アース 線 つなぎ 方。 コンセントにアースが無い! そんな時はビリビリガード

電子レンジのアース線の付け方がわからない?深く考えずに接続しよう!

アース 線 つなぎ 方

>端末部に「緑色テープ」での色別が必要とのことですが、これは、絶対に守る必要があるのでしょうか? *守って下さい。 通常は、接地線(保護接地線)に使う色は、 ・国内の電設業界では、「緑色」(内線規程等に記載) ・JIS(IECにならっている)では、「緑色/黄色の縞」(又は緑色)となっており 感電保護用に使う接地線の常識として、それ以外の色の電線を使う場合は、 その箇所を施行した人以外の電気屋が判るように「緑色テープで識別」可能に しておく必要があります。 <参考までに、私の勤務先の内規での「保護用(A・C・D種)以外の接地線の色」 ・静電気対策接地:黄色 ・避雷接地 :緑色 ・電子機器用接地:黒色 ・B種接地(系統接地:中性点用接地):白色 ・接地極(埋設側)導線:白色(但し、B種接地用では「緑色テープで標示」) >アースには別の緑の線を使用したくなく、通常のVA3芯ケーブル 赤 白 黒 で工事をしたいが、アースには何色を割り当てたらよいのか知りたい、と言うのが意図です。 100V配線なら 赤を使用すれば良いかと。 皆さんがおっしゃっているのは 確かに 誰が見ても接地線だと判る様に、 明記すべきと言う内線規定又は電気設備技術基準に元ずくもので、 そのとおり ごもっともなんですが、 実際の現場でVA3Cを配線して 配線器具側で緑のTCキャップ、又はビニールテープ で明示している現場はほとんど無いのが実情です、 役所仕事であれば Gライン等を使うので問題無いでしょうが、 知識として知っていれば良い事程度で留めておけば良いかと思います、 これは電技を遵守しなくてよい と言っている訳でわなく電気屋として臨機応変な対応で良い と言う私の個人的主観ですので。 「保護接地線は、「緑色/黄色の縞」を使うようになっています。 **ここで言う「接地側線(中性線)」とは、系統接地された電圧線(対地電圧は無電圧)のことです。 白、黒、赤の3芯VAケーブルで屋内配線をする場合、一般には白をアース側(柱上トランスのところでアースされているの意味)に使用しますが、これをアース付きコンセントのアース端子に接続してはいけません。 アース付きコンセントのアース端子は、緑の単線を用い直近でアース(接地)しなければなりません。 白、黒、赤の3芯は、2回路スイッチなどのリターンで、3芯がもっとも有効な場合に使用します。 複雑な回路では、やむを得ず非接地側に白が入ることもあります。 多種多様な配線がありますから、そのすべてについて、ここで解説することはできません。 詳しくは電気工事士試験の問題集を見てください。 A ベストアンサー 室外機と室内機を繋ぐ配線は、通常は3芯のVVFケーブルを使います。 VVFケーブルの太さは、2mmか1. 6mmですが、エアコンによって違います。 詳しくはエアコンの仕様書を。 3芯のVVFケーブルも、内側が、黒、白、赤に色分けされているのが普通なので、室外機、室内機どちらも、端子盤とケーブルの色を合わせて繋ぎます。 >エアコンの3芯線を使うというのは1本はアース線ですか? 違います。 >その場合には、2芯線+アースという組み合わせでもよいのでしょうか? 駄目です。 通常、グリーン、またはグリーンとイエローの色がアースケーブルになります。 DC回路では一般的に、黒は(-)、赤および茶は(+)です。 赤黒の場合、赤が(+)で、黒が(-)です。 赤白の場合、赤が(+)で、白が(-)です。 白黒の場合、白が(+)で、黒が(-)です。 青白の場合、青が(+)で、白が(-)です。 赤青の場合、赤が(+)で、青が(-)です。 茶青の場合、茶が(+)で、青が(-)です。 赤白黒の場合、赤が(+)で、黒が(-)です。 1つのコネクタ内で色を変えて(-)とすることは通常しないので、白は(+)になることが多いです。 正負両電源の場合に、赤(+電源)、黒(GND)、白(-電源)とすることもあります。 テスタで確認するのが確実です。 A ベストアンサー No. 3で回答した者です。 社内の人だったのですね。 配置転換があったり、仕事が変ったときは、 労働安全衛生法では、教育をすることになっています。 仕事の技術的な内容ではなく、安全や衛生に関して、作業者に 危険が及ばないようにするためです。 法とは別に、その人のスキルを正しく把握しないと、今回のようなことが起きるのだと思います。 内線規程は建屋の工事を想定した規程ですが、内容は機器、装置、盤などの配線作業にも指針となる条文やデータが記載されています。 例にあったヒータの配線太さなどは、内線規程から選定できます。 人命や装置を電気事故から守るには、最低限の知識が ないと非常に危険です。 本来は電気工事士程度のスキルと知識がないとやってはいけない作業だったとおもいます。 それと、社内設備の試験装置といえども通電された分電盤、制御盤などは取扱いに、法規制があります。 労働安全衛生法の「低圧電気の取扱い」の教育を受けていないと、 違法行為になります。 この件も是非、教育のに一環として受講させてください。 何か起きてからでは遅いですよ・・。 通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。 電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。 したがってショートするとは言いません。 なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。 これを地絡事故といいます。 >電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている… 一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。 アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。 通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。 ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。 どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。 ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。 ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。 電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。 何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。 6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。 高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。 事前に十分な技術的検討が必要です。 200V50A 三相 は、17. 3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。 単相の電源盤からとるとしても、同じです。 余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。 どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。 経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。 事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住... Q 三相3線200Vの分電盤に 2心のみ使って単純に200Vをとります。 R-S、S-T、R-Tとバランスと取って 接続するなどは知っていますが・・。 ケーブルの色別はどうするのが、正解なのですか? 先日、黒白緑のVCTを接続し、キャップも黒白緑にしました・・・。 200Vだから黒じゃなくて赤?