コインランドリー いくら。 コインランドリーの料金相場は?利用料金の平均の相場を紹介

コインランドリーを開業するときにかかる費用はどれくらい?

コインランドリー いくら

「コインランドリー経営かぁ~!少し興味があるけれども、開業するのにはどのくらい初期投資費用がかかるのだろうかぁ~?」そのようなご質問がよくございます。 コインランドリー経営で初期投資費用としてかかってくるものは、 ・機械代(搬入費用・工事費用・・両替機・ネットワークカメラ等も) ・店舗改装費・店舗建築費 ・店舗で必要になってくる備品(ワゴン・テーブル・店内パネル等) コインランドリー経営を始めるときに、初期投資費用をかけたくないオーナー様は、 空いたテナントに中古の機械を使って、改装工事費用を大きくかけずに初期投資費用 500万円くらいで始める方もいれば、建物をイチから建て、新品の機械を使い、を導入して、初期投資費に 2000万円前後かけるオーナー様もおります。 コインランドリーの開業費用には機械代や建物代(改修工事費)、備品等によってオーナー様がかける費用に1500万円以上の開きがあるのです。 ここで、 の目線よりこの初期投資費用に対して大切なことを書いてみます。 ・過剰な設備投資はしない いくら立地条件が良くても、過剰に設備投資をし機械を入れすぎてしまっては、月々の機械代の返済も増えるので、利益が減ってしまいます。 逆に、機械が不足しているようでは、お客様を待たせてしまうので、お客様の印象も悪くなってしまいますし、途中から、増設するとなると、改装工事も行うため余分な費用がかかってしまいます。 機械の導入台数は、開設時にしっかり、検討することが大切です。 ・効率の良い機種選択 立地条件や人口、利用者によって、乾燥機・洗濯機・洗濯乾燥機を「何台づつ、どの大きさを導入するか?」やこの地域特性にはどのシステムを導入したらいいのかなど、どうせ同じ費用をかけるなら、 その場所にあった最も効率のよい機械の選択をしましょう。 当社はそれぞれのテナントの広さや周辺地域の環境にあったモデルプランや収益予想をお客様にご用意いたします、お気軽にお問合せ下さいませ。 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 コインランドリーのフランチャイズ経営について 25年以上前、当社はフランチャイズの下請け工事屋だけをやっておりましたが、 現在では、イチからコインランドリー店舗をプランニングし、搬入工事・設備工事、そして販売促進を全てやっております。 コインランドリーのプランニングから、開業まで全てを手がけた1店舗目を開設してから25年以上の年月が経ちますが、150店舗以上の店舗に対して、1社もフランチャイズ経営を行っている店舗はありません。 オーナー様に勧めませんし、当社も始めようとは考えておりません。 コインランドリー経営にはフランチャイズ経営は必要ないと考えるからです。 コインランドリー経営には独創性・オリジナリティー溢れるお店作りが大切です。 最後に コインランドリーの開業後は、サービス、販促キャンペーンと、他店との差別化を図れる要素は多々ありますが、 コインランドリー経営において1番大切なことは、 コインランドリー店内を常にきれいで清潔に保つこと!!だと思います。 やはりこまめで綺麗好きなオーナー様ほど、理想的なコインランドリー経営をしております。

