からやま おすすめメニュー。 からやまのメニューはカロリー高め?糖質制限には向いている?

【からやまのお持ち帰りメニュー】おすすめテイクアウト【ベスト5】

からやま おすすめメニュー

唐突だが日本三大定食と言えば、それは、 生姜焼き定食 唐揚げ定食 ハンバーグ定食 である事は大方異論の無い所であろう。 どこの定食屋へ行ってもこの3つのメニューは大概存在してるし、逆に無きゃ無いで「何で?」となる。 ではなぜこの3つの定食が日本では定番中の定番の、所謂ド定番となっているのか。 理由はこれまた3つあると思われる。 1.コストが安い 生姜焼きの豚ロースも、唐揚げの鶏もも肉も、ハンバーグの合い挽き肉も言っちゃ悪いがどこでも安く手に入る。 安く手に入るが故に安く提供できる。 食文化を語る上でコストは非常に重要だ。 「私は美味しい生姜焼きなら1500円でも普通に出しますよ」なんて言う人も居ない事はないだろうが非常に少ないのは確かだろう。 もっとも、それはコストの問題と言うよりは単に人の裕福さの問題かも知れないが。 2.客の味への期待値が低い 大体定番メニューっていうのは、客は味にそんなにすごい期待を元々持っていない。 普通に調理して普通の値段で出してさえくれればそれでいい。 逆に変に凝った食材や味付けにして「唐揚げ定食、1000円です」とか言われた方が客としては「は?」となる。 誰も生姜焼き定食や唐揚げ定食にそんな値段は期待してない。 せいぜい、500円から800円だ。 求める期待値が低いんだから味も値段もそこそこでいい。 店側としたらこんな楽なメニューもないだろう。 3.故に店同士の競合が無い 値段が手頃で期待値も低いメニューなら、いちいち店をより好みする必要が無い。 ただでさえ時間の無いランチタイム時のサラリーマンやOLにしてみればこれは非常に重要だ。 平日の昼時に「よし、今日はみんなでハンバーグにしようか」なんて誘われて「ごめんなさい、私はハンバーグはデニーズの7種のチーズハンバーグじゃなきゃダメなの」なんて言う人間はほぼ居ない。 居たら居たで勝手にしろって話だが。 ぶっちゃけデニーズだろうがガストだろうがフォルクスだろうがステーキのけんだろうが、ハンバーグの味自体にそんなに差は無い。 それよりも、そこそこの値段で、予想通りの味がどこでも食べられる。 それが日本三大定食においては一番大事な事。 まとめると、定番定食メニューの条件とは、 ・値段が手頃(凡そ500円~800円) ・味は想像通り(と言うか、逆に未体験の味付けや食感にされても困る) ・故に新たな感動やワクワク感など無い 少しばかり現実的で酷な書き方をしたが、定番定食って大体そういうもんでしょう。 ましてそれが日本三大定食ともなれば尚更だ。 定番メニューに過度な期待なんかしちゃいかんのですよ。 でないと主婦が晩御飯で作れなくなっちゃうでしょ。 スポンサーリンク とんでもなく美味いからあげ屋チェーン店 その店に入ったのは偶然だった。 近くには同系列チェーン店のかつ屋があった。 仮に自分一人で来たのなら、普通にかつ屋に入っていただろう。 しかし残念(?)な事に、その日は一人ではなかった。 仕事上の上司と一緒だった。 「今日の昼飯はからやまにします」 と、常識的で礼儀正しい上司はそう私に言った。 もう、問答無用という感じだった。 