京 アニ 事件 犯人。 京アニ火災犯人顔画像や名前、動機は?京都アニメーションガソリン放火

京アニ放火事件の犯人青葉真司が逮捕されない理由はなぜ?時期はいつかも調査!

京 アニ 事件 犯人

「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件から1週間あまりが経った。 容疑者は治療を受けるため病院を転々としていたが、意識を取り戻したとされた。 そんな中、ネット上では「治療をするな」「痛み止めをせず苦しませろ」などの声が上がっている。 かつて容疑者の治療にあたった経験がある医師の立場から所感を述べたい。 いま治療にあたっている医師、看護師、病院スタッフは複雑な思いをすることもあるだろう。 まだ容疑の段階だが、30人以上を殺めた容疑者の治療に医療資源をそそぎ、おそらく最高の医療を提供していることと思う。 容疑者はおそらく全身の重度のやけどや気道熱傷などの治療を受けていると思われるが、一般に、超重症のやけどの治療には大変な数の人手や大量の輸血など極めて高度な集中治療が必要になることが多い。 筆者は外科医として熱傷治療に携わっていたことがあり、その大変さはよく知っている。 今回の事件に限らず、例えば大量殺人犯がいたとして、その犯人が病気や怪我になったときになぜ全力で治療をせねばならないのか。 感情的には、医者としても強いためらいがある。 そして我々医療者は、感情的にためらったまま行う治療が最善のものとはならないことは知っている。 現代の医療において、医者は、そして医療者は、大変な思いをしてなんとかやっと一人の命を助ける。 死の淵に立った人をこちら側へ引っ張り戻すのは、並大抵のことではできない。 21世紀になりこれほど医学が進歩したように見えても、今でも助けられない人は助けられないのだ。 そういう現状のなか、いとも簡単そうに何人も殺めた人を全力で救うことのジレンマは、医療者のこころにあるだろう。 あまり語られていないことだが、病院にはある種の「懲罰的な感情」があることを記しておく。 例えば酒の飲みすぎで急性アルコール中毒になり救急車で夜中に運ばれてきた若者に、「自業自得」「迷惑」としてあえて太い針で点滴を刺して痛みを与える、といったことはしばしば耳にする。 それ以外にも、医療費が事実上無料である生活保護受給者で、まるで病院をホテル代わりに利用するような患者へは高額な治療を受けさせないと公言する医師もいる。 まるで神のような振る舞いで私は好きではないが、病院にはそれくらいの裁量権があり、感情的になった治療というものも存在するのだ。 綺麗事を言うつもりはない。 現場の医師、看護師、スタッフの皆さんは苦しみつつも全力で容疑者の治療をしているだろう。 犯罪者の治療にあたった経験がある私としても、その苦悩は痛いほどよくわかる。 しかし医療者は神ではない。 裁判官でもない。 医療者にできることは、ただ目の前の病める人を全力で良くする、その一点のみなのだ。 そこに感情を介入させてはならない。 どうしても感情を殺せないという人には、このコメントを引用させていただきたい。 事件が起きた後は、被害者保護が第一であり、犯人逮捕と公正な裁き、そして類似事件防止が求められる。 そのためには、容疑者に真実を語ってもらわなければならない。 逮捕できなかったり、被疑者死亡で不起訴では、誰にとっても良いことではない。 出典: 容疑者を生存させ、真実を明らかにする。 これを目標として、治療にあたって頂きたく切に願う。 医師として、治療に当たる医療スタッフの皆さんに心からの敬意を表したい。 最後になったが、亡くなられた被害者の皆様の冥福を心よりお祈りするとともに、今なお被害に苦しむ方々の回復を願ってやまない。

次の

京アニ放火事件の容疑者を治療するということ 葛藤と苦悩(中山祐次郎)

京 アニ 事件 犯人

事件があった「京都アニメーション」スタジオ前で手を合わせる人たち(撮影日:2019年8月8日) Photo:JIJI 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1ヵ月が経過した。 犠牲者のご家庭が仏教であれば、悲しみの初盆を過ごしたことだろう。 この間、容疑者は医師の呼び掛けに反応するまでに回復したが、依然として容体は重篤なまま。 京都府警による事情聴取や逮捕が可能になるのは、早くとも数ヵ月後とされる。 刑事事件として動き出すのがいつになるのか、先行きは不透明だ。 毎日新聞の8日付朝刊に衝撃的な見出しが掲載された。 事件当時、第1スタジオにいた70人に対する殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区大和田町1丁目=は、過去に起こしたコンビニエンスストア強盗事件で、今回と同様にガソリンを使った放火殺人を考えていたというのだ。 毎日の報道などによると、青葉容疑者は2012年6月、茨城県坂東市でコンビニ強盗を起こし、同9月に水戸地裁下妻支部で懲役3年6ヵ月の実刑判決を受けた。 青葉容疑者は捜査段階で「小説を書いている」と供述し、その小説を巡り家族関係が悪くなったことが事件の引き金だったと主張。 実際に小説を書いていたかどうかは不明だが、漫画は多く読んでいたと話していたとされる。 09年にアルバイト先をクビになり、当時の心境について「ガソリンをまいて他人を燃やそうと思った」とも供述。 その際に08年6月に発生した秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大死刑囚(事件当時25、現在は36)について触れ、「同じ心境だ」「刑務所に入りたかった」と述べていたとされる。 一方で「無差別殺人を考えることはあるが、思いとどまることもできる」とも供述していたという。

次の

京アニ作品の今後どうなる?京都アニ放火事件の影響や損害額は?(画像・動画)

京 アニ 事件 犯人

18日に発生した京都アニメーションの放火事件。 死者30人超という衝撃的かつ凄惨な放火殺人だが、京都府警より19日、犯人の名前が青葉真司(アオバシンジ)であることが明かされた。 明かされる前から、すでにネット上ではこの「青葉真司」という名前は取りざたされていた。 それは「2012年に茨城県内でコンビニに包丁を持って強盗に入り、その後、逮捕されている」という情報が出ていた点が大きかったといえる。 何にせよ、容疑者の名前が出たことでネット上も「ネットで出ていたのと同じ名前だ」という声があふれている。 そして「許せない」「なんでこんなことを」と、怒りと疑問の声が殺到している状況だ。 「青葉容疑者は身柄を確保された際『小説を盗まれたから放火した』と語っていたようです。 また、事件発生時には近隣住民が『パクりやがって』と叫ぶ青葉容疑者を目撃した、という証言も出ています。 小説家でもないでしょうし、おそらく一方的な逆恨みと思われますが、その小説がいったい何なのか、どのような作品で京アニのどの作品と絡むのかなど、犯行動機を追及する必要はあるでしょうね」(記者) 京アニは日本のアニメ文化を語る上でも重要な存在として君臨し、伝説的な人気作品も多数。 だからこそ、今回の放火事件の衝撃は非常に大きい。 青葉容疑者の犯行動機の「根底」には何があったのか、世間としてもそれを知りたい気持ちは強いはずだ。

次の