ジジ 喋れ なくなっ た 理由。 【魔女の宅急便】ジジが途中から喋れなくなった理由wwwwwww(画像あり)

魔女の宅急便のラストシーン!ジジが言葉を話さなくなった理由は魔法の力がなくなったから?

ジジ 喋れ なくなっ た 理由

Contents• ジジといつも会話をしていたキキは、突然ジジと話せなくなります。 そして、ラストシーンでもそのまま話せないまま終わってしまいます。 この部分に疑問を抱いている方もおおはず。 しかし、これには宮崎監督の思いときちんとした理由と設定があるのです。 ジジの声が聞こえなくなった理由は? ネット上で様々な見解が飛び交っているジブリの隠し要素のひとつ。 作品に対してどのように解釈するかは見る人の自由ですし、それがジブリ作品の狙いでもあったりします。 ただ、このジジと話せなくなる理由にはきちんとした答えがあるようです。 正解はなんなのか? ネットで都市伝説的に広がっている代表的なものから探っていきましょう。 キキが恋をしたから!? キキはトンボと出会い、素直になれずにそっけない態度ばかりとってしまいます。 このことには自分でも気づいていますし、そのことについて悩んでいたと思います。 そして、その悩みがピークに達してしまい、寝込んだ後からジジと話せなくなります。 しかし、これは直接的にジジと話せなくなる理由としては説明不足で単純に「恋をしたから」というものでは結論づけることはできません。 ジジが恋をしたから!? これもキキの恋愛と同じように、ジジが恋をしはじめた頃と被っているため、そのようにもとらえることはできます。 ただ、もしこういった設定のものだとすれば、少々浅い設定になってしまいます。 「魔女の宅急便」という作品の特性上、普通では考えられない事象が起こっている世界なので、それができなくなったとしても、それが「普通」なため、力がなくなったというよりも通常の状態に戻っただけ。 そのキッカケが恋愛だったということにもできます。 大人になるとお化けが見えなくなるとか、不思議な力がなくなるとかそういった類の発想に近いものです。 しかし、これもまたジジと話せなくなった原因としては少し違います。 スポンサーリンク キキが成長したから!? これは、成長という言葉が広義なために、正解でもあり不正解でもあります。 さらに、恋愛をしたからということもこの「成長」には含まれるので、なんとも言えないところです。 「成長したからジジの言葉がわからない」というのも、直接的に結びつけることが難しく思う方も多いと思います。 成長を精神的なものにとらえたり肉体的なものにとらえたりする方がおられるようですが、精神的なものなのは確実です。 ここが重要なところで、最大の疑問を生む部分です。 しっかり見ている方はもちろん気付いているでしょうが、魔法の力が消えたからだとすると、トンボを助けるために空を飛ぶ力を取り戻したかのように見えたキキですが、最後のシーンでジジは「にゃー」としたか言わず、さらにそれに対するキキの反応は、微笑み返すだけというもの。 魔法の力がなくたってジジと話せなくなったと思っていたのなら、ここで完全に引っかかり、???なまま終わってしまうことでしょう。 そもそも、これがこのアニメのミスディレクションであり、魔法の力だと思い込んでいると抜け出せません。 キキの魔法の力がなくなったから!? 一番誰もが思っていることだと思いますが、実はこれが答えとは最も離れているものです。 キキは目を覚ましてジジの声が聞こえないことを知り、ハッとして外へと飛び出し、空が飛べなくなっていることにも気づきます。 このシーンがあるために、ジジと話せなくなったことが、魔法が使えなくなったことの一部のように感じてしまいます。 