ムラ っ け 弱体 化。 常磐線試運転 車両付着ちり 放射能濃度23倍に 動労水戸調査 (東京新聞) 魑魅魍魎男

HP・状態異常回復などのVアビリティ一覧

ムラ っ け 弱体 化

調査した労働組合「動労水戸」の木村郁夫委員長らが二十八日、県庁で記者会見して明らかにした。 木村委員長は「JRは車両の線量をきちんと測定し、公表すべきだ」と指摘している。 不通区間の沿線一帯は放射線量が高く、住民が戻る見通しが立たない帰還困難区域に指定されたままだが、JR東日本は昨年十二月十八日に試運転を開始した。 調査した試運転の車両は一月十八〜二十二日の五日間運行。 フィルターはモーターなどの空冷装置に取り付けられ、外気を取り込む際にちりなどを除去する。 動労水戸の組合員がJR東日本勝田車両センター(ひたちなか市)でフィルターのちりを採取し、農作物や土壌の放射性物質を調べる「つくば市民放射能測定所」(つくば市妻木)で濃度を測定した。 その結果、一キロ当たり二三五〇ベクレルのセシウム137が検出された。 一方、六カ月間通常運行した車両のフィルターのちりから検出されたセシウム137は一〇一ベクレルだった。 動労水戸によれば、勝田車両センターでフィルターの洗浄作業に携わっている整備員は約五十人。 マスクを着けていても、鼻の中まで真っ黒に汚れるという。 動労水戸はJR東日本に対し、帰還困難区域内を運行する場合、全車両の線量測定のほか、整備員の被ばく防止教育や防護用具の配備などを要求してきたが、会社側は「車両の測定を実施する考えはない」と拒否。 動労水戸は今後、今回の調査結果を会社側に示し、車両の測定などを重ねて求めていく方針だ。 自身もフィルター洗浄などの車両検査に従事し、調査を担当した照沼靖功(やすのり)書記長は「車両に放射性物質が付着するのは明らかだ。 整備員がちりを吸い込み、内部被ばくする危険性は高い」と訴える。 (佐藤圭) ------ 引用ここまで ---------------------------------------- このフィルターを洗浄する人の被ばく量を思うとぞっとします。 乗務員も乗客も被ばくします。 超汚染地域で鉄道運行を再開させること自体が非常識なのです。 運行再開はやめるべきでしょう。 asyura2. html c82 4. うちも昔、国鉄とJRで働いていたから分かるけど、JRは国策企業で、経営者は国の対してひれ伏しているから、労働者が被ばくしようが死のうが見て見ぬふりをする。 何度も同じこと書くけど、イルミナティ・ナカソネによる国鉄分割解体は、日本の労働運動を引っ張ってきた国労、総評、社会党の弱体化が目的だったのだ。 これだけ弱体化してしまえば、政府自民党原子力ムラのやりたい放題を止めることはできない。 JR東日本では労組加入率がかなり下がっていて、会社側が「社友会」なるものをつくり、労組をやめさせてこちらに加入させていると言う。 動労の松崎、死んでから言っても遅いが、途中で国鉄分割解体反対を撤回して我々を裏切り、分割解体に加担して自分たちだけの勢力の生き残りを図ったが、それも失敗だったってことだ。 会社側も松崎が生きている間は約束を守ったが、死んでしまえば労組潰しに走るってものだ。 それで労組弱体化を図って社友会をつくり、そちらに2万人入ったそうだ。 こんなの労働組合じゃない。 会社側の犬に過ぎない。 政府自民党原子力ムラ、邪魔者が弱すぎて、いなくなったも同然。 笑いが止まらないだろうな。 : : [3].