次の

コインランドリーって実際のところ、どのぐらい儲かるの

コインランドリー いくら

タグ 100 100均 1回 DIY アイデア アイテム アイロン アクセサリー あて布 アンモニア臭 いい匂い イライラ インク エアコン おしゃれ おすすめ カーテン かけ方 カバー カビ カビ取り カビ対策 カメムシ きれい クエン酸 グッズ クリーニング クローゼット コース コート コインランドリー コツ ゴム部分 サーキュレーター サイズ シミ シワ スーツ スエード すすぎ スチーム ステンレス スプレー スリム セーター セスキ セスキ炭酸ソーダ そのまま タイミング ダウン タオル たたまない たたみ方 たたむ ダニ対策 タンブラー乾燥 つけおき つけ置き ティッシュ デメリット テンセル ドライ ドライ・セキユ系 ドライクリーニング ドライコース ドライセキユ系 ドライマーク ドライヤー ドラム ドラム式 ドラム式洗濯機 とる ニット ネット パーツ バッグ ハンガー ハンコ ビジュー ピンク ふきん ベランダ ホース ボールペン ポイント ほこり ポリエステル マーク メリット メリット・デメリット めんどくさい やり方 ラック ランドリーボックス ランドリーラック ルール レーヨン ワイシャツ ワッペン 一人暮らし 上履き 上靴 下水 中性洗剤 乾いた 乾かし方 乾かす 乾かない 乾く 乾燥 乾燥機 予防 予防対策 交換 交換方法 付け方 伸びた時の対処法 何回 作り方 使い方 便利 保管方法 入れすぎ 入れっぱなし 入れ方 全開 冬 処分 効果 匂い 卵 原因 収納 取り付け 取り付け方 取り方 古い洗濯機 問題点 回数 固定 場所 墨汁 変色 夏 外 外し方 外干し 夜 夜干し 大丈夫 夫 失敗 室内 室内干し 家 家電 対処 対処法 対策 工夫 布 布団 布団乾燥機 布巾 干しすぎ 干しっぱなし 干し忘れ 干し方 平干し 当て布 応急処置 意味 扇風機 手作り 手洗い 手順 掃除 掃除の頻度 排水口 搬入経路 放置 故障 新聞紙 方法 早い 早く 早く乾かす 早く乾く 時短 時間 時間が経った 暖房 服 条件 染み抜き 柔軟剤 業者に依頼 正体 歯磨き粉 毛布 毛玉 水抜き 水洗い 水洗い不可 水温 水漏れ 水通し 水道 水道代 汚れ 汚れ防止 油汚れ 注意 注意点 洋服 洗い方 洗い直し 洗剤 洗浄力 洗濯 洗濯mの 洗濯ネット 洗濯槽 洗濯機 洗濯機の故障 洗濯機台 洗濯物 洗濯物の量 洗濯表示 洗濯頻度 洗面所 浴室 浴衣 消毒 液体 清潔 温度 湿度 漂白 漂白剤 煮沸 煮洗い 熱湯 物干し 特徴 理由 生乾き 生地 男 畳み方 白 白カビ 白く 白スニーカー 皮脂 目安 着る 短い 禁止 種類 窓 節約 簡単 粉 素材 緑 縦型式洗濯機 縦型洗濯機 縮む 脱水機 自宅 臭い 臭い取り 色落ち 茶色 落とし方 虫 虫よけネット 蛇口 血液 衣類 表示 袋 被害 裏技 裏返し 見分け 賃貸住宅 購入 赤カビ 赤ちゃん 過炭酸ナトリウム 道具 選び方 部屋 部屋干し 酢 酸素系漂白剤 重さ 重曹 防止 防水パン 除去 除湿 除湿機 除菌 雑巾 雑菌 雨 雨の日 雨よけ 電気代 靴 頻度 駆除 黄ばみ 黄色 黒 黒カビ 黒ずみ• 忙しい主婦の皆さんの中には、上手にコインランドリーを活用して毎日のお洗濯を楽にする工夫をしている人がたくさんいます。 実際に利用してみたいと思っても、コインランドリーを利用したことがない人は、どのくらいの料金がかかるのか、料金の相場がわからないこともありますよね。 ここでは、実際にコインランドリーでどのくらいの料金がかかるのか料金の相場についてご紹介します。 洗濯だけでなく、乾燥機にかかる料金の相場についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。 コインランドリーを上手に活用すれば色々なメリットもあります。 これからご紹介する内容を参考にして、毎日のお洗濯を快適にしましょう。 コインランドリーの料金の相場、容量で料金が違う コインランドリーの料金は使用する洗濯機や乾燥機の容量によって料金が違います。 大まかな目安としてコインランドリーにある洗濯機や乾燥機の大きさタイプと料金について一覧にしてみました。 コインランドリーの料金について 『8キロタイプ』30分:200~300円 このタイプは衣類専用として置かれていることが多いです。 