普段は「さて、今日は何を食べましょう」とか必ず聞いてくるのに、どういうわけか彼は今日はランチ選択権を私に譲る気は無いらしい。 「別にいいですよ」 と私は答えた。 大体、別に私だって唐揚げは嫌いじゃない。 寧ろ好きな部類だ。 というか、唐揚げが嫌いな人間なんて居るだろうか。 恐らく殆ど居ないだろう。 ただ、私にとって唐揚げはカツ丼とは比べられないというだけ。 私はカツ丼を最後の晩餐と決めている人間だから。 しかしまあ、自分で「別にいいですよ」と言っておいていつまでも陰でグチグチ言ってるのも人としてやや大人気ないので、ここは郷に入れば郷に従え。 大人しく唐揚げを注文する事にした。 外観は所謂かつ屋と同様、いかにもなチェーン店という感じ。 内装や外観の綺麗さから、オープンしてまだ1年そこそこといった所か。 メニューも至ってシンプル。 分かりやすくてとてもいい。 もう、ランチ時にメニューの数が多すぎると混乱してしまうからね。 からやま定食 梅(からあげ4個) 590円 からやま定食 竹(からあげ5個) 690円 からやま定食 松(からあげ6個) 790円 鉄板からテキ定食 650円 ザクザク辛味からあげ定食 690円 チキン南蛮定食 650円 合盛り定食 620円 からたま丼 490円 ネギ極ダレ丼 590円 ネギ塩ダレ丼 590円 ご飯の大盛りは無料。 これはデカいね。 はっきり言って、ここをケチるとファンは付かない。 最低限だけど、いい仕事している。 キャベツのおかわりもできたら二重丸だったが。 まあこの値段でそこまで求めるのは図々しいか。 ただ一つだけよく分からないメニューがあって、それがこの、 デカ盛り定食 1990円 これはちょっと意味が分からない。 そもそもこのメニューは一体誰がターゲットなのか。 みんなでワイワイ唐揚げを食べて欲しいというのなら、ご飯とみそ汁付きっていうのが意味が分からないし、大食い野郎がターゲットにしてはイマイチお得感が無い。 からあげを20個も食べる特別なセットでこれは寂しすぎるでしょう。 せっかく無駄を省いたシンプルなメニュー構成なのに、このデカ盛り定食だけが妙に浮いている感じ。 何か一つくらい「おおっ!」と言わせるメニューを置きたい気持ちも分からなくはないが、これは違うでしょう。 何か勿体無いね。 ザクッ!、バキッ! ジューシー それはさて置き、今回頼んだのはこの 合盛り定食(620円) どうもこの和風ダシからあげというのは期間限定らしい。 だったら尚更頼んでおかないととダメだろう。 あと、ついでなんでネギ塩ダレ丼も追加で頼むことにした。 で、来たのがこれ。 アップすると、こう。 ザクッ! 噛むとまずすごい音がする。 いや、どっちかと言うと、 バキッ! かも知れない。 個人的にバキッと音がするからあげを食べた事が無いとは言わないが、随分と久しぶりな気がする。 で、中はこんな感じ。 もう、見るだけで分かるジューシーさ。 はっきり言って、こんな美味いからあげを食べたのは初めてかも知れない。 ましてやそれがチェーン店で! ネギ塩ダレ丼はこんな感じ。 ネギ塩ダレ丼はからあげ3個をそれぞれ半分に切ってご飯の上に乗っかっている。 乗ってるからあげは定食のものと一緒なので、あとはからやま定食の梅(からあげ4個)と比べてネギと塩ダレの分のアドバンテージをどう捉えるか、という事になるが、ぶっちゃけ私は定食の方がお得感が強いと思う。 