とも思いましたが 手持ちがなかったので黒にしたら 「200Vなんだから赤だろ!!常識だぁ」 と別の会社の人に怒られました。 三相全部使う場合赤白黒(または青)と思いますが、 上記の場合どうなるのでしょう? 日本電機工業会規格の 「配電盤・制御盤の交流の相及び直流の極性による 器具並びに導体配置と色別」 等を見て何となくは解かりましたが 結局200Vなんだから赤だろ!! っていうのは常識ですか? 黒じゃダメなんですか? 結果 赤白、アースに緑という形にさせられました。 黒白、アースに緑等ではダメなんですか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー VCTは赤白黒緑の 4心を使って 1本遊ばせるのですね。 ここで白線をつながなかったら、黒と赤で単相 2線式 200Vとなりますね。 ということで、「黒-赤-緑」につなぐのが、正解です。 余談ですが、VVFケーブルに、「黒-赤」の 2心や、「黒-赤-緑」の 3心はありますが、「白-赤-緑」というのは見たことも聞いたこともありません。 4心線のうち 3本使う場合も、「白-赤-緑」などという使い方はしないほうがよいでしょう。 >黒白、アースに緑等ではダメなんですか… 接地付きの単相 2線式 100Vになります。 Q 気になったのでどなたか教えてください。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ 必ず接地されているそうですね。 で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって いるとの事ですが、ここで疑問です。 家電製品などによくアース線というものが付いています。 (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず 中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が 蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは ないのですか? また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? (危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです) 赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。 (添付画像参照) よろしくお願い致します。 気になったのでどなたか教えてください。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ 必ず接地されているそうですね。 で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって いるとの事ですが、ここで疑問です。 家電製品などによくアース線というものが付いています。 (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない ように接地するものだという事ですが... A ベストアンサー >家電製品などによくアース線というものが付いています。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) > >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは >ないのですか? まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。 漏れてはいけないものです。 火事や感電の原因になりますから。 静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、 普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。 但し機器を壊したり、 火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、 それを防止するのに対策することはあります。 機器から電荷を逃がすというより、 どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。 導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。 電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。 これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に 何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを 防止する為です。 次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、 これは全く別のものです。 アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。 しかし目的が違います。 アース線は家電製品の表面や筐体などに、 故障や不良により、 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、 それを逃がす為の線です。 こうしてあれば、 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、 とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。 人間が触れてもアース線と人体とでは、 圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、 人間には電流はほとんど流れません。 これで人間を守ろうというのです。 ちなみにこれは3線式に限りません。 2線式でも同じです。 >また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 >次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? まともに動かないと思います。 確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、 大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。 また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、 これは漏電になります。 漏電遮断器が動作すると思います。 >家電製品などによくアース線というものが付いています。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) > >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは >ないのですか? まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。 漏れてはいけ... A ベストアンサー いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バンクの三角 またはV 結線で一線接地。 たぶん S線が接地されている。 b 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。 たぶん S線とT銭の中間で接地されている。 a のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。 b のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。 【4】 電力会社との契約種別。 a 低圧。 b 高圧または特別高圧。 a の場合は電力会社の、 b の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。 いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バ...

