 年号 が変わるたびに増えるのでしょうか? そんな疑問について調べてみたいと思います。 関連: 天皇誕生日 祝日 は今後変わる? まず天皇誕生日とはどういった祝日なのでしょうか? 国民の祝日に関する法律 祝日法 では「天皇の誕生日を祝う事」を趣旨とされ、 今上天皇の誕生日を祝う日とされています。 ですので、平成30年(2018年)までは上皇陛下の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」でしたが、現在は、令和元年(2019年)5月1日に即位された今上天皇の誕生日である2月23日が「天皇誕生日」となりました。 では、今後12月23日はどうなるのでしょうか? 関連: 天皇誕生日と祝日 崩御された天皇陛下のお誕生日もいくつかは祝日として今でも残っています。 昭和天皇のお誕生日は4月29日「昭和の日」として、そして 明治天皇のお誕生日は11月3日「文化の日」として現在でも祝日となっています。 しかし、明治と昭和の間の年号である 大正の天皇陛下のお誕生日は8月31日ですがこの日は祝日とはなっておりません。 この違いは一体何なのでしょうか。 まず明治天皇のお誕生日から振り返りますと、11月3日は天皇陛下が崩御されてから一時祝日ではなくなっていたようです。 その後、国民が「近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」ということで運動を起こし、「休日ニ関スル件」という勅令によって昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したのですが、このことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのです。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に「文化の日」が祝日に加えられました。 関連: 関連: 関連: 次に昭和天皇のお誕生日ですが、4月29日は昭和の日となる前は「みどりの日」という名称で祝日となっていました。 現行の祝日法では、天皇陛下が崩御された際、天皇誕生日は新しい天皇陛下のお誕生日に変わるため、祝日として存続することはありません。 ですが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたという理由から、平成元年から平成18年までの間は祝日法によって「みどりの日」という祝日とされていました。 その後、平成17年に行われた法改正により平成19年からは名称を「昭和の日」と改め、今まで国民の休日だった5月4日は「みどりの日」と改称されました。 このように上記二つの祝日には天皇誕生日以外の理由があり、祝日として残っていますが大正天皇のお誕生日のように崩御後、祝日にしようと言う動きがないまま今日に至っていしまう場合もあります。 上皇陛下の誕生日である12月23日はクリスマス前の時期ですし年末商戦や冬休みなどに影響があるとも言えますが、昭和の日の件を加味しても祝日として存続するかは微妙なラインかもしれません。 国民としては祝日が増えるのはうれしい事ですが、法が関わってくるものなので希望だけでは進められない部分もあるかと思います。 関連: 平成29年(2017年)12月21日に政府は、「 退位後の12月23日は、当面の間は平日にする検討に入った」と発表しました。 この発表で菅官房長官は、「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。

次の

大正天皇の誕生日が祝日じゃないのはなぜ?

