犬 ケージ 飼い。 犬のお留守番はケージ派?フリー派?それぞれの利点と欠点

大型犬のケージは室内飼いには必須!!種類や作り方を紹介!!

犬 ケージ 飼い

室内飼いにケージは必須!• ワンちゃんの体型に合わせたケージを選ぼう!• イヌ大好き、30代のひなこです。 今はダックスフンド5歳のメスとポメラニアン1歳のオスを飼っています。 イヌが大好きなので、今までに柴犬、チワワ、パピオンなど、いろいろな種類のイヌを飼ったことがありますよ。 そんな私なので、常にイヌの健康のことを考えています。 だって、人もイヌも元気が一番ですよね!!! 特に大事なのは食事だと思います! 実は今飼っている5歳のダックスフンドは尿結石がありました。 その原因はそれまであげていたドッグフードだったんです。 そのことを知ってからは、常にネットサーフィンをしてイヌが元気で長生きできる情報を集めているのですが、ネットにはいろんな情報があふれていますよね?どの情報が本物?具体的に何を知っていればいい?など調べているといろいろ疑問に思いました。 そこで、私が調べて知った情報をシェアしていけたらと思い、ブログを書くことにしました。 このブログを読めば、イヌが元気に長生きできる情報を知ってもらえるように書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

次の

ラブラドールの室内飼いにサークル・ケージは必要?メリットや大きさは?

犬 ケージ 飼い

猫のケージ飼いはアリ! 結論からいえば、猫のケージ飼いは体調や年齢によってはアリです。 例えば、好奇心が旺盛な子猫期は何にでも興味を示すため、飼い主さんが目を離した隙におもちゃを誤飲してしまったり、高い場所から落下してしまったりする可能性があったりしますが、ケージを活用すればこうした危険を防ぐことができます。 また、多頭飼いの方は飼い猫が「猫カリシウイルス感染症」や「猫ウイルス性鼻気管炎」といったウイルス感染症にかかったとき、ケージを使って病気の猫を隔離すれば、ウイルスの蔓延が防げるのです。 そして、ケージは先住猫と新入り猫を慣れさせるときにも活用できるので、猫の安全を守るためには欠かせないアイテムだといえるでしょう。 ストレスにならないよう気を付けて。 ケージを活用するときの注意点 子猫のお留守番にはおすすめ 猫には部屋の中を自由に歩いてもらいたいと思っている飼い主さんの中には、ケージの必要性を感じておられない方もいるかもしれません。 しかし、普段からケージに慣れさせておくことが命を救うに繋がる場合もあります。 例えば、災害時はパニックになった猫が脱走してしまうことも多いもの。 しかし、こうしたとき、ケージに慣れてくれていたら、安全な場所を求めて自らケージに避難してくれることもあるので、脱走を防ぐことができます。 もし自ら逃げ込んでくれなくても、ケージはパニックになっている猫を脱走させずに守れるスペースとなるはずです。 また、災害時だけでなく、猫に留守番をさせる機会が多いという方にもケージはおすすめです。 特に子猫期は留守番時にイタズラをされたり、人間の食べ物を口にしてしまったりする可能性が高いため、ケージの中で過ごさせるのもよいでしょう。 ただし、あまりにも留守番をさせる頻度が多かったり、1回の留守番時間が長かったりする場合は猫にストレスを感じさせてしまうので、ペットカメラを導入するなどして、違う対策法を考えていきましょう。 犬用ケージの代用はNG! ケージを選ぶときのポイントは 猫に合ったケージ選びを 猫は横方向よりも縦方向の広さを重視する動物であるからこそ、犬用のケージを代用してはいけません。 そして、猫用のケージの中でも、上下運動ができるよう、ケージの中にキャットステップが設けられているものがおすすめです。 また、子猫にケージを使用させるときやケージを使いながら新入り猫と先住猫を慣れさせていきたいときは、網目が細かいものを選びましょう。 網目が粗いと、子猫が隙間から脱走してしまったり、先住猫が新入り猫に攻撃を仕掛けたりする危険性があるからです。 なお、猫が力技で開けられないよう、複雑な使用のカギが付けられているケージを選ぶのもポイントだといえます。 猫が安全に使用できるおすすめのケージ! アイリスオーヤマが優秀 「アイリスオーヤマ コンビネーションサークル」は縦につなげられるため、猫が増えたときや成長に合せて使用していけるケージです。

次の

チワワはケージ飼いが当たり前?入れっぱなしでいいの?出す時間は?

犬 ケージ 飼い

子犬を迎える方のためのケージの選び方 新しい家族として子犬を迎える方に押さえていただきたいことの一つが、トイレトレーニングです。 トイレトレーニングとケージには実は大きな関係性があります。 犬は元来きれい好きのため、トイレと食事の場所を分けてあげることが重要です。 そのため、犬種によっては、狭すぎるケージの場合、トイレと食事の場所が近くなりすぎるため、体の大きさに合わせて、適切なサイズのケージを選んであげることが重要です。 おすすめ商品 関連コンテンツ 大きさで選ぶ• 設置場所で選ぶ• おすすめ商品• おすすめ特集• サークル・ケージ関連コンテンツ• おすすめ特集• 136件中 1〜30件を表示• 屋根付きでお得!• スライド扉で開閉スムーズ!• 幅97. スライド扉で開閉スムーズ!• 上下の四隅にピンを差し込むだけで簡単に組み立てできます。 支柱に角がない、愛犬を優しく包む丸みのあるフォルム。 ケージとしても使用でき、しつけや留守番時などに便利です。 支柱に角がない、愛犬を優しく包む丸みのあるフォルム!ケージとしても使用でき、しつけや留守番時などに大活躍です。 幅110. 7cm)タイプ トレーを丸洗いでき、フルオープン扉でお手入れが簡単なお掃除楽ちんサークルです。 幅87. ワンちゃんのトイレトレーニングに便利な、システムサークル(トレー付き)です。 インテリアに調和する優しい木目です。 木目調デザインのサークルです。 わんちゃんのやすらぎ空間を考えたサークルです。 温かみのある木目調のデザインで、インテリアに調和します。 4cm 幼犬のトイレトレーニングにおすすめ 滑り止め用のゴム脚付き• 2cm トイレトレーニングに便利なトレー付き 滑り止め用のゴム脚付き.

次の