理由は、 1.ネギとからあげがそんなに驚く程合うわけじゃない 2.丼だとみそ汁が付かない 3.からあげが半分に切られて出てくるので、早く食べないとせっかくのジューシーさが失われ、そこいらの定食屋の普通のからあげ定食と大差無くなる 特に3の、からあげが半分に切られているかどうかというのは、思った以上に重要。 このからあげ、揚げたてで出てくるのですぐに食べると写真のように超ジューシー。 だが、 出てきて10分経つとジューシーさは半分以上損なわれる。 これが半分に切られてしまったら、時間も半分の5分で完食しないとジューシーさを味わえない。 とにかく急げ!出てきたらすぐ食え!喋ってる時間は無い! もし運悪く冷めてしまったら、定食にもれなく付いてくる甘ダレに思いっきりからめて食べるのをお勧めする。 これがまた抜群に美味い! はっきり言ってこのタレはおかずのタレにしては少し甘すぎるのだが、からあげが少し冷めて、かつからあげの味に飽きてきた頃にこの甘ダレに浸して食べると、また一気に味が変わって食欲が進む。 こういう所、ほんとからあげの事を真剣に考えてるなと感じる。 ドレッシングや漬け物も勿論完備。 キャベツにはドレッシング、白飯には漬け物がそれぞれ必要でしょう。 この辺りも流石チェーン店仕様。 安心できる。 はっきり言って私は個人店よりチェーン店の方が10倍好きだ。 個人店にもいい店は沢山知っているんだけど、どうも何度も通うと店員がこちらの顔を覚えて扱いが常連化してしまうのが嫌なんだ。 飯はいつも気兼ねなく食べたいので、いつ行っても「ご新規さんご案内」してくれるチェーン店が一番気楽でいい。 顔なんて覚えてくれなくていいから。 スポンサーリンク いい店とは、満足できる店とは 食べ終わってレジへ行く。 2品頼んで会計は1210円(税別) はっきり言って、食べ終わってレジを済ませた後、人は一瞬でその店の総合評価を下す。 値段に見合っていたか? 値段は別にして味はどうだったか? また来たいか? 店の雰囲気は? といった具合に。 はっきり言って、合盛り定食620円(からあげ4個)、ご飯大盛りOKでこの味と食感のクォリティ。 多分、こんなからあげ専門店は無いと思う。 これがチェーン店と考えるとびっくりすると思うよ。 ただ、難点は チェーン店にしては支店の数がまだまだ少ないという事。 特に横浜市内には一店舗も無いというのは流石にちょっと個人的には苦しい。 2017年4月現在、神奈川県では、 川崎市に2店舗 相模原市に2店舗 横須賀市に1店舗 そして東京に2店舗(新橋、武蔵村山市) といった感じで、なんとも攻め方が戦略的というか何というか、 おかげでまだこのからやまを知らないという人も結構多いのではないだろうか(実際、私もここに連れて来られるまで、からやまの存在を全く知らなかった) でも、はっきり言って、遠方に出向いてでも食べる価値、あると思う。 実際、私はこのからやまでからあげを食べるためだけに横須賀市まで出向いた位だ。 美味しいものが食べられるってすごい事。 美味しいものが安いというのはもっとすごい事。 それがチェーン店ならば、尚更すごい事。 このからやまは私にとっての、ベストオフからあげ。 まだの人は是非一度ご賞味あれ。

