エクセル 数式 四捨五入 切り捨て。 四捨五入ROUND関数 切り上げROUNDUP関数 切り捨てROUNDDOWN関数

四捨五入ROUND関数 切り上げROUNDUP関数 切り捨てROUNDDOWN関数

エクセル 数式 四捨五入 切り捨て

【目次】 四捨五入(切り上げ・切り捨て)の基本 多くの会社では、エクセルを使って売上管理や在庫管理、請求書や見積作成を行っています。 消費税などの関係で、1円未満の端数の処理に困ったという声をよく耳にします。 また、数字の桁数が多い場合に、表を一見しても、細かい数字に目が行ってしまうため、切りのよい数字に四捨五入し、見やすい表にしたいという声も少なくありません。 その他にも、小数点以下の数字を表示させたいのに勝手に数字が丸め込まれてしまって困るという意見もあります。 エクセルではROUND関数や表示形式を使って数字の任意の桁数を切り捨て・切り上げ、四捨五入が行えます。 売上管理や在庫管理だけでなく、端数の処理をするときに使ってみてください。 「ROUND関数」で四捨五入(切り上げ・切り捨て)を行う エクセルでは、数字を四捨五入・切り上げ・切り捨てしたいときに使える関数がそれぞれ用意されています。 ROUND関数:指定した任意の桁数で四捨五入する• ROUNDUP関数:指定した任意の桁数で切り上げる• ROUNDDOWN関数:指定した任意の桁数で切り捨てる 実際にROUNDUP関数を使って5052. 389という数字の小数点第2位を切り上げてみましょう。 「数式」タブの「関数の挿入」をクリックします。 「関数の挿入」ダイアログが表示されたら、関数の検索に「ROUNDUP」と入力して「検索開始」ボタンをクリックしてください。 関数名の部分に検索結果が表示されるので「ROUNDUP」を選択して「OK」をクリックします。 そうすると、「関数の引数」ダイアログが表示されます。 「数値」の入力欄には、切り上げたい数値が入力されたセル番地を入力します。 「桁数」の欄には「切り上げたい桁数」ではなく「切り上げられた計算結果のでる桁数」を入力します。 ROUND関数の桁数では1の位を0として、小数点までを処理する場合には「0」、少数点第2位までを処理する場合には「1」…というように小数点以下には1から順番に数字が割り当てられます。 今回、5052. 389を5052. 4へと小数点第2位の数字を切り上げるので、「1」を入力して「OK」ボタンをクリックします。 そうすると、B2のセルに5052. 4と小数点第2位を切り上げた結果が入力されます。 ROUND関数を使えば、四捨五入することができ、ROUNDDONW関数を使えば、切り捨てることができます。 数値の桁数を切り捨てる関数にはROUNDDOWN関数以外にもINT関数とTRUNC関数があります。 INT関数:小数点を切り捨てて元の値を超えない最大の整数に返します。 切り捨てる桁数は指定できません。 TRUNC関数:指定した桁数を切り捨てます。 ROUNDDOWN関数と違い、切り捨てる桁数を省略できます。 たとえば、-10. 789の小数点第2の桁数を切り捨てた場合を例に挙げてみましょう。 ROUNDDOWN関数とTRUNC関数は小数点2位以下が切り捨てられて「-10. 7」となります。 TRUNC関数で指定する桁数を省略した場合は「-10」になります。 INT関数では小数点を切り捨てて元の値を超えない最大の整数をかえすため「-11」となります。 「表示形式」で四捨五入を行う エクセルではROUND関数以外にも「表示形式」からも数値を四捨五入できます。 セルを右クリックし、「セルの書式設定」をクリックします。 「表示形式」タブをクリックして「数値」を選択してください。 「小数点以下の桁数」の欄に表示させたい小数点桁数を指定します。 たとえば、10. 789の小数点第2位まで表示させたい場合は、ここの値は「2」と入力して「OK」ボタンをクリックします。 すると、10. 79と四捨五入された値にセルの表示が変更します。 その他にも「表示形式」タブの「ユーザー定義」で表示させたい小数点以下の文字数を設定することもできます。 小数点第2位まで表示させるのであれば、「種類」の欄に「0. 00」と入力して「OK」ボタンをクリックしてみましょう。 セルの数字を見るとすべての桁数が表示されていることがわかります。 表示形式を利用したこれらの四捨五入は、ROUND関数と違い表示を利用した簡易的な四捨五入と言えます。 計算をした場合に、表示されていない端数でズレが起こることもあります。 正確に桁数をコントロールしたい場合は、ROUND関数を利用しましょう。 四捨五入をワンクリックで行う 1234567. 9999のような桁数が大きい数字は、エクセルが自動的に小数点以下の数字を四捨五入して「1234568」と表示させることがあります。 これは書式の設定によるものです。 一見すると、セルの値は四捨五入されたかのようにみえますが、シートの上にある数式バーを見ると元の数値はそのままで、計算は元の数値で行われます。 四捨五入しない方法は「ホーム」タブをクリックして、「数値」グループの「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタンをクリックして、すべての桁数が表示されるまで小数点の桁数を増やしてみてください。 入力した数字がそのままセルに表示されます。