シャツ20枚やタオル30枚ほどが8キロ容量の目安です。 『13キロタイプ』30分:400~500円 毛布1枚や羽毛布団1枚を丸洗いできる程度の大きさです。 『20キロタイプ』30分:600~700円 毛布2枚または羽毛布団3枚、こたつ布団一式など一気に洗いたいものに向いている大きさになります。 『28キロタイプ』30分:900~1000円 毛布を4枚ほど入れられたり、羽毛布団3枚、こたつ布団一式などより大きく一気にいろいろ洗える大きさです。 目安としての料金ですので地域やお店により料金に変動はあると思いますが、一般的にこれくらいのお値段です。 コインランドリーは大型の洗濯も便利!料金相場と時間の目安 コインランドリーは大型の洗濯用の機械が揃っている場所になるため、大型のものや布団や毛布、カーテンなど自宅の洗濯機では洗えないものを洗うには便利な場所です。 それらをお洗濯するときにどれくらいの料金と所要時間がかかるのか、ということもまとめてみましたので御覧ください。 コインランドリーでの洗濯にかかる時間と料金 洗濯のみの場合 洗濯だけをするなら敷ふとん1枚で30~40分ほどの時間が必要です。 料金は500~600円ほどです。 乾燥のみの場合 敷ふとんを1枚乾燥させるのに30~40分ほど時間が必要です。 料金は400~600円ほどです。 このふたつを合わせて考えると洗濯をしてから乾燥機にかけるので時間が多くて1時間半ほどかかるということになりますね。 料金や時間についてはどれくらいの量のものを、どれくらいの機械でお洗濯や乾燥させるかというところに関係してくるため変動があります。 コインランドリーの乾燥機の料金相場 乾燥機だけに限っていうと、キロ数によって料金が変わるのはさることながら、容量なども洗濯機とは違います。 『14キロタイプ』10分:100円~ 衣類や下着が30分前後で、毛布類などは40分前後で乾燥できます。 『25キロタイプ』8分:100円~ こちらも乾燥時間はほぼ変わりませんが大きいため、こたつ布団を一式入れるなど大きなものを乾燥させることに役立ちます。 お店によってこの乾燥にかかる料金も違いますし、中に何を入れるかで乾燥時間も大きく変動します。 なるべく重ならないように、ねじれを少なくした状態で乾燥させるのと、特に何も考えずただ乾燥機に入れるだけでは乾燥時間もずいぶん変わります。 どんなふうに機械を使うのかというところも、乾燥時間を左右してくるため、そこを工夫すると料金も節約できそうですね。 コインランドリーで乾燥機を使う時に料金を安くする裏技 コインランドリーで節約をしたい場合には、いくつかポイントがあります。 感想をする場合に役立つ方法を紹介しますね。 コインランドリーの乾燥機料金を節約する方法 重ならないように入れる 布団などの大きいものだと、乾燥機の中で回転させられていてもねじれが取れなかったり重なる部分が多くあったりという状態になりがちです。 10分毎に調整を入れるなどして重ならないように乾燥させると乾燥時間が短くて済むため節約となります。 乾いたタオルを一緒に入れる 乾いたタオルが給水の役割を果たしてくれるので通常よりも早く乾かすことが出来ます。 時短になるうえ、時間が短くなると料金も少なくなるので節約になりますね。 洗濯ボールを活用する 100円ショップなどでも見かける洗濯機や乾燥機に入れて使うボールを使用するとねじれや重なりを防げるので乾燥しやすくなります。 これらの他にもいろいろな節約方法があります。 手軽なものを紹介してみたのでコインランドリーを利用する機会がある方はお試しください。 コインランドリーを利用するメリット コインランドリーを利用するのにはいくつかのメリットがあります。 コインランドリーには大きなものを洗濯できる設備がたくさん揃っているため、まとめて洗濯と乾燥を行えますし、衛生的に過ごす環境を作ることが出来ます。 さらにコインランドリーでお洗濯すると乾燥まで一気にやってしまえるので、天気に関係なくいつでも、洗濯機に入れられるものならなんでもお洗濯が出来ます。 お家でのお洗濯ではパワー不足で取り切れなかったハウスダストや花粉までもを撃退することが出来ますし、短時間での乾燥ができるため干すて間もなく家事を時短させられるのも利点です。 こうしたメリットのあるコインランドリーをまだ利用したことがない、という方はこれからのお洗濯を楽にするためにも賢くコインランドリーを利用して日々の生活を楽にしていきましょう。