キキは黒猫と話し、空を飛ぶためにこれをキキの魔法だと捉えてしまいがちですが、そもそもジジと話していたこと自体が魔法ではないのです。 私も最初はそう思っていたので、これを知ったあなたも衝撃を受けていることでしょう。 ただ、確かに考えてみるとキキはジジと会話しているわけで、動物と会話できる能力などありません。 旅立つ前に母親が「キキは空を飛ぶことしか覚えなかった」と言っています。 原作でもこの設定は同じで、キキは旅立つ時には飛ぶことしかできません。 ここが、宮崎監督の狙いであり、視聴者として最も気づきにくい部分なのです。 そのため、ジジとの会話が魔法の能力だと認識したままだと、途中で話せなくなり、ラストシーンでも「にゃー」とした言わないジジを見て不思議に思ってしまうというわけです。 しかし、ジジと会話していたのはなんだったのか?どうして急にはなせなくなったのか?という疑問の答えには到達できないと思います。 その答えは、宮崎監督自身の言葉で表されています。 スポンサーリンク ジジと話せなくなった本当の理由! キキはトンボを助けるために力を出し、魔法スランプは乗り越えたはずですが、ジジは喋らないまま。 ジジとなぜ話せなくなったのかという疑問だけが残っている方は多いでしょう。 その本当の答えは、宮崎監督のコメントにありました。 宮崎駿 「ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためジジの声が必要なくなった。 変わったのはジジではなくキキ。 」 都市伝説的に語られているものとは全く違ったもので、これこそが本当の答えです。 魔法についてのところでも書きましたが、そもそもジジが話している声というのは、キキ本人の心の中の声なのです。 これは、自分自身の中にもうひとりの自分を表し、周りで起こる出来事への迷いを意味しているととらえることができます。 思春期で素直になれず、そんな自分に悩みながらいつも自問自答していたということです。 この声が消えてしまう。 つまり、この自問自答がなくなり、迷うことがなくなった。 聞こえなくなったというよりは、必要がなくなったことを意味しているわけです。 だから、ジジの声はそのまま戻らないですし、そのままでもキキは納得している様子なのですね。 これを宮崎監督は成長の証として表現したってことです。 この「魔女の宅急便」とう作品は、わかりやすいストーリーの中に非常に深い意味が隠されたすごい作品です。 そもそもジジとしゃべっていたこと自体が魔法ではないのですが、誰がどう見てもいつの間にかそう解釈してしまうという大掛かりなミスディレクションが仕掛けられているんですね。 もしかしたら、実際にはキキは猫とは話してなくて、ただ一人ごとを言っていただけかもしれません。 この宮崎監督の考える表現に気づいた方は少ないでしょうが、監督自身はそれに気付いてほしいというよりも、「わかる方にはわかる」「それがわからなくても楽しめる」という作品作ることが狙いだったようで、まさにその狙い通りの作品となっているので、実はものすごく天才的な作品なわけです。 ジジと話していることが魔法だと思ってしまうのもアリですし、初めからそのことに疑問を持つのもアリ。 ただ、魔法の力だと思っていると謎が残ってしまうってことです。 ただ、それでも見たあとにも、こうして作品について考察したりすることもまた狙いだったのかもしれませんね。 まとめ ジジと話せなくなったのはなぜか? ・ジジと話していたのは魔法の力ではない ・ジジの声は自分自身の声 ・ジジと話せなくなったのは自問自答すること 悩み、心のモヤモヤ がなくなったから ということです。 楽しんでいただけたでしょうか? それではまた! スポンサーリンク•