次の

HP・状態異常回復などのVアビリティ一覧

ムラ っ け 弱体 化

早稲田大学政治経済学部卒。 指導科目は政経、倫理、現代社会、倫理政経で、4科目すべての講義がサテライン衛星授業として、全国の代ゼミ校舎および提携高校・提携塾に映像配信されている。 語り口のテンポのよさ、板書の正確さ、講義内容の面白さとわかりやすさで、生徒たちから高い評価を受ける。 また「新報道2001」をはじめ、テレビ解説や雑誌連載でも活躍中。 主な著書は参考書類20冊以上に加え『やりなおす戦後史』(ダイヤモンド社)、『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』(KADOKAWA)、『マンガみたいにすらすら読める哲学入門』『マンガみたいにすらすら読める経済史入門』(大和書房)など。 やりなおす戦後史 こうして日本はつくられた! 代ゼミ人気 No. 1講師が教える、マンガのようにすらすら「通史」で読める戦後史再入門。 GHQ政策、安全保障、米軍基地、領土問題、原子力ムラ、憲法改正、集団的自衛権…など、日本が抱える問題の根源を戦後 70年から学ぶ! 本連載は『やりなおす戦後史』から一部を抜粋して紹介する。 そのため初期の対日政策では、軍事面・財政面・法制面などあらゆる面で日本の体力は削られ、弱体化は完成するかに思われた。 ところが、完成しなかった。 GHQの方針に、ブレが生じ始めたのだ。 GHQ内部にある二つの部署の対立、いわゆる「 民政局(GS)」と「 参謀第二部(G2)」の対立だ。 最初に力を持ったのは、民政局(GS)だった。 GSは、 マッカーサーの側近で日本国憲法の草案作成を指示した コートニー・ホイットニー准将が局長を務めていた(実際の作成担当は、彼の部下 ケーディス)。 彼は日本弱体化のため、かなり革新的で冒険的な実験的政策を行った。 「日本はどうやら、保守的な思想が軍国主義につながったらしい。 この際、いろいろ試してみよう」 ホイットニーはこう考え、日本国憲法をはじめ、労働組合の育成、政治犯として投獄されていた日本共産党幹部の釈放、社会党・ 片山哲の首相推薦と、保守派が絶対やらないような政策ばかりを実施した。 まるで「社会主義化の実験場」だ。 その様子は、無抵抗でぐったりする日本に新薬を投与し続け、事実上の去勢状態を作り出しているかのようだった。 ところが、ここまでやっておきながら、GSはこの後、失速する。 GSに集中した絶大な権力が汚職の蔓延につながり、延命を図る日本の企業や政治家連中からの賄賂が集中したとのことだった。 この辺は事件ではなく陰謀だとする説も多分にあるが、とにかくこれが原因でGSは力を失い、ライバルの参謀第二部(G2)の台頭を許すことになる。 こちらのトップは チャールズ・ウィロビー少将。 強固な反共産主義者として知られていたウィロビーは、アジアにおける社会主義の台頭を脅威に感じ、 トルーマン大統領に日本を「反共の砦」として利用するよう進言した。 この方針転換がきっかけで、日本はアメリカン・ファミリーに迎えられることになり、アメリカのために役立つ駒になるべく、がっつり体力をつけ直させてもらうことになった。 この方針変更を、今や没落したGS、かつてはGHQの中心に立って日本弱体化計画を進めてきたGSのナンバー2、 チャールズ・L・ケーディスは怒った。 「くそG2め。 せっかくマッカーサーの大将やホイットニー兄貴が、注意深く日本にパンと水しか与えてこなかったのに、いきなりテンプラやスキヤキを食わせやがって。 これじゃ今まで弱らせてきた苦労が水の泡だ」 彼はトルーマンに直訴しようと帰国した。 だがトルーマンは、もともとガチガチの軍人であるマッカーサーを嫌っており、マッカーサーの弱体化路線の継続をケーディスがいくら訴えても聞き入れてもらえず、結局ケーディスはそのまま辞任した。

次の

常磐線試運転 車両付着ちり 放射能濃度23倍に 動労水戸調査 (東京新聞) 魑魅魍魎男

ムラ っ け 弱体 化

ぼくはオクタン派です。 かわいいですよね、たこ焼きみたいで。 bwのときはお世話になりました。 そんなムラっけが剣盾では弱体化されているようなので、 その内容と今後どう使っていくかを考察したいと思います。 ムラっけの弱体化 XYではオニゴーリも強かったみたいですね。 ぼくはXYほとんどやってなかったので。。 ではまず、ムラっけの修正内容を見ていきましょう。 修正前 毎ターン終了時、『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』『回避率』『命中率』いずれかのランクが2段階上がり、別のランクが1段階下がる。 修正後 毎ターン終了時、『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』いずれかのランクが2段階上がり、別のランクが1段階下がる。 ・・・ 回避率・命中率がこっそり消えてますね。 個人的にはこの回避率の上昇にどれだけ救われたかという感じなんですが、、、残念です。 ムラっけで運用する場合、回避率が上昇しないと運用が難しくなります。 基本的にはまもる、みがわりしながら攻撃外しや麻痺で 動けなかった場合にこちらが攻撃するというスタンスです。 オクタンやオニゴーリの種族値だと防御・特防があがったところでみがわりは壊れます。 なのでかなりこの修正は痛いですね。 今後のムラっけについて 今後のムラっけについて考察します。 やはり相手が動けない状況を作りたいと考えると回避率あげてバトンタッチがいいと思います。 フワライドなどつかって「でんじは」や「ちいさくなる」を使ってからバトンタッチをすれば ムラっけが安定します。 ムラっけは運ゲー運ゲーってよく言われますが作戦次第では「分が良い運ゲー」にできる と思います。 そもそもポケモンは「作戦+読み+運」で遊ぶゲームだと思うので こういう戦法は嫌いじゃないです。

次の