祝日 天皇誕生日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 12月も近づくと、そろそろ忙しくなりますね? 12月になると、クリスマス、年末と色々イベントがいっぱいです。 冬休みの前に一休みという感じで、12月23日の天皇誕生日がありますね。 考えていたら、ふと、素朴な疑問が浮かびました。 歴代の天皇誕生日って、全部祝日なのでしょうか? うん??? 今の天皇陛下は125代目ということなので、 125代分の天皇の誕生日が祝日だったりすると・・・ 凄いカレンダーができますね。 わーお、365日分の125日が祝日??? つまり1年間の1/3が祝日? そんでもって、土曜日と日曜日も休みなので、ほとんどがお休みになってしまいますね。 もしそうだったら子供は喜ぶでしょうね? でも、そんな訳ないですね。 ^^ 今回は、天皇誕生日の由来と祝日に変わるまでの経緯をお話したいと思います。 スポンサードリンク 天皇誕生日の由来 天皇誕生日を祝う行事って、いつからあったんでしょうか? 「子供に伝えたい年中行事」という本によりますと、 「国民の祝日に関する法律の施行前には、天皇の誕生日は 天長節(てんちょうせつ)といって、生ける神としての誕生を祝う日でした。 」 そして、 「天長説は、奈良時代に初めて行われました。 」 とあります。 つまり、奈良時代から天皇誕生日を祝う習慣はあったと言う事ですね。 ちなみに、この天長節に対して、皇后のお誕生日を地久節(ちきゅうせつ)といって お祝いをしていた様ですが、現在は廃止されています。 天皇誕生日はいつから祝日になったの? はてさて、歴代の天皇誕生日を祝日として残していたなら、 そうとうな数の祝日ができても良かった訳なのですが・・・ (奈良時代からあったわけですからね。 ) 歴代の天皇誕生日が、祝日として残っているのは、• 明治天皇のお誕生日の11月3日の文化の日• 昭和天皇のお誕生日の4月29日のみどりの日 の2日だけですね。 大正天皇のお誕生日が、祝日でない理由というのは諸説あります。 大正時代が15年間しか続かなかったから。 大正天皇はお体が丈夫でなかったから。 大正天皇の誕生日は8月31日だったことから、猛暑の中で式典を開催するのを嫌ったため。 本当のところはこのブログでは追求しませんが、ともかく祝日にはなっていません。 では、なぜ明治天皇以前の天皇誕生日が祝日として残っていないのか? という疑問が出てきますが、その答えは、江戸時代の暦に理由があります。 スポンサードリンク 江戸時代のカレンダー 江戸時代のカレンダーって、どんなのだったんでしょう? 旧暦って聞いた事ないですか? 現代のカレンダーと江戸時代のカレンダーは違います。 江戸時代のカレンダーは天保歴(てんぽうれき)といい、 現在のカレンダーは太陽暦(たいようれき)といいます。 詳しい話は、さておき、明治5年の11月9日に、 この太陽暦を採用すると発表がありました。 当時は、たぶんパニックだったんでしょうね?。 また、江戸時代には祝日という概念もなかった、なんていう節もありますので、 天皇の誕生日を祝日として残すのは、西洋の文化だったのではないでしょうか? そんな訳で、明治天皇の誕生日から祝日として残っている訳なんですね。 まとめ• 天皇のお誕生日を祝う風習は、奈良時代からありました。 祝日として残す様になったのは、太陽暦が導入された明治からです。 明治天皇のお誕生日から、祝日として残っています。 参考文献:子供に伝えたい年中行事:萌文書林.

次の

天皇誕生日(祝日)は今後変わる?年号が変わるたびに増える?

祝日 天皇誕生日

概要 [ ] (祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)の一部改正によって(平成19年)に制定された祝日で、日付はのであるがあてられている。 同法ではその趣旨を、「激動の日々を経て、復興を遂げたの時代を顧 かえり み、国の将来に思いをいたす」としている。 「」を構成する祝日のひとつでもある。 制定 [ ] (64年)の昭和天皇ならびに第125代天皇()により、祝日法のに係る項を改正する必要が生じた。 天皇誕生日が新帝の誕生日へ移動する点は旧法(・)のと同様であるが、旧法と現行の祝日法における決定的な違いがの有無であった。 先帝の崩御日は先帝祭(名称は明治期は祭、大正期は祭、昭和期は祭)として旧法では休日となっていたが、祝日法では休日とならない。 そのため、先帝の崩御日ではなく誕生日を活かして「昭和記念日」など昭和に因んだ新祝日として存続させる案が当初から出ていたが、その案は見送られ、1989年(平成元年)以降の4月29日は「」という名称の祝日に改められた。 (平成12年)3月、・・の連立与党が改正法案を参議院に提出。 参議院は通過したものの、同年5月にの「」の影響で衆議院での採決が見送られた後、によりとなった。 (平成14年)に自由民主党とが再提出。 公明党・自由党が賛成、2000年の法案に反対したも賛成に転じて、(平成15年)7月に衆議院を通過した。 参議院でに入ったが、衆議院の解散により審議未了のまま廃案となった。 (平成16年)、自由民主党・公明党が3度目となる改正法案を提出 、翌(平成17年)4月の衆議院内閣委員会で自由民主党・公明党・民主党の賛成多数により可決。 参議院での継続審議 を経て、5月13日の参議院本会議で成立した。 同改正法は2007年(平成19年)から施行され、同年以降の4月29日は「昭和の日」、従前の「みどりの日」はそれまで「」であったに上書き的に移動した。 なお、同改正法にはこの二つの祝日設置のほかにも付随する改正(やの重複を避けるための条文の変更等)が盛り込まれている。 同類の休日に(昭和2年)から(昭和22年)まで制定されていた、明治天皇の誕生日があてられた(現在の文化の日)がある。 明治節の制定については「永ク天皇ノ遺徳ヲ仰キ明治ノ昭代ヲ追憶」と永劫性が認められるが、昭和の日の制定については永劫性が認められる箇所は特にないが「昭和天皇が先帝である間」に限定する箇所も特になく、平成時代における先帝祭である1月7日の昭和天皇祭の代用休日に留まるか否か、現在のところ不明である。 脚注 [ ] [].

次の