次の

魔女の宅急便のラストシーン!ジジが言葉を話さなくなった理由は魔法の力がなくなったから?

ジジ 喋れ なくなっ た 理由

もくじ• 魔女の宅急便の黒猫ジジが話せない 映画の中盤あたりからジジは人間の言葉を喋らなくなります。 ジジはどうしてしまったのか? ジジと話せななくなると同時に、キキは空を飛べなくってしまいます。 なんだか観ていて悲しい場面ですよね。 ネットで調べてみると、やはり気になっている人が多いようです。 ジジがキキと話せない理由は? 調べてみるとこんな意見がありました。 そもそもジジが人間の言葉を話せなくなったのではなく、 キキの魔法の力が弱まりジジの言葉を理解できなくなった。 また、キキが人間の男の子 トンボ に恋をしたから。 とか、ジジの方が白猫に恋をしたからだ。 と言った声があがっていますね。 ジジが原因ではなくキキが原因という意見が多いようです。 確かに、キキは中盤から魔法を上手く使えない状況になってジジとも話ができなくなりました。 なので、キキの魔法力の問題かなと個人的にも思います。 それに、ジジはそもそも魔法の力を持っていないですよね。 キキやジジが恋したから喋れなくなったとか理解できなくなった、というのはちょっとピン来ませんでした。 そんな時こそ、相棒にあれやこれやと聞いてもらいたですよね。 ここで確信的な情報が見つかりました。 宮﨑駿監督が理由を言っていた! この、ジジ話せない問題に宮﨑駿監督みずからがコメントしているんです。 「ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためジジの声が必要なくなった。 変わったのはジジではなくキキ。 」 ということなんだそうです。 簡単に言うと、腹話術やお人形さんごっこ遊びをジジを通して行っていたようです。 宮﨑駿監督の盟友、ジブリの鈴木プロデューサーもこう発言しています。 このことについて、鈴木敏夫プロデューサーは次のようにコメントしています。 「(ジジは)ただのペットじゃなくて、もうひとりの自分なんですね。 だからジジとの会話っていうのは、自分との対話なんです。 でも、大人になって見えなくなった、ってよくある話じゃないですか。 そいうようなことを魔女の宅急便のなかで描いたんじゃないでしょうか。 でも、そうなるとジジはキキの言葉をまったく理解してなかったということですよね。 ジジの性別や子供の名前は? ちなみに、ジジは男の子 オス です。 そのジジの子供は2匹いて、名前はブブ・べべというそうです。 こちらは魔女の宅急便の原作で明かされているようですよ。 のび太くんが成長したら突然ドラえもんと喋れなくなったら悲しすぎますよね。 う~ん、大人になるってどこか寂しさを含んでいるのかも。 それを飲み込んでサラリと笑ってみせるのが素敵な大人なんだろうな。 ラストのキキのように。 - 話題のあれこれ.

次の

ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎駿)

ジジ 喋れ なくなっ た 理由

ある日キキがジジと話せないことに気づき、はっとして飛ぶことも試しますが、箒で空を飛べなくなっていることにも気づきます。 このシーンのために「 ジジと話せない=キキの魔法力が弱まったから」という推測が出ました。 まるでキキが魔法でジジと話せていたと捉えがちですが、それは間違い。 キキは動物と話せるわけでもなく、ジジとも魔法で話していたわけではないんです。 何故かというとキキは「空を飛ぶ」以外の魔法は使えず、原作と同様、旅立ちの日に母親が「 キキは空を飛ぶことしか覚えなかった」とも言っています。 そしてクライマックスでキキがまた飛べるようになった後も、ジジは「にゃー」としか話さないですよね。 ということでキキの魔法はジジが話すことには関係がないことが分かります。 変わったのはジジではなくキキ。 」 映画公開の時に福岡のトークショーで宮崎駿さんはこう述べています。 つまり、「キキは自分の心をジジに投影していて、キキが成長し自分の心の声を実際に投影する 必要がなくなったから」ということのようですね。 原作ではジジは本当に話すので、この見解は宮崎駿監督のオリジナル解釈なのではないでしょうか。 また宮崎駿監督はスタジオジブリスタジオプロデューサー・鈴木敏夫さんとも話し合ったと言います。 鈴木:話す必要がなくなったんでしょうね。 僕は、あの映画をキキとジジの対話の映画じゃないかと思っているんです。 つまり自分との対話。 まだ自己を確立していないキキが自分になるプロセスを映画にしたんですね。 鈴木:自分が自分になれば、もうジジは話さなくなる。 今まではジジに自分の心の声が反映されていたけれど、「恋の悩み」など抱えるうちに 知らずのうちに自分の中で自問自答していたわけです。 子供が幼い頃、人形遊びで1人2役したりするのに近いのが「キキとジジ」の関係というように映画の中では描かれているのかもしれません。 しかし、ということは「 キキが恋をしたから」や「 キキが大人になったから」といった推測も、 「 ジジが話さなくなった=キキが心の声を投影する必要がなくなった=キキの成長」の大きな要因になっているのは間違っていなかったんですね。 終わりに キキがジジと急に話せなくなるシーンは心が痛いですよね。 宮崎駿監督によると、しかしこの演出は「キキの成長」を分かりやすく表したものだったということが分かります。 それを踏まえてもう一度「魔女の宅急便」を見直してみたくなります。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の