次の

敷布団も掛け布団もコインランドリーで洗おう!洗い方・料金など

コインランドリー いくら

雨の日が続いて洗濯物が乾かないときや、自宅では洗濯できないものを洗うのに便利なコインランドリー。 まだ一度も使ったことがない方もいるはず。 そこで今回は、コインランドリーを使う際に必要な料金や時間をご紹介。 自宅の洗濯機を使用する場合と比べたメリットもお伝えします。 自宅の洗濯機とはココが違う!コインランドリーを使うメリット 乾燥時間を短縮できる コインランドリーにあるコイン式ガス衣類乾燥機は、自宅用の洗濯機に比べて10倍程度の力で洗濯物を乾かせるのが特徴。 その理由はガスで燃焼した温風によって乾燥させる仕組みにあり、一般的な家庭用の洗濯機よりも洗濯物を素早く乾燥させることができるのです。 また、大きなドラムの中で乾燥させるので、衣類にシワができにくく、ふっくらとした仕上がりになるのもメリットです。 ダニ対策や脱臭効果も期待できる コインランドリーのコイン式ガス衣類乾燥機は、熱風の力によってダニ対策や脱臭効果も期待できると言われています。 他にも、熱風で菌を殺す「殺菌効果」、ホコリを取り除く「ダスター効果」などがあります。 そのため、普段着やタオルなどはもちろん、布団や毛布の洗濯もおすすめ。 特に布団や毛布は、コインランドリーのコイン式ガス衣類乾燥機にかけるだけでもダニ対策によいとされているので、ぜひ活用してみてください。 営業時間が長い コインランドリーの多くは、朝早くから夜遅くまで営業している店舗が多いです。 そのため、仕事や育児でなかなか洗濯ができないという方にもピッタリ。 最近ではインターネットでコインランドリーと検索すると、すぐに近くのコインランドリーが検索できたり、近くのコインランドリーの稼働状況が分かったりするので、検索してみてくださいね。 カーペットの乾燥にも最適 コインランドリーの乾燥機を使用すると、ドラム回転により、カーペットの毛足の元に溜まった砂や髪の毛などが効率的に除去されます。 カーペットを干して、ふとんたたきで叩くと砂や砂埃が取れるような効果を簡単に得られるのもコインランドリーを使用するメリットです。 乾燥機のみを使う場合 約300~500円 なお、コインランドリーの乾燥機で乾かす場合の100円あたりの運転時間は下記の通りです。 <料金目安> ・サイズ小(14Kgの乾燥機):8分で約100円 ・サイズ大(25kgの乾燥機):6分で約100円 コインランドリーで洗濯すると時間はどの位かかる? 衣類の場合 一般的な一人暮らしの場合、3日分の洗濯物の重さは約5㎏。 約5㎏の洗濯物を洗うのにかかる時間は乾燥まで含めると、1時間程度あればOKです。 また、1週間分の洗濯物の重さは約10㎏。 洗濯機能と乾燥機能が付いている「洗濯乾燥機」を使用した場合、時間は同じく1時間程度。 (洗濯機や乾燥機の機種や店舗により異なる場合があります) 時短で洗濯できることに加え、コインランドリーの乾燥機で洗濯物を乾燥させると、衣類はふわふわになります! ちょっとした贅沢を味わうのも、たまにはアリ! 新しい洗濯機を購入するまでの間などにもおすすめですよ。 毛布の場合 素材によって異なりますが、コインランドリーでは、衣類以外に毛布なども洗濯できます。 下記は、コインランドリーで毛布を洗濯した際の時間です。 毛布1枚もしくは、羽毛布団1枚程度を洗濯した場合の時間 約30~40分 毛布2枚もしくは、羽毛布団2枚程度を洗濯した場合の時間 約40~50分 乾燥時間目安 毛布1枚:約30~40分 毛布2枚:約40~50分 毛布1枚を洗濯し乾燥させても、最短で約1時間あればOKです。 (クリーニング屋さんに出すより早くて便利ですよ) 基本的な洗濯物の重さの目安 コインランドリーの値段を検索すると、〇gで〇円、〇kgで〇円などの表示があります。 でも、自分の洗濯物がどのくらいの重さなのか分からない……。 ということもありますよね。 ここでは、一般的な洗濯物の重さを確認してみましょう。 上記、洗濯物の重さを参考に〇日分だったら〇kgあるなどを知っておくとコインランドリーを使う際に便利ですよ! コインランドリーの乾燥機を使う裏技 コインランドリーを活用してみたいものの、自宅の洗濯機を使うよりも多少はコストがかかるため、実際に使うのはちょっと……という方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方にぜひ、試して欲しい裏ワザを少しだけと紹介します。 大きい洗濯物を乾燥させる際は途中で裏返す コインランドリーの乾燥機で布団や毛布などの大きい洗濯物を乾燥させる際は、乾燥の途中で裏表を入れ替えるのがおすすめです。 裏表を入れ替えることで、大きな洗濯物でもムラなく乾かせます。 容量が大きめの乾燥機を選ぶ 容量が大きな乾燥機は必然とガスバーナーのサイズも大きくなります。 そのため、中型の乾燥機を使用するよりも、サイズに余裕のある大型乾燥機を使うのがおすすめ。 パワーがある分、早く乾きかつコスト削減にも繋がります。 その他にもコインランドリーの乾燥機を使用する際の裏ワザを知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。 まとめ コインランドリーを活用する際に必要な、料金や時間をご紹介しました。 何も知らずに、機械にお金を入れてしまうのはもったいない。 コインランドリーに行く前に、ぜひ参考にしてみてくださいね! MOST POPULAR 人気の記事•

次の