鬼 滅 の 刃 183。 漫画『鬼滅の刃』184話のネタバレと183話おさらい・185話の考察|イツキのアンテナ

漫画『鬼滅の刃』184話のネタバレと183話おさらい・185話の考察|イツキのアンテナ

鬼 滅 の 刃 183

何気に甘露寺が可愛くて面白い!! 舞台はシュールな場面で珠世を殺され、怒りと共に奮闘する愈史郎の姿が183話では見られますが… 甘露寺の面白い場面もチラホラ。 笑 自分は馬鹿じゃないと再認識する甘露寺。 鳴女の視覚や頭を乗っ取るという愈史郎の能力を「便利!! かっこよ!」と思う甘露寺。 …その回想後、足を滑らせ上昇する城から転落しそうになる恋の柱。。。 出られないと死んでしまう!というシュールな場面なのに甘露寺ちゃんのオモシロ可愛さが観られました。 ebookjapanは無料で読めるマンガが多く基本的に試し読みが可能な電子書籍サイトです。 Yahoo! 愈史郎 珠世を敬愛する鬼の青年。 183話では鳴女の視界と頭を乗っ取ろうと奮闘し無惨と鬩ぎ合いしている。 甘露寺には「汚いものを見るような目をする子」とされている。 甘露寺蜜璃 出典: 恋柱の甘露寺蜜璃 かんろじ みつり。 183話ではシュールな場面の中、可愛らしさと面白さが見られる。 ただ1番乗りで死にそうになる 焦笑 竈戸炭治郎 かまど たんじろう 鬼滅の刃主人公。 183話ではダーツの上手さを彷彿させる刀投げで見事に無惨のこめかみを貫いている。

次の

【鬼滅の刃】182話ネタバレ確定感想&考察、対鬼舞辻戦開幕![→183話]

鬼 滅 の 刃 183

鬼滅の刃21巻184話のネタバレ 崩壊した先は 瓦礫の上、仰向けに倒れこんでいた炭治郎はすぐに状況を飲み込み焦る。 無限城が崩壊した場所、それがよりにもよって市街地のど真ん中だったのだ。 その事を輝利哉に伝えるかなた。 輝利哉は愈史郎と無惨の能力の綱引きで、想定の場所から大きくずれたのだと察した。 輝利哉が夜明けまでの時間を尋ねると一時間半と答えるかなた。 思っていたより長い時間に輝利哉は動揺する。 烏が瓦礫の周りを飛び回り、夜明けまでの時間を知らせる。 体を起こし立ち上がった炭治郎は、匂いで義勇、小芭内、蜜璃の無事を確認する。 次いで無惨を匂いで探ろうとしたその時、瓦礫を吹き飛ばし、瓦礫の山から無惨が現れる。 その姿は先程とは違い、背中から十本の触手のようなものが伸びた姿へと変わっていた。 無惨は、夜明けまでこの場に留めるつもりか、やれるものならやってみろと怒りをあらわにし、義勇たちへ攻撃を始める。 隊士の気概 その攻撃を躱し懐に入った義勇、小芭内、蜜璃は息を合わせ、同時に無惨に斬りかかる。 確実に首へと入った小芭内の斬撃だったが、無惨の頸を落とすことはできない。 刀の刃が通った所から再生が始まっていたのだ。 同じく他の部位に攻撃を当てた義勇と蜜璃も傷を負わせることができなかった。 そのまま反撃を繰り出そうとする無惨。 このままでは避けられずくらってしまうかと思われたその時、隊士たちが駆けつけ、身を挺して義勇たちを助ける。 隊士たちは無惨と戦える剣士を守るため、捨て身で無惨に突っ込んで行く。 死に至らしめる血 なすすべもなく次々と死んでいく隊士たち。 炭治郎もそれを無駄にすまいと無惨へ向かい走り出すが、突如血を吐き倒れてしまう。 無惨は即死できたものは幸運だ、傷を受けただけで終わると言い、炭治郎の方を指す。 義勇たちが目線をやると、倒れ苦しむ炭治郎の顔は、右半分が見にくく腫れ上がっていた。 無惨は自らの攻撃に、鬼に変化しないほど大量の血を混ぜていたのだ。 猛毒と同じで細胞を破壊して死に至らしめると語る無惨。 そして炭治郎は死んだと静かに告げるのだった。 鬼滅の刃21巻184話の扉絵とタイトル考察 今回の扉絵は、夜の街と夜空が描かれたものです。 おそらく仰向けに倒れた炭治郎からの視点なのでしょう。 エピソードタイトルは「戦線離脱」。 これは無惨の血により倒れてしまった炭治郎のことを表しているのでしょうか。 無惨に死んだと言われた炭治郎ですが、離脱とあえて言ってるところを見ると死には至らなそうで少し安心できますね。 鬼滅の刃21巻184話の名台詞 今回印象に残った台詞は隊士たちの「今までどれだけ柱に救われた!!柱がいなきゃとっくの昔に死んでたんだ!!臆するな戦えーっ!!」です。 作中では名前もわからない隊士の言葉ですが、実力は柱に及ばなくても、その精神は何ら劣ったものではないのだと感じさせる台詞です。 鬼滅の刃21巻184話の感想・考察まとめ 前回無限城が崩壊する形で終わったため、炭治郎たちが心配だったのですが、隊士たちも含め無事なところを見ると、愈史郎がしっかりとやり遂げたようです。 無惨に死んだと宣言された炭治郎。 これでまさか死んでしまうとは思いたくないですが、しばらく戦いを離れることになるのは間違いなさそうです。 しばらく登場していない実弥や行冥、そして善逸たちがここに加わって来るのでしょうか。 185話の展開に注目しましょう。 漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選 近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。 合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。 サービス名 月額料金 税抜き 888円 1780円 1990円 無料期間 2週間 30日間 31日間 無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後 公式サイト 無料期間内の解約 全て可能。 解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能 どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。 そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。 ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

