キャベツ料理。 キャベツを使ったレシピ・作り方一覧(1770件)

料理上手さん伝授!白米と一緒に食べたい絶品キャベツ×作り置きレシピ♡

キャベツ料理

生ではシャキシャキ、加熱するとトロッと柔らかくなるキャベツ。 一年を通して流通していますが、春キャベツは3〜5月、夏キャベツは7〜8月、冬キャベツは1〜3月ごろが旬です。 愛知県、群馬県、千葉県などが主な産地ですが、各地で収穫されています。 キャベツには、胃粘膜を保護する働きがあるビタミンUが含まれています。 キャベジンとも呼ばれていて、胃腸薬の名前にもつけられていますね。 キャベジンは胃酸の分泌を抑えてくれるため、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を防ぐ効果があるとされています。 抗酸化作用があり、老化防止や美肌効果が期待できます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ベーコンとキャベツを組み合わせたがっつりレシピ。 にんにくを使い、食欲をそそる香りのがっつりメニューに仕上がります。 彩りの良いがっつりレシピにしたいときにおすすめ。 作り方は、ブロックベーコンwカットし、にんにくと一緒にじっくり炒めます。 唐辛子を加え、キャベツを入れて炒めたら塩で味付けしてできあがり。 じっくりと炒めてベーコンの旨味を出すのがポイントです。 豚肉やほうれん草のがっつりレシピ。 にんにくとしょうゆのがっつり系のタレで箸が進むおかずになります。 お好みでもやしや千切り大根を加えると野菜もがっつり食べられます。 ほうれん草とキャベツを茹で、水気を絞ったら食べやすいサイズにカットします。 豚肉も茹でて水で冷やし、野菜と一緒に盛り付けましょう。 おろしニンニク、しょうゆ、ラー油などを混ぜ合わせて回しかけたら完成。

次の

キャベツの簡単レシピ特集!定番料理にプラスしたいおすすめメニューをご紹介♪

キャベツ料理

キャベツの栄養素について ビタミンCをはじめ「栄養の宝庫」ともいえるキャベツ。 よく知られるとおり、ビタミンCには風邪予防や美肌に効果がありますが、大き目の葉3枚で大人の1日分のビタミンC摂取量をカバーできるというから驚きです。 「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUは、抗潰瘍作用があり、胃が弱っているときに効果的です。 血液の凝固促進や骨の形成に効果があるビタミンK、妊婦さんの必須栄養素である葉酸、高血圧予防のカロチンも接種できます。 抗がん作用、便秘の改善も期待できます。 さらに嬉しいのが、カロリーの低さ。 丸々1個食べても約230kcalで、ご飯1杯分のカロリーに相当します。 4分の1カットも食べればお腹いっぱいになるため、ご飯の代わりにキャベツに置き換えるダイエットも注目されています。 キャベツの調理法について キャベツを購入するときは、ずっしり重く鮮やかなグリーンの葉のものを選びましょう。 外側の葉は大きいので、ロールキャベツなどの巻き物に使うのに適しています。 内側の葉は、柔らかく甘みが強く、生でも茹でても美味しく食べられます。 芯は固いので捨ててしまいがちですが、実は栄養価が高い部分なので、薄切りしてぜひ食べたいものです。 栄養価を逃さず食べるには、生で食べるのが1番。 ただし、長時間水につけておくと、水溶性のビタミンCが減ってしまうので注意が必要です。 量をたくさん食べるには、煮たり炒めたり蒸したりしてかさを減らします。 加熱調理することで甘みも増し一石二鳥です。 シャキシャキした食感が楽しめ炒め料理のほか、最近ではシリコンスチーマーで蒸す方法も人気です。 つくれぽ6000件超え、キャベツの人気検索1位という大人気のサラダレシピです。 ざく切りしたキャベツは生のままではなく、耐熱容器に入れてレンジで加熱するので、栄養価を損なわず、かさも減ってたくさん食べられます。 材料はキャベツの他にゆで卵とハムだけ、材料を切って調味料と和えるだけなのでとっても簡単お手軽です。 マヨネーズとにんにく、すりごまのこってり味がたまりません。 材料はキャベツと乾燥わかめだけという、お手軽なサラダレシピです。 キャベツは太めの千切りにしてレンジで加熱します。 水で戻した乾燥わかめとキャベツに、ごま油・醤油・いりごま・塩を混ぜるだけで完成。 短時間でできる簡単レシピなので、あと1品欲しい時に覚えておくと便利です。 ごま油の風味がナムル風なので、もやしをプラスしたり、冷ややっこにのせたりしてもおいしいです。 メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。 冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。 ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。 サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。 通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。 一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。 キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

キャベツレシピ こどもが喜ぶ副菜人気1位は?つくれぽ 話題入り 殿堂入り

キャベツ料理

キャベツの栄養素について ビタミンCをはじめ「栄養の宝庫」ともいえるキャベツ。 よく知られるとおり、ビタミンCには風邪予防や美肌に効果がありますが、大き目の葉3枚で大人の1日分のビタミンC摂取量をカバーできるというから驚きです。 「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUは、抗潰瘍作用があり、胃が弱っているときに効果的です。 血液の凝固促進や骨の形成に効果があるビタミンK、妊婦さんの必須栄養素である葉酸、高血圧予防のカロチンも接種できます。 抗がん作用、便秘の改善も期待できます。 さらに嬉しいのが、カロリーの低さ。 丸々1個食べても約230kcalで、ご飯1杯分のカロリーに相当します。 4分の1カットも食べればお腹いっぱいになるため、ご飯の代わりにキャベツに置き換えるダイエットも注目されています。 キャベツの調理法について キャベツを購入するときは、ずっしり重く鮮やかなグリーンの葉のものを選びましょう。 外側の葉は大きいので、ロールキャベツなどの巻き物に使うのに適しています。 内側の葉は、柔らかく甘みが強く、生でも茹でても美味しく食べられます。 芯は固いので捨ててしまいがちですが、実は栄養価が高い部分なので、薄切りしてぜひ食べたいものです。 栄養価を逃さず食べるには、生で食べるのが1番。 ただし、長時間水につけておくと、水溶性のビタミンCが減ってしまうので注意が必要です。 量をたくさん食べるには、煮たり炒めたり蒸したりしてかさを減らします。 加熱調理することで甘みも増し一石二鳥です。 シャキシャキした食感が楽しめ炒め料理のほか、最近ではシリコンスチーマーで蒸す方法も人気です。 つくれぽ6000件超え、キャベツの人気検索1位という大人気のサラダレシピです。 ざく切りしたキャベツは生のままではなく、耐熱容器に入れてレンジで加熱するので、栄養価を損なわず、かさも減ってたくさん食べられます。 材料はキャベツの他にゆで卵とハムだけ、材料を切って調味料と和えるだけなのでとっても簡単お手軽です。 マヨネーズとにんにく、すりごまのこってり味がたまりません。 材料はキャベツと乾燥わかめだけという、お手軽なサラダレシピです。 キャベツは太めの千切りにしてレンジで加熱します。 水で戻した乾燥わかめとキャベツに、ごま油・醤油・いりごま・塩を混ぜるだけで完成。 短時間でできる簡単レシピなので、あと1品欲しい時に覚えておくと便利です。 ごま油の風味がナムル風なので、もやしをプラスしたり、冷ややっこにのせたりしてもおいしいです。 メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。 冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。 ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。 サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。 通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。 一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。 キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の