次の

『持ち帰り利用。揚げ置きからあげ残念でした。』by ジタンダヤン : からやま 埼玉深谷店

からやま おすすめメニュー

カリッともも• ジューシーもも丸• ささみからあげ• 大判からあげ• なんこつ(やげん• 手羽先• ポテトサラダ• ポテトフライ ちなみにお弁当メニューはご飯の大盛り無料です。 メニュー1:からやま弁当 (参照:「からやま」公式サイト) からやま弁当はお店で人気の「カリッともも」とキャベツの千切り、ご飯のお弁当です。 「カリッともも」は、からやま特製「秘伝の漬け込みダレ」にじっくり漬け込まれた大ぶりの唐揚げは食べ応え抜群。 生姜、ニンニクは使われていないので後に予定がある方も安心して食べられます。 からやま弁当は「梅」「竹」「松」の3種類があり、「カリッともも」の数が違います。 マヨネーズ そのまま食べてもおいしい唐揚げですが、タレをつけるとまた違った味を楽しむことができます。 おすすめは「極ダレ」。 絶品です。 甘辛だれもご飯がすすむ美味しさなので機会があれば試してみてください。 メニュー2:からあげ弁当 (参照:「からやま」公式サイト) 大判のからあげがまるっと1枚、千切りキャベツ、ご飯のお弁当です。 からあげ弁当はボリューム満点。 こちらもタレが3種類から選べます。 メニュー3:親子丼セット弁当 (参照:「からやま」公式サイト) カリッともも2個と千切りキャベツ、親子丼がセットになったメニューです。 親子丼好きにはたまらないセットメニュー。 親子丼は単品でも注文できます。 メニュー4:チキン南蛮弁当 (参照:「からやま」公式サイト) チキン南蛮とタルタルソース、千切りキャベツ、ご飯のお弁当です。 甘酸っぱいチキン南蛮とクリーミーなタルタルソースが絶妙にマッチした味わいのお弁当。 こってり食べたい方におすすめです。 メニュー5:からたま丼弁当 (参照:「からやま」公式サイト) 大判からあげを特製の甘辛タレと卵でとじた丼です。 からあげを卵で閉じる発想面白い。 一度食べるとクセになります。 からあげのカツ丼といった感じでご飯が進みます。 メニュー6:チーズからたま丼弁当 (参照:「からやま」公式サイト) からたま丼にとろーりチーズがのったお弁当です。 甘辛い鶏からあげに絡まったふわふわたまご、そこに乗せられたとろりとしたチーズがたまらない。 チーズが好きな方は一度試してみる価値ありです。 メニュー7:油淋鶏弁当 (参照:「からやま」公式サイト) レタスに白髪ねぎ、大判からあげに酸味の効いタレがかかった油淋鶏とご飯のお弁当です。 さっぱりしているのでサラダ感覚で食べられます。 メニュー8:特盛り弁当 (参照:「からやま」公式サイト) カリッともも2個、大判唐揚げにタルタルソース、千切りキャベツとご飯のお弁当です。 とってもボリューミー。 お腹かがすいていてがっつり食べたい方におすすめです。 メニュー9:ネギ極ダレ丼弁当 (参照:「からやま」公式サイト) 大判唐揚げにからやまの特製極タレのかかったたっぷりのネギに千切りキャベツの乗った丼です。 「極ダレ」は先ほどもご紹介したゴマとニンニクのタレになります。 たっぷりのネギと唐揚げを一緒に食べるとたまりません。 メニュー10:ネギ塩極ダレ丼弁当 (参照:「からやま」公式サイト) ネギ塩極ダレ丼は、ネギ極ダレよりもさっぱりとした塩ダレがネギに絡められています。 あっさりしたものを食べたい方におすすめです。 メニュー11:赤辛弁当 (参照:「からやま」公式サイト) ふんわりたまごとチリテイストの赤くて辛いオリジナルソースがかかった大判からあげとフライドポテト、ご飯のお弁当です。 オリジナルソースは唐辛子とニンニクがガツンとくる辛いけどクセになり、そこにふんわりマイルドなたまごが絡まりたまらない美味しさになります。 辛いものが好きな人におすすめです。 メニュー12:鶏回鍋肉弁当 (参照:「からやま」公式サイト) カリッとももが3個とキャベツがたっぷり入った回鍋肉とご飯のお弁当です。 回鍋肉は豚肉で作られれることがほとんどです。 からあげの回鍋肉は珍しいですがこれが意外と合います。 からやまのお惣菜は量り売り からやま のお惣菜は量り売りです。 グラム量によって金額が違うので購入時にスタッフの方と相談してください。 からやまのお持ち帰り テイクアウト おすすめベスト5 どれも気になって選べない方にからやまのテイクアウトメニューおすすめベスト5をご紹介します。 第1位:からやま弁当 一番のおすすめは、「からやま弁当」です。 からやまが初めての方はぜひからやま弁当を食べてみてください。 そしてつけダレは「極タレ」一択。 絶品のタレなので試さないともったいないです。 第2位:油淋鶏弁当 さっぱりサラダ感覚の油淋鶏弁当はあっさり食べられます。 一度食べたら忘れられないクセになる味です。 第3位:からたま弁当 甘辛いタレがたまりません。 カツ丼よりもあっさりしていて食べやすいです。 第4位:チキン南蛮弁当 タルタルソースがチキン南蛮にによく合います。 こってりしているのでがっつり食べたい時におすすめです。 第5位:赤辛弁当 辛いものが平気な方はぜひ一度食べてみてほしいお弁当です。 病みつきになる旨辛さです。 お持ち帰りにはパーティー用や期間限定メニューがある お持ち帰りには大人数用のパーティー用メニューや期間限定のお得なメニューもあります。 鶏ももチューリップからあげ 4本• カリッともも 4個• ささみからあげ 4個• 手羽先 4本• なんこつからあげ 1パック• 極タレ(4人前) からやまのからあげはスーパーなどで買うよりも抜群の美味しさです。 パーティーや家族での夕食など、からあげを買う機会があったら試してみてください。 からやま の店舗 からやまは全国に95店舗あります。 店舗によってはデリバリーを行なっているところもあるので配達エリア内に住んでいる方は電話で確認してみてください。 からあげ専門店の「からやま」はさすが専門店!という美味しさです。 そして 嬉しいことに「からやま」はテイクアウトメニューも豊富。 普段見たことのないお弁当もあり選ぶのも楽しいからやまなのでからあげ好きな方は試してみてくださいね。 パーティーや大勢の集まりでも喜ばれること間違いなしです。