次の

鬼滅の刃21巻184話のネタバレ考察と感想!戦線離脱したのは誰?

鬼 滅 の 刃 183

スポンサーリンク 無惨が怖くて仕方がない恋柱 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 鳴女の琵琶の音とともに空間が移動して部屋の構造が目まぐるしく変化していきます。 恋柱の甘露寺蜜理はその移動圧に耐えるのに必死です。 何とかして無惨を攻撃しようとしますが、その顔を見ると恐ろしくてとても手を出せません。 甘露寺いわく、これまで遭遇したどんな鬼よりも怖い無惨。 風貌だけなら上弦の壱の黒死牟のほうが怖い気もしますが・・鬼の始祖だけあってその気配も上弦の比ではないのでしょうか? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 心細いから岩柱の悲鳴嶼に早く来て欲しいと思ったり、「謎の鬼少年愈史郎くんの柱みんな死んだふり作戦」もおじゃんだわ、と思ったりしています。 このあたり、甘露寺視点での描写がコミカルに描かれていてシリアスな場面でつい和んでしまいました。 スポンサーリンク 愈史郎の作戦とは? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 愈史郎の「柱みんな死んだふり作戦」作戦とは次のとおりです。 鳴女は自分が引き受けるから、甘露寺はおとりになる。 愈史郎は気づかれないよう鳴女に近づき、まず視覚を乗っ取りそれから脳内に侵入して無惨の支配を外し頭も乗っ取る。 無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせておいて、その裏で味方を集結させておき総力戦で一気にたたく、というものです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 甘露寺は感心し、愈史郎に協力することになったのです。 愈史郎が甘露寺に声をかけたのは正解でしたね! 彼女は根が素直な性格なので鬼だが味方であるという愈史郎の言葉をすぐに信じたため迅速に行動を移すことができました。 もし蛇柱の伊黒に先に声をかけていたら、疑り深い彼は簡単には信用しなかった可能性もあります。 無惨と愈史郎が鳴女の脳内でせめぎあい、城の空間がめちゃくちゃに動いていきます。 甘露寺は少しでも無惨を攻撃して無惨の注意を逸らし、愈史郎が有利になるよう頑張ろうとしますが高速で移動する壁に挟まれそうになったりしてなかなか攻撃ができません。 スポンサーリンク 愈史郎と無惨のせめぎ合い 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 炭治郎も必死で空間の移動に耐えています。 気をゆるすと壁や扉の隙間から落下して壁に挟まれ、最悪みんなとはぐれてしまいかねない状況です。 そして無惨はというと、目の前の状況よりも鳴女に集中している模様。 やがて鳴女の傍に誰かがいるのを察知します。 その「誰か」とは、珠世が作った鬼、愈史郎であることを確信する無惨。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 そこで無惨は、愈史郎が殆ど外しかかっていた鳴女の支配をからめとり、鳴女の頭に突っ込んでいた愈史郎の指から細胞を吸収し始めます。 愈史郎の手が徐々に無惨の支配に侵されていきます・・ そこへ、隙をついて水柱の冨岡義勇と蛇柱の伊黒小芭内が攻撃!! 