バリウム 検査 危険。 胃がん検診を受ける時の注意

医師は受けないバリウム検査がなくならない訳 胃カメラのがん発見率は1000倍高い

バリウム 検査 危険

いまやバリウム検査をしているのは、世界で日本だけ? 日本は本当に「医療先進国」なのか。 あなたやあなたの家族の治療は、ひょっとしたら間違っているかもしれない。 日本は外科至上主義 「日本のがん治療は外科至上主義が強く、すぐに『切りたがる』外科医が非常に多い。 トップレベルの外科医は高い技術を持っていますが、一方で放射線治療や抗がん剤といった選択肢を患者に示すことが少なく、結果として術後の負担を大きくすることもあります」(都内大学病院教授) 日本の医師が「やりすぎ」だといわれる術式のひとつに、リンパ節郭清がある。 がんの転移を防ぐために、腫瘍の周辺部にあるリンパ節を切除する方法だ。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が語る。 「切除によってリンパ節浮腫を引きおこすケースがあり、患者への負担が大きい。 米国ではまずリンパ節生検で転移がないか様子を見て、転移の危険性が非常に高ければ切除します。 一方、日本の外科医は一種の『腕試し』だと思って、リンパ節を必要以上に切ってしまうきらいがあります」 Photo by iStock 「前立腺は骨盤の奥にあり、膀胱や直腸に接しているため手術が非常に難しい。 日本では腹腔鏡による全摘出を勧める医者も多いですが、アメリカでは切らずに様子を見るか、放射線治療を行うケースが多いです」(前出・上氏) 前立腺は排尿や男性機能を司る重要な器官だ。 摘出してしまった場合、尿漏れや射精障害を招くこともあり、術後の精神的負担が非常に大きい。 そのぶん手術には慎重になり、放射線治療などで前立腺を残したいところなのだが、そうもいかない事情が日本にはある。 「日本は欧米と比べて放射線科の医師があまりにも少ないことが問題です。 これだけの医療施設がありながら、放射線治療専門医はわずか1000人程度しかいません。 海外のように若手を育てる環境もないし、そのことが治療の選択肢を狭めているといえます」(医療コンサルタントの吉川佳秀氏) 放射線治療専門医が少ないことは、治療方法だけでなく検査方法にも不都合が生じる。 バリウム検査は胃がん検診で一般的に行われる方法だが、実はもはや日本でしか行われていない。 ほとんど知られていないが、そもそもバリウム検査は日本で開発されたものなのだ。 「バリウム検査で食道がんや胃がんの位置を正確に特定するのはほぼ不可能ですし、むしろX線撮影による被曝のほうが心配です。 米国ではほとんどCT検査で胃がんの診断をしていますが、CTのほうが身体への負担は明らかに少ない」(前出・吉川氏).