次の

からやまのお勧めメニューと値段は?かつやの系列店で塩辛は無料?

からやま おすすめメニュー

からやま 少し前に近くにできたので行ってみました。 からあげ専門店のからやま。 ちょくちょくお店は見かけるのですが、調べてみるとそれほど店舗数はありません。 東京都内でも4店舗だけ。。。 たまたま私の行動範囲のところにあっただけのようです。 ようやく行くことができました。 安くてボリュームある お店の外看板に「からあげ定食590円から」と書いてあるので安そうだなとは感じていました。 実際にメニューをみると確かに安い。 590円から600円台が中心です。 テイクアウト用のメニューもありました。 パーティセットは子供が喜びそうですね。 今回は初めてだったので定番とおもわれる「からやま定食」を注文。 からあげ4個とあったので少ないかなぁと思っていたのですが、、、1個がものすごく大きい! からあげ2個でごはん1杯食べることができました。 メニューにも「からあげ追加できます」とあったので4個じゃ足りないかと思ったのですが、足りないどころか余ってしまいました。。 600円くらいでこんなボリュームあるのはコスパいいです。 そのまま食べても美味しいのですがタレをつけても美味しい。 マヨネーズも置いてありました。 夜ご飯はいらないくらいお腹いっぱいになりました。 キッズメニューがない 子供は絶対好きだな~と思いながら食べていたのですが、からやまにはキッズメニューがありません。。。 残念です。 普通のメニューが安いので多めに注文して分け与える感じですね。 似たようなお店の「とんから亭」はキッズメニューがありカレーかけ放題だったので子連れなら「とんから亭」がいいですね。 関連 まとめ 店舗数が少ないのが残念ですが非常にコスパいいです。 見かけた方は是非いってみてください。 【関連記事】 ・ ・ ・ 【編集後記】 昨日は税務署で税務調査の結果報告。 その後に申告相談。 少し前に買った腹筋ローラーやってますがかなりキツイ。。 まだまだ効果でてきません。。。 【イクメン日記】 次の土曜日は運動会。 毎日練習しているみたいなので楽しみです。 まだ1年生なので出番は少ないようですが。 【一日一新】 朝霞駅 スタバ 朝霞駅からバス 【読んだ本】.

次の