傷つけることはできませんでしたが、鳴女と愈史郎に向いていた無惨の注意を逸らします。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 そのすきに愈史郎は無惨の侵入を押し戻し、再び鳴女の支配を試みます。 業を煮やした無惨は、ついに鳴女を遠隔操作で殺すことにしました。 無惨が自分の手を握りしめたとたん、それに反応して鳴女の頭がつぶれました!! 無限城は、鳴女が死ぬと崩壊し城に残された人間は死んでしまうという作りのようです。 愈史郎は必死で、鳴女が完全に死ぬ前に城から全員を外に出そうとします。 スポンサーリンク 炭治郎の投げた刀が無惨の頭に! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 一方空間移動で次々と部屋が変わっていく中、炭治郎たちは以前無惨に惨殺された鬼殺隊の仲間たちの遺体が横たわっている部屋にたどりつきました。 無念だったろう・・と、こんな状況でも散っていった仲間たちのことを思いやる炭治郎。 そしてそこでも変わらず攻防が続きます。 無惨の攻撃が甘露寺に向かったのを見て、炭治郎はとっさに手元にあった隊士の剣を投げつけました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 それがなんと無惨の頭を貫通!! 甘露寺も間一髪で難を逃れます。 初めて攻撃が無惨にあたりました! あまりダメージはないようですが、縁壱に追い詰められた時以来、ここ数百年の間彼自身に攻撃が当たることなどなかったのではないでしょうか? しかも相手は柱でもない炭治郎。 これは彼にとってかなりの屈辱だと思われます。 忌々しい餓鬼、とものすごい形相で炭治郎のほうを向く無惨・・!! そのとき、ついに無限城が崩壊したのです。 城の一部が地面から突き出ました。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ183-184 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 無限城は地下に作られていたのですね。 ドゴン!!と突き出た無限城から炭治郎と甘露寺が投げ出されているのが見えます。 二人は何とか地上に出られたようですが、残りの人たちはどうなったのでしょうか? まさか押しつぶされてしまったということはないと思いますが、何とか全員地上に脱出して総力戦で戦って欲しいと思います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」183話より引用 そして愈史郎素晴らしい活躍でしたね! 彼の隣に行動を共にしていたと思われる一般隊士がいましたが、彼も愈史郎を必死で応援していたのがほっこりしました。 愈史郎は珠世が作った唯一の鬼。 彼自身はこれまでは無惨と直接の因縁はありませんでした。 しかし珠世が無惨に殺されたことで、彼女の死が起爆剤となり愈史郎の力が発揮されることとなったのです。 鳴女の脳内に侵入して無惨の支配を外し、さらに頭も乗っ取るという作戦。 なんと凄い能力でしょうか・・・ さらに無限城から外に出て夜明けを待てば、鬼殺隊の勝機も見えてきます。 無惨は予想もしていなかった展開に先週までの余裕はどこへやら・・という激怒ぶりでしたね。 このまま地上戦に突入になるのか? 次号が楽しみです!!.

次の