次の

バリウム検査は危ない

バリウム 検査 危険

「Thinkstock」より 「 ピロリ菌に感染していない人は、ほぼ 胃がんにはなりません」 「ほとんどの胃がんは、ピロリ菌が感染した粘膜に発生します」 多くの医師がこのように言います。 胃がんは日本では発症リスクの高いがんで、年間約18万5000人の方が発症し、約5万人の方が亡くなっているといわれています。 そのため、「早期発見、早期治療」が重要とされていますが、ピロリ菌が胃がんの原因ならば、まずはピロリ菌がいるかどうかの検査をして、感染している方だけが胃の精密検査を受けるようにするべきではないでしょうか。 ところが胃がん検診は、ピロリ菌の有無にかかわらず、まずバリウム検査をして、疑わしい場合は胃カメラで内視鏡検査をするという流れがスタンダードになっています。 最近では、ピロリ菌検査を行うことも多くなったようですが、検診で必ず行う検査ではありません。 検診でピロリ菌の有無を調べようと思ったら、多くの自治体では自費で調べることになります。 ピロリ菌除去について否定的な意見を述べると「胃がんの原因がピロリ菌だと判明したのだから、除去すべきだ」と議論になるのですが、それならばなおさら、まずピロリ菌検査をして、陽性の場合のみ内視鏡検査をするのが正当な順番だと思うのです。 今回は、ピロリ菌除去について検討する前に、まずは胃がん検診の実際について考察してみます。 最初に行われる「バリウム検査」 バリウム検査は、正式には「上部消化管造影検査」といわれ、食道・胃・十二指腸の病変をチェックするための検査で、「胃がんや食道がんの早期発見」が目的とされています。 上部消化管造影検査は通常のレントゲン写真とは異なり、X線を連続的に照射します。 バリウムはX線を透過しないので、バリウムが口から入り食道、胃、十二指腸へと流れていく様子を見ることができるのです。 がんに限らず、炎症がおきると粘膜面の変化が見られます。 滑らかな粘膜面ではバリウムは流れるように通過しますが、ポリープや潰瘍など炎症のある場所にはバリウムがとどまるのです。 検査台の上でアトラクションさながらに、グルグルと方向を変えて撮影するのは、バリウムの流れの悪い場所があるかどうか、動画で確認しているのです。 このバリウム検査は、人体にどのような影響を与えるのでしょうか。 まず考えられるのが、検査の前に多量に服用するバリウムの副作用です。 吐き気、不快感、便秘などはよく起こる症状ですし、腸閉塞、腹膜炎を発症することもあります。 また、アナフィラキシーショックによる失神、意識消失、呼吸困難といった重篤な症状も報告されています。