次の

数式が入ったセルの計算結果を四捨五入で表示したい

エクセル 数式 四捨五入 切り捨て

45,1 23. 45,-1 20 1の位を四捨五入 本当に、 「四捨五入をする関数」 について尋ねられているのならばこれでいいのですけれど、はじめに言語化される多くの質問が、本当に必要としている回答を得ることから、実は遠いものである可能性があることを、意識しておく必要があります。 「四捨五入をする関数は?」 という質問が、本当は 「四捨五入された値を表示したい」 という要望であることが少なくないのです。 見た目の数値が四捨五入されていればいいだけならば、関数は不要で書式設定すればいいだけです。 表示される桁数の一桁下の値が四捨五入されます。 ただ見た目に四捨五入した値が必要ならば、四捨五入をするROUND関数を使う必要はないのです。 但しこの場合は、見た目が四捨五入されているだけで、セルには四捨五入される前の値が保持されることになります。 ですから、端数処理(四捨五入)をした後の数値を計算に使う必要がある場合は、ROUND関数を使って四捨五入をしてやる必要があります。 本当は何が必要なのか、四捨五入された値なのか、見た目に四捨五入されていることなのか。 よく考えて四捨五入するROUND関数を使うかどうか、ご判断ください。 TrackBack: 9 TrackBack URL 対象:Excel 数値を切り上げる関数は何ですか? 切り捨てをするには何という関数を使えばいいですか? Excelの関数初心者の方からよくいただく質問です。 このサイトでもよく「切り捨て」「切捨て」などと検索していただいています。 これはヘルプをちゃんと検索していた... 対象:Excel 四捨五入をするROUND関数、切り捨てをするROUNDDOWN関数、切り上げをするROUNDUP関数をご紹介してきました。 数値を丸めるという意味では他にも知っておく方がいい関数があります。 INT関数とTRUNC関数です。... 緒方典子氏 aka 「魔法使いの開発工房... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelユーザーで、VBA(Visual Bas... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「数値が勝手に四捨五入されるのですが...?」 「... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelのワークシート関数について調べたいときに... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 「小数点以下を無視して計算したいのですがどうすればいいのでしょうか?」 といった... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 「エクセルで四捨五入するには?」 というのは、Excel初心者の方からいただく、...

次の

四捨五入・切り上げ・切り捨て|Excel・エクセル関数の使い方

エクセル 数式 四捨五入 切り捨て

桁数の箇所は、1の位、10の位、小数点第一位・・・といった具合に、どの桁で四捨五入するのかを指定します。 言葉だけでは分かりにくいので、実例を図にしてお見せしますね。 桁数を0にしたケース 図の中にある数式バーに注目してください。 今回は桁数を「0」にしていますね。 これは1の位を四捨五入していることを意味します。 3・・・になるので、1の位で四捨五入して33333が答えとなります。 これを基準にして、桁数を変えていきます。 桁数を1にしたケース 桁数だけを「1」にするとどうなるでしょうか。 このように桁数を「1」にした場合、 小数点第一位で四捨五入されます。 桁数を2にしたケース 続いて桁数を「2」にしてみます。 今度は小数点第二位で四捨五入されました。 ここまで来ると、次に桁数を「3」にした場合はどうなるのか予測が付きますよね。 桁数を3にしたケース 予想通りという方も多かったのではないでしょうか。 この場合、小数点第三位で四捨五入されました。 このように、数字が1,2,3と増えるに従って、小数点の第何位で四捨五入するのかを指定できるのです。 でも、ビジネスの現場では小数点で四捨五入するケースばかりではありません。 むしろ、小数点よりも整数部分での四捨五入の方が多いかもしれません。 桁数を-1(マイナス1)にしたケース この関数の優れたところは、桁数の項目は「正の数」に限らないということです。 このように、桁数の箇所を「負の数」で指定するとどうなるのでしょうか? 桁数を-1にすると、計算結果は次のようになります。 桁数が「正の数」の場合は、小数点の方向に桁数が増えていきましたが、「負の数」になると今度は10の位、100の位といったように四捨五入する桁が上がっていきます。 この場合下二桁が「33」なので、四捨五入されて「30」となります。 同様にくらいが上がっていくと、どのようになるのか見ていきます。 桁数を-2にしたケース 続いて桁数を-2にすると、こうなります。 この場合、「333」が四捨五入されて「300」になるので、このような結果となります。 ここまで、数値を四捨五入するための関数について見てきましたが、時には細かい数字を任意の桁で「切り上げ」「切り下げ」したい時もあるかと思います。 次から、その方法を見ていきたいと思います。 数値を切り捨てしたい時のROUNDDOWN関数 数値を任意の桁数で切り捨てたい時に使う関数がROUNDDOWN関数です。 関数の書き方は、先ほどのROUND関数とほぼ同じで、次のように記述します。 下一桁を切り上げているので、このような結果となります。 桁数を1にしたケース 続いて桁数を1にしてみましょう。 先ほどのROUND関数では四捨五入でしたが、こちらは切り上げということで、このような結果になります。 引き続き、他の桁数でも見ていきます。 桁数を-3にしたケース 最後に、下三桁で切り上げた計算結果がこちらです。

次の