次の

アース線の延長方法を図や画像付で解説!一番簡単なつなぎ方はコレだ

アース 線 つなぎ 方

アース線は、必ずしも接続が必要な訳ではありませんが、電子レンジの設置場所によってはアース線を接続することが義務付けられています。 部屋にアース端子がある場合は簡単に繋ぐことができ、万が一の感電を防止することができるので、接続をおすすめします。 ここでは、アース線が必要な場所や取り付け方、設置工事についてご紹介します。 電子レンジにアース線は必要ある?ない? アース線の役割 アース線は、電子レンジが故障した時や漏電した時の感電を防いでくれます。 電子レンジの使用環境によって、アース接続が必要な場所やなくても大丈夫な場所があるので確認してみてください。 ここではアース線の役割や、付ける場所、付けない場所をご紹介します。 電子レンジにアース線を取り付ける必要性はある? アース接続は、電子レンジに水が直接かからなければ義務ではありませんが、万が一故障した時や漏電した場合に、感電を防ぐためにアース線の取り付けをおすすめします。 特に、湿気のある地下室や、洗い場や土間などの水気があるところには必ずアース線を設置してください。 また、経済産業省の「電気設備の技術基準の解釈」により、水気が多いところに電子レンジを置く場合は、アース線のほかに漏電遮断機の設置が義務づけられています。 【参考】 電子レンジのアース線を繋がないといけない場所 電子レンジのアース線が義務づけられている「湿気が多い場所・水気のある場所」の例をご紹介します。 水気や湿気が少しでもある場合は、電子レンジを安全に使用するためにもアース線を接続してください。 【参考】 電子レンジのアース線を付けない場所 電子レンジのアース線は、付けてはいけない場所があります。 下記の場所には、アース線を接続しないでください。 電子レンジのアース線の付け方:ネジ式・ワンタッチ式 電子レンジのアース線の取り付け方は、大きく分けて「ネジ式」と「ワンタッチ式」の2通りがあります。 ここでは、ネジ式とワンタッチ式のアース線の取り付け方をご紹介します。 図解を見ればわかりやすい! 電子レンジのアース線の取り付け方 シャープが公開しているアース線の取り付け方では、ネジ式とつまみ式の取り付け方が図解で掲載されています。 ワンタッチ式の場合は、東芝が公開している動画などを参考にしてください。 また、アース線の取り付け方は、各製品の取扱説明書に記載されているので、そちらも確認してみてください。 電子レンジのアース線の取り付け方:ネジ式 ネジ式のアース端子の場合は、まずアース線の芯線を傷つけないように先端の皮を剥いておきます。 次に、アース端子のカバーを開けたところにあるネジをドライバーで緩め、ネジ部分に芯線を巻き付けます。 最後に、ドライバーでネジを締め、カバーを閉めて完了です。 【参考】 電子レンジのアース線の取り付け方:ワンタッチ式 ワンタッチ式のアース端子の場合は、アース線の先端を外し、アース端子のレバーを押し上げてアース線を差し込み、レバーを戻すだけで設置が完了します。 【参考】 電子レンジのアース線の取り外し方は? 引っ越しなどの際にアース線を取り外したい場合は、ネジ式・ワンタッチ式どちらも取り付け方を逆から行ってください。 ネジ式の場合はドライバーなどが必要ですが、ワンタッチ式は取り付け・取り外しが簡単なので、新たにアース端子を設置する場合はワンタッチ式がおすすめです。 アース端子がない賃貸の場合はどうする? 電子レンジのアース設置工事 アース端子を設置するには特殊な工事が必要です。 賃貸の方でアース設置工事を行う際は、必ず管理会社などに工事をしてもいいか確認してから業者に依頼してください。 ここでは、アース端子がない時の工事やアース線が届かない時の対処法をご紹介します。 電子レンジのアース線とアース端子がない場合は? アース端子がない場合は、「アース工事」が必要です。 アース端子の設置に必要な「D種接地工事(有料)」は、電気工事資格者にしか行えないので、自分で設置せずに購入した販売店か電気工事店に依頼してください。 電子レンジのアース線がアース端子に届かない場合は延長コードが必要 アース線がアース端子に届かない場合は、アース線を延長するかアース線を取り換える必要があります。 アース線の延長やアース線同士を接続する場合は、アース取り付け工事の扱いになるので電気工事士の資格が必要です。 短いアース線を長いアース線に取り替える場合は工事が必要ありません。 現在繋いでいるアース線を取り外し、長いアース線を取り付けてください。 【参考】 万が一の際に感電の恐れを防ぐためにも、電子レンジのアース線の取り付けをおすすめします。 文/Sora.