次の

受診の際のご注意

バリウム 検査 危険

胃内視鏡 vs 胃バリウム vs 胃ABC検診 「胃の検査を受けたいけど、胃内視鏡(胃カメラ)とバリウムのどっちで受けたらいいのかな?胃内視鏡(胃カメラ)はつらいからバリウムにしようかな・・・」 このような悩みを持った事はございませんか? 胃バリウム検診の仕組み さて、バリウム検査でどうやって病気を見つけるかご存知でしょうか?バリウム検査では、レントゲンに写る白い造影剤であるバリウムを飲むことにより、通常、レントゲンを撮っただけでは写らない胃が白く写し出されるようになるのです。 胃の病気は、胃袋の内側の部分(胃粘膜)が盛り上がった(ポリープ、がん)り、凹んだり(潰瘍、がん)するので、バリウムが胃袋の中に入ってくると、盛り上がった病気は、その部分のバリウムがはじけて写り、一方、凹んでいる病気は、そこにバリウムが溜まることにより写し出されます。 有水 昇・高島 力(編):標準放射線医学第4版、医学書院より 胃バリウム検査の長所と短所 バリウム検査の長所と言えば、一番は、費用です。 内蔵の検査は、高価な機械を使用することが多く、当然費用もかかることが多いですが、バリウム検査は、レントゲン機器で検査するので、費用を抑えられます。 もう一つの長所は、内視鏡より楽である?ということです。 しかし、最近は、鼻から内視鏡を入れる経鼻内視鏡の登場により、内視鏡の苦痛がかなり軽減されたので、一概に、内視鏡よりバリウム検査の方が楽とは言い切れません。 バリウムの短所は、胃液の多い方がバリウムを飲むと、胃液がバリウムの胃粘膜への付着を邪魔して、凸凹の病変を検出しづらくなることです。 これは検査精度にむらがでることになります。 また、頻度は少ないですが、平べったいがんもありますので、このような形の検出も苦手です。 そしてもう一つは被爆の問題です。 被爆量はたいしたことはありませんが、被爆があるよりないにこしたことはありません。 それから、便秘の方は、検査後のバリウム排泄に時間がかかり、腹痛や肛門痛、下血等を起こしますので胃内視鏡検査をおすすめします。 胃バリウム検査の長所と短所 長所 短所 検査の苦痛が少ない 放射線被曝がある 胃全体の形がわかる 検査精度にむらがある 検査費用が安い 平坦な病変の検出が苦手 胃内視鏡(胃カメラ)vs 胃バリウム それでは、胃内視鏡(胃カメラ)とバリウム検査はどちらを受ければいいのでしょうか? 昔から、胃がん検診と言えばバリウム検査ですが、現在の胃がん検診は、バリウム検査と胃内視鏡(胃カメラ)検査の両方が推奨されています。 つまり、バリウムでも、胃内視鏡(胃カメラ)でもどちらでもいいということになります。 しかし、胃がんと言っても早期がんから進行がんまであり、どの段階で見つかるかによって、手術のやり方(腹腔鏡か内視鏡か)や予後に違いが生じます。 特に、早期胃がんの発見率は胃内視鏡(胃カメラ)に軍配が上がります。 ただし、内視鏡の術者により発見率に差があることも事実です。 一方、バリウム検査でも早期胃がんは発見できますし、特殊な胃がんならバリウム検査のほうが見つけやすい事もあります。 しかし、先ほど述べたように、胃液が多い人は、病変が検出しにくい短所もあります。 以上より、胃内視鏡(胃カメラ)もバリウムも一長一短であり、一概にどちらがいいとは言えません。 つまり、胃内視鏡(胃カメラ)かバリウムかは、今のご自分の状況や予算等も含め決めることになるのです。 以下に示す事を参考にしてください。 とにかく、徹底的に胃を調べたい• 家系に胃がんの人がいる• お腹の症状がある• 食欲がない• ピロリ菌がいると言われた人やピロリ菌の除菌をした人 このような方は、胃内視鏡(胃カメラ)をおすすめします。 胃ABC検診の登場 「胃は心配だけど、バリウムも内視鏡もやりたくない!」正直、ほとんどの方がこう思っているのではないでしょうか? 最近、このような人たちにとって、一つの選択肢がでてきました。 それが胃ABC検診です。 これは血液検査で行う胃がんリスク検査です。 最近の胃がん研究によると、胃がんのほとんどが、ピロリ菌とピロリ菌によって荒らされた胃粘膜(萎縮粘膜)に発生することがわかってきました。 つまり、ピロリ菌が胃の中にいるかいないかと、もう一つ萎縮粘膜があるかどうかがわかれば、胃がんが発生しやすい状態かどうかがわかるというものです。 これが血液検査でわかるようになったのです。 ABC検診は、これらの結果をABCDの4つにリスク分類することにより胃がんリスクを調べる検査です。 ただし、これは、あなたの胃粘膜が、胃がんが発生しやすいかそうでないかがわかる検査であって、今現在、胃がんがあるかないかがわかるもではないのです。 そう考えると、バリウムや胃内視鏡(胃カメラ)とは違い、あくまで、自分が胃がんになりやすいかどうかを調べる簡易検査と考えていただくとよろしいかと思います。 ご自分にあった胃の検査を 以上のように、胃内視鏡(胃カメラ)、胃バリウム、胃ABC検診はそれぞれ特徴があります。 どれを選ぶかは、その方の様々な要因が関係してきます。 ポイントは、現在、胃に病気があるかどうかを知りたければ、胃内視鏡(胃カメラ)か胃バリウム検査のどちらかを受ける必要があります。 どうしても胃内視鏡(胃カメラ)か胃バリウム検査を受けるのに抵抗がある方は、まず、胃ABC検診でリスク分類をして、胃内視鏡(胃カメラ)や胃バリウム検査を受けるべきかを判断するといったやり方も選択肢の一つです。 一方、胃内視鏡(胃カメラ)か胃バリウム検査を受けるのに抵抗のない方は、まず、胃内視鏡(胃カメラ)か胃バリウム検査を受けることにより、現時点の胃の病気の有無を検査します。 さらに胃ABC検診を併用する(オプション)ことにより、あなたの胃が、将来胃がんになりやすいかどうかを調べることができ、もし、その結果の中でピロリ菌が陽性と出たなら、ピロリ菌の除菌をすることにより、将来の胃がんのリスクを減らすこともできるのです。 そねクリニック丸の内では、皆様が安心できるように、丁寧でかつ苦痛を少なくする検査を心がけております。 何かわからないことやご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

次の