次の

電子レンジのアース線の付け方がわからない?深く考えずに接続しよう!

アース 線 つなぎ 方

> > アース線の取り付け・取りはずし アース線の 取り付け・取りはずし あなたのご自宅の洗濯機の後面をみてみましょう。 コンセント以外に、緑色と黄色が混ざった線、あるいは緑色だけの線がないですか? この線がアース線です。 ここでは、このアース線の取りはずし方と取り付け方をご紹介したいと思います。 さて、あなたは今アース線が外れない、どうやって外せば良いの?とお悩みではないでしょうか。 実は私はそうでした。 マンション設備の取扱説明書を見ても緑色の線(アース線)の外し方を書いたものを見つけることができませんでした。 でも、簡単に外れることがわかりましたので、以下では洗濯機のアース線の取りはずし方や取り付け方についてご紹介したいと思います。 アース線のはずし方 マンションなら以下のような洗濯機置場の壁にアースターミナル付設置コンセントが付いていないでしょうか。 上の写真にある緑の線がアース線ですが、カバーがされていて、これが固くてどうやって取れば良いのかわからない人もおられると思います。 でも、コレ簡単です。 隙間にマイナスドライバーを差し込んで上に持ち上げるとパカッと上にカバーが開きます。 こんな感じで。 カバーを開けるとネジが出てきます。 このネジをドライバーでゆるめるとアース線が取れます。 ネジがなく穴が開いているだけのコンセントの場合は、ワンタッチ式だと思いますのでドライバーは不要です。 カバーを開けて線を抜くだけでOKです。 このようにマイナスドライバー1本あると簡単です。 アース線の取り付け 取り付けは、取り外すときの逆です。 アース線を取り付けるところのカバーを開けるとネジが見えます。 このネジをゆるめます。 ネジがゆるんだらアース線の金属部分とネジの金属部分がしっかりと触れるようにしてネジを止めます。 ネジでアース線が外れないように固定したらカバーを閉じて完了です。 アース線って何をするもの? ところで、このアース線は何のためについていいるのかご存知でしょうか? 洗濯機についている緑の線(アース線)はどんな役割を果たしているの?という疑問を持たれる人もおられると思いますので、以下では簡単にアース線をしなければいけない理由を簡単に説明したいと思います。 ひとことで言うと、アース線は、あなたを「感電」から守ったり、住宅の「火災」を防ぐための線です。 ご存知のように電気というのは水を伝う性質があります。 洗濯機は特に濡れた手で触れることの多い電化製品。 もし、洗濯機が不具合により漏電(電気が漏れる)した場合、あなたは感電してしまうことになりますよね。 日本の洗濯機は安全につくられてはいますが、古くなってくると電気が外部に漏れ出してくる可能性はゼロではありません。 そこで、漏電による感電や火災から守るためにアース線が必要というわけです。 アース線は大地とつながっており、漏電した場合、電気を大地へと逃がす仕組みになっています。 アース線の取り付けは簡単です。 安全のために必ず設